動画

映画「ストロベリーナイト」のフル動画配信を無料で視聴する方法は?あらすじや感想も【竹内結子主演】

 

ー 降りそそぐ苦しみは愛か凶器か。 ー

 

隠蔽される容疑者、そんなの許されるわけが無い。

 

2013年1月26日に公開された

映画「ストロベリーナイト」

今回はこの映画「ストロベリーナイト」を無料で視聴する方法です。

 

映画「ストロベリーナイト」をU-NEXTで無料で視聴する

映画「ストロベリーナイト」は現在U-NEXTでレンタル料無しの見放題となっています。

※本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

この見放題はU-NEXTの31日間無料のお試しキャンペーンに対応しているため

映画「ストロベリーナイト」のフル動画を無料で視聴するなら、U-NEXTの無料キャンペーンがオススメです!

U-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

映画「ストロベリーナイト」を
U-NEXTで視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ

 

というわけで

映画「ストロベリーナイト」フル動画は
「U-NEXT」で見ることが可能です。
U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画「ストロベリーナイト」を
U-NEXTで視聴する

 

FODで無料期間にもらえるポイントを使って無料で映画「ストロベリーナイト」を視聴する

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】では映画「ストロベリーナイト」は有料レンタルと言った形をとっています。

FODでは新規登録すると、30日間の無料お試し期間がついてきて、

ポイントが毎月8のつく日(8日・18日・24日)にそれぞれ400ポイントを無料で手に入れることができます。

なので、そのポイントを使えば無料で映画「ストロベリーナイト」を視聴することが可能です。

※30日間の無料トライアル中で解約すれば料金はかかりません。

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

クリックするとFODプレミアム公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

TSUTAYA TVで無料期間にもらえる1,080円分のポイントを使って無料で映画「ストロベリーナイト」を視聴する

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASでは映画「ストロベリーナイト」は有料レンタルといった形をとっていますが、

新規登録すると30日間の無料お試し期間がついてきて、無料期間中に付与されるポイント「1,080ポイント」を使えばレンタル料を0円にして見ることができます!

TSUTAYA TVでは、映画「ストロベリーナイト」に必要なポイントは500ポイントなのでポイント利用でもう一本お好きな映画を楽しめます。

おすすめは「定額レンタル8+動画見放題プラン」、TSUTAYAのDVDを8枚まで借りながら、動画配信サービスも楽しめるお得なプランです。

また、30日間の無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASの
無料お試し期間で視聴する

クリックするとTSUTAYA公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

映画「ストロベリーナイト」の感想

ドラマがあったことも知らず、視聴。
豪華な配役ですねー!
それぞれの役柄がしっかりしてて魅せてくれたと思います。
原作も読みたくなったし、ドラマも見たい。

なぜ「インビジブルレイン」なのか?はさておき、「ストロベリーナイト」ファンなら納得できる映像と思います。
放映された、「アフター ザ インビジブルレイン」も観れる機会が有れば、観ておいていいでしょうね。

音楽、作中での印象がテレビ版より控えめと感じましたが、劇場版としては「踊り祷れ」はそのまま使用しても
よかったのでは。
途中、大野雄二さんか?と感じる場面もありましたが・・。

姫川玲子の 消せない張り付いた闇 を同じ 闇 を持つ牧田との相関も、柳井健斗の受けてきた地獄を
デコイとして、映像でうまく著されていると感じます。

フジ豊田前社長が、営業部長時代に刑事モノは難しいと仰っていた中、「沙粧妙子- 最後の事件- 」で潮目が変わり
決して万人向け(?)とは言えない女性刑事の題材で、劇場版まで製作されたことは素直にうれしいです。
今作筆頭プロデューサー、亀山新社長のもと、新たな続編(テレビ版でも)を求めます。

D・フィンチャー監督作「セブン」のラスト、唯一晴れ間から夕焼けに至るシーンかのような
桜田門を遠景にすっきりと晴れ渡った青空のラストシーンも印象に残っています。

自分は小説は読みません。
ストロベリーナイトはドラマの第1話から観て、
その後、特別版(2時間ドラマ)、
アフターザインビジブルレイン、
最後に映画インビジブルレインを観ました。

全体を通しての感想は、
「素晴らしい」という一言です。

実質的なラストである「インビジブルレイン」は
姫川と牧田とのラブストーリーであるという見解が強いですが、
自分もそう感じます。
しかし、小説と違うとか、映画はやり過ぎだという意見には
賛同できません。

