動画

映画「HELLO WORLD」のフル動画を無料で視聴する方法は?あらすじやネタバレ、感想も【アニメ/北村匠海・松坂桃李・浜辺美波・釘宮理恵】

 

ー たとえ世界が壊れても、もう一度、君に会いたい ー

 

 

映画「HELLO WORLD」が2019年9月20日に公開されましたが、

今回はこの映画「HELLO WORLD」を無料で視聴する方法です。

 

映画「HELLO WORLD」を無料で視聴するには?

ネットで映画「HELLO WORLD」を視聴できるようになるのは、Blue-ray/DVDの販売・レンタルが始まってからになります。

そこで、発売・レンタル解禁と同時に配信するサイトでオススメなのが

「U-NEXT」と「TUTAYA TV」です!

この二つのサイトでは映画「HELLO WORLD」を配信する可能性が高く、

また両サイトとも一ヶ月無料キャンペーンを実施しているため、お金が一切かからずに最速でネット視聴できる可能性があります。

 

映画「HELLO WORLD」をU-NEXTで無料で視聴する場合

映画「HELLO WORLD」をU-NEXTで視聴する場合、ポイントを使って視聴するといった形になると思います。

しかし、U-NEXTの31日間無料のお試しキャンペーンで付与されるポイントを使えば無料で視聴することが可能となります!

そしてU-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

 

現在Blue-ray/DVDの販売・レンタルと同時解禁される新作映画の配信がU-NEXTで配信される場合、すべてこの方法で無料視聴することができます!

映画観るなら<U-NEXT>

U-NEXTの公式サイトはコチラ

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

というわけ

新作映画を最速でネット視聴する場合
「U-NEXT」がおススメです!

U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画観るなら<U-NEXT>

 

TSUTAYA TVで映画「HELLO WORLD」を視聴する場合

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASでは映画「HELLO WORLD」は有料レンタルといった形をとると思われます。

新規登録すると30日間の無料お試し期間がついてきて、無料期間中に付与されるポイント「1,080ポイント」を使えばレンタル料を0円にして見ることができます!

TSUTAYA TVでは、新作映画に必要なポイントは400~500ポイントなのでポイント利用でもう一本お好きな映画を楽しめます。

おすすめは「定額レンタル8+動画見放題プラン」、TSUTAYAのDVDを8枚まで借りながら、動画配信サービスも楽しめるお得なプランです。

また、30日間の無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASの
無料お試し期間で視聴する

クリックするとTSUTAYA公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

映画「HELLO WORLD」の感想

予告で見てた通り、映像が凄く綺麗で映画館で見ると迫力のある映画でした。
ストーリー自体は最初からガッツリSFだったので、ある程度飛んだ展開でも、
割り切って見れる安心感がありました。
それと、他の人のレビューにもありますが、ヒロインがやたら可愛い。
個人的には最近見たアニメで一番可愛かったです。
最後のラストシーンでは、心の中でふぁっと声が出ました。
エンドロールで考えても答えが出なかったので、見終わった後本屋へ。
原作読んで改めて内容考察中です・・。
ただ、映画館で見る価値のある映像なので、迷ってる方は是非見てみて下さい。

一つは京都を舞台に、研ぎ澄まされた過ぎ去って行く美しい現実世界があって、もう一つは歴史的にデータとして蓄積された世界がありました。
やっとヒロインとつながって幸せになろうとしているのに、残酷な運命はヒロインを脳死させます。なんでそんなことが起きるのと私はストーリーを怨みます。
そのヒロインの復活させるために10年後の直実が現実世界にやってきて、歴史を変えるわけですが、たくさんの障害が起きても戦って戦って乗り越え、目的を成就してしまうのです。
最後は第3の世界に高校生の直実とヒロインが再開し、そのあと、10年後の直実もヒロインと再会します。
涙が出ました。
でも、本当を言えば、ヒロインと直実が親しくなって行く過程が一番涙ポロポロです。声優の美波のボイスが天使のようで私はメロメロでした。
5次元的なパラレルワールドの設定をのぞけば愛らしくて切ない恋の物語です。
愛のために皆んな戦うんですね。
そう、天気の子と比べると私的にはまったく同格です。良い映画です。

