動画

映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」のフル動画を無料で視聴する方法は?あらすじや感想も

 

世界はスパイダーマンに託される。

 

ー 鉄の意思を引継ぎ、真のヒーローへ。 ー

 

 

2019年6月28日に公開された

映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」。

映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」は、

「マーベル・コミック」原作の『スパイダーマン』の実写映画化作品としては第7作目となり、再始動した新シリーズとしては2017年の『スパイダーマン:ホームカミング』に続く第2作目となります。

また、様々な「マーベル・コミック」の実写映画を同一の世界観のクロスオーバー作品として扱う『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては第23作品目の映画となり、その「フェイズ3(第3シーズン)」の最後を飾る作品でもあります。

 

というわけで12月4日から映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」のBlue-ray/DVDの販売、レンタルが始まりますが

今回はこの映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」を無料で視聴する方法です。

 

映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」をU-NEXTで無料で視聴する場合

映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」はU-NEXTで新規登録での無料キャンペーン中に無料で付与されるポイントを使えばBlue-ray/DVD販売、レンタル開始と同時期の12月4日から視聴することができます。

※本情報は2019年9月現在の情報です。最新の配信状況は各動画配信サービスの公式サイトをご確認ください。

なので映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」フル動画を無料で付与されるポイントで視聴するなら、U-NEXTがオススメです!

U-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

映画観るなら<U-NEXT>

U-NEXTの公式サイトはコチラ

 

というわけ
新作レンタル映画のフル動画は
「U-NEXT」で見ることが可能です。

U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画観るなら<U-NEXT>

 

TSUTAYA TVで実質無料で映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」を視聴する場合

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASでは映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」は有料レンタルといった形をとると思われますが、

新規登録すると30日間の無料お試し期間がついてきて、無料期間中に付与されるポイント「1,080ポイント」を使えばレンタル料を0円にして見ることができます!

TSUTAYA TVでは、新作映画に必要なポイントは400~500ポイントなのでポイント利用でもう一本お好きな映画を楽しめます。

おすすめは「定額レンタル8+動画見放題プラン」、TSUTAYAのDVDを8枚まで借りながら、動画配信サービスも楽しめるお得なプランです。

また、30日間の無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASの
無料お試し期間で視聴する

クリックするとTSUTAYA公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」の感想

エンドゲーム後の物語として、さっぱり風味だがかえってそれが良かったかも知れない。コミカルな日常描写が、ヒーローたちが取り戻したものが人々にとってかけがえのないものだったという想いを強くさせてくれた。
舞台がヨーロッパの都市と聞いて、NYのような高層ビル群なしでカッコいいスパイダーマンのアクションがどれだけ見られるか心配だったが、杞憂だった。大いなる力には大いなる責任が伴うのテーマをエンドゲーム後のピーターの成長物語にピタリと収めていたし、敵のあり方は非常に現代的というか、現実的な脅威を感じさせてくれた。
ヒーローものである反面、スパイダーマンは等身大のティーンのドラマであることも忘れずに描かれていたのもよかった。エンドゲームの物語は壮大すぎたが、等身大の周りの人々を助けるんだという、ヒーローの原点がこの映画にはあった。トム・ホランドのティーン芝居は相変わらず良い。年をとってもこの味を失わないでほしい。

『アベンジャーズ エンドゲーム』後、平穏を取り戻した世界。普通の高校生に戻ったピーター・パーカーはクラスメイトや先生と一緒にヨーロッパへ研修旅行に旅立つ。旅行中にMJに告白しようと決意したピーターは虎視眈々とそのチャンスを伺うが、そんな恋バナを鼻で笑うかのようにピーター達が訪れたベネチアに謎のモンスターが出現。一転パニックに陥る街に颯爽と現れモンスターを退治してのける謎の男ミステリオ。ニック・フューリーにミステリオを紹介されたピーターは新たなる脅威が地球に迫っていることを知らされる。

怒涛のドラマをブチ込んだ特濃大作『~エンドゲーム』の後にやってきたいかにも肩の力が抜けた青春ロードムービー。軽快なドタバタとラブコメを展開しながらも、喪失感と大いなる力に伴う大いなる責任に戸惑うピーターの姿もしっかり描写。以降のMCUの意外な展開を匂わせて期待感を鼓舞するエンディングまで堪能出来て夏休み映画としては満点。ただ個人的にはMCUの世界観を追いかけることに少々疲れてきたので映画はまだまだ追いかけますが配信ドラマに手を出すのはやめようかなと思ってます。