男と女の気持ちが高まったなら、
エッチするんです。
自分のトラウマを払拭してくれる人物と出会ったなら、
肉体が求めるんです。
それが人間なんです。

警察の姫川とヤクザの牧田との関係を認めたくない人もいるかも知れませんが、
2人は相思相愛、最高の関係なんです。

アフターザインビジブルレインでの姫川のラストはため息で終わります。
まだ忌まわしい過去を払拭できていないのか、
菊田と牧田、あるいは姫川班を悩んでいるのか、
それはわかりませんが、
何か納得してないんですよ。
それがどの過去なのかわ自分にはわかりませんが・・・。

『ストロベリーナイト』 シリーズ、待望の映画化作品。スピンオフを除き、シリーズ最後の作品ということになる。(少なくとも現時点では)
キャッチコピー 「降り注ぐ苦しみは 愛か狂気か――」 「姫川班 最後の事件」。キーワードは 「雨」 と 「喪失」。 ・・まさしく、そうした内容。 (明かせる程度の粗筋は商品説明にあるので省く)

「最後の事件」 にふさわしく、見応えがあり、人間ドラマとしても質の高い作品。
真犯人は誰なのか・事件の背後関係には何があるのか… と、冒頭15分で作品世界に引き込まれ、ラストまで一気に見入ってしまった。そしてこのシリーズらしく、観賞後にはいいしれぬ感動と哀切と虚しさが残る。と同時に、一種の清清しさのような後味も感じられる。その哀しみと虚しさと清清しさとが混然として感慨深く、心地よい余韻となって心に残る。それが味わいたくて何度でも観たくなる。 見えない雨が、やまない雨が、主要登場人物たちの心の中に降り続ける…。

この映画は一連のTVシリーズ未見の方でも付いていけるし、楽しめる内容に仕上がっていると思う。でももちろん、TVシリーズを観ておいて、人間関係・背景・設定・各キャラクターの特徴と魅力を把握しておいた方がより一層、この映画の世界観に入り込むことが出来るだろう。 (ただし、シリアスでダークで明確な救いはないのがこのシリーズの特徴でこの作品にも如実なので、この世界観自体が合わない人には重苦しい話かもしれない。)

この作品の最大の魅力の一つは、登場人物たち全員の人間性にあるのではないかと個人的には思っている。主役級の姫川(竹内結子)や菊田(西島秀俊)をはじめとする姫川班5名はもちろんのこと、サブのレギュラーキャラたちも全員がいわゆるキャラ立ちし、姫川のライバルだったり嫌がらせをしたりする立場の者であっても、最終的にはみな人間味があって魅力を感じざるを得ない人物ばかり。芸達者な役者さんも揃っている。

この映画では何名か新たな重要人物が登場するのだが、中でも最重要で特筆すべきは、大沢たかおが演じるヤクザの牧田。劇中年齢43歳(大沢の実年齢当時44歳)の男性の色気が漂いまくり。西島秀俊が「牧田カッコいいです。牧田やりたいです。大沢さんカッコよかったです。」とインタビューで繰り返していたが、その言葉になるほど納得の、艶っぽい役どころと見事な演技・存在感だった。
竹内結子も良かった。忘れることの出来ない重い過去と傷と共に男社会で気丈に生きる、あらゆる意味で強い女性、姫川。でも、弱くもある。この映画では恋愛に落ちる女性としての姫川が描かれていて新鮮だった。また、刑事としての覚悟を決めるカッコいい姫川も描かれていて、部下ならずともほれ込んでしまいそうだ。
自分は菊田ファンなのでこの映画内での菊田を見るのは切ないものもあったのだが、そう感じさせてくれるところがまたこの作品の良さだとも思う。 「菊田はドMなんですか?」と西島秀俊がある雑誌で女性インタビュアーに質問されていて笑ってしまったが、確かにそうとしか思えないシーンがある。「なんでそこで密かに見ているの…。立ち去るところじゃないの?」と突っ込みたくなるような。ちなみに西島の返答は(狼狽しながら)、「言われてみればまぁそうですよね。相手を想ったら帰るべきだろうっていう(笑)。女性からみたら、菊田空気読めてねーなって思われるのかと不安になります」。 ・・いえいえ、突っ込みたくはなっても、そんな不器用な菊田だから好きなんです。そして、菊田は菊田らしく、牧田とは違う意味でしっかりと男らしくて頼もしい姿を見せてくれていた。これまたアラフォー男性の色気と魅力全開の役どころであり、役者さん。

