動画

映画「グリーンブック」のフル動画を無料で視聴する方法は?あらすじや感想も【ピーター・ファレリー監督作品】

 

ー 彼は人の心を変えられると信じているからさ。 ー

 

どう生きるのが正解か?

この二人が起こした最高の奇跡とはーー

 

2019年3月1日に公開された

映画「グリーンブック」

今回はこの映画「グリーンブック」を無料で視聴する方法です。

 

映画「グリーンブック」をU-NEXTで無料で視聴する

映画「グリーンブック」は現在U-NEXTで無料お試し期間中に無料で付与されるポイントを使えば視聴することができます。

なので

「有料レンタル動画を無料で視聴したい!」というのであれば

無料で付与されるポイントで視聴できるU-NEXTがオススメです!

U-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

映画「グリーンブック」を
無料お試し期間で視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ

 

というわけで

映画「グリーンブック」フル動画は
「U-NEXT」で見ることが可能です。
U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画「グリーンブック」を
無料お試し期間で視聴する

 

TSUTAYA TVで無料期間にもらえる1,080円分のポイントを使って映画「グリーンブック」を視聴する

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASでは映画「グリーンブック」は有料レンタルといった形をとっていますが、

新規登録すると30日間の無料お試し期間がついてきて、無料期間中に付与されるポイント「1,080ポイント」を使えばレンタル料を0円にして見ることができます!

TSUTAYA TVでは、映画「グリーンブック」に必要なポイントは200ポイントなのでポイント利用でもう一本お好きな映画を楽しめます。

おすすめは「定額レンタル8+動画見放題プラン」、TSUTAYAのDVDを8枚まで借りながら、動画配信サービスも楽しめるお得なプランです。

また、30日間の無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASの
無料お試し期間で視聴する

クリックするとTSUTAYA公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

映画「グリーンブック」の感想

この映画は観客を選ばない。誰もがハードルなく楽しめて、10人中9人が「本当にいい映画だったね」と胸を熱くさせて映画館を後にすることができる。そんなわかりやすさと可笑しさ、そして観客の心をグッと引き寄せる魂のうねりを併せ持った作品なのだ。

冒頭ではちょっと強面なオヤジに見えた太鼓っぱらのヴィゴ・モーテンセンと、それとは正反対の気高さを持つ黒人ピアニスト役のマハーシャラ・アリ。肌の色も性格も育ちも正反対の彼らが、旅の過程で徐々に互いへの敬意と友情を結んでいく。そこに折り重なるエピソード一つ一つがまた、なんとも言えない輝きを放ち、胸いっぱいに余韻を広げていく。

このロードムービーは二人の目線の高さを同じくして、互いの立場に立って物事を見つめることの尊さを我々に教えてくれる。60年代を舞台にしながら、分断の顕著な現代世界に、普遍的であり微塵のブレもない力強いメッセージをもたらしてくれる傑作だ。

天才的な黒人ピアニストのシャーリー(マハーシャラ・アリ)とイタリア系白人中年ドライバーのトニー(ヴィゴ・モーテンセン)。生い立ちも生活環境も異なる2人が相手の長所を認め合いながら、憎しみと人種の壁を乗り越え、友情に結ばれていく。その様子を人種差別が苛烈だった1960年代初めの米国南部を舞台に、ユーモアと具体的なエピソードを交えて描くロードムービーです。人種差別という重いテーマを盛り込みながら、最後は心温まる友情物語で閉めくくる。ピーター・ファレリー監督の優れた演出、主演2人の名演技、練り上げられた脚本、すべてが相乗効果を発揮して観る者すべてに爽やかな感動を与えてくれる。まさにヒューマンドラマの王道を行く名作と言っていいでしょう。

