動画

映画「ジョーカー」のフル動画配信を無料で視聴する方法・あらすじや感想は?【公開日決定!】

 

ー 我々はピエロだ ー

 

 

映画「ダークナイト」、このバットマン三部作『ダークナイト トリロジー』の第二作目に登場した世界的な人気を誇る悪のカリスマ

 

「ジョーカー」

 

荒んだ大都会ゴッサムシティで大道芸人として生きていたアーサーが、なぜ狂気の道化師「ジョーカー」へと変貌していったのかーー

このジョーカーの誕生を描く注目の映画「ジョーカー」の公開日が決定しました。

 

『ハングオーバー』シリーズなどのトッド・フィリップスがメガホンを取り、オスカー俳優ロバート・デ・ニーロらが共演。

『ザ・ファイター』などのスコット・シルヴァーがフィリップス監督と共に脚本を担当しまています。

 

映画「ジョーカー」の気になる公開日は?

日本では2019年10月4日に決定しました。

予告編は2019年8月29日に公開されています。

 

映画「ジョーカー」のフル動画を無料で視聴する方法は?

映画「ジョーカー」のフル動画を無料で視聴する場合、

動画配信サービスの無料期間を使用することでフル動画を無料で視聴することができます。

ほとんどの場合、劇場公開後4ヵ月から半年ほでDVDやBlu-ray(円盤化)が発売・レンタルが開始され、

それと同時に動画配信サービスで映画の配信が開始さるのですが、

その時に無料で視聴する方法があります。

 

それまで待てない!といった方のために

映画「ジョーカー」の続きであり前身でもある映画「ダークナイト」を無料で視聴する方法を

2種類

紹介します!

  • 1つは無料配布されたポイントを使って視聴できる
  • 1つは映画「ダークナイト」を含め多くの作品を無料視聴できる

 

といったような感じで

うまく組み合わせれば映画「ジョーカー」を無料で視聴できるチャンスを残しつつ、「ダークナイト」を視聴することができます!

(※視聴時期によってはすべてを無料期間内に見ることができない場合があります。)

 

映画「ジョーカー」の続きとなる映画「ダークナイト」を無料で視聴する方法

映画「ジョーカー」の続きとなる映画「ダークナイト」を無料で視聴する方法をを無料で視聴する方法があります!

  • 「U-NEXTの初回31日間無料のお試しキャンペーン」(見放題が多い!)
  • 「TSUTAYA TVの30日間の無料お試し期間」(1~2本まで無料

 

この2種類です!

 

映画「ジョーカー」の続きとなる映画「ダークナイト」をU-NEXTで無料で視聴する

映画「ジョーカー」の続きとなる映画「ダークナイト」を無料で視聴する方法はU-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーン中で「ダークナイト」を無料で視聴することができます!

U-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

見放題の期間が終了してしまうものもあるので気を付けてくださいね!

映画「ジョーカー」の続きとなる
映画「ダークナイト」を
無料お試し期間で視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

というわけで

映画「ジョーカー」の続きとなる
映画「ダークナイト」
を無料で視聴する方法は

「U-NEXT」で見ることが可能です。

U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画「ジョーカー」の続きとなる
映画「ダークナイト」を
無料お試し期間で視聴する

 

TSUTAYA TVで無料期間にもらえる1,080円分のポイントを使って実質無料で映画「ジョーカー」の続きとなる映画「ダークナイト」を無料で視聴する方法

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASでは映画「ダークナイト」は有料レンタルといった形をとっていますが、

新規登録すると30日間の無料お試し期間がついてきて、無料期間中に付与されるポイント「1,080ポイント」を使えばレンタル料を0円にして見ることができます!

TSUTAYA TVでは、映画「ダークナイト」に必要なポイントは400ポイントなのでポイント利用でもう一本お好きな映画を楽しめます。

おすすめは「定額レンタル8+動画見放題プラン」、TSUTAYAのDVDを8枚まで借りながら、動画配信サービスも楽しめるお得なプランです。

また、30日間の無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASの
無料お試し期間で視聴する

クリックするとTSUTAYA公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

映画「ジョーカー」のあらすじは?

