動画

実写映画「銀魂」のフル動画配信を無料で視聴する方法は?あらすじや感想も【小栗旬、菅田将暉、橋本環奈主演】

 

ー カブト狩りじゃああああああああああああ! 

 

おっ、実写版銀魂じゃねーか、完成度たけぇーなオイ。

 

2017年7月14日に公開された

映画「銀魂」

今回はこの映画「銀魂」を無料で視聴する方法です。

※本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

映画「銀魂」をU-NEXTで無料で視聴する

映画「銀魂」は現在U-NEXTで無料お試し期間中に無料で付与されるポイントを使えば視聴することができます。

なので

「有料レンタル動画を無料で視聴したい!」というのであれば

無料で付与されるポイントで視聴できるU-NEXTがオススメです!

U-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

映画「銀魂」を
U-NEXTで視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ

 

というわけで

映画「銀魂」フル動画は
「U-NEXT」で見ることが可能です。
U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画「銀魂」を
U-NEXTで視聴する

 

TSUTAYA TVで無料期間にもらえる1,080円分のポイントを使って無料で映画「銀魂」を視聴する

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASでは映画「銀魂」有料レンタルといった形をとっていますが、

新規登録すると30日間の無料お試し期間がついてきて、無料期間中に付与されるポイント「1,080ポイント」を使えばレンタル料を0円にして見ることができます!

TSUTAYA TVでは、映画「銀魂」に必要なポイントは500ポイントなのでポイント利用でもう一本お好きな映画を楽しめます。

おすすめは「定額レンタル8+動画見放題プラン」、TSUTAYAのDVDを8枚まで借りながら、動画配信サービスも楽しめるお得なプランです。

また、30日間の無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASの
無料お試し期間で視聴する

クリックするとTSUTAYA公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

映画「銀魂」の感想

実写化の中ではかなりの完成度ではないでしょうか。
個人的には発表当時、配役を観た瞬間は微妙だなぁと思っていたのですが
実際に観てみるとみなさんしっかりとキャラに沿ってくれていて、とても好感が持てました。

橋本環奈の神楽も最初は不安でしたが、あそこまではちきれてくれるとは(笑
あと菜々緒がとても可愛くて、それだけでも見る価値がありました。

後半のナ○シカのくだりとか、すごいヨシヒコ臭がしてて鼻につきましたが、
それはそれ、ヨシヒコも大好きだったので特に問題はなかったです。

全体的に原作に対する愛をしっかりと感じれた作品でした。

思ってたよりもはるかに面白かった。
バカっぽさ、ユルさ、やばいパロディをちゃんと踏襲しつつ、さらにキャストもいじりまくりでちゃんと笑えた。
橋本環奈はじめ女優陣も思いっきりやってて最高。後菜々緒の腹が綺麗。中村勘九郎の扱いの酷さも素晴らしい。
正直原作、アニメは大好きだけどもアクションがダサくてそこだけ苦手だったが、実写になってめっちゃよくなった。
ここまでいい作品になってるとは思わなかった。

劇場でされる前に公開された原作者のコメントに「これはコスプレ大会になります。期待しないで見てください。」という感じのものがあったんですけど、蓋を取ってみると確かにコスプレ大会だった!完成度がたけぇーコスプレ大会だった!
ですが、冒頭からメタ発言をする、かっこ良く決めるところはちゃんとかっこ良く決める、キャラクターと演じる役者さんの完璧と言い切っても良いレベルのシンクロ率!
原作の大事な部分をきちんと抽出しただけでなく、キャスティングも完璧と言い切っても良いくらい登場人物にあってたので、銀魂が好きな人は見ても損はしないと思います!
続編は続編で面白かったので、続編を見る前にこれを見ても損はしません!

漫画・アニメの実写映画には、散々と泣かされました。
今回もかなぁ・・・と思いつつ、話題になっていたので観てみました。
ちなみに銀魂は、アニメを一時期観ていた程度でコミックは読んでいません。

うん・・・

面白かった~wwwww
きっとコアなファンにとっては「ここが気に入らん!」みたいな感想もあるのだと思います。
全く銀魂を知らない人には「意味が解らん!」って部分もあるのだと思います。
きっと、私のような中途半端な知識しかない「なんちゃってファン」が一番のめり込めるのかもw

それにしても、アチコチから怒られそうな事を平然とこなすよなぁw
赤く塗ると3倍の速さで動くでお馴染みのアノ人くらいは、まぁ・・・
まさか、風の谷のアノ人まで出てくるって・・・大丈夫なのかw
ってか、主題歌(?)ヤバすぎだろww
まぁ、言いたい事も言えないこんな世の中じゃダメですよね、って伝えたかったのでしょうw

万人にオススメできる作品ではありませんが、私は好きですよ♪

原作の大ファンという訳ではありませんが、まあ普通に好きというレベルです。
映画館に一人で観に行き、散りばめられたギャグに笑いを堪えるのが大変で、一人で観に行ったことを後悔しました。
かなり序盤からもうヤバかったです。
レイトショーで観たので、観客はみんな大人でしたが、館内皆さん笑ってました。
なので途中からは私も普通に我慢せず笑ってました。
堪えるの無理ですね、あれは。
さすが福田監督と、豪華な役者の皆さん。
あの銀魂特有のギャグを実写にすると、下手するとめちゃくちゃ寒い痛いシーンになりそうですが、面白かった。
「勇者ヨシヒコ」が好きな方は、間違いなく楽しめると思います。