前作である「スパイダーマン ホームカミング」が個人的に少し微妙で物足りないと感じていたので少し不安だったが「アベンジャーズ エンドゲーム」後の話ということでとても楽しみにしていた。結果本作は前作よりも圧倒的にスパイダーマン映画としても面白かったし、今までのMCU作品と少し異質で素晴らしい作品だった。まず、本作の1番の魅力は間違いなくヴィランのジェイク・ギレンホール演じるミステリオだと思う。クエンティン・ベック=ミステリオは1人の人間としてはスパイダーマンには到底かなわないのだが、スタークインダストリーズ社のドローンを利用した「ミステリオ」というキャラクターは頭脳的にも物理的にもスパイダーマンと同格、またはそれ以上のものだったと感じた。全てが幻影のヴィランは過去のMCU作品には無くて新鮮味があり、とても面白かった。またヴィランとなった動機がトニー・スタークだというのも面白い。トム・ホランド演じるピーター・パーカー=スパイダーマンも前作同様キャラクターとして最高だし、今作でのゼンデイヤ演じるMJへの恋も面白かった。ピーターが「アイアンマンの後継者」として苦悩し、葛藤し、成長するのも、新たなスーツを作るときにジョン・ファブロー演じるハッピーがトニー・スタークに重ね合せるシーンも感動。終始よくできた素晴らしいヒーロー映画だった。

トム・ホランドによるスパイダーマン2作品目であり、MCUフェイズ4の締めでもある本作。

そんな立ち位置の為、アイアンマンことトニー・スターク絡みのストーリーが軸ですがトムホスパイディの魅力は前作に増して楽しめます。

MCUヒーローの単独作品は多々ありますが、スパイダーマンはトニー・スタークとの絡みが強すぎて少しもったいない感じもあり。でも、それが魅力の一つとも言える所なので、なかなか評価が難しいですね。
単独作とみるともの足りないけど、MCUシリーズで観るとストーリーも立ち位置も実に美味しくて面白い。

3作品目は独り立ちか?!という所で、このレビューを書いている今現在、紆余曲折ありで版権がSONYに戻りMCUとの絡みはなしに。少し寂しいけれど、引き続きジョン・ワッツ監督であることと、半ば強制的に独り立ちスパイディを観れるので結果良しと思い、3作品目に期待です。

 

映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」のあらすじ

映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」は、

アメリカ合衆国では2019年7月2日に、日本では世界最速となる2019年6月28日に公開。

予告トレーラーによっては、「『アベンジャーズ/エンドゲーム』のネタバレが含まれている」という警告テロップが存在しています。

https://mataneteta.com/movieendgame3/

「マーベル・コミック」原作の『スパイダーマン』の実写映画化作品としては第7作目となり、再始動した新シリーズとしては2017年の『スパイダーマン:ホームカミング』に続く第2作目となります。

また、様々な「マーベル・コミック」の実写映画を同一の世界観のクロスオーバー作品として扱う『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては第23作品目の映画となっており、その「フェイズ3(第3シーズン)」の最後を飾る作品でもあります。

 

以下あらすじです。

メキシコ。ニック・フューリーとマリア・ヒルの二人は、意思を持った土でできたゴーレムのような存在に遭遇する。その戦闘中、彼らは緑の閃光を放つ謎の男にその場を救われる。

ニューヨーク。『アベンジャーズ/エンドゲーム』より少し後、ミッドタウン高校では「指パッチン」から帰還した者たちが、その時の姿のままで再び登校を再開していた。 ピーター・パーカー/スパイダーマンは、学校が企画したヨーロッパへの二週間の研修旅行の中で、想いを寄せるMJことミシェル・ジョーンズに告白することを決意する。

