動画

映画「空飛ぶタイヤ」のフル動画配信を無料で視聴する方法は?あらすじや感想も【長瀬智也主演】

 

ー 俺が戦わなくて誰が戦う? ー

 

事故に隠された巨大企業の闇ーー

決して諦めない男たちの、世紀の大逆転エンターテイメント

 

2018年6月15日に公開された

映画「空飛ぶタイヤ」

今回はこの映画「空飛ぶタイヤ」を無料で視聴する方法です。

 

映画「空飛ぶタイヤ」をU-NEXTで無料で視聴する

映画「空飛ぶタイヤ」は現在U-NEXTで無料お試し期間中に無料で付与されるポイントを使えば視聴することができます。

なので

「有料レンタル動画を無料で視聴したい!」というのであれば

無料で付与されるポイントで視聴できるU-NEXTがオススメです!

U-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

映画「空飛ぶタイヤ」を
無料お試し期間で視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ

 

というわけ

映画「空飛ぶタイヤ」フル動画は
「U-NEXT」で見ることが可能です。

U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画「空飛ぶタイヤ」を
無料お試し期間で視聴する

 

FODで無料期間にもらえるポイントを使って実質無料映画「空飛ぶタイヤ」を視聴する

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】では映画「空飛ぶタイヤ」は有料レンタルと言った形をとっています。

FODでは新規登録すると、30日間の無料お試し期間がついてきて、

ポイントが毎月8のつく日(8日・18日・24日)にそれぞれ400ポイントを無料で手に入れることができます。

なので、そのポイントを使えば無料で映画「空飛ぶタイヤ」を視聴することが可能です。

※30日間の無料トライアル中で解約すれば料金はかかりません。

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

クリックするとFODプレミアム公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

TSUTAYA TVで無料期間にもらえる1,080円分のポイントを使って実質無料で映画「空飛ぶタイヤ」を視聴する

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASでは映画「空飛ぶタイヤ」は有料レンタルといった形をとっていますが、

新規登録すると30日間の無料お試し期間がついてきて、無料期間中に付与されるポイント「1,080ポイント」を使えばレンタル料を0円にして見ることができます!

TSUTAYA TVでは、映画「空飛ぶタイヤ」」に必要なポイントは500ポイントなのでポイント利用でもう一本お好きな映画を楽しめます。

おすすめは「定額レンタル8+動画見放題プラン」、TSUTAYAのDVDを8枚まで借りながら、動画配信サービスも楽しめるお得なプランです。

また、30日間の無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASの
無料お試し期間で視聴する

クリックするとTSUTAYA公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

映画「空飛ぶタイヤ」の感想

ストーリーは、人間模様が複雑だけれど見やすく演出されていて。登場人物も多いけど、それぞれの役割が際立っていて、見やすい。脚本も映画としてちょうどいい長さ。鑑賞者が突っ込めないほど、穴のない「物語」の流れは、原作や脚本家のすごい几帳面さを感じる。
映画作りのお手本、のような映画のまとめ方。これほどの主役級の俳優陣をすべて「立てる」ことに成功しており、そんなキャスティング事情、映画を売らなければならない大人の事情をすべて飲み込んで、映画としてエンタテイメントとしてきちんと成立させている監督やプロデューサーの手腕に驚く。エンディング曲のクセの凄さに、唯一強い“こだわり”を感じた。

強い信念と覚悟を持って静かに、そして激しく闘志を燃やす姿はまさに「漢」

だが闘うオトコはいつも孤独…

しかし個々で奮闘していた異業種のオトコ達の点と点とが
線となり巨悪を穿つ鉾になり得た。

現代社会において信念を曲げず自分らしく生きていくのは難しい昨今
私は今までどう生きて来たのだろう…

人はおおむね何らかの「組織」に帰属しており
上下のはざまに位置していて、悪い所を感じても
見て見ぬ振りする部分が少なからずあると思う。

映画の中盤、沢田(D・フジオカ)に赤松(長瀬)が1億円という
テイの良い「手切れ金」の申し出をキッパリ断るシーンが
私の中では一番のターニングポイントでありベストシーンでした。