 

映画「銀魂」のあらすじ

2017年7月14日に公開された実写映画『銀魂』。ストーリーはカブト狩り(第83訓・84訓、第10巻)と紅桜篇(第89訓~97訓、第11-12巻)がベースとなっています。

 

以下あらすじです。

あらすじを見ずに映画「銀魂」を楽しみたい方はコチラから

映画「銀魂」を
U-NEXTで視聴する

 

侍の国・・・この国がそう呼ばれたのも今は昔の話。江戸時代末期、宇宙からやってきた「天人(あまんと)」の台頭と廃刀令により、侍は衰退の一途をたどっていた。かつて攘夷志士として天人と最後まで戦い「白夜叉」と恐れられた坂田銀時も、今は腰の刀を木刀に持ち替え、かぶき町の便利屋<万事屋(よろずや)銀ちゃん>を呑気に営む日々。そんな彼の元に、かつての同志である桂小太郎が消息不明になり、高杉晋助が挙兵し幕府の転覆を企んでいるという知らせが入る。 事件の調査に乗り出した万事屋メンバーの新八、神楽の身に危険が迫ったとき、銀時は再び剣をとる。進む道、戦う意味を違えたかつての同志と対峙し、己の魂と大切な仲間を護るために―。

 

映画「銀魂」のキャスト・スタッフ

  • 映画「銀魂」のキャスト

坂田銀時 – 小栗旬 / 田中悠太(少年時代)
志村新八 – 菅田将暉
神楽 – 橋本環奈
近藤勲 – 中村勘九郎
土方十四郎 – 柳楽優弥
沖田総悟 – 吉沢亮
原田右之助 – 一ノ瀬ワタル
志村妙 – 長澤まさみ
桂小太郎 – 岡田将生 / 萩原壮志(少年時代)
平賀源外 – ムロツヨシ
高杉晋助 – 堂本剛 / 大西統眞(少年時代)
武市変平太 – 佐藤二朗
来島また子 – 菜々緒
岡田似蔵 – 新井浩文
村田鉄子 – 早見あかり
村田鉄矢 – 安田顕
結野クリステル – 古畑星夏
エリザベス(声) – 山田孝之
定春(声) – 高橋美佳子
吉田松陽(声) – 山寺宏一
天人(声) – 丹沢晃之、山本格、藤吉浩二、岩澤俊樹
喫茶店店主 – やべきょうすけ
岡っ引き – 原金太郎
シャア・アズナブル – 六角精児
長谷川朝晴
志賀廣太郎
中村有志
酒井健太(アルコ&ピース)
今井隆文
清水くるみ
長田侑子
朝山知彦
赤阪尊子
廣瀬菜都美
石関友梨
もえのあずき
笠原竜司
中村浩二
草野速仁
小泉たいが
広沢信
斉藤枯介
佐藤正和
山本泰弘
太田恭輔
金子伸哉
鎌倉太郎
野村啓介
保坂聡 他

 

  • 映画「銀魂」のスタッフ

原作 – 空知英秋「銀魂」(集英社『週刊少年ジャンプ』連載)
脚本・監督 – 福田雄一
音楽 – 瀬川英史
製作 – 高橋雅美、木下暢起、太田哲夫、宮河恭夫、吉崎圭一、岩上敦宏、峠義孝、青井浩、荒波修、渡辺万由美、本田晋一郎
エグゼクティブプロデューサー – 小岩井宏悦
プロデューサー – 松橋真三、稗田晋
アソシエイトプロデューサー – 平野宏治、三條場一正
企画協力(週刊少年ジャンプ編集部) – 瓶子吉久、大西恒平、真鍋廉
撮影 – 工藤哲也、鈴木靖之
照明 – 藤田貴路
録音 – 芦原邦雄
美術監督 – 池谷仙克 ※遺作
アクション監督 – チャン・ジェウク
スケジューラー – 桜井智弘
助監督 – 井手上拓哉
衣装デザイン – 澤田石和寛
ヘアメイク – 宮内宏明
スクリプター – 山内薫
VFXスーパーバイザー – 小林真吾
ポスプロプロデューサー – 鈴木仁行
編集 – 栗谷川純
カラリスト – 酒井伸太郎
整音 – スズキマサヒロ
選曲 – 小西善行
制作担当 – 加藤誠
ラインプロデューサー – 鈴木大造
配給 – ワーナー・ブラザース映画
制作プロダクション – プラスディー
製作幹事 – ワーナー・ブラザース映画、集英社
製作 – 映画「銀魂」製作委員会(ワーナー・ブラザース映画、集英社、テレビ東京、トライストーン・エンタテイメント、バンダイナムコピクチャーズ、電通、アニプレックス、バンダイ、丸井グループ、GYAO、トップコート、プラスディー)

音楽

主題歌
「DECIDED」(Sony Music Records)[6]
作詞・作曲:TAKUYA∞ / 編曲:UVERworld、平出悟 / 歌:UVERworld

挿入歌
「颯爽たるシャア」
作曲:松山祐士
「パッション」
作詞:福田雄一 / 作曲・編曲:瀬川英史 / 歌:小栗旬

 

最後に:映画「銀魂」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「銀魂」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」で視聴するのがオススメです!

U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画「銀魂」を
U-NEXTで視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