「知的で教養豊かな黒人の天才ピアニスト」に対し「粗野で無教養な白人ドライバー」という設定がユニークです。腕っぷしの強さと度胸の良さを買われたトニーは、ピアニストのシャーリーに運転手として雇われ、「グリーンブック」(黒人が宿泊可能なホテルがリストアップされているガイドブック)を頼りに、人種差別が色濃く残る南部への演奏旅行に同行することに…。最初は反撥しあっていた2人ですが、行く先々のホテル、レストランで思いもよらぬ差別を受けたことで、それまでの敵対関係は協力関係に変わっていきます。

文化も価値観もすべて好対照な2人ですが、唯一共通する部分があります。それは2人とも白人・黒人それぞれの社会で居場所を失っているということです。トニーは白人社会でイタリア系のマイノリティとして蔑視されている。一方、シャーリーはスノッブなエリートとして黒人社会で異分子扱いされている。トニーには愛すべき家族があるだけ救われますが、独身のシャーリーは裕福でニューヨークの一等地に住んでいるとはいえ、白人・黒人いずれの社会からも排除され、孤独に苦しんでいる。だからこそ So if I’m not black enough, and if I’m not white enough, and if I’m not man enough, then tell me Tony, what am I?(私が、黒人でもなく、白人でもなく、真の男でもないというなら、いったい何者なんだ私は!)というシャーリーの悲痛な叫びは強い説得力で観る者の胸を打ちます。

それにしても米国の人種差別はなんと根強く複雑なのでしょう。あらためてその闇の深さを思い知らされます。この映画は実話に基づいていますが、かなりの部分が脚色されていて、ロードムービーとしても「手錠のままの脱獄」や「ミッドナイト・ラン」を観ている人にとっては特に新鮮味があるわけではありません。しかし各エピソードのきめ細かな描写、自然で嘘くささを感じさせないドラマ展開、優しさあふれるエンディング…、どれをとっても一級品で、誰もが納得の感動作となっています。本年度(2019年)のアカデミー作品賞・脚本賞を受賞したのも肯けます。助演男優賞を受賞したマハーシャラ・アリも素晴らしいですが、個人的にはヴィゴ・モーテンセンが強く印象に残ります。彼の名演技と存在感なくしてこの名作はあり得なかったでしょう。

実話ベース。労働者階級で貧しい主人公トニーは粗雑だが元々気のいいイタリア系白人。教養が高いが気難しい黒人の天才的ピアニストの運転手兼“問題解決屋”として、8週間の“差別社会”南部ツアーの旅にでる。。。。

脚本も演技も、自然体で素晴らしいです。トニー役のヴィゴ・モーテンセン、この役のために太りに太って、大変な熱演で、好感をもちました。オスカーは逃しましたが、彼の演技には誰もが拍手でしょう!ピアニスト役のマハーシャラ・アリは「ムーンライト」でオスカー助演賞に輝いた実力派ですが、再受賞も当然の文句のつけようのない見応えのある演技です。ピアノ見事すぎのです!!!この二人の息の合った演技が素晴らしく、みるものは一緒に旅しているようこの二人に感情移入していってしまいます。

そして胸がとってもあったかくなるとびきりのラスト!!!

この数年のオスカー作品賞作で、久々に当然の受賞とおもいました!差別の理不尽さや博愛精神をうたってトクしたような議論もありましたが、この映画はよりシンプルに人種のちがうふたりが時間や差別体験を共有しながら育んでいく友情のさわやかさ、人生の歓びをポジティブに描いた、すぐれたドラマだとおもいました。

黒人差別が当たり前のように残る
1960年代のアメリカを舞台とした、
黒人ピアニストと白人運転手との実話をベースとした映画です。

何と言ってもこの映画の魅力は
二人の友情と成長です。
互いに影響し合い、二人が成長していく様は
ストーリーを盛り上げ、飽きる事なく楽しめました。
個人的には、フライドチキンを投げるやり取りには笑えました。

この映画は過激な描写が少なく、
友情や笑い、音楽すべてが最高で万人におすすめします。

 

