動画

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」のフル動画配信を無料で視聴する方法は?あらすじや感想も【MCUシリーズ】

 

ーこれが、正義。ー

 

世界中が、ヒーローたちの“誇り”に涙した──。

 

日本では2019年4月26日に公開された

『アベンジャーズ』シリーズの完結編で、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でヒーローたちの前に立ちはだかったサノスとの戦いを描くアクション大作

「アベンジャーズ/エンドゲーム」

9月4日から映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」のレンタルが始まりますが

今回はこの映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」を無料で視聴する方法です。

 

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」をU-NEXTで無料で視聴する

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」は現在U-NEXTで新規登録での31日間の無料お試し期間に無料で付与されるポイントを使えば視聴することができます。

なので

「有料レンタル動画を無料で視聴したい!」

というのであれば

無料で付与されるポイントで視聴できるU-NEXTがオススメです!

U-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」を
無料お試し期間で視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ

 

というわけで映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」フル動画は
「U-NEXT」で見ることが可能です。

U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」を
無料お試し期間で視聴する

 

TSUTAYA TVで無料期間にもらえる1,080円分のポイントを使って実質無料で映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」を視聴する

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASでは映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」は有料レンタルといった形をとっていますが、

新規登録すると30日間の無料お試し期間がついてきて、無料期間中に付与されるポイント「1,080ポイント」を使えばレンタル料を0円にして見ることができます!

TSUTAYA TVでは、映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」に必要なポイントは500ポイントなのでポイント利用でもう一本お好きな映画を楽しめます。

おすすめは「定額レンタル8+動画見放題プラン」、TSUTAYAのDVDを8枚まで借りながら、動画配信サービスも楽しめるお得なプランです。

また、30日間の無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASの
無料お試し期間で視聴する

クリックするとTSUTAYA公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」の感想

2008年9月公開の「アイアンマン」から10周年イヤー期間に公開された「アベンジャーズ/エンドゲーム」でついに【第一部完】といった終わりを迎えました。いわゆる【インフィニティー・サーガ】の完結です。正式に言えば、2019年6月28日公開の「スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム」で完結と言われていますが、観た感じだと、スパイダーマンはあくまでエピローグ的存在。アベンジャーズとしての活動の歴史はエンドゲームで完結ですね。

最初の「アイアンマン」を観ていた頃はまさかこんな壮大な展開に発展するとは思っていませんでしたが、「アイアンマン2」くらいから徐々に「アベンジャーズ計画」が進み始めているのに気づき、「もしかして他作品とクロスオーバーするのかな?」と思いながらワクワクしていました。それから、「キャプテン・アメリカ」シリーズ、「マイティー・ソー」シリーズがそれぞれ動き出し、そして2012年に「アベンジャーズ」として集結しました。

2012年の「アベンジャーズ」の日本版のキャッチコピーは「日本よ、これが映画だ!」でした。挑発的かつ期待値を上げに上げるコピーでしたが、見事そのコピーの通り、ヒーロー映画という枠組みを超えたエンターテイメント作品になっており、感動したのを覚えています。

そこからのMCU(マーベルヒーローズが世界観を共有し展開していく総称)の拡大はさらに大きく広がり、ついに昨年公開の「アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー」では、最強の敵サノスを投入してきました。

当初、マーベルヒーローズは街の犯罪者やテロ集団といった人間の敵を相手にしていましたが、それが2012年の「アベンジャーズ」で宇宙人の侵略があって以降、この世界には人間以外のヴィランが数多く存在することがわかり、それを想定して戦っていかなければいかなくなりました。

その代名詞かつ最終目標がサノスであり、「アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー」ではアベンジャーズが束になって襲いかかっても子供をあしらうどころか、体にまとわりつく虫を払うかのごとく軽く扱われ、完敗。さらにはインフィニティーガントレットでスナップされ、全宇宙の人口を半分にされて終わるという衝撃的な結末を迎えました。

