動画

映画「百円の恋」のフル動画配信を無料で視聴する方法は?あらすじや感想も【安藤サクラ、新井浩文主演】

 

ー 呆れる程に、痛かった。 

 

呆れるほどに痛い”恋”と”闘い”の物語。

 

2014年11月15日に公開された

映画「百円の恋」

今回はこの映画「百円の恋」を無料で視聴する方法です。

※本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

 

映画「百円の恋」をU-NEXTで無料で視聴する

映画「百円の恋」現在U-NEXTでレンタル料無しの見放題となっています。

この見放題はU-NEXTの31日間無料のお試しキャンペーンに対応しているため

映画「百円の恋」のフル動画を無料で視聴するなら、U-NEXTの無料キャンペーンがオススメです!

U-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

映画「百円の恋」を
U-NEXTで視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ

 

というわけで

映画「百円の恋」フル動画は
「U-NEXT」で見ることが可能です。
U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画「百円の恋」を
U-NEXTで視聴する

 

TSUTAYA TVで無料期間にもらえる1,100円分のポイントを使って無料で映画「百円の恋」を視聴する

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASでは映画「百円の恋」は有料レンタルといった形をとっていますが、

新規登録すると30日間の無料お試し期間がついてきて、無料期間中に付与されるポイント「1,100ポイント」を使えばレンタル料を0円にして見ることができます!

TSUTAYA TVでは、映画「百円の恋」に必要なポイントは400ポイントなのでポイント利用でもう一本お好きな映画を楽しめます。

おすすめは「定額レンタル8+動画見放題プラン」、TSUTAYAのDVDを8枚まで借りながら、動画配信サービスも楽しめるお得なプランです。

また、30日間の無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASの
無料お試し期間で視聴する

クリックするとTSUTAYA公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

FODで無料期間にもらえるポイントを使って無料で映画「百円の恋」を視聴する

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】では映画「百円の恋」は有料レンタルと言った形をとっています。

FODでは新規登録すると、30日間の無料お試し期間がついてきて、

ポイントが毎月8のつく日(8日・18日・24日)にそれぞれ400ポイントを無料で手に入れることができます。

なので、そのポイントを使えば無料で映画「百円の恋」を視聴することが可能です。

※30日間の無料トライアル中で解約すれば料金はかかりません。

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

クリックするとFODプレミアム公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

映画「百円の恋」を実際視聴した人の感想

序盤から後半にかけて体型がどんどん変わり、
後半だと体が動くスピードも素人のスピードじゃないと思うので
これは単に演技なのではなく、実際にボクシングのトレーニングを
かなりこなしながら、時間をかけて撮影して行ったのだろうと推測する。

コンセプトがわからないというコメントや
結局クズはクズのままとかというコメントもあるが、
普通に見れば、
人はがんばれば大きく変われる、でもがんばり始めたからって
急に全てががらっと変わってうまくいくわけじゃないよ、
挫折をしながら、ちょっとずつ前進して行くんだよ、
そういう地道な努力が必要だよ、というメッセージと捉えられる。

だらだらの、やる気ない、32歳、どうしようもない女の物語か~と思って、観始めたけど、惹き込まれた。
どんどん面白くなる。
出戻りの妹と大喧嘩して、家を出るはめになって、良かった。
そうなってこその、一子のストーリーが始まったと思うから。

お父さんの存在感の薄さに、びっくり。はじめ、家にいるの見たとき、だれ??って思ったくらい・・

一子が、ぼそぼそ小さい声で話す感じ、姿勢の悪い感じ、顔が見えないくらいの髪の毛のぼさぼさ感、とか
だらだらの服装で自転車をこぐとことか、リアルにぶっきらぼうな空気感が出てるのがすごい。

でも家を出て、自分で探した仕事してみたおかげで、接客、向いてない、って言われながらも、
そのあと、自分の家の弁当屋を手伝ったとき、
ちゃんとお客に挨拶したり、接客のスキルが活かされてた。

