動画

映画「いぬやしき」のフル動画配信を無料で視聴する方法は?あらすじや感想も【 木梨憲武・佐藤健主演】

 

ー それは神か、悪魔か ー

 

じじい VS 高校生

人間の本質は善なのか、それとも悪なのか…?

誰も見たことのないヒーローを、あなたはこれから目撃する。

 

2018年4月20日に公開された

映画「いぬやしき」

今回はこの映画「いぬやしき」を無料で視聴する方法です。

 

映画「いぬやしき」をU-NEXTで無料で視聴する

映画「いぬやしき」は現在U-NEXTで無料お試し期間中に無料で付与されるポイントを使えば視聴することができます。

なので

「有料レンタル動画を無料で視聴したい!」というのであれば

無料で付与されるポイントで視聴できるU-NEXTがオススメです!

U-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

映画「いぬやしき」を
無料お試し期間で無料視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ

 

というわけ

映画「いぬやしき」フル動画は
「U-NEXT」で見ることが可能です。

U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画「いぬやしき」を
無料お試し期間で無料視聴する

 

FODで無料期間にもらえるポイントを使って実質無料で映画「いぬやしき」を視聴する

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】では映画「いぬやしき」は有料レンタルと言った形をとっています。

FODでは新規登録すると、30日間の無料お試し期間がついてきて、

ポイントが毎月8のつく日(8日・18日・24日)にそれぞれ400ポイントを無料で手に入れることができます。

なので、そのポイントを使えば無料で映画「いぬやしき」を視聴することが可能です。

※30日間の無料トライアル中で解約すれば料金はかかりません。

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

クリックするとFODプレミアム公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

TSUTAYA TVで無料期間にもらえる1,080円分のポイントを使って実質無料で映画「いぬやしき」」を視聴する

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASでは映画「いぬやしき」は有料レンタルといった形をとっていますが、

新規登録すると30日間の無料お試し期間がついてきて、無料期間中に付与されるポイント「1,080ポイント」を使えばレンタル料を0円にして見ることができます!

TSUTAYA TVでは、映画「いぬやしき」に必要なポイントは500ポイントなのでポイント利用でもう一本お好きな映画を楽しめます。

おすすめは「定額レンタル8+動画見放題プラン」、TSUTAYAのDVDを8枚まで借りながら、動画配信サービスも楽しめるお得なプランです。

また、30日間の無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASの
無料お試し期間で視聴する

クリックするとTSUTAYA公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

映画「いぬやしき」の感想

原作、アニメは見ました。
自分は実写化系の映画を、原作と比べるのはあくまで変化を確認する程度なので、基本的には別物でその映画1本オリジナルとして見る派です。(あまりにリスペクトのない作品には少し眉を顰めますが…)
褒めすぎかも知れませんが、とてもよく出来ていると思います。
キャラクター造形や脚本等に関しては他の方が詳しくレビューしているので、映像について話したいと思います。
まぁなん言ってもCGなんですが、パッと見やはり「あ〜日本の映画だなぁ」と感じますね。
爆発のエフェクトはとくにそれを感じます笑
あの柔らか〜い爆発。よっ!日本映画って感じのCGが多く、安心しました。
日本らしい、というのは悪くいえば少し安っぽいという事です。
それを少しでもクオリティ高く見せようとする努力やアングルへのこだわりを感じ、久々に日本映画の映像に感動してしまいました。
特に人間同士の殺陣などが少ないフルCGの戦闘シーンなんて、日本の映画で表現するのは中々厳しいと思います。メカ部分のCGはとてもよく出来ていると思います。日本らしいデザインですし、しっかりこだわりを持って作っているの伝わりました。
とにかく、映像に並々ならぬ努力とこだわりを感じました。それが「いぬやしき」としてではなく、「CGシーン」へのこだわりだとしても
今回の着地点は「いぬやしき」ですから、形はどうあれ作品への愛、そして日本映画の未来を感じました。
シン・ゴジラ 以降久々に日本映画のCGに感動してしまったので、褒めすぎかもしれまんが…。
原作との違いに関しては自己完結させているので気になりませんでした。
独立したエンターテインメントとして、深く考えず映像に浸るにはとてもいい映画だと思います。

