動画

ディズニーの実写映画「アラジン」のフル動画配信を無料で視聴する方法は?あらすじや感想も【2019】

 

映画「アラジン」がディズニーの公式で実写映画化し、2019年6月7日に公開されました!

 

この映画「アラジン」のBlue-ray/DVDの販売、レンタルが2019年10月9日より始まりますが

今回はこの映画「アラジン」を無料で視聴する方法です。

 

映画「アラジン」を無料で視聴するには?

ネットで映画「アラジン」を視聴できるようになるのは、Blue-ray/DVDの販売・レンタルが始まる2019年10月9日からになります。

そこで、発売・レンタル解禁と同時に配信するサイトでオススメなのが

「U-NEXT」と「TUTAYA TV」です!

この二つのサイトでは映画「アラジン」を配信する可能性が高く、

また両サイトとも一ヶ月無料キャンペーンを実施しているため、お金が一切かからずに最速でネット視聴できる可能性があります。

 

映画「アラジン」をU-NEXTで無料で視聴する場合

映画「アラジン」をU-NEXTで視聴する場合、ポイントを使って視聴するといった形になると思います。

しかし、U-NEXTの31日間無料のお試しキャンペーンで付与されるポイントを使えば無料で視聴することが可能となります!

そしてU-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

 

現在Blue-ray/DVDの販売・レンタルと同時解禁される新作映画の配信がU-NEXTで配信される場合、すべてこの方法で無料視聴することができます!

映画「アラジン」を
U-NEXTで視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

というわけ

映画「アラジン」を視聴する場合
「U-NEXT」がおススメです!

U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画「アラジン」を
U-NEXTで視聴する

 

TSUTAYA TVで映画「アラジン」を視聴する場合

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASでは映画「アラジン」は有料レンタルといった形をとっていますが、

新規登録すると30日間の無料お試し期間がついてきて、無料期間中に付与されるポイント「1,080ポイント」を使えばレンタル料を0円にして見ることができます!

TSUTAYA TVでは、映画「アラジン」に必要なポイントは500ポイントなのでポイント利用でもう一本お好きな映画を楽しめます。

おすすめは「定額レンタル8+動画見放題プラン」、TSUTAYAのDVDを8枚まで借りながら、動画配信サービスも楽しめるお得なプランです。

また、30日間の無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASの
無料お試し期間で視聴する

クリックするとTSUTAYA公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

映画「アラジン」の感想

ガイ・リッチーがアラジンを?!と、公開前は字幕で観る気マンマンだったのに、タイミングを逃し逃し、いつの間にやら気づけば娘の夏休み。。娘に付き合って、吹き替えで観ることに。

冒頭10分くらいで「しまった!」ってなりましたね。もう面白いオーラが完全に出てた。

元々アラジンはディズニーの中でもかなり好きな映画なんですけど、実写化にあたってかなりストーリーラインをアレンジしてあり、しかもそれは実写ならではの改変になっている。
とにかくガイ・リッチーらしく伏線の張り方と回収が上手い!アッと驚く、という訳ではないが、「え〜そうはならないだろ〜・・」とならないように物語をしっかりと構成するために伏線がしっかりと用意されている。当たり前の事なようで、最近の映画のなんとコレが出来てないことか・・・なのでもうそこには歓心しきりでした。

あと画面作りの、敢えてチープにした感じ・・・これ狙ってやってるんだろうけど、まるでグーニーズやインディ・ジョーンズを観ているようなワクワク感が凄かった!CGの凄さというよりも、遠近法の使い方とかがメチャクチャ良くて、古くて新しい、馴染みがあるのに初体験な映像で、やっぱり技術というのはこういう風に使うんだよなぁ!と鳥肌立ちました。

実写化シリーズに必ずブチ込まれるフェミニズムも、今回は姫が元々政治志向だったことなどきちんとフリがしてあるため今までのシリーズ作のような不自然感はあまりない。突然っちゃ突然だけど、インド映画のオマージュのようでもあり。ただ・・・実写化シリーズの最大の課題である新曲は今回も残念ながらパッとしない。姫の熱唱もちょっと気恥ずかしく感じてしまうのは曲が悪いですねこれは。全体的なオリジナルのアレンジは良いんですけども。

一番心配していたジーニーことウィル・スミスが意外にもハマっていて嬉しい誤算。まぁ俺様だいすき感は否めませんが・・・やっぱりブラックコンテンポラリー的な事やらすと上手いし、品と風格があるのは良い。観る前は「ジーニーはジム・キャリーだろふざけんな!」って言ってましたけど、今ではちょっとウィル・スミス以外は思いつかないってくらいハマってましたよ。ジム・キャリー版も観たいけど。

超個人的な嗜好の問題ですけど、アラジン役の俳優さんがちょっと・・・あんま・・・カッコよくないかなぁって・・・(ファンにボコボコにされる)まぁこれはアレンジの範疇というか、アニメのチャラ男から誠実で不器用な男という風に変わってましたね。キャラ改変で言えば王様のキャラもアニメではただのアホでしたがそこそこ真面目なジジイに変更(流石にあのままでは実写化もキツイし)、ジーニーもアニメ版の「友達」という側面よりは、アラジンを見守り成長を促す「父親」としての側面を強く打ち出していて、だからこそ最後の展開が非常に・・・グッとくる。これは良い改変だなと思いました。

あまりにも良かったので後日字幕で観るか!と思えど時すでにお寿司・・・福岡では上映終了しておりまして(泣) これはしょうがないのでブルーレイで字幕版を心待ちにするしかないですね。

いやしかし楽しかった!ここ最近のディズニーではダントツの出来です!