そんなピーターに、フューリーから何度も呼び出しが入る。夏休みを満喫したいピーターはこれを無視し、スパイダーマン・スーツを置いて、いち学生としてヴェネツィアへ向かった。その旅行のさなか、意思を持った水のような存在が市民やピーターたちに襲い掛かかる。メイおばさんが気を利かせて入れてくれていたスーツをホテルに置いてきてしまい、思うように戦えないピーターの前に、空を飛び魔法のようなパワーを操る男が現れ、水のモンスターを制圧する。人々からミステリオと呼ばれるようになったその男クエンティン・ベックは、自身を「アース833」というマルチバース(異世界)から訪れた存在であると語り、そのアースを滅ぼしたエレメンタルズと呼ばれる存在がピーターたちの住む「アース616」の侵略を開始したことを告げる。フューリーはピーターに「E.D.I.T.H.(イーディス)」と呼ばれる人工知能を宿した眼鏡を手渡し、トニー・スターク/アイアンマンの後継者に指名されたことを伝える。しかしピーターは、ベックからの共闘の申し出を断り、残り一体となったエレメンタルズとの対決を彼らに任せ、自らは旅行に戻ってしまう。

翌朝、ミッドタウン高校一同は、フューリーの画策により、行き先をパリからプラハに変更されてしまう。道中、フューリーが派遣したエージェントからステルス・スーツを預かったピーターは、イーディスの誤操作でクラスメートを殺しかけてしまうハプニングを起こしつつも、やむなくフューリーに協力することを決める。光のカーニバルが開催されるプラハで、ベックとともに火のエレメンタルズを倒したピーターは、自分の不甲斐なさを感じるとともに、ベックの中にトニーの面影を見出し、眼鏡をベックに譲り渡すと学生に戻る為に去った。一方、ピーターと別れたベックは、高笑いとともに、イーディス獲得を仲間たちと祝う。ベックは異世界から来た戦士などではなく、かつてスターク・インダストリーズを解雇された社員であり、同じように解雇されたり、研究価値を認めてもらえなかった者たちと共謀し、武器を内蔵し空中にホログラムも映し出せるハイテクドローンを使った自作自演で、エレメンタルズと戦うスーパーヒーローを演出していたに過ぎなかったのだった。

ベックと別れたピーターは、急きょ旅行が中止になったことを受け、MJとともに夜の街を散歩する。いざ彼女に告白しようとした矢先、MJはピーターがスパイダーマンだということを看破し、その証拠として戦闘現場に落ちていた装置にスパイダーマンのウェブが付いていたとピーターに見せた。答えに窮したピーターだが突如起動した装置はベックがホログラムを投影するために使用していたドローンのパーツであり、ピーターはベックが嘘を吐いていたことに気づく。正体を明かしたピーターはMJとネッドに自分の不在を誤魔化すよう頼み、フューリーがいるベルリンへ向かう。フューリーに事の次第を説明するピーターだが、それはホログラム装置で化けていたベックだった。イーディスで操るドローンによるホログラムに翻弄されたピーターは線路上に誘導され、列車に轢かれてしまう。ベックはミステリオの真実を知るMJとネッドを殺すため、ロンドンへ向かった。

一命をとりとめていたピーターだが、目覚めたのはオランダの留置場だった。脱出したピーターはスターク・インダストリーズの警備部長であるハッピー・ホーガンを呼び寄せる。プライベート・ジェットで迎えに来たハッピーに対し、ベックに騙された己の情けなさとトニーの不在に弱音を吐くが、励まされ気力を取り戻したピーターは、トニーが命を賭して守った世界をベックから守るべく、機内のマシンで新たなスーツを製作しロンドンへ向かう。

ロンドンにてベック一味の画策で橋上に誘導されたMJらを、ベックが操るドローンによるエレメンタルズのホログラム映像(ドローン搭載の機関銃により、実際に器物を破壊できる)が襲う。皆が逃げる中、ハッピーが操縦するプライベート・ジェットで、ピーターが駆けつける。激戦の果て、無理に攻撃を命じたために誤ってドローンの機関銃に撃たれてしまったベックは、「人は、信じたいものを信じる」と告げて死んだ。イーディスの眼鏡を取り返し、ドローンを撤退させたピーターは、MJと口づけを交わす。

ミッドクレジット・シーン。ニューヨークに戻ったピーターは、スパイダーマンの姿でMJと空中遊泳を楽しんだ後、街頭スクリーンに映し出された映像を目撃する。J・ジョナ・ジェイムソンが編集長を務めるデイリー・ビューグルが明かしたその映像は、ベック一味の残党がベックの死の間際を撮影したものだった。編集され加工された映像の中でベックは、エレメンタルズに関わる騒動は全てスパイダーマンの仕業であり、スパイダーマンの正体はピーター・パーカーであると告げた。

