動画

映画「14の夜」のフル動画配信を無料で視聴する方法は?あらすじや感想も【犬飼直紀、濱田マリ、門脇麦、和田正人、健太郎】

 

ー クソみたいな日常にサヨナラだ。 

 

呆れるほどにバカだった、

居てもたってもいられなくて飛び出した、14の夜。

 

2016年12月24日に公開された

映画「14の夜」

今回はこの映画「14の夜」を無料で視聴する方法です。

※本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

 

映画「14の夜」をU-NEXTで無料で視聴する

映画「14の夜」は現在U-NEXTでレンタル料無しの見放題となっています。

この見放題はU-NEXTの31日間無料のお試しキャンペーンに対応しているため

映画「14の夜」のフル動画を無料で視聴するなら、U-NEXTの無料キャンペーンがオススメです!

U-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

映画「14の夜」を
U-NEXTで視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ

 

というわけで

映画「14の夜」フル動画は
「U-NEXT」で見ることが可能です。
U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画「14の夜」を
U-NEXTで視聴する

 

TSUTAYA TVで無料期間にもらえる1,100円分のポイントを使って無料で映画「14の夜」を視聴する

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASでは映画「14の夜」は有料レンタルといった形をとっていますが、

新規登録すると30日間の無料お試し期間がついてきて、無料期間中に付与されるポイント「1,100ポイント」を使えばレンタル料を0円にして見ることができます!

TSUTAYA TVでは、映画「14の夜」に必要なポイントは500ポイントなのでポイント利用でもう一本お好きな映画を楽しめます。

おすすめは「定額レンタル8+動画見放題プラン」、TSUTAYAのDVDを8枚まで借りながら、動画配信サービスも楽しめるお得なプランです。

また、30日間の無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASの
無料お試し期間で視聴する

クリックするとTSUTAYA公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

映画「14の夜」を実際視聴した人の感想

前提としてエロ映画ではありません。私が見たかった中学生日記でした。

エロに対する情熱でのみ行動しているような少年ですが、その中に院隠滅滅とした思いがあるのは同じような中学生時代を過ごした私には深く感じ取ることができました。
主人公は自分が何者でもないことに不安や劣等感を感じていて、ある日の24時間の体験で変わっていくというような作品です。スタンドバイミーを再翻訳していると言ったら過言でしょうか。
完璧に自己投影してしまい2時間の映画ですがあっという間に感じられました。このような映画体験をすることができて監督、役者さんに心より感謝いたします。

不良グループ、面白グループ、オタクグループにも所属することができなかった、俺たちの映画です。

14歳の自分に戻ってやり直せたら、今となって思い返すと
やはり後悔が多々ありますね。そんな気持ちを思い出させる
作品で気持ちよく最後まで鑑賞できました。役者さんたちは、
ほとんど見かけない方々でしたが、かえってそれが変な先入
観なく見れたので良い作品なのだと思います。

これこそ、”観る人に委ねる映画” ですね。
14歳という、成長期、思春期、恋愛、受験、反抗期(私は一切なかったが)など、
なんとなく小学生の頃より周りが見え始めたけど、なかなか思うように進まない、言葉をうまく表現できない、
金がなく自由度も限られてるという、悶々とした日々が描かれていますね。
スクールカーストの底辺に近い自分の位置に焦りを感じつつも、抜け出す術も、エネルギーもない。
私も当時感じた、『一生童貞で終わるのか?』を特に気にしている様がなんとも懐かしく思い出深い。
自分は本当はもっとできるはず、自分より下はもっといるはず、なんであんなバカに彼女が?なんていう誰にも言えない憤り。
自分のうだつの上がらないのは、こいつら家族に囲まれてるせいか?と恨んだり。

主人公は最後に、なかなかできないキレっぷりを見せつけ、不良グループに一目置かれるようにはなったが
帰宅すると、父親はやはりクズのままだったり、意外と何も変わってない日常に失望してしまう。
映画としてはスッキリする終わり方ではないが、私はその方がイイかと思う。
いろんな人間の階級、趣味、生き方がそれぞれ書かれる中で、見る人全てが本作の主人公に近いわけではないからだ。
私のような30代後半は本作を俯瞰して見れるが、今の自分は”カッコイイ大人”になれたのか?
そしてこれから子供が大きくなった時、カッコイイと思われるような関係性になれるのか?
子供がスクールカーストの上の方にこれるように育てられるのか?
現在14才の中学生は、彼女を作るには手っ取り早く不良グループに入った方が良いと思うか?
それとも嫌いな奴は最後まで絡まず、自分の立ち位置を作ったり、分相応を受け入れるか?
私はこれからを改めて考えさせられた。

けど、これを観たまだまだ若い学生さんには、社会の構図をちょっとだけ知ってほしい。
”昔不良だったという会社の社長”がいたり、実際に学歴以上のものは必要であるが
大人になると、勢いだけでスクールカーストのてっぺんに居た不良は、確実に社会の底辺に固定される。これはまず間違いない。
若い学生さんは今がすべてで、やったもん勝ちの不良の前に無力感を喫するかもしれないが
もし今本気で自分の能力を伸ばせば、絶対に後にパワーバランスは逆転する。