そこから「アントマン&ワスプ」、「キャプテンマーベル」の公開を経て、アントマンとキャプテンマーベルの2名が生き残っていることが発覚し、今回の「アベンジャーズ/エンドゲーム」に繋がります。

MCUは現在まで大きく分けてフェイズ1、フェイズ2、フェイズ3に分かれます。いわば、シーズン1~3といった感じだと思っていただければ幸いです。

フェイズ1は、

『アイアンマン』(2008)
『インクレディブル・ハルク』(2008年)
『アイアンマン2』(2010年)
『マイティ・ソー』(2011年)
『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)
『アベンジャーズ』(2012年)

フェイズ2は、

『アイアンマン3』(2013年)
『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2014年)
『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年)
『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)
『アントマン』(2015年)

フェイズ3は、

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)
『ドクター・ストレンジ』(2017年)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(VOL.2)』(2017年)
『スパイダーマン/ホームカミング』(2017年)
『マイティ・ソー/バトルロイヤル(ラグナロク)』(2017年)
『ブラックパンサー』(2018年)
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年)
『アントマン&ワスプ』(2018年)
『キャプテン・マーベル』(2019年)
『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年)
『スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム』(2019年)

現在のところ『キャプテン・マーベル』まで観てようやく『アベンジャーズ/エンドゲーム』を観ていただきたい。MCUは各スピンオフに伏線を散りばめていて、それが『アベンジャーズ/エンドゲーム』に繋がります。マーベルの社長も、撒いてきた種がエンドゲームで芽を出すと言っているのも嘘ではないです。なので、急いで「アベンジャーズ」3作品だけ観て挑む人と、これらをすべて観てから挑む人は感動の度合いがかなり違ってきます。

というのも、各作品のキャラや専門用語を予め頭に入れておかないと何のことがさっぱりのまま話が進んでいくことになります。アメリカドラマのシーズン1~2をすっ飛ばしていきなりシーズン3から観始める人は少数だと思いますし、ついて行けないと思います。

長い道のりだとは思いますがこれら全てを観終えてからエンドゲームを観ると、10年分のマーベルの伏線が一度に回収されて楽しめて、ラストでキャストたちと同じような思いで締めくくれると思います。

2008年から始まった11年の歴史に、
ついに終止符が打たれます。
「壮絶」「圧巻」という言葉だけでは表せない、
最高傑作と言っても過言では無い作品でした。

前作の衝撃的なラストから1年・・・。
予告から想像する内容と、
日に日に増す期待を遥かに凌駕した展開を魅せてくれます。

ネタばれは避けますが、
物語冒頭で一気に絶望を味合わせ、
前作のラストへ気持ちと記憶を引き戻させます。
そこから、
笑いと感動を織り交ぜ、爆発的に盛り上がっていきます。
ファンにとっては特に中盤に
喜ばれる要素が多かったのでは無いでしょうか。
もちろん中弛みなんて感じさせません。

3時間という長編でしたが、
あっという間に時間が過ぎてしまいました。
むしろ、もっと見続けていたいと感じる程です。

また、最後のアイアンマンのシーンには
感動と喪失感で全身に鳥肌が立ち、涙が止まらない程でした。
ヒーローものでこんな感動した作品は他にありません。

本当に、本当に!
ありがとうございました!!
私の人生の記憶に残る最高の作品です!!!