ポストクレジット・シーン。フューリーに化けていたスクラル人・タロスは、マリア・ヒルに化けていた妻のソレンに苦言を呈されながら、電話でフューリー本人に顛末を説明する。宇宙船の中、いずこかのビーチのホログラムを鑑賞していたフューリーは、タロスの報告に立ち上がり、船内のスクラル人たちに「仕事の時間だ」と告げた。

 

映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」のキャスト・スタッフ

  • 映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」のキャスト(映画)

ピーター・パーカー / スパイダーマン
演 – トム・ホランド、日本語吹替 – 榎木淳弥

クエンティン・ベック / ミステリオ
演 – ジェイク・ジレンホール、日本語吹替 – 高橋広樹

演 – サミュエル・L・ジャクソン、日本語吹替 – 竹中直人

マリア・ヒル
演 – コビー・スマルダーズ、日本語吹替 – 本田貴子

ミシェル・“MJ”・ジョーンズ
演 – ゼンデイヤ、日本語吹替 – 真壁かずみ

ネッド・リーズ
演 – ジェイコブ・バタロン、日本語吹替 – 吉田ウーロン太

ベティ・ブラント(英語版)
演 – アンガーリー・ライス、日本語吹替 – 水瀬いのり

ジェイソン・イオネッロ
演 – ジョージ・レンデボーグ・Jr(英語版)、日本語吹替 – 浪川大輔

ブラッド・デイヴィス
演 – レミー・ハイ(英語版)、日本語吹替 – 豊永利行

ユージーン・“フラッシュ”・トンプソン(英語版)
演 – トニー・レヴォロリ、日本語吹替 – 畠中祐

ロジャー・ハリントン
演 – マーティン・スター、日本語吹替 – 長野伸二

ジュリアス・デル
演 – J・B・スムーヴ(英語版)、日本語吹替 – 山野井仁

ディミトリ
演 – ヌーマン・アジャル(英語版)、日本語吹替 – 中田譲治

メイ・パーカー(英語版)
演 – マリサ・トメイ、日本語吹替 – 安藤麻吹

ハロルド・“ハッピー”・ホーガン
演 – ジョン・ファブロー、日本語吹替 – 大西健晴

E.D.I.T.H.(イーディス)
声 – ドーン・ミッチェル・キング、日本語吹替 – 早見沙織

(役名未発表)
演 – オリ・ヒル

ウィリアム・ギンター・リヴァ
演 – ピーター・ビリングスリー、日本語吹替 – 上別府仁資

グートマン
演 – ニコラス・グリーヴス、日本語吹替 – 藤井啓輔

ヴィクトリア
演 – クレア・ダン、日本語吹替 – きそひろこ

ジャニス
演 – クレア・ラッシュブルック、日本語吹替 – 渡辺ゆかり

ノンクレジット・カメオ出演

J・ジョナ・ジェイムソン
演 – J・K・シモンズ、日本語吹替 – 立川三貴

タロス
演 – ベン・メンデルソーン(クレジットなし)、日本語吹替 – 関俊彦

ソレン
演 – シャロン・ブリン(英語版)(クレジットなし)、日本語吹替 – 加藤有生子

 

  • 映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」のスタッフ(映画)

監督:ジョン・ワッツ
製作:ケビン・ファイギエイミー・パスカル
製作総指揮:ルイス・デスポジート / ビクトリア・アロンソ / トーマス・M・ハメル / エリック・ハウサーマン・キャロル / レイチェル・オコナー / スタン・リー / アビ・アラド / マット・トルマック
原作:スタン・リー / スティーブ・ディッコ
脚本:クリス・マッケーナ / エリック・ソマーズ
撮影:マシュー・J・ロイド
美術:クロード・パレ
衣装:アンナ・B・シェパード
編集:ダン・レーベンタール / リー・フォルサム・ボイド
音楽:マイケル・ジアッキノ
音楽監修:デイブ・ジョーダン
視覚効果監修:ジャネク・サーズ
ビジュアル開発主任:ライアン・メイナーディング

 

最後に映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」で視聴するのがオススメです!

無料で付与されるポイントを使えばBlue-ray/DVD販売、レンタル開始と同時期の12月4日から視聴することができます。

U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画観るなら<U-NEXT>

U-NEXTの公式サイトはコチラ