スタートはスローな感じでありがちな学園アニメっぽく中盤からは話に違和感を持たずに観れます。
しかし中盤以降、話が急展開し少しついていけなくなります。
CGを多用しているので少し邪魔な気がしました、構成を例えるとサマーウォーズを思い出します。
そして終盤になりますます話が読めなくなり、だいぶ置いていかれました。
最後まで観終わった時、結末は理解できましたが、やはり途中の意味深なシーンは理解出来ませんでした。
作られた世界と現実が曖昧かなと。
観ていて主人公が好きになった女の子がとても気になります。
幸せになってほしいなと感じました。
全体的には面白いと評価します。
声優も特に違和感はなかったと感じました。

面白かった。
最高。

京都が舞台の映画というのも惹かれた理由の一つ。じっくり自然や建物を見るような場面はないけれど、要所要所に出てくる京都の街は学生時代を思い出させる素敵な映画でした。

それだけでも十分なんですが、声の出演がまたいい。
僕はやっぱり本職の声優さんが好きです。聞きやすいし、見やすいし。
でも今回は浜辺美波。可愛いし、好きやし、聞き取れます。終わった時には一行さんに惚れていました。

で、内容も素晴らしい。設定もよく分かるし、話の筋もよくわかりました。
まあ、次々と湧いて出てくるキツネの怖さはハンパないものでした。夢に出てくる。

時間軸を交差させる話としては、舞台を京都にすることで、中世の景色建物も混在してきて、なおさらに時間がシャッフルされる感覚が湧いていくる。狙いが上手い。
純粋な愛情をただ貫きたいだけの2人のナオミ。愛した一人の女性のために現実社会を歪めてもいいのか?と思うが、そうさいいんだよ、って答えを返されそうなほどの一途さだった。終盤、ありきたりのハッピーエンドの終着点の予想がつかず、ああそうかそうなるか、、と受け止めた瞬間に、この人も同じ思いだったのか!のラストパンチ。いいね。

 

映画「HELLO WORLD」のあらすじ(※ネタバレあり)

いつも自分の決断に自信が持てず、主体性がないことがコンプレックスの堅書直実は、2027年の京都に住む凡庸な高校生であったが、ある日不思議な三本足のカラスを追いかけた先で、10年後の2037年から来た未来の自分自身だと名乗る青年、「先生」(カタガキナオミ)と遭遇する。「先生」の語るところによれば、いま直実が認識している世界は現実ではなく、歴史の保存を目的としてアルタラと呼ばれるシミュレーターの中に仮想世界として再現された過去の京都であり、このままシミュレーションが史実通りに進行した場合、直実は3か月後の夏、それまであまり面識のなかった同級生の一行瑠璃と恋人同士になるものの、初めてのデートの最中だった2027年7月3日、天災によって彼女と死別する運命を辿るという。「先生」は、彼女と恋人らしい思い出を十分に作れなかった悔恨から、現実ではない仮想世界のシミュレーションであっても、死の運命を回避した瑠璃が幸せになれる歴史を見たいのだと言い、シミュレーターの中に再現された過去の直実に、運命を変えるための助力を請う。

直実は「先生」から、これから起こる出来事を記したノートと、限定的ながらも仮想世界の事象を魔法のように操る力を授かり、運命の日である7月3日に備えて状況を変えるための特訓を積む一方、攻略本を使ってゲームを進めるような方法で、近づきがたい印象の異性だった瑠璃と急速に親密になっていく。その過程で直実自身もまた、当初は敬遠していた瑠璃の人柄に惹かれていくが、予定されたイベントを起こすためには一時的に瑠璃を悲しませることも仕方がないという「先生」の態度を見た直実は、主体性を持たない自分の行動に疑問を持ち、彼女を単に危機から救うだけではなく、幸せにしたいのだという自らの願いに気がつく。一方、直実と「先生」の行動は、歴史を保存するというシミュレーションの目的には反しており、次第にアルタラの自動修復システム「狐面」から監視されるようになっていく。