2008年のアイアンマン・ハルクから始まったマーベル・シネマティック・ユニバース。アイアンマン一作目のCMを見て、男心をくすぐられ映画館に走った時から、ふと気づくと11年が経っていました。当時、小学生になったばかりだった長男が受験生となり、まだ全く興味がなかった次男が僕以上に熱くなり、そして自分は40代も中盤になって2008年にはなかった髪の毛に白いものも目立ち、洋服のサイズも確実に大きくなってしまった11年と、その時々のMCU作品と自分の思い出が重なり合った映画体験の一つの集大成としか言いようがありません。

映画エンドゲームそのものとしては、ツッコミたいところもなくはありませんが、一本の映画で主役をはる力を備えている多くの俳優さん達が、ほんのちょい役として周りを固めてアイアンマンやキャプテンアメリカ達の物語のフィナーレを盛り上げていく盆と正月が一緒に来たような絢爛豪華さ。 あれだけ我儘で利己的だったアイアンマンことトニー・スタークが”大いなる力には大いなる責任が伴う”とばかり、ラストで完全に利他的な行動をすることで正真正銘のヒーローとなり、キャプテンアメリカことスティーブ・ロジャースの救い、そしてナターシャやソー・ハルク・ホークアイといったそれぞれの物語としても、これ以上を望むと罰が当たりそうな気がします。

アベンジャーズ一作目のキャッチコピー”日本よこれが映画だ!”ではありませんが、11年という時間とコンテンツの集大成を楽しむことができる大きな魅力をもったエンドゲームという映画、決して見て損はないと思います…さあ皆でアッセンブル!

間違いなく人生で最高の映画。
MCUを10年間見てきて本当に良かった。

最初のアイアンマンからずっとMCUを見続けてきました。
当時、アイアンマンスーツに興奮したことを今でも覚えています。
あれから10年、スタークには数々の苦難がありました。

トニースタークは、決してヒーローと呼べる男ではありませんでした。
傲慢で、自分勝手で、ナルシストな彼は、周りをかき乱し、多くの失敗を繰り返してきました。
時には世界を危機に落としてしまったこともあります。
しかし、彼は心の中で一筋に世界の平和を願っていました。
それが誰の理解を得られなくても、彼はまっすぐに自分の信じた道を歩き続けました。
彼は、神でも超人でもない、我々と同じ人間であり、等身大のヒーローです。
彼に心を揺れ動かされるのは、苦悩し続ける人間味にあるのだと思います。
世界を想い、仲間を想い、そして家族を想う。
必死に何かを守ろうとする一人の人間として、彼の突き進む姿に自然と心から尊敬の念が沸いてきます。
そして、彼の決断に、どうしても涙が止まらない。
架空の世界であっても、守ってくれてありがとうと心から思います。
私はトニースタークが大好きです。3000回愛しています。

MCUすべての作品を見てきて本当に良かった。
どの作品にも愛があります。
これからも、この作品たちとともに進んでいきたい。
そして今後の作品も楽しみです。
素晴らしい作品を作ってくれてありがとうございました。

 

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」のあらすじ

2019年3月15日に公開された映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」は、

アメリカン・コミックのマーベル・コミック『アベンジャーズ』の実写映画化作品で

  • 2012年公開の『アベンジャーズ』
  • 2015年公開の『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』
  • 2018年公開の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』

に続くシリーズ第4作であり、完結編です。

製作はマーベル・スタジオ。配給はウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ。

また、様々なマーベル・コミックの実写映画を、同一の世界観のクロスオーバー作品として扱う『マーベル・シネマティック・ユニバース』(MCU)シリーズとしては第22作品目の映画になります。

以下あらすじです。

あらすじを見ずに映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」を楽しみたい方はコチラから。

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」を
無料お試し期間で視聴する

 

「インフィニティ・ウォー」で、最凶最悪の敵“サノス”によってアベンジャーズのメンバーを含む全宇宙の生命の半分が消滅し、最強チーム“アベンジャーズ”も崩壊してしまった。

大切な家族や友人を目の前で失い、絶望とともに地球にとり残された35億の人々の中には、この悲劇を乗り越えて前に進もうとする者も。

しかし、“彼ら”は決して諦めていませんでした。 地球での壮絶な戦いから生き残ったキャプテン・アメリカ、ソー、ブラック・ウィドウ、ハルク、ホークアイ、そして宇宙を当てもなくさまようアイアンマン。

ヒーローたちは、大逆転へのわずかな希望を信じて再び集結します。はたして失った者たちを取り戻す方法はあるのでしょうか?

