動画

映画「インターステラー」のフル動画配信を無料で視聴する方法は?あらすじや感想も【クリストファー・ノーラン監督作品】

 

ー 僕たちはかつて、空を見上げて星に思いを馳せた。今では僕たちは、地面を見下ろして砂の心配ばかりしている。 ー

 

滅亡の危機に晒された人類は、別の銀河に人類の新天地を求めたーー

 

2014年11月22日に公開された

映画「インターステラー」

今回はこの映画「インターステラー」を無料で視聴する方法です。

 

映画「インターステラー」をU-NEXTで無料で視聴する

映画「インターステラー」は現在U-NEXTで無料お試し期間中に無料で付与されるポイントを使えば視聴することができます。

なので

「有料レンタル動画を無料で視聴したい!」というのであれば

無料で付与されるポイントで視聴できるU-NEXTがオススメです!

U-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

映画「インターステラー」を
無料お試し期間で視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ

 

というわけ

映画「インターステラー」フル動画は
「U-NEXT」で見ることが可能です。

U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画「インターステラー」を
無料お試し期間で視聴する

 

TSUTAYA TVで無料期間にもらえる1,080円分のポイントを使って実質無料で映画「インターステラー」を視聴する

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASでは映画「インターステラー」は有料レンタルといった形をとっていますが、

新規登録すると30日間の無料お試し期間がついてきて、無料期間中に付与されるポイント「1,080ポイント」を使えばレンタル料を0円にして見ることができます!

TSUTAYA TVでは、映画「インターステラー」に必要なポイントは400ポイントなのでポイント利用でもう一本お好きな映画を楽しめます。

おすすめは「定額レンタル8+動画見放題プラン」、TSUTAYAのDVDを8枚まで借りながら、動画配信サービスも楽しめるお得なプランです。

また、30日間の無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASの
無料お試し期間で視聴する

クリックするとTSUTAYA公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

映画「インターステラー」の感想

今世紀の作品では、間違いなく未来評価にも充分耐えるSFで、テーマ性と完成度は他SF比で異次元レベル。
SF映画は大別すると、現代社会テーマの一部分を切り取ってエンターテイメントとしてデフォルメする「スターウォーズ」や「ゼロ・グラビディ」の様な作品と、人類が抱える普遍的なカルマをシンプルに象徴しながら哲学的に考えさせる「2001年宇宙の旅」の様な作品に分けられるが、本作「インターステラー」は、正しく後者の今世紀の代表作としての地位を手にしただろう。
「2001年」は、武器を手にした時に始まった人類の愚かさとAIを対比させて改めて神と人間の関係を問い掛けた。
本作は切り口を替えて、次元と空間を超越し得る“愛”の存在を前面にしたヒューマン性のシナリオがことのほか新鮮で、多くの人々に支持されたのだろう。
親子の愛、男女の愛、師弟の愛、そして人類への愛が、クリストファー・ノーランが練り上げた珠玉の脚本で熱くも冷静に綴られている。
SF作品は、その監督独自の世界観に基づく景観やメカニカルのCG特撮が前提となるが、其れで満足してしまい教条的か視覚的な詰め方で終わる作品が多い。だが本作が素晴らしい点は、俳優陣の迫真の演技にある。
主役のマシュー・マコノヒーとアン・ハサウェイの安定した演技に加え、マーフの幼少期を演じたマッケンジー・フォイと成年期のジェシカ・チャスティンの哀しみと苦悩、プロジェクトリーダー役のマイケル・ケインの心の葛藤は胸を内側から締め付け、本作を単なるSF作品から科学との向き合い方と人類愛を描いた普遍的な不朽の名作候補に仕立てあげた。さすがノーランと脱帽するしかない。やはり人の演技が真ん中にいる映画は何度観ても面白い。
私の中で最も象徴的な光景が、戦争が終わっても飛び続ける偵察ドローンと、未知の惑星で新しい人生を迎えたアンの精気に満ちた顔だ。
AIや機械の活動に愛や希望は要らないが、人類にとっては永遠かつ最大の創造エネルギー源だ。新たなアダムとイヴは果たしてどんな世界を創るのか、本作のラストはこれまで観た映画では、ブレードランナーに比肩する「悪くないかも知れない未来」への高揚感と期待を感じさせる。
多くの方に観て欲しいと心から思える名作に出逢えたことを改めて感謝している。