荒んだ大都会ゴッサムシティで大道芸人として生きていたアーサー(ホアキン)が、狂気の道化師“ジョーカー”へと変貌していくさまを描いています。

現地時間8月31日にイタリアで開催中の第76回ベネチア国際映画祭の中の会見で

トッド監督は、ジョーカーの人物造形をふくめて「リアルな描写」にとことんこだわったと説明しています。ジョーカーというキャラクターからイメージする狂気や暴力もリアルとのバランスを重視し、作品における「暴力」について質問が及ぶと次のように答えています。

 「この映画における暴力は、次第に込み上げてくる怒りを示しています。人々はとても暴力的な映画なのではないかと考えているかもしれませんが、そのような印象を観客に与えないでしょう。私たちが可能な限りリアルであることにこだわったこの作品からは、“ボディーへのパンチ”に似たものを感じるはずです。(暴力のシーンは)映画全体のトーンとバランスを取っています。」

 

以下あらすじです。

「どんな時も笑顔で人々を楽しませなさい」という母の言葉を胸にコメディアンを夢見る、孤独だが心優しいアーサー。 都会の片隅でピエロメイクの大道芸人をしながら母を助け、同じアパートに住むソフィーに秘かな好意を抱いている。 笑いのある人生は素晴らしいと信じ、ドン底から抜け出そうともがくアーサーはなぜ、 狂気溢れる<悪のカリスマ>ジョーカーに変貌したのか? 切なくも衝撃の真実が明かされる!

 

映画「ダークナイト」(2008年)のあらすじ(※ネタバレあり)

道化師のマスクを被った犯罪者の一団がゴッサム・シティ銀行を襲うが、一団は互いに裏切りあって最後の一人になるまで殺し合う。生き残った男はジョーカーであり、銀行に預けられていたマフィアの資金を奪って逃走する。

ブルース・ウェインことバットマン、地方検事のハービー・デント、ゴッサム市警のジム・ゴードンの三人は、ゴッサムから組織犯罪を無くすため活動していた。ブルースはハービーの理想に感銘を受け、彼のキャリアをサポートする一方、堂々と悪と戦うハービーこそがゴッサムの求める真のヒーローであると考え、バットマンの引退を考えていた。ブルースは幼なじみで検事のレイチェル・ドーズに想いを寄せているが、レイチェルの気持ちはブルースとハービーの間で揺れていた。

マフィアたちが集まり、サルバトーレ・マローニ、ギャンボル、チェチェン人ボス、会計士のラウが会議を始める。ラウは自身に危険が及ぶのを察知して香港に逃亡したためテレビ通話で参加したが、会議にジョーカーが現れ、バットマンは法律によって妨げられないことを警告する。ジョーカーはマフィアの資金の半分と引き換えにバットマンを殺す事を提案する。ギャンボルはジョーカーの態度に腹を立て、懸賞金をかける。しかし、会議後に彼はジョーカーによって殺されてしまい、ジョーカーが彼の組織を引き継ぐ。最終的にマフィアはジョーカーの提案を受け入れる。

バットマンはラウを香港で見つけ、マフィアに不利な証言をさせるために彼をゴッサムに連れ帰り、警察はラウの証言から多くのマフィアを逮捕する。しかし、ジョーカーはテレビを通じてバットマンが正体を明らかにしない限り、人々を殺し続けると脅迫する。バットマンの仮装をした男の死体をビルから晒し、警察本部長のジリアン・ローブ、裁判長、ハービーの殺害を示唆する。その後ローブ、裁判長の二人が殺され、ブルースがハービーのために開いたパーティー会場にジョーカーがやってくる。ブルースはバットマンとなり、ジョーカーに突き落とされたレイチェルを救う。ジョーカーは次に市長のアンソニー・ガルシアの殺害を暗示。ローブの葬儀パレードでジョーカーはガルシアを殺そうとするが、ゴードンが暗殺を阻止すると同時に犠牲になる。

追い詰められたブルースは、これ以上の犠牲者を出さないためにハービーの会見で正体を明らかにする事を決めるが、ハービーは自分がバットマンだと発表する。ハービーは警察に連行される事になるが、ジョーカーが現れて護送する輸送隊を攻撃する。ハービーを救出するためにバットマンが駆けつけ、死を装っていたゴードンによりジョーカーは逮捕され、作戦の立役者としてゴードンは本部長に昇進する。レイチェルとハービーはマイケル・ワーツ刑事とアンナ・ラミレス刑事に付き添われる。

バットマンはジョーカーを尋問するが、彼からレイチェルとハービーの二人が誘拐され、ガソリンタンクと爆弾が詰められた別々の場所で窮地に陥っている事を聞かされる。ゴードンはハービーの救出に向かい、バットマンはレイチェルを救うために建物に急行するが、そこに捕らわれていたのはハービーで、ジョーカーが逆の監禁場所を教えていたと理解する。バットマンはハービーを倉庫から連れ出そうとするが、両方の建物が爆発してレイチェルは死に、脱出したハービーも顔の半分を火傷で損なう。ジョーカーは捕まった仲間の腹に詰め込んでいた爆弾を爆破し、警察署に留置されていたラウを連れて逃亡する。ジョーカーは受け取った資金とラウを燃やし、チェチェン人ボスを殺害する。