35億人の未来のために、そして今はここにいない仲間たちのために、

はたして失われた35億の人々と仲間を取り戻す方法はあるのか?大逆転の確率は、1,400万605分の1…。
わずかな希望を信じて再び集結したアイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソーたちに残されたのは、最強の絆だけ──。

“今はここにいない”仲間のために、彼らは最後にして史上最大の逆襲<アベンジ>に挑みます。最強チーム“アベンジャーズ”の名にかけて─。

 

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」のキャスト・スタッフ

  • キャスト(映画)

トニー・スターク / アイアンマン
演 – ロバート・ダウニー・Jr、日本語吹替 – 藤原啓治

スティーブ・ロジャース / キャプテン・アメリカ
演 – クリス・エヴァンス、日本語吹替 – 中村悠一

ブルース・バナー / ハルク
演 – マーク・ラファロ、ハルクの声 – ルー・フェリグノ、日本語吹替 – 宮内敦士

ソー
演 – クリス・ヘムズワース、日本語吹替 – 三宅健太

ナターシャ・ロマノフ / ブラック・ウィドウ

クリント・バートン / ホークアイ / ローニン

ジェームズ・“ローディ”・ローズ / ウォーマシン / アイアンパトリオット(英語版)
演 – ドン・チードル、日本語吹替 – 目黒光祐

スコット・ラング / アントマン
演 – ポール・ラッド、日本語吹替 – 木内秀信

キャロル・ダンヴァース / キャプテン・マーベル
演 – ブリー・ラーソン、日本語吹替 – 水樹奈々

ロケット
声 – ブラッドリー・クーパー、日本語吹替 – 加藤浩次〈極楽とんぼ〉

ネビュラ
演 – カレン・ギラン、日本語吹替 – 森夏姫

サノス
演 – ジョシュ・ブローリン、日本語吹替 – 銀河万丈

ペッパー・ポッツ / レスキュー(英語版)
演 – グウィネス・パルトロー、日本語吹替 – 小林さやか

ヴァルキリー / ブリュンヒルデ(英語版)
演 – テッサ・トンプソン、日本語吹替 – 沢城みゆき

オコエ
演 – ダナイ・グリラ、日本語吹替 – 斎賀みつき

エムバク(英語版)
演 – ウィンストン・デューク、日本語吹替 – 木村昴

コーグ(英語版)
演 – タイカ・ワイティティ、日本語吹替 – 金谷ヒデユキ

キャシー・ラング
演 – エマ・ファーマン、日本語吹替 – イブ優里安

メイ・パーカー(英語版)
演 – マリサ・トメイ

ハワード・ザ・ダック

アキヒコ
演 – 真田広之

嘆く男
演 – ジョー・ルッソ、日本語吹替 – 宮崎敦吉

スティーヴン・ストレンジ / ドクター・ストレンジ
演 – ベネディクト・カンバーバッチ、日本語吹替 – 三上哲

ピーター・パーカー / スパイダーマン
演 – トム・ホランド、日本語吹替 – 榎木淳弥

ティ・チャラ / ブラックパンサー
演 – チャドウィック・ボーズマン、日本語吹替 – 田村真

ピーター・クイル / スター・ロード
演 – クリス・プラット、日本語吹替 – 山寺宏一

ドラックス
演 – デイヴ・バウティスタ、日本語吹替 – 楠見尚己

グルート
声 – ヴィン・ディーゼル、日本語吹替 – 遠藤憲一

マンティス(英語版)
演 – ポム・クレメンティエフ、日本語吹替 – 秋元才加

ワンダ・マキシモフ / スカーレット・ウィッチ
演 – エリザベス・オルセン、日本語吹替 – 行成とあ

ホープ・ヴァン・ダイン / ワスプ
演 – エヴァンジェリン・リリー、日本語吹替 – 内田有紀

ジャネット・ヴァン・ダイン
演 – ミシェル・ファイファー

ハンク・ピム博士