SF描写が素晴らしいとか5次元空間の描写がいまいちとか様々な評価がありますが、愛は時空を超えて伝わるということが最大のテーマだったように思います。クーパーとマーフィの父娘の愛はもちろんのこと、ブランド博士とエドマンズ博士の二人ももう10年も会っておらず、ブランド博士も「おそらく本人も死んでいる」と言いながら、それでも彼の愛を感じ、強く引き付けられていました。他の乗組員の反対で宇宙船は別の星に向かいますが、最終的にブランド博士一人がたどり着いたエドマンズの星こそが人類が生存可能な星でした。ブランド博士はそこでおそらくクーパーの救助を待つのでしょう。
愛が時空を超える可能性があるということは、私たちの親や他の愛する誰かが既に死んでしまっていたとしても、愛や感謝の気持ちはきっと彼ら彼女らの生前のどこかの時点に伝わるということであり、また私たちが子育ての中で感じる幸福感の一部はもしかすると遠い将来の子供たちからの感謝の気持ちを無意識に感じているからかもしれません。そう考えると、この映画はとても哲学的であり、また宗教的でもあります。そのことに気づいたのが最大の収穫です。素敵な映画だと思います。

感想を言えば、金払ってもっと早く見ればよかったです。
序盤がスローな展開で、特に娘の幽霊話はややかったるく感じましたが、実は重要な部分なのでじっくり見ましょう。
なお3時間弱の尺がありますが、無駄なシーンはほとんどありません。
宇宙に出てからはSF的な驚きの連続ですが、重大な選択を下す場面や人間同士の対立は、ヒューマンドラマとしても素晴らしい。
「君はまだ試されていない。」の台詞には、胸がを打たれます。
脱出劇のシーンでは、これまた不意打ちの展開に思わず涙します。
映画全体の状況は深刻で、登場人物も大きな苦難や葛藤を抱えています。そのため、息苦しいシーンが多いです。
なお、コメディ役は愛くるしい?毒舌ロボットが務めてくれます。
ストーリーはすごくよくまとめられており、伏線の回収もバッチリです。
ノーベル物理学賞受賞者が科学考証を行っており、それをしっかりストーリーの核になっています。
ただ、相対性理論に基づく時間の進行のずれがストーリー上重要になっていますが、それが分かりにくいかもしれません。
また相対性理論やブラックホールの知識がゼロだと取っつきにくい作品で、日本でヒットしなかったのもその辺が原因でしょう。
しかし、2001年宇宙の旅と違って、愛や人間の本質的な部分をしっかり描いており、文系の人にもおすすめしたいです。ラストシーンも、よかったと思います。
なお、この映画、心霊体験を科学的に考証した初の作品かもしれません。

これはすごい。
全てがリアルではないにしろロマンが溢れてる。
宇宙に行くだけじゃなく色んな星に行くしワームホールやブラックホールまで出る。
おまけにそこに突入までする。
ブラック突入からの流れはもう訳が分からない本当に異次元で。
4次元とか5次元とか全然わからない。
でも楽しいこの後どうなるんだろうってずっとワクワクする。
ここまで宇宙を作り込んだ映画は観たことない。
どうせ宇宙船の中かステーションで色々あるだけだろと思ったのに全然違った。
元から宇宙に興味はあったから余計に楽しめた。
津波のシーンとかあれ高すぎだろって恐怖感じた。
ブラック内とかワームホール内とかなんだあれすごい自然の摂理も何もない。
本当面白かった。。。
評価されてる意味がわかったこれは壮大なスケール。
絶対また観るだろう。
見終わったけどもう一回観ようかと思ってる。

 