映画「グリーンブック」のあらすじ

グリーンブック』は、ジャマイカ系アメリカ人のクラシック及びジャズピアニストであるドン”ドクター”シャーリーと、シャーリーの運転手兼ボディガードを務めたイタリア系アメリカ人の警備員トニー・ヴァレロンガによって1962年に実際に行われたアメリカ最南部を回るコンサートツアーにインスパイアされた作品です。

 

以下あらすじです。

あらすじを見ずに映画「グリーンブック」を楽しみたい方はコチラから

映画「グリーンブック」を
無料お試し期間で視聴する

 

時は1962年、ニューヨークの一流ナイトクラブ、コパカバーナで用心棒を務めるトニー・リップは、ガサツで無学だが、腕っぷしとハッタリで家族や周囲に頼りにされていた。ある日、トニーは、黒人ピアニストの運転手としてスカウトされる。彼の名前はドクター・シャーリー、カーネギーホールを住処とし、ホワイトハウスでも演奏したほどの天才は、なぜか差別の色濃い南部での演奏ツアーを目論んでいた。二人は、〈黒人用旅行ガイド=グリーンブック〉を頼りに、出発するのだが─。

 

映画「グリーンブック」のキャスト・スタッフ

  • 映画「グリーンブック」のキャスト

※括弧内は日本語吹替声優

トニー・“リップ”・ヴァレロンガ – ヴィゴ・モーテンセン(大塚芳忠)
ドクター・ドナルド・シャーリー – マハーシャラ・アリ(諏訪部順一)
ドロレス・ヴァレロンガ – リンダ・カーデリーニ(中村千絵)
オレグ – ディメター・マリノフ(飛田展男)
ジョージ – マイク・ハットン(佐々木啓夫)
ルディ – フランク・ヴァレロンガ(石住昭彦)
キンデル – ブライアン・ステパニック(てらそままさき)
ロスクード – ジョー・コーテス(高桑満)
アミット – イクバル・セバ(英語版)(村治学)
ジョニー・ヴェネス – セバスティアン・マニスカルコ(英語版)(内田岳志)
チャーリー – ピーター・ガブ(梅津秀行)
モーガン – トム・ヴァーチュー(大滝寛)
ボビー・ライデル – ファン・ルイス(田所陽向)
プロデューサー – P・J・バーン(森宮隆)
アンソニー – ルイ・ベネレ(魚建)
ニコラ – ロドルフォ・ヴァレロンガ(吉富英治)
フラン – ジェナ・ローレンゾ(田中杏沙)
ルイ – ドン・ディペッタ(赤坂柾之)
リン – スハイラ・エル=アーター(東内マリ子)
フランキー – ギャビン・ライル・フォーリー(新田早規)
カーマイン – ポール・スローン(蓮岳大)
マイキー – クイン・ダフィ(こばたけまさふみ)
ポーリー – ジョニー・ウィリアムズ(林大地)
ゴーマン – ランダル・ゴンザレス(ボルケーノ太田)

 

  • 映画「グリーンブック」のスタッフ

監督
ピーター・ファレリー

脚本
ニック・ヴァレロンガ
ブライアン・ヘインズ・カリー
ピーター・ファレリー

製作
ジム・バーク
ニック・ヴァレロンガ
ブライアン・ヘインズ・カリー
ピーター・ファレリー
クワミ・L・パーカー
チャールズ・B・ウェスラー(英語版)

製作総指揮
ジェフ・スコール
ジョナサン・キング
オクタヴィア・スペンサー
クワミ・L・パーカー
ジョン・スロス
スティーヴン・ファーネス

音楽
クリス・バワーズ

撮影
ショーン・ポーター(英語版)

編集
ポール・J・ドン・ヴィトー

製作会社
アンブリン・パートナーズ
パーティシパント・メディア
コナンドラム・エンターテインメント
シネティック・メディア

配給
ユニバーサル・ピクチャーズ
ギャガ

 

最後に:映画「グリーンブック」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「グリーンブック」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」で視聴するのがオススメです!

U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画「グリーンブック」を
無料お試し期間で視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