演 – マイケル・ダグラス、日本語吹替 – 御友公喜

サム・ウィルソン / ファルコン
演 – アンソニー・マッキー、日本語吹替 – 溝端淳平

バッキー・バーンズ / ウィンター・ソルジャー
演 – セバスチャン・スタン、日本語吹替 – 白石充

シュリ
演 – レティーシャ・ライト

ネッド・リーズ
演 – ジェイコブ・バタロン

マリア・ヒル
演 – コビー・スマルダーズ

ニック・フューリー
演 – サミュエル・L・ジャクソン

ハッピー・ホーガン
演 – ジョン・ファヴロー、日本語吹替 – 大西健晴

ハーレー・キーナー
演 – タイ・シンプキンス

ヨハン・シュミット / レッドスカル
演 – ロス・マーカンド、日本語吹替 – 山路和弘

サディアス・“サンダーボルト”・ロス(英語版)
演 – ウィリアム・ハート

ジェーン・フォスター
演 – ナタリー・ポートマン、日本語吹替 – 坂本真綾

ウォン(英語版)
演 – ベネディクト・ウォン、日本語吹替 – 田中美央

ラモンダ(英語版)
演 – アンジェラ・バセット

ジャック・ロリンズ
演 – カラン・マルヴェイ

運転手
演 – スタン・リー、日本語吹替 – 高桑満

ガモーラ
演 – ゾーイ・サルダナ、日本語吹替 – 朴璐美

ロキ
演 – トム・ヒドルストン、日本語吹替 – 平川大輔

ブロック・ラムロウ(英語版)
演 – フランク・グリロ、日本語吹替 – 水内清光

ジャスパー・シットウェル
演 – マキシミリアーノ・ヘルナンデス、日本語吹替 – 丸山壮史

アレクサンダー・ピアース
演 – ロバート・レッドフォード、日本語吹替 – 田中秀幸

エンシェント・ワン(英語版)
演 – ティルダ・スウィントン、日本語吹替 – 樋口可南子

ハワード・スターク(英語版)
演 – ジョン・スラッテリー、日本語吹替 – 仲野裕

エドウィン・ジャーヴィス(英語版)
演 – ジェームズ・ダーシー、日本語吹替 – 井上倫宏

マーガレット・エリザベス・“ペギー”・カーター
演 – ヘイリー・アトウェル、日本語吹替 – 園崎未恵

フリッガ(英語版)
演 – レネ・ルッソ、日本語吹替 – 滝沢久美子

モーガン・スターク
演 – レクシー・レイブ、日本語吹替 – 新津ちせ

 

  • スタッフ(映画)

監督:アンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ

脚本:クリストファー・マルクス、スティーヴン・マクフィーリー

製作:ケヴィン・ファイギ(p.g.a.)

製作総指揮:ルイス・デスポジート、ヴィクトリア・アロンソ、マイケル・グリロ、トリン・トラン、ジョン・ファヴロー、ジェームズ・ガン、スタン・リー

共同製作:ミッチ・ベル、クリストファー・マルクス、スティーヴン・マクフィーリー

撮影監督:トレント・オパロックプロダクション・デザイン:チャールズ・ウッド

編集:ジェフリー・フォード(ACE)、マシュー・シュミット

衣裳:ジュディアナ・マコフスキー

視覚効果&アニメーション:インダストリアル・ライト&マジック

視覚効果監修:ダン・デレウ

ビジュアル開発主任:ライアン・メイナーディング

音楽:アラン・シルヴェストリ

音楽監修:デイヴ・ジョーダンキャスティング:サラ・ハリー・フィン(C.S.A.)

 

最後に:映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」で視聴するのがオススメです!

U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」を
無料お試し期間で視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