動画

映画「フラガール」のフル動画配信を無料で視聴する方法は?あらすじや感想も【 松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代出演】

 

常磐ハワイアンセンターの誕生を支えた人々の奇跡の実話!!

 

2006年9月23日に全国公開された

映画「フラガール」

今回はこの映画「フラガール」を無料で視聴する方法です。

 

映画「フラガール」をU-NEXTで無料で視聴する

映画「フラガール」は現在U-NEXTでレンタル料無しの見放題となっています。

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

この見放題はU-NEXTの31日間無料のお試しキャンペーンに対応しているため、

映画「フラガール」のフル動画を無料で視聴するなら、U-NEXTの無料キャンペーンがオススメです!

U-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

映画「フラガール」を
無料おためし期間で視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ

 

というわけ

映画「フラガール」フル動画は
「U-NEXT」で見ることが可能です。

U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画「フラガール」を
無料おためし期間で視聴する

 

TSUTAYA TVで無料期間にもらえる1,080円分のポイントを使って実質無料で映画「フラガール」を視聴する

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASでは映画「フラガール」は有料レンタルといった形をとっていますが、

新規登録すると30日間の無料お試し期間がついてきて、無料期間中に付与されるポイント「1,080ポイント」を使えばレンタル料を0円にして見ることができます!

TSUTAYA TVでは、映画「フラガール」に必要なポイントは400ポイントなのでポイント利用でもう一本お好きな映画を楽しめます。

おすすめは「定額レンタル8+動画見放題プラン」、TSUTAYAのDVDを8枚まで借りながら、動画配信サービスも楽しめるお得なプランです。

また、30日間の無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASの
無料お試し期間で視聴する

クリックするとTSUTAYA公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

映画「フラガール」の感想

現在のハワイアンズを見てお分かりの通り、結論から言うとハワイ事業は成功します。

紆余曲折ありながらも、最後にはうまくいく結末が見えています。でも、何度も観てしまうのです。それはなぜでしょうか。

僕が思うに、長く愛されている作品ほど、結末を観ることが目的ではないように感じます。結末はもちろん大事なのですが、それよりもストーリーを観ることが人々の目的になっています。

それぞれのシーンに思い出が残り、毎回観るたびに感動するのです。答えがわかっているのにも関わらず長年にわたり人気になっているような作品の共通点だと思います。

古民家立ち並ぶ昭和時代の福島県が舞台です。
炭鉱を当たり前の仕事としていた人々が時代の変化で閉山を迫られ、ハワイアンリゾートで町おこしをしようとする自治体に対して賛成派と反対派に大きく分かれます。

蒼井優さん演じる主人公は、友達の誘いをキッカケにフラダンスを始め、師のダンスへの情熱や仲間と打ち込むことの魅力に触れて本気になっていきます。

ただ、周りでどんなことが起ころうともプロとしてフラダンスに取り組むことは、親を含む周囲の人たちから大反対を受けます。

未知なことへチャレンジするのは、ある意味周りにとっては非常識なことです。
理屈では理解できても、続けてきたことを変えるのは感情的についていきません。
その中で、町が一体となって成功した原因は何なのか。

平成が間もなく終わり令和を迎える現代も、目には見えにくとも状況は大きく変化しています。
変化にチャレンジして結果に繋げることとはどういうことなのかが学べる映画です。

ラストのステージでの蒼井優の自信満々の表情が印象に残る。

キャストも粒ぞろい。
方言もそれなりに出来ている。

石炭からガソリンへの転換期、炭鉱の閉鎖を考えて、観光産業を生み出した当時の実話であることに驚いた。

フラをかなり練習したメンバーの動きが凄い。
ドラマとしてはベーシックで物語のアップダウンは解りやすい。
日本アカデミー賞受賞したのはタイミングもあったがその実力は十分の作品と思う。

笑うところはありません。
それなりに気持ちをぶつければ、それなりに通じて、良いこともある、そんな心があたたまる物語では有ります。
取り立てて名場面がある訳でも無く、名演技があるわけでも無く、役者が輝いてる訳でも有りません。
そこそこ頑張る蒼井優、再生しつつある松雪泰子、それなりに目立つ役者達。
やはり、下手くそだけど、頑張り成長する姿は、見ていて気持ちが良いものです。
派手では無いが、瞼が熱くなるシーンはたまに有ります。
みんなの努力を無にしないため、ストーブ貸してけろ。
オレの人生オレのもんだ。
最後はほのぼのして、心が温まります、少しだけでも。」

 

映画「フラガール」のあらすじ

昭和40年(1965年)、大幅な規模縮小に追い込まれ危機的状況に陥った福島県いわき市の常磐炭鉱を舞台に、炭鉱で働く人々が職場を失う現実・苦悩に立ち向かい、町おこし事業としてを立ち上げた常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)の誕生から成功までを実話を元に描かれています。

 

以下あらすじです。

あらすじを見ずに映画「フラガール」を楽しみたい方はコチラから

映画「フラガール」を
無料おためし期間で視聴する

 

昭和40年(1965年)、福島県いわき市の炭鉱町は危機に陥っていました。
その常磐町は炭鉱で栄えており、町のほとんどの人が炭鉱で働いていました。
しかし時代は石炭から石油へのエネルギー革命が押し寄せており、常磐炭鉱は、大幅な規模縮小に追いやられます。
苦悩した炭鉱会社の部長・吉本は、生き残りをかけた町興しとして、「常磐ハワイアンセンター」というレジャー施設を作ろうと決意しました(注:常磐ハワイアンセンターは実在し、現在はスパリゾートハワイアンズとして営業しています)。
吉本は本場ハワイでフラダンスを習い賞も受賞した平山まどかを教師として呼び、ハワイアンダンサーを募集します。

