動画

映画「火花」のフル動画配信を無料で視聴する方法、あらすじや感想も【 菅田将暉・桐谷健太主演】

 

ー 笑いが人生のすべてだった ー

 

近づけば近づくほど、離れていく二人ーー

300万人が笑って泣いた、アホで愛おしい青春物語、待望の映画化!!

 

2017年11月23日に公開された

映画「火花」

今回はこの映画「火花」を無料で視聴する方法です。

 

映画「火花」をU-NEXTで無料で視聴する

映画「火花」は現在U-NEXTでレンタル料無しの見放題となっています。

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

この見放題はU-NEXTの31日間無料のお試しキャンペーンに対応しているため

映画「火花」のフル動画を無料で視聴するなら、U-NEXTの無料キャンペーンがオススメです!

U-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

映画「火花」を
無料お試し期間で視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ

 

というわけ

映画「火花」フル動画は
「U-NEXT」で見ることが可能です。

U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画「火花」を
無料お試し期間で視聴する

 

FODで無料期間にもらえるポイントを使って無料で映画「火花」を視聴する

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】では映画「火花」は有料レンタルと言った形をとっています。

FODでは新規登録すると、30日間の無料お試し期間がついてきて、

ポイントが毎月8のつく日(8日・18日・24日)にそれぞれ400ポイントを無料で手に入れることができます。

なので、そのポイントを使えば無料で映画「火花」を視聴することが可能です。

※30日間の無料トライアル中で解約すれば料金はかかりません。

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

クリックするとFODプレミアム公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

TSUTAYA TVで無料期間にもらえる1,080円分のポイントを使って無料で映画「火花」を視聴する

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASでは映画「火花」は有料レンタルといった形をとっていますが、

新規登録すると30日間の無料お試し期間がついてきて、無料期間中に付与されるポイント「1,080ポイント」を使えばレンタル料を0円にして見ることができます!

TSUTAYA TVでは、映画「火花」に必要なポイントは500ポイントなのでポイント利用でもう一本お好きな映画を楽しめます。

おすすめは「定額レンタル8+動画見放題プラン」、TSUTAYAのDVDを8枚まで借りながら、動画配信サービスも楽しめるお得なプランです。

また、30日間の無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASの
無料お試し期間で視聴する

クリックするとTSUTAYA公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

映画「火花」の感想

ドラマ版とこちらの映画版を両方観たが、この映画版の方が圧倒的に原作に忠実である。神谷さんの鬼才っぷり、不器用さ、純粋さは映画版でないと十分再現されてないと思う。また、原作は純文学なので、大きなストーリー以上に登場人物の心情の機微を味わうのが楽しみだと思うが、それが良く表現されていた。少なくとも、神谷の人物像をはじめ、原作の解釈が板尾監督と自分ではピッタリ合致しているということはできる。
映画版よりドラマ版を評価している方も多くいて、もちろん人の好みなのでそれで良いのだが、そうした人の多くはおそらく原作を読んでないのではないだろうか。(原作を読んでいなければならない訳でも当然無い)。原作ファンにはまず映画版がおすすめである。
板尾創路監督はデビュー作を観てがっかりした記憶があるが、これほど素晴らしい映画が撮れるのかと心底感服した。

2つの漫才コンビの片割れ同士の交流を描いた物語。役者の演技がものすごく大きな影響力をもっているように感じた作品だが、とりわけ菅田将暉と桐谷健太の演技がすばらしかった。日の目を見ない芸人が置かれた世界の現状や、そんな世界で成功するために何が必要なのか、答えの無い問いを探求するような作品で、漫才ファンではなくとも作品の世界に引き込まれる魅力がある。今、テレビで活躍する多くの芸人たちが、この作品で描かれているような現実を見てきたと思うと、いとおしい気持ちさえ湧き上がってくる。才能が物を言い、努力が報われない世界ではあるのだろうが、信念を持つ者たちのまっすぐな想いを感じとることができた。

売れても、売れなくても、ただ、お笑いの世界で花開くことだけを考えている芸人たち。損得ではない、彼らのそんな切ない人生を、物語の主人公と同じ関西にルーツを持つ菅田将暉と桐谷健太がゆったりと演じていく。メインキャラを本当にお笑いが分かるプロに託したいと考えた監督の下、菅田の相方を演じる漫才コンビ、2挺拳銃の川谷修士が実にいい味を出している。生活のために解散を決意する公園のシーンで、そして、菅田の大熱演を堂々と受けて立つ解散ライブの壇上で、主役を喰って余りある懐の深さを見せる彼の熱演に、お笑い芸人の凄味を感じて圧倒された。好きが高じてプロになる。そのことの意味が、物語と演者によって伝わって来る出色の青春ドラマである。