1シーンを除き、全編が雨降りのこの作品。人工的に降らせたり雨待ち・曇り待ちをしたりと、スタッフさんにもキャスト陣にもたいへんな苦労があったようだ。その甲斐あって、シリアスで深い物語の世界観によくマッチした画になっている。
各キャラが持つ傘にも、その人物の個性を考えて選んだ拘りがあるそうなので注目して欲しい。

 

映画「ストロベリーナイト」のあらすじ

ストロベリーナイト』は誉田哲也の警察小説シリーズ「姫川玲子シリーズ」を原作とするフジテレビの刑事ドラマ『ストロベリーナイト』の劇場版作品です。

本作は姫川玲子シリーズのうち第4作の『インビジブルレイン』を原作としていますが、ドラマ版と同じくシリーズ第1作と同じ『ストロベリーナイト』のタイトルです。

 

以下あらすじです。

あらすじを見ずに映画「ストロベリーナイト」を楽しみたい方はコチラから

映画「ストロベリーナイト」を
U-NEXTで視聴する

 

直感と行動力を武器に、数々の難事件の真相に迫り、ノンキャリアで成り上がった警視庁捜査一課・姫川玲子。その姫川玲子率いる姫川班の管轄で発生した殺人事件。左目が縦に切り裂かれる4つの死体。手口も一致していることから、警察は連続殺人事件とみて、合同特別捜査本部を設置。そんな折り、「犯人は柳井健斗」という不審な電話を受けた玲子。そして「柳井健斗には触れるな」という上層部からの指示。納得のいかない玲子は、部下の菊田に姫川班を託し、単独捜査を始める。たどり着いた「柳井健斗」のアパートで、マキタという男と出会うが…。

 

映画「ストロベリーナイト」のキャスト・スタッフ

  • 映画「ストロベリーナイト」のキャスト

姫川玲子 – 竹内結子(高校時代:岡本あずさ〈回想〉)
菊田和男 – 西島秀俊
葉山則之 – 小出恵介
石倉保 – 宇梶剛士
湯田康平 – 丸山隆平
小峰薫 – 田中要次
林克彦 – 半海一晃
姫川瑞江 – 手塚理美(声の出演)
大山聡 – 中林大樹
遠山義行 – 井上康
國奥定之助 – 津川雅彦
橋爪俊介 – 渡辺いっけい
日下守 – 遠藤憲一
今泉春男 – 高嶋政宏
井岡博満 – 生瀬勝久
勝俣健作 – 武田鉄矢
牧田勲 – 大沢たかお
小林充 – 金子ノブアキ
水谷次郎 – 伊吹吾郎
島本秀彦 – 花王おさむ
川上義則 – 金子賢
藤元英也 – 鶴見辰吾
龍崎神矢 – 石橋蓮司
和田徹(捜査第一課長 警視正) – 三浦友和〔友情出演〕
宮崎真一郎(組対四課係長 警部) – 今井雅之
片山正文(組対四課主任 警部補) – 柴俊夫
長岡征治(刑事部長 警視監) – 田中哲司
柳井健斗 – 染谷将太
柳井千恵 – 横山美雪
柳井篤司 – 飯田基祐
内田貴代 – 岡本玲
柳井智子 – 大橋貴子(写真)

 

  • 映画「ストロベリーナイト」のスタッフ

原作:「インビジブルレイン」誉田哲也(光文社文庫刊)
脚本:龍居由佳里 林 誠人
音楽:林ゆうき
監督:佐藤祐市
製作:亀山千広 細野義朗 市川南 山田良明 高橋基陽
エグゼクティブプロデューサー:種田義彦
プロデューサー:成河広明 土屋健 丸雅隆 江森浩子

撮影:川村明弘
照明:阿部慶治
映像:高梨 剣
録音:金杉貴史
編集:田口拓也
選曲:藤村義孝
美術デザイン:塩入隆史
美術進行:藤野栄治
助監督:本間利幸
スケジュール:吉田使憲
スクリプター:藤島理恵
制作担当:持田一政
ラインプロデューサー:伊藤正昭

製作:フジテレビジョン S・D・P 東宝 共同テレビジョン FNS27社 光文社
制作プロダクション:共同テレビジョン
配給:東宝

 

最後に:映画「ストロベリーナイト」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「ストロベリーナイト」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」で視聴するのがオススメです!

U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画「ストロベリーナイト」を
U-NEXTで視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