主演の犬飼直紀さんの演技力の高さは素晴らしく、今後の活躍に注目したい。
☆4は、まあちょっとリアリティの乏しい過剰な演出(それがなければ地味な映画にはなるけど)か。
ホモの友達の件など、、、。 あとは決定的に邦画に多いのが、時代設定の演出を徹底できていないところに尽きる。
日産ノート、Hondaライフ、など現代車を見かけたり、自宅のキッチンや幼馴染みの家の玄関のディテールが新しすぎたり。
古き良き時代にどうしても入り込めなくなるのが惜しい。
レンタルビデオ屋は本作の肝だけあって、よく揃えたと思うが。
いろんな人に見てほしい映画ですね。

「百円の恋」の脚本を書いた足立紳の監督作。
ダメな自分を変えるのは自分しかいないというテーマは同じだけどこちらのほうが設定がユニークでとても面白かった。
主人公が家を飛び出すきっかけになる家族の大ゲンカが最高に笑えました。
メチャクチャな一晩の冒険を終えて帰って来た主人公とダメなお父さんとの朝のやり取りが良いです。
最後の主人公の泣き笑いには思わず息を飲みました。

 

映画「14の夜」のあらすじ

「百円の恋」で第39回日本アカデミー賞の最優秀脚本賞を受賞した脚本家・足立紳の初の監督作品で、脚本も足立によるオリジナル映画です。

主演はオーディションで選出された新人、犬飼直紀が務めました。第29回東京国際映画祭・日本映画スプラッシュ部門公式出品作品。

 

以下あらすじです。

あらすじを見ずに映画「14の夜」を楽しみたい方はコチラから

映画「14の夜」を
U-NEXTで視聴する

 

AV女優がサイン会にやってくる・・・!?刺激的な噂話に揺れる中学生・タカシとその仲間たち。忘れられない夜を越えて見つけたものとはーーー!?1987年の田舎町。中学生のタカシは、ずっと家でうじうじしている父親(光石研)がカッコ悪くて嫌いだ。今日も婚約者を連れて帰って来た姉に対して情けない態度で見ていられない。町を歩いてるとすぐ絡んでくるヤンキーたちも鬱陶しいし、隣に住む幼なじみで巨乳のメグミがちょっと気になっている。そんなどうにもならない悶々とした日々を送っているタカシが柔道部の仲間たちと入り浸っている、町に一軒だけあるレンタルビデオ屋があった。そしてそこにAV女優のよくしまる今日子がサイン会にやって来るという噂が聞こえてきて・・・。予期せぬ事態、大騒動の果てにタカシはよくしまる今日子に会う事ができるのかーーー?

 

映画「14の夜」のキャスト・スタッフ

  • 映画「14の夜」のキャスト

大山タカシ
演 – 犬飼直紀

大山佳子
演 – 濱田マリ

大山春子
演 – 門脇麦

前田
演 – 和田正人

西野メグミ
演 – 浅川梨奈

金田
演 – 健太郎

多田ミツル
演 – 青木柚

岡田サトシ
演 – 中島来星

竹内剛
演 – 河口瑛将

ケメ子
演 – 後藤ユウミ

祖母
演 – 稲川実代子

ビデオ屋の女店員
演 – 内田慈

ビデオ屋の男店員
演 – 駒木根隆介

ミツルの父親
演 – 坂田聡

脇田先生
演 – 宇野祥平

マスター
演 – ガダルカナル・タカ

大山忠雄
演 – 光石研

よくしまる今日子
演 – 沖田杏梨噂のAV女優。

 

  • 映画「14の夜」のスタッフ

監督 – 足立紳
脚本 – 足立紳
製作 – 間宮登良松、狩野善則
エグゼクティブプロデューサー – 加藤和夫
プロデューサー – 佐藤現、坂井正徳
アソシエイトプロデューサー – 古川一博
撮影 – 猪本雅三
照明 – 安部力
録音 – 西條博介
美術 – 将多
衣装 – 天野多恵
ヘアメイク – 大久保恵美子
編集 – 洲崎千恵子
音楽プロデューサー – 津島玄一
音楽 – 海田庄吾
主題歌 – キュウソネコカミ『わかってんだよ』(Getting Better Records / Victor Entertainment)[1]
助監督 – 松倉大夏
監督補 – 大崎章
スクリプター – 佐山優佳
キャスティング – 北田由利子
製作担当 – 村山大輔
製作プロダクション – 東北新社
製作 – 「14の夜」製作委員会
配給 – SPOTTED PRODUCTIONS

 

最後に:映画「14の夜」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「14の夜」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」で視聴するのがオススメです!

U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画「14の夜」を
U-NEXTで視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