原作未読。私が新宿の吉本劇場に初めて行った時には、語りがうまいし噛む事さえない面白い芸人がいっぱい居てビックリした記憶があります。

それでもその中でも一握りしか成功しない芸人の世界。(相方として出ていたが2丁拳銃なんかはその例だと思う。)
人気も運要素もありますが、それに費やす月日は半端ない。そこに人生を捧げ、それを考えさせてくれる映画。

ひっくり返る内容や大爆笑する映画ではないが、面白さを伝えたいという芸人のキリ口(方向性、演出)は色々な面で成立していたし、面白かったです。

 

映画「火花」のあらすじ

初出は『文學界』2015年2月号(文藝春秋)。掲載時より現役人気お笑いタレントの手がけた純文学小説として話題を呼び、文芸誌である同誌が増刷されるヒットとなったほか、第28回三島由紀夫賞候補作、第153回芥川龍之介賞受賞作。

 

以下あらすじです。

あらすじを見ずに映画「火花」を楽しみたい方はコチラから

映画「火花」を
無料お試し期間で視聴する

 

才能なんてあってもなくても輝いていた 若手コンビ「スパークス」としてデビューするも、まったく芽が出ないお笑い芸人の徳永は、営業先の熱海の花火大会で先輩芸人・神谷と出会う。神谷は、「あほんだら」というコンビで常識の枠からはみ出た漫才を披露。その奇想な芸風と人間味に惹かれ、徳永は神谷に「弟子にしてください」と申し出る。神谷はそれを了承し、その代わり「俺の伝記を作って欲しい」と頼む。その日から徳永は神谷との日々をノートに書き綴る。2年後、徳永は、拠点を大阪から東京に移した神谷と再会する。二人は毎日のように呑みに出かけ、芸の議論を交わし、仕事はほぼないが才能を磨き合う充実した日々を送るように。そして、そんな二人を、神谷の同棲相手・真樹は優しく見守っていた。しかし、いつしか二人の間にわずかな意識の違いが生まれ始める― 「笑い」に魅せられ、「現実」に阻まれ、「才能」に葛藤しながら、「夢」に向かって全力で生きる二人の10年間の青春物語。

 

映画「火花」のキャスト・スタッフ

  • 映画「火花」のキャスト

徳永 – 菅田将暉
神谷 – 桐谷健太
真樹 – 木村文乃
山下 – 川谷修士(2丁拳銃)
大林 – 三浦誠己
鹿谷 – 加藤諒
真樹の新しい男 – 高橋努
オーディション審査員 – 日野陽仁
オーディション審査員 – 山崎樹範

 

  • 映画「火花」のスタッフ

原作 – 又吉直樹「火花」(文春文庫刊)
監督 – 板尾創路
脚本 – 板尾創路、豊田利晃
製作 – 岡本昭彦、市川南
共同製作 – 吉崎圭一、弓矢政法、松井清人、宮崎伸夫、髙橋誠、吉川英作、荒波修
エグゼクティブ・プロデューサー – 藤原寛、上田太地
企画・プロデュース – 片岡秀介、臼井央
チーフプロデューサー – 古賀俊輔
プロデューサー – 鳥澤晋、西野智也
アソシエイトプロデューサー – 谷垣和歌子、高田奈々子
キャスティング – 星久美子
協力プロデューサー – 楠本直樹
音楽プロデューサー – 田井モトヨシ
制作管理 – 橋本淳司
ポスプロプロデューサー – 篠田学
撮影 – 福本淳
照明 – 市川徳充
録音 – 久連石由文
美術 – 宮守由衣
編集 – 今井剛
音楽 – 石塚徹
主題歌 – 菅田将暉・桐谷健太「浅草キッド」
衣装 – 宮本まさ江
ヘアメイク – 徳田芳昌
音響効果 – 柴崎憲治
装飾 – 野村哲也
VFXスーパーバイザー – 進威志
監督補 – 増本庄一郎
助監督 – 猪腰弘之
制作担当 – 高見明夫
ラインプロデューサー – 武石宏登
配給 – 東宝
制作プロダクション – ザフール、パイプライン
制作 – よしもとクリエイティブ・エージェンシー、東宝映画
製作 – 『火花』製作委員会(吉本興業、東宝、電通、ジェイアール東日本企画、文藝春秋、朝日新聞社、KDDI、日本出版販売、GYAO)

 

最後に:映画「火花」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「火花」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」で視聴するのがオススメです!

U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画「火花」を
無料お試し期間で視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