瑠璃が死ぬ運命の日とされた7月3日、直実は「先生」と共闘して、現実の記録との辻褄を合わせるために瑠璃を殺害しようとする自動修復システムをはね除けて運命を変える。しかし「先生」は直実に対して本当の目的を隠していた。「先生」の目的は、2037年の世界では脳死状態にある瑠璃(イチギョウルリ)の肉体に2027年の瑠璃の精神を上書きして蘇生させることにあり、そのために当時の状況を再現した上で2027年の世界から瑠璃を連れ去る必要があった。信頼していた「先生」に裏切られた直実は、自動修復システムの暴走によって崩壊していく2027年の世界に取り残される。

瑠璃の蘇生に成功した「先生」は、直実を騙していたことに罪悪感を感じつつも、状況を訝しむ瑠璃を言いくるめ、暴走するアルタラへの不正アクセスの証拠隠滅に乗り出すが、瑠璃を殺害するために追ってきた自動修復システムの狐面がアルタラの中から2037年の世界へとあふれ出すのを見て、自分が現実として認識していたこの世界もまた、未来にあるアルタラの中に構築されたシミュレーションの世界であり、自分の世界が入れ子構造の内側にあることを悟る。絶体絶命の状況は、カラスの協力を得て2027年の世界を脱出し、2037年の世界へと現れた直実によって救われる。直実に殴られた「先生」は改心して本来の願いに立ち返り、暴走した自動修復システムを相手に直実と共闘し、困難の末に瑠璃を2027年へと送り帰す。また自動修復システムを停止し意図的にアルタラを暴走させることによって2027年の世界はパラレルワールドとして存続することになるが、その過程で「先生」は自己犠牲により、瑠璃ともう一人の自分が見知らぬ世界で幸せを掴むことを願いながら命を落とす。

「先生」が目を覚ますと、そこは2037年の仮想世界をアルタラ上でシミュレートしていた2047年の現実世界だった。現実世界においては、20年前に命を落としたのは堅書直実で、直実を援助していたカラスの正体は、アルタラを使って彼を脳死状態から蘇生させようとしていた一行瑠璃であった。「先生」の願いは叶えられ、物語は幕を下ろす。

 

映画「HELLO WORLD」のキャスト・スタッフ

  • 映画「HELLO WORLD」のキャスト

堅書直実:北村匠海
カタガキナオミ:松坂桃李
一行瑠璃:浜辺美波
勘解由小路三鈴:福原遥
徐依依:寿美菜子
カラス:釘宮理恵
千古恒久:子安武人

 

  • 映画「HELLO WORLD」のスタッフ

監督:伊藤智彦
脚本:野崎まど
キャラクターデザイン:堀口悠紀子
音楽:2027Sound(OKAMOTO’S、Official髭男dism、Nulbarich、OBKR、Yaffle、STUTS、BRIAN SHINSEKAI)
主題歌:OKAMOTO’S「新世界」(アリオラジャパン)
Official髭男dism「イエスタデイ」(ポニーキャニオン / ラストラム・ミュージックエンタテインメント)
Nulbarich「Lost Game」(ビクターエンタテイメント)
アートディレクター・CG監督:横川和政
3Dアニメーションディレクター:八木田肇、荻田直樹
美術監督:長島孝幸(Bamboo)
美術監修:竹田悠介(Bamboo)
色彩設定:村田恵里子
撮影監督:小畑芳樹
編集:西山茂(REAL-T)
音響監督:岩浪美和
音響効果 – 小山恭正
録音調整 – 山口貴之
製作:市川南、大田圭二
企画・プロデュース:武井克弘
プロデューサー:馮年
アニメーションプロデューサー:森口博史、二木啓輔
音楽プロデューサー:成川沙世子
配給:東宝
アニメーション制作:グラフィニカ
製作:「HELLO WORLD」製作委員会(東宝、グラフィニカ、ひかりTV、集英社、ジェイアール東日本企画、ムービック、毎日放送、テレビ大阪、関西テレビ放送、読売テレビ放送、ローソンエンタテインメント、サイバーエージェント、丸井グループ、TOKYO MX、LINE)

最後に:映画「HELLO WORLD」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「HELLO WORLD」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」で視聴するのがオススメです!

U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画観るなら<U-NEXT>

U-NEXTの公式サイトはコチラ