アニメだけみていて原作は見ていないので、ストーリーにそれほど思い入れがないからかもしれないけど映画としてもとても面白かったです。
CG部分も日本で作っているのでしょうか。だとしたら動きといい引き込まれる感じといいよくできていると思いました。技術がかなり進んでいるようなのに、外国の映画に比べるとお粗末なCGになっている映画をたまにみていたので日本はこんなもんなんだろうな。と思ってましたがこの映画は違いました。

他にも俳優さんたちは皆さん実力派揃いで他にも出ている作品を拝見してたので、全く不満なところはなく完全に世界に引き込まれました。
特筆すべきは木梨さんの演技で、凄く良くてハマりすぎだ!と驚きました。木梨さんなしではこの映画成り立たなかったのでは?と思わせる程。特に娘を助けるために火事場の馬鹿力が出て獅子神くんとのバトルで勝ってしまうところのあの表情や仕草。拳を握りしめて画面前でよっしゃー!!と思いつつ、切ないような面白いような複雑な気持ちになりつつ拝見しました。

本当に見れてよかった映画でした。実写版でみたほうがストーリーが浮き彫りにされるというか、アニメだと違うところに気持ちが行ったりなどしてストーリーの本質が見えづらかったりわかりづらい時がありますが、この物語の善悪に関する哲学のようなものがとても日本的で、しかも現実的でもあるようにも感じられて、物語としてとてもいい話だったんだなと改めて思いました。クオリティの高い実写映画だったからこそだと思います。

日頃からマンガもアニメも一切見ないので、今回の映画を新鮮な気持ちで見ることが出来ました。
想像を遥かに上回るSFで、おそらく原作はもっと丁寧に描かれているのかもしれませんが、短時間で二人の戦いを描くとしては、テンポが良くてCGも見事で迫力があって、とても面白かったです。
木梨憲武がキャスティングとして適当であったかどうか、原作のイメージを持たない私としては比べたりする事がないので、とりあえずかっこよかったという印象です。

似たような荒唐無稽なお話としては同じ佐藤健主演の亜人が思い浮かびますが、今回の佐藤健の度を越した悪役ぶりも珍しい配役で見応えありました。
原作のファンの方からしたら厳しい部分があったりなかったりするかもしれませんが、原作に一切触れていない方にはとってもオススメの作品です。

原作がある映画は詰め込みすぎて失敗するケースと描き切れずに失敗するケースの二通りがあると思うのですが、今作品は非常に上手く纏めています。テンポも良くそれでいて重要なシーンは余す事なく取り込んでいます。
ラストシーンで賛否両論あるようですが、そのラストシーンで次作があるような含みを持たせており、原作のクライマックスも次作以降があれば描かれるのではないかと感じずにはいられません。
また木梨憲武の演技が予想していたよりもずっと良かったです。演技力がないタレントの場合、最後まで役ではなくそのタレントととして観てしまうのですが、今作品では直ぐに彼が木梨憲武である事を忘れてしまいました。タレントとしてあまりに有名でキャラクターが確立されているのにも関わらずそれを木っ端微塵にするほどの見事な演技力…正直驚きました。素晴らしい演技でした。
そして国産のSF映画としても最高級のクオリティです。どうしてもハリウッド作品と比べるとチープに感じてしまう作品が多々ある中、今作品は頑張った!ハリウッド作品でもなかなか観られないような表現にも挑んでおり、しかも上手くいっている。そしてそのSF映画でとヒューマンドラマが見事にマッチしている。
主要キャラクター以外もそれぞれいい味わいを持っていて、演技に関しても皆さんやり切ったなと感じました。
原作は比較的エグい表現が多いのですが、いい具合にマイルドに仕上がっておりグロテスクな表現が少ないので苦手な方にもオススメです。
やあ久しぶりに国産SF映画でいいものを観ました!監督、スタッフ、役者さん、GOOD JOBでした!