大人なら受けとっていたかもしれませんし
受け取らなっかた闘うオトコの姿は見かたによっては
意地を張った子供かもしれません…

「大人」とは悪を飲み込み善を語る、言わば「いい格好しい」だと
子供の頃の私は思っていました。
そして大人の振りをして飲み込んだ悪を吐き出す
「子供」の様に自分の思いに忠実に生きてみたいと今の私は思うのでした。

【追記】オトコを支える数少ない女性助演の深田恭子さん、小池栄子さんの存在!!
そして高橋一生さん、寺脇康文さんはもちろん
ムロツヨシでさえカッコ良く見えた!

巨大企業の隠蔽体質。それに立ち向かう中小企業の社長。従業員やその家族のことを考えての決断の瞬間が見どころでもあった。多くの泣き寝入り運送会社に全国行脚。石川県の言葉が聞けたので嬉しかった。最終的にはお隣富山県の会社の元整備課長(佐々木蔵之介)の資料が役に立ったけど、これでもまだ不十分。内部告発する勇気のある人間がいてこその不正暴露だ。

内部告発しても簡単にはクビにできない世の中にはなってきているけど、閑職に追いやられることは頻繁に起こっている。ディーン・フジオカ演ずる販売課長が栄転するといったエピソードは稀なんだろうけど、彼の決断もまた新部署で相手にされなくなったからだった。昔のように辞める覚悟がなきゃ男意気ってのを感じられないのも潮流なのかもしれない。

中小企業を舐めんなよ!の台詞が好き。結果は大逆転劇というものだったけど、多くの社長さんなら1億円の補償金で納得するのだろう。おかげで社長に死ぬまでついていく従業員も増えてはくるが、もし闇に葬られていたら・・・と考えるだけでゾッとする。

トラック運送会社のトラックのタイヤが脱輪。死亡事故まで起きる騒ぎに。運送会社社長をキッカケにリコール隠しを暴く御話なのだが、、、。

私的にはコレ、事故を起こしてしまったら会社の御話、リコール隠しを暴く物語だけとは思っていない。
民間会社では特に重要なコンプライアンス(法令遵守)の御話だと1番に思った。(最後に長瀬智也の言葉に一言だけ出てきましたね。)

主役の運送会社社長の長瀬智也だけでは無く、トラックメーカー営業課長ディーン・フジオカ、銀行担当高橋一生など他の人間まで巻き込んで焦点を合わせているのがその理由だと思う。

会社の為、上司の為、自分の為、家族の為と言いつつ行ってしまったとしても違反な物は違反。会社としてはコンプライアンス違反である。
違反すれば現代ではかなり社会的信用性を失う事になる。
会社も問われる。人間性も問われる。バレなきゃいいでは無い。
それがコンプライアンス。

そこにスポットを当ててくるなんて思ってもみなかった。違反・隠蔽に周りが気づく事が大事。誠意を持って対応する。短い時間良く描いたと思う程。

是非民間会社の管理職以上の方々には観てもらいたいな。
今年度アカデミー賞作品賞ノミネートも納得である。

 

映画「空飛ぶタイヤ」のあらすじ

空飛ぶタイヤ』(そらとぶタイヤ)は池井戸潤の社会派小説です。

『月刊J-novel』に2005年4月号、2005年6月号から2006年9月号に連載され、2006年9月16日に単行本が、2008年8月1日にはジョイ・ノベルスコレクション版が実業之日本社より刊行されました。

第28回吉川英治文学新人賞、第136回直木三十五賞候補作。

2002年の三菱自動車工業(三菱ふそうトラック・バス)製大型トラックの脱輪による死傷事故、三菱自動車によるリコール隠しなどを物語の下敷きとしています。

 