映画「インターステラー」のあらすじ

出演はマシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ、ジェシカ・チャステイン、マイケル・ケイン。

地球を離れ新たな居住可能惑星探索を行うためワームホールを通過し、別の銀河系へと有人惑星間航行(インター・ステラー)する宇宙飛行士のチームが描かれ、

三次元に於ける不可逆性の時間と重力場、特殊相対性理論(ウラシマ効果)、特異点、ニュートン力学、スイングバイ航法、漆黒の宇宙空間、音の伝達、運動の三法則など科学的考証を用いた演出の他、人類存亡を賭けた未知の世界へ挑戦する倫理と勇気、信頼と愛、人生という限られた時間、ヒューマニズムも織り交ぜた物語の構成となっています。

 

以下あらすじです。

あらすじを見ずに映画「インターステラー」を楽しみたい方はコチラから

映画「インターステラー」を
無料お試し期間で視聴する

 

異常気象によって人類滅亡の危機が訪れている近未来。元宇宙飛行士で現在はトウモロコシ農場を営んでいるクーパー(マシュー・マコノヒー)は、NASAの要請に応じてラザロ計画に参加することになる。その計画とは、土星付近に発生したワームホールを通り抜けて、新しい惑星へ人類を移住させるというプロジェクトだった。

クーパーは娘のマーフィー(マッケンジー・フォイ)に「必ず戻ってくる」と言い残し、アメリア博士(アン・ハサウェイ)、ロミリー博士(デヴィッド・ジャーシー)、ドイル博士(ウェス・ベントリー)と共に未知の銀河系に向けて出発する。果たして人類は生き残ることができるのだろうか?

 

映画「インターステラー」のキャスト・スタッフ

  • 映画「インターステラー」のキャスト

宇宙船クルー
ジョセフ・クーパー(元空軍パイロット) – マシュー・マコノヒー(小原雅人)
アメリア・ブランド(博士) – アン・ハサウェイ(園崎未恵)
ニコライ・ロミリー(博士) – デヴィッド・ジャーシー(山岸治雄)
ドイル(博士) – ウェス・ベントリー(小松史法)
TARS “ターズ” – 声:ビル・アーウィン(英語版)(多田野曜平)
CASE “ケース” – 声:ジョシュ・スチュワート(丸山壮史)
ヒュー・マン(博士) – マット・デイモン(土田大)

地球の人物
マーフィー・クーパー(マーフ) – ジェシカ・チャステイン(岡寛恵)
マーフ(幼少期) – マッケンジー・フォイ(諸星すみれ)
マーフ(老年期) – エレン・バースティン(沢田敏子)
ジョン・ブランド教授 – マイケル・ケイン(有本欽隆)
トム・クーパー – ケイシー・アフレック(加瀬康之)
トム(幼少期) – ティモシー・シャラメ(上村祐翔)
ドナルド・クーパー – ジョン・リスゴー(福田信昭)
ロイス – リーア・ケアンズ(英語版)(鷄冠井美智子)
ゲティ – トファー・グレイス(松本忍)
校長 – デヴィッド・オイェロウォ(水内清光)
ウィリアムズ – ウィリアム・ディヴェイン(小島敏彦)
管理者 – エリス・ガベル(北田理道)
ハンリー先生 – コレット・ウォルフ(合田絵利)

 

  • 映画「インターステラー」のスタッフ

監督
クリストファー・ノーラン

脚本
クリストファー・ノーラン
ジョナサン・ノーラン

製作
エマ・トーマス
クリストファー・ノーラン
リンダ・オブスト

製作総指揮
ジェイク・マイヤーズ
ジョーダン・ゴールドバーグ
キップ・ソーン

音楽
ハンス・ジマー

撮影
ホイテ・ヴァン・ホイテマ

編集
リー・スミス

製作会社
シンコピー
リンダ・オブスト・プロダクションズ(英語版)
レジェンダリー・ピクチャーズ

配給
パラマウント映画
ワーナー・ブラザース

 

最後に:映画「インターステラー」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「インターステラー」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」で視聴するのがオススメです!

U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画「インターステラー」を
無料お試し期間で視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