物事、やってみなくちゃねぇ・・やってみたらできるな、ってこともあるんだし。
ボクシングも、どんどん上達して、どんどん変化するし。

最後の試合で、必死に食らいつく姿に、泣けてしまった・・初めて、我を忘れて頑張ることをしているって、思えたから。
姉を侮辱ばかりしてた妹も、ほんとは応援してるって分かる。

負け続けることは、自分のプライドを加速度的に破壊していく。その過程で、勝ちたいとも思わなくなる。後は底辺に転がり落ちていくだけ。

主人公の一子はそんな絵に描いたような負け犬だった。母親と姉の暮らす家で、働きもせず、穀を潰してばかりいた。負け続けることに慣れきっていた。しかし姉との喧嘩をきっかけに家を出て、100円ショップでバイトをしながら一人暮らしを始める。そこで出会った、1人の客に恋をする。男はボクシングをしていた。

男の引退試合に誘われた一子は、全身全霊を懸けて打ちあう迫力と、肩を叩き健闘を称え合う姿に、感動する。そして男と同じジムでボクシングを始める。

男は引退したことと、その試合で負けてしまったことで、自暴自棄になっていた。また一子もバイトの同僚から泥酔のうちに暴力を受け、深い傷を負っていた。空いた穴を埋めるように、2人は共に暮らし始める。しかし男は一子をぞんざいに扱い、女を作って出て行ってしまう。

失ったものをぶつけるように、一子はボクシングに打ち込む。そして、日々成長していく自分に気づく。自分もやればできると思って、自信が湧いていく。バイトもやめ、家業の弁当屋で働くようにもなった。努力の成果を確かめるために、一子は格上の相手に試合を申し込む。

試合は終始相手が優勢。肩で息をするのは一子で、自分のパンチは当たらず、逆に相手からは蜂の巣にされる。最終ラウンド。一子は絶え絶えになりながらも、得意の左フックを相手の顔面に叩きつける。勝ったと思ったのもつかの間、相手は倒れなかった。結果は一子の惨敗だった。

一子は最後に嗚咽をこぼしながら、一度でいいから勝ちたかったと言う。試合だけではなく、今までの人生を通してだろう。勝つことはできなかった。それでも一子が懸命に闘う姿は、それを見ていた家族と、男に届いていた。たしかに結果は重要だろう、勝負事であればなおさら。それでも、結果にこだわり努力を続ける真摯な姿は、勝者も敗者も関係なく美しいと思った。

初めは、「苦役列車」を観た時のように劣等感の塊のような主人公が、なんの目的も目標もなく退廃的に生き続け、最後は何の希望もない絶望的な後味の悪い映画になるのかと思いました。しかし、だんだんストーリーが進むにつれて、かつて「ロッキー1」を観た時のようにその世界に引き込まれている自分がいました。
最初の引きこもりの時のぶくぶくした彼女の肢体やうつろな目、表情がその生き様、心の様を現しているようでしたが、その同じ彼女がボクシングにはまってゆくにつれて変わっていく様は、かつて観た主演のロバート・デ・ニーロの「レイジングブル」の名演を思わせるほど物凄い変化であり、彼女が実際にボクシングやったら、結構いけるのではないかと思えるほど、動きが機敏になり、最初のシーンとのギャップが大きいと思いました。
彼女がボクシングに打ち込む様を観ながら、谷村新司の歌詞の中の「ああ生きるとは燃えながら暮らすこと」というフレーズが浮かんできました。試合のシーンでは、気が付くと感動で涙を流している自分がいました。BGMも、その時点の主人公の心理や生き様を現しているような選曲がされており、風景もこだわって丁寧にセッティングされ、作り手の情熱と思い入れが感じられました。
主演の安藤サクラさんは、2世タレントでイケメン俳優の奥田瑛二さんの娘だそうですが、そんな背景がなくても主役を張れる素晴らしい女優さんだと思いました。あの無気力だった頃の演技と逆に野獣のようなギラギラした目と表情のどちらもリアルで生々しい演技だと思いました。若い頃の松田優作を彷彿とさせるような「この人、今、この一瞬にかけて生きている!」って思わせる魅力とカッコ良さがありました。
「素晴らしい作品をありがとう」と言いたいです。