以下あらすじです。

あらすじを見ずに映画「空飛ぶタイヤ」を楽しみたい方はコチラから

映画「空飛ぶタイヤ」を
無料お試し期間で視聴する

 

ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、車両の欠陥に気づき、製造元である大手自動車会社のホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)に再調査を要求。同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査を開始する。それぞれが突き止めた先にあった真実は大企業の“リコール隠し”―。果たしてそれは事故なのか、事件なのか。

 

映画「空飛ぶタイヤ」のキャスト・スタッフ

  • 映画「空飛ぶタイヤ」のキャスト

赤松徳郎 – 長瀬智也
沢田悠太 – ディーン・フジオカ
井崎一亮 – 高橋一生
赤松史絵 – 深田恭子
高幡真治 – 寺脇康文
榎本優子 – 小池栄子
門田駿一 – 阿部顕嵐(Love-tune/ジャニーズJr.)
小牧重道 – ムロツヨシ
杉本元 – 中村蒼
室井秀夫 – 和田聰宏
柏原博章 – 木下ほうか
柚木雅史 – 浅利陽介
柚木妙子 – 谷村美月
長岡隆光 – 近藤公園
野坂康樹 – 村杉蝉之介
小茂田鎮 – 渡辺大
北村信彦 – 矢野聖人
平本克幸 – 田口浩正
浜崎紀之 – 斎藤歩
加藤宏芳 – 岡山天音
真鍋敏彰 – 矢島健一
ホープ銀行頭取 – 津嘉山正種
安友研介 – 毎熊克哉
高森将仁 – 加藤満
進藤治男 – 筒井巧
岡田俊樹 – 中林大樹
三浦成夫 – 井上肇
紀本孝道 – 小久保丈二
多鹿路雄 – 高川裕也
門田の恋人 – 池上紗理依
益田順吉 – 木下隆行
嶋本義裕 – 木本武宏
野村征治 – 柄本明
相沢寛久 – 佐々木蔵之介
谷山耕次 – 六角精児
高嶋靖志 – 大倉孝二
濱中譲二 – 津田寛治
巻田三郎 – 升毅
赤松拓郎 – 高村佳偉人
宮代直吉 – 笹野高史
狩野威 – 岸部一徳

 

  • 映画「空飛ぶタイヤ」のスタッフ

原作 – 池井戸潤「空飛ぶタイヤ」(講談社文庫 / 実業之日本社文庫)
監督 – 本木克英
脚本 – 林民夫
音楽 – 安川午朗
主題歌 – サザンオールスターズ「闘う戦士たちへ愛を込めて」(タイシタレーベル / スピードスターレコーズ)
製作総指揮 – 大角正
エグゼクティブプロデューサー – 吉田繁暁
プロデューサー – 矢島孝、石田聡子
撮影 – 藤澤順一
照明 – 長田達也
美術 – 西村貴志
録音 – 栗原和弘
編集 – 川瀬功
装飾 – 湯澤幸夫
スクリプター – 小関ひろみ
助監督 – 向井澄
音楽プロデューサー – 高石真美
宣伝プロデューサー – 松浦由里子
製作担当 – 米田伸夫
プロダクションマネージャー – 小松次郎
ラインプロデューサー – 山田彰久
制作プロダクション – 松竹撮影所
制作協力 – 松竹映像センター
企画・配給 – 松竹
製作 – 「空飛ぶタイヤ」製作委員会(松竹、木下グループ、日活、ジェイ・ストーム、講談社、朝日新聞社、実業之日本社、GYAO、オフィスIKEIDO、コロナワールド、イオンエンターテイメント)

 

最後に:映画「空飛ぶタイヤ」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「空飛ぶタイヤ」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」で視聴するのがオススメです!

U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画「空飛ぶタイヤ」を
無料お試し期間で視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