アニメの再現度が高い。砂漠の洞窟、アブー、魔法の絨毯、ジャファー、ラジャー…etc
特に、アラジンとジーニーが出会うシーンの再現度が高くて驚いた。ウィルスミスのジーニーが想像以上に良い。

アラジンとジャスミンのダンスも圧巻

a whole new world の尊さを改めて実感
2人が絨毯に乗り歌う有名なシーンはやはり美しかった。その部分はアニメ越えではないかとさえ思った

実写版のディズニー映画で一番好きな作品となりました。
アラジンは劇団四季の公演もとても楽しめたので、実写映画も成功するのでは、と観る前から期待値が高かったのですが、それ以上の完成度です。

圧巻の歌とダンスはもちろんのこと、アラジンはかっこいいし、ジャスミンはきれいで文句なしです。
豪華なミュージカルを見た気分にもなれる、楽しい映画でした。

現代に合わせた改変も個人的には良かったです。
とらわれたジャスミンが突然歌い出すのはさすがにやり過ぎだと思いましたが、ジャスミンが国王となりアラジンとキスをするシーンの流れはいい意味で現代の女性らしく、好感が持てました。

新たなジーニーも楽しめましたし、冒頭の入り方も自然で素晴らしかったと思います。
ジーニーの声のイメージが山寺さんだったので吹き替え版を観ましたが、字幕版も是非鑑賞したいです。

これまでディズニープリンセスの実写映画は退屈そうに観ていた連れの男性が、アラジンでは「Blu-rayが出たら買いたい!」と興奮するくらい楽しんでいたので、男性の方にもおすすめです。

遅ればせながらようやく観賞。もっと早く見れば良かった。こんなに素晴らしい内容だったとは。もはや芸術の域。圧巻の一言。
大スケールの冒険活劇と思いきや、ロマンスあり、友情あり、それを演出する音楽のバックグラウンドに、アクション、駆け引き、スリル、意外性、笑い、おまけに社会風刺に人生観へのメッセージまで、これでもかと言わんばかりのてんこ盛り。
感動のエンディング、そして冒頭のシーンの謎解きまで、2時間を越える長編ながら、スピーディーで無駄のない構成に飽きることなく映画の醍醐味を堪能できる大作。
そしてジーニーの吹替えの山寺宏一は、ここまでできるのかのもはや名人芸。
ジャスミンの木下晴香の独唱も見ごたえあり。ただ、ソロパートゆえに口の動きが日本語と違うのが目立ってしまうのが難点。
上映終わるまでにオリジナルも見なくては。
劇場で見るのにふさわしい楽しい映画です。

 

映画「アラジン」のあらすじ

アラジン』は、2019年のアメリカ合衆国のファンタジー映画。『千夜一夜物語』の『アラジンと魔法のランプ』に基づき1992年に制作されたディズニーの長編アニメーション映画作品『アラジン』の実写リメイク作品です。

 

以下あらすじです。

アグラバーの町で猿のアブーとともに暮らす貧しい青年アラジン。市場へ繰り出しては盗みを働いていた彼は、ある日、変装した王女ジャスミンと出会う。アラジンは侍女のふりをしたジャスミンと心を通わせるが、アブーが彼女の母の形見である腕輪を盗んだことで幻滅されてしまう。アラジンは腕輪を返すために王宮に忍び込み、ジャスミンとの再会を果たすが、衛兵に捕らえられる。国務大臣のジャファーは、ジャスミンが王女であることをアラジンに教え、チャンスを与えると言って、魔法の洞窟に入って魔法のランプを取ってくるよう命じる。

アブーとともに洞窟に入ったアラジンは、岩に挟まれていた魔法の絨毯を助け、ランプを取ることに成功するが、アブーが「ランプ以外の財宝に触ってはいけない」という掟を破って宝石に触れたことで、洞窟に閉じ込められてしまう。途方に暮れたアラジンだったが、絨毯の指示でランプをこすったところ、ランプの中から魔人ジーニーが出現。ジーニーはランプをこすりながら願い事を言えば3つかなえると言う。アラジンはジーニーの目をごまかして願い事を言ったふりをして魔法を使わせて洞窟から脱出すると、1つめの願いで架空の国「アバブワ」の王子・アリとして名前と服装を変え、ジャスミンのもとへと向かう。

 

映画「アラジン」のキャスト・スタッフ

  • 映画「アラジン」のキャスト/日本語吹き替え版

アラジン:メナ・マスード/中村倫也
ジャスミン:ナオミ・スコット/木下晴香
ジーニー:ウィル・スミス 山寺宏一
ジャファー:マーワン・ケンザリ/北村一輝
サルタン:ナヴィド・ネガーバン/菅生隆之
ダリア:ナシム・ペドラド/沢城みゆき
アンダース王子:ビリー・マグヌッセン/平川大輔
イアーゴ:アラン・テュディック(声)/多田野曜平
ハキーム:ヌーマン・アジャル/宮内敦士
ラズール:ロビー・ハインズ
オマール:ジョーダン・A・ナッシュ/鈴木柊真
リアン:タリア・ブレア/稲葉菜月
ジャマル:アミール・ブートゥロス/山本兼平
魔法の洞窟:」フランク・ウェルカー(声)/掛川裕彦

 

  • 映画「アラジン」のスタッフ

監督:ガイ・リッチー
脚本:ジョン・オーガスト
原作:『アラジンと魔法のランプ』
製作:ダン・リン(英語版)・ジョナサン・アイリヒ
製作総指揮:マーク・プラット・ケヴィン・デラノイ
音楽:アラン・メンケン
主題歌:日本語訳詞 もりちよこ
撮影:アラン・スチュワート
編集:ジェームズ・ハーバート
製作会社:ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ

 

最後に:映画「アラジン」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「アラジン」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」で視聴するのがオススメです!

U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画「アラジン」を
U-NEXTで視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