 

映画「いぬやしき」のあらすじ

いぬやしき』は、奥浩哉による日本の漫画。講談社の漫画雑誌『イブニング』にて、2014年4号(2014年1月28日発売)から2017年16号まで連載されました。

宇宙人の手によって機械の身体となった初老の男性と高校生の活躍や苦悩、救済される人々や殺害される人々を描いています。

 

以下あらすじです。

あらすじを見ずに映画「いぬやしき」を楽しみたい方はコチラから

映画「いぬやしき」を
無料お試し期間で無料視聴する

 

定年を間近に迎える冴えないサラリーマン・犬屋敷壱郎(木梨憲武)は会社や家族から疎外された日々を送っていたが。ある日突然、医者から末期ガンによる余命宣告を受け、深い虚無感に襲われる。その晩、突如墜落事故に巻き込まれ機械の体に生まれ変わった彼は、人間を遥かに超越する力を手に入れることに。一方、同じ事故に遭遇した高校生・獅子神皓(佐藤健)は、手に入れた力を己の思うがままに行使し始めていた。自分の意思に背く人々をただただ傷つけていく獅子神と、獅子神によって傷つけられた人々を救い続ける犬屋敷。人間の本質は善なのか、それとも悪なのか…?強大な力を手に入れた2人が、いま、それぞれの想いで動き出す―。

 

映画「いぬやしき」のキャスト・スタッフ

  • 映画「いぬやしき」のキャスト

犬屋敷壱郎 – 木梨憲武
獅子神皓 – 佐藤健
安堂直行 – 本郷奏多
渡辺しおん – 二階堂ふみ
犬屋敷麻理 – 三吉彩花
犬屋敷剛史 – 福崎那由他
ミヤノ – 生瀬勝久
犬屋敷万理江 – 濱田マリ
獅子神優子 – 斉藤由貴
萩原刑事 – 伊勢谷友介

 

  • 映画「いぬやしき」のスタッフ

原作 – 奥浩哉「いぬやしき」(講談社「イブニング」所載)
監督 – 佐藤信介
脚本 – 橋本裕志
音楽 – やまだ豊
製作 – 石原隆、市川南、吉羽治
エグゼクティブプロデューサー – 臼井裕詞
プロデューサー – 梶本圭、甘木モリオ
撮影監督 – 河津太郎
美術監督 – 斎藤岩男
録音 – 横野一氏工
編集 – 今井剛
助監督 – 李相國
ラインプロデューサー – 宿崎恵造
アソシエイトプロデューサー – 片山怜子
CGプロデューサー – 豊嶋勇作、鈴木伸広
VFXスーパーバイザー – 神谷誠、土井淳
GAFFER – 小林仁
ポスプロプロデューサー – 大屋哲男
VFXプロデューサー – 道木伸隆
DIプロデューサー・カラーグレーター – 齋藤精二
コンセプトデザイン – 田島光二
アクションコーディネーター – 下村勇二
スクリプター – 田口良子
装飾 – 石上淳一
衣裳 – 宮本まさ江
ヘアメイク – 本田真理子
犬屋敷特殊メイクデザイン・特殊造形 – 藤原カクセイ
製作担当 – 菱川直樹
配給 – 東宝
制作プロダクション – シネバザール
製作 – 映画「いぬやしき」製作委員会(フジテレビジョン、講談社、東宝)

主題歌 (映画)
MAN WITH A MISSION「Take Me Under」
作詞 – Jean-Ken Johhny / 作曲 – Jean-Ken Johhny (Sony Music Labels)

 

最後に:映画「いぬやしき」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「ういらぶ。」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」で視聴するのがオススメです!

U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画「いぬやしき」を
無料お試し期間で無料視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