 

映画「百円の恋」のあらすじ

2012年の『周南「絆」映画祭』で「第1回松田優作賞」グランプリに選ばれた足立紳の脚本を映画化したもの。周南市徳山動物園、笠戸島(下松市)、室積海岸(光市)などでロケーションが行わました。

主演の安藤サクラは、第39回日本アカデミー賞・最優秀主演女優賞を獲得。他に最優秀脚本賞も受賞しています。

 

以下あらすじです。

あらすじを見ずに映画「百円の恋」を楽しみたい方はコチラから

映画「百円の恋」を
U-NEXTで視聴する

 

斎藤一子(安藤サクラ)は32歳にもなって、実家に引きこもり、自堕落な生活を送っていた。離婚し、出戻り中の妹の二三子と衝突を繰り返す毎日だったが、ひょんなことから2人は大ゲンカになり、一子が家を出ることに。あてもお金もない一子は、仕方なく、100円ショップの深夜労働を始める。そこは、様々な問題を抱える、個性豊かな底辺の人間たちの巣窟だった。一子の唯一の楽しみは、近くのボクシングジムで練習をする一人の中年ボクサー・狩野(新井浩文)を見ることだった。ある日、100円ショップに来た狩野からデートに誘われた一子は、初めてボクシングの試合を見る。それは狩野の引退試合だった。殴り合い、肩を叩き合う、ボクシングの試合に一子は強い羨望を抱き、自らもボクシングを始める。一方、引退試合で負けた狩野は自暴自棄になり、深夜の100円ショップに転がり込んでくる。そんな狩野を介抱するうちに二人は体を重ねるようになり、二人の生活が始まる。しかし、すぐに狩野は帰ってこなくなる。悔しさと情けなさと怒りを静かにぶつける様に一子は、どんどんボクシングにのめり込んでいく。「百円程度の女」だった自分を奮い立たせるために。そこに見出したのは、仄かだが、確かな希望だった。負けっぱなしの人生から這い上がろうとする女と挫折を経験した男の、再生の物語。

 

映画「百円の恋」のキャスト・スタッフ

  • 映画「百円の恋」のキャスト

斎藤一子(いちこ)
演 – 安藤サクラ

斎藤二三子(ふみこ)
演 – 早織

斎藤佳子
演 – 稲川実代子

斎藤孝夫
演 – 伊藤洋三郎

岡野淳
演 – 宇野祥平

佐田和弘(さだ)
演 – 沖田裕樹

野間明
演 – 坂田聡

西村
演 – 吉村界人

池内敏子
演 – 根岸季衣

狩野祐二
演 – 新井浩文

青木ジムの会長
演 – 重松収

小林
演 – 松浦慎一郎

藤村京介
演 – 和宇慶勇二

迫田彩美(さこたあやみ)
演 – 白岩佐季子

 

  • 映画「百円の恋」のスタッフ

監督 – 武正晴
脚本 – 足立紳
プロデューサー – 佐藤現、平体雄二、狩野善則
主題歌 – クリープハイプ「百八円の恋」
音楽 – 海田庄吾
撮影 – 西村博光
照明 – 常谷良男
美術 – 将多
録音 – 古谷正志
編集 – 洲﨑千恵子
衣装 – 宮本まさ江
メイク – 金森恵
企画協力 – セントラル・アーツ、オフィス作、ブレス
製作プロダクション – スタジオブルー
配給・宣伝 – SPOTTED PRODUCTIONS
製作 – 東映ビデオ

 

最後に:映画「百円の恋」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「百円の恋」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」で視聴するのがオススメです!

U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画「百円の恋」を
U-NEXTで視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