早苗と紀美子は親友でした。早苗は「求む、ハワイアンダンサー」のポスターを見て、紀美子を誘いました。
応募者は集まりました。しかし吉本がフラダンスの見本としてビデオを流し、腰を振って踊る露出の高い女性の姿を見て、皆帰ってしまいます。残ったのは紀美子、早苗、小百合、初子だけでした。
SKD(松竹歌劇団)で踊っていたまどかが、東京から来ます。若者男性は色めき立ちました。
まどかは二日酔いで現れます。母の作った借金に追われるまどかは、素人の娘に踊りを教える気はなかったのです。紀美子らは落胆しました。
しかし翌日まどかが踊る姿を見た紀美子ら4人は、その美しさに魅了され、真剣に学びたいとまどかに訴えます。

まどかも紀美子らの熱意に押され、次第に真面目に踊りを教え始めました。まどかと紀美子ら4人は必死でフラダンスの練習をします。
皆が必死で練習している姿を見て、ダンサーを希望する女性が現れ始め、メンバーも増えました。
紀美子がフラダンスを学んでいるのが母・千代にばれました。千代は怒り狂い、紀美子は家を出て教室で寝泊まりします。炭鉱で働く紀美子の兄・洋二朗は、紀美子と千代の和解を願いますが、なかなか叶いません。
衣装合わせをする早苗を見た父・清二が殴り、それを知ったまどかは、銭湯の男湯に突入して清二を殴ります。
早苗一家が北海道・夕張に引っ越すことになり、まどかと紀美子は別れを惜しみました。

早苗から届いた小包を渡しに行った千代は、紀美子の美しい踊りを見て娘を理解します。
宣伝ツアーが始まりました。最初は笑顔がぎこちないメンバーですが踊りは好評で、新聞はじめマスコミが取り上げます。
いわき市でもレジャー施設の建設が着々と続いていました。
小百合の父が落盤事故で亡くなります。父が亡くなった頃に娘が踊っていたとは何事かと、地元は非難のムードになります。
責任を取ってまどかが先生を辞めて去ろうとしますが、紀美子らが必死で止めました。地元民を説得したのは、紀美子の母・千代でした。
いよいよ常磐ハワイアンセンターが初日を迎えます。フラガールたちはみごとなダンスを披露し、拍手喝采を浴びました。

 

映画「フラガール」のキャスト・スタッフ

  • 映画「フラガール」のキャスト

常磐ハワイアンセンター関係
平山まどか – 松雪泰子
吉本紀夫 – 岸部一徳

フラガールズ
谷川紀美子 – 蒼井優
木村早苗 – 徳永えり
熊野小百合 – 山崎静代
佐々木初子 – 池津祥子
神山愛子 – 浅川稚広
蔦谷米子 – 安部魔凛碧
相馬純子 – 池永亜美
宮田比呂子 – 上野なつひ
岩田律子 – 内田晴子
内藤恵子 – 直林真里奈
小野寺ひらめ – 近江麻衣子
小川直子 – 楓
岡本真理子 – 栗田裕里
武藤澄江 – 田川可奈美
福田将美 – 千代谷美穂
柳里子 – 豊川栄順
田口ゆき絵 – 中村雪乃
芦屋めい – 中浜奈美子

常磐炭鉱の人々、他
谷川洋二朗 – 豊川悦司
谷川千代 – 富司純子
木村清二 – 高橋克実
木村好恵 – 小野愛莉
木村実 – 高橋朗
木村美代 – 畠みゆう
佐々木太郎 – 鈴木寛弥
石田 – 寺島進
猪狩光夫 – 三宅弘城
熊野五郎 – 志賀勝
炭鉱労働組合幹部 – 大河内浩
若松浩司 – 菅原大吉
徹 – 眞島秀和

 

  • 映画「フラガール」のスタッフ(映画)

監督:李相日
協力:スパリゾートハワイアンズ、いわきフィルムコミッション、映画「フラガール」を応援する会
Special Thanks:常磐興産、常磐興産グループ、常磐興産OB・OG有志、スパリゾートハワイアンズダンシングチーム、常盤音楽舞踊学院、早川洋舞塾
後援:福島県、いわき市、ハワイ州観光局
製作者:李鳳宇、河合洋、細野義朗
脚本:羽原大介
企画・プロデュース:石原仁美
撮影:山本英夫
美術:種田陽平
照明:小野晃
録音:白取貢
編集:今井剛
監督補:杉山泰一
音楽:ジェイク・シマブクロ
テーマソング:ジェイク・シマブクロ「Hula Girl」(フラ・ガール)
劇中歌:「Wish on my star」(英語版:ジェニファー・ペリ、日本語版:照屋実穂)
演技・振付指導:カレイナニ早川
CG:OLMデジタル
技斗:秋永政之
タイトル:マリンポスト
現像:東京現像所
スタジオ:日活撮影所
製作委員会(BLACK DIAMONDS)メンバー:シネカノン、ハピネット、スターダストピクチャーズ
制作/配給:シネカノン

 

最後に:映画「フラガール」」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「フラガール」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」で視聴するのがオススメです!

U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画「フラガール」を
無料おためし期間で視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