ウェイン産業の会計士であるコーマン・リースは、ブルースがバットマンであると推測し、ルーシャス・フォックスを脅して金をせしめようと画策するが、彼の言葉から報復を恐れて取り止める。リースは、今度はメディアを通じて情報を公開しようとするが、ジョーカーは自身の計画に干渉されたくないため、リースを殺さない限り病院を爆破すると脅迫する。そこでゴードンはゴッサムのすべての病院の避難を命じてリースを確保する。素顔のウェインは、ワゴンで護送中のリース会計士に対するトラックによる体当たり攻撃を、自らのランボルギーニ・ムルシエラゴLP640を間にねじ込むことによって阻止する。

ジョーカーはハービーのレイチェルの死に対する復讐心から彼の行動を操る。そして、ジョーカーは病院を爆破して人質を乗せたバスで逃亡する。ハービーはコイントスに基づき、レイチェルの死に対して責任があるとみなす人々を対象にした大量殺人を開始する。コイントスにより自身を誘拐したワーツは死に、レイチェルを誘拐したラミレスは助かる。ハービーはマローニを殺さなかったものの、代わりに車のドライバーを撃ち、彼を殺した。

ジョーカーは人質にしたテレビスタッフに中継を強要してゴッサムの市民に向けてゲームの参加を呼びかけ、参加したくなければ街を出ていくよう主張する。警察は橋に爆弾を仕掛けたというジョーカーの言葉からフェリーを用意する。ジョーカーは2隻のフェリーに爆薬を積み込む。一般人が乗る船と囚人が乗る船にジョーカーから連絡が入り、12時に両方のフェリーを吹き飛ばすが、お互いにスイッチを持たせたため、どちらかを爆破させれば助かると言う。バットマンは都市をスパイするソナー装置でジョーカーを見つける。フェリーに乗る両者は互いを殺すことを拒否する。そして、戦いの後にバットマンはジョーカーを逮捕する。ジョーカーは警察に捕らえられる前に、ゴッサムを絶望させる切り札はハービーであることを明かす。

ゴードンとバットマンはレイチェルが死んだ建物に到着する。そこで、ハービーはコイントスによって自身、ゴードン、バットマンの運命を試そうとする。彼はバットマンを撃ち、ゴードンの息子を殺そうとする。バットマンはコインを弾く隙を突いてハービーに組み付き、ゴードンの息子を救ったが、バットマンと高所から共に落下したハービーは死亡する。バットマンはハービーの行動が公になればゴッサムの市民が希望を失うため、その罪を被る。それによって、警察はバットマンの本格的な捜査を開始し、ゴードンはバットマンとの決別の為、バット・シグナルを破壊する。

ゴードンの息子がバットマンは何も悪い事をしていないと言うと、ゴードンは「彼はヒーローじゃない。沈黙の守護者。我々の監視者。闇の騎士(ダークナイト)だ」と告げて物語は終わる。

 

映画「ジョーカー」の感想

「ハングオーバー」3部作のトッド・フィリップス、喜劇畑の職人監督という認識だったが、アメコミのヴィランを題材に、これほど深い人間洞察と確かな時代性とトリッキーな作劇を融合させた心理サスペンスを完成させるとは!

精神障害を持つ無名コメディアンが、ゴッサム市を恐怖と混乱に陥れるジョーカーになるまでを描く。彼が憧れる喜劇人役にロバート・デ・ニーロ。監督は「タクシードライバー」「キング・オブ・コメディ」の影響を公言しており、2作を鑑賞済みなら気づく点も多い。実在の連続殺人犯ジョン・ゲイシー(幼少から障害に苦しみ、成人後に道化師の装いで大勢を殺害)の影響も。

序盤でアーサーの妄想癖が提示される。最初は明示的だが、次第に妄想と現実が曖昧に。その過程はまるで彼の狂気が映画の現実(と観客)を侵食していくかのよう。終盤の暴動は格差社会で虐げられた人々の下剋上であり、トランプの時代に重なって映る。

JOKERのメイキング動画が初めて流れた時、
正直面白くなさそう、ホアキンフェニックスだし
意味のわからない映画になってそう、
と思ったけど、
こんなに自分の中に入って来るとは思わなかった。

とにかくホアキン・フェニックスに
魅了され支配されて圧倒される。

キャラクター物の映画って、
例えばヒーローがいて、相手役の悪役がいる事で
その中で誰が好きというのはあったけど、
ただ一人のキャラクターに心奪われるなんて
事は初めての体験かもしれない。

暴走して行く主人公に「行け!」「やってしまえ!」
と思う自分がいた。

演出は控え目のように思えたけど、
かえってそれが主人公を立たせ、
不気味で主人公を取り巻く物事が派手に思えた。
音楽もめちゃくちゃ良かった。
音も印象的だった。

完璧な前日譚、完璧なジョーカーだったけど、
今後、ホアキン・フェニックスは
我が道を行きそうだけど、
DC、バットマンはどこへ向かって行くのだろう…
見る目も完全に変わっちゃって、
これからどうやって見れば良いか困ってしまう。

時に自分の言葉や表現が耐えられないほど不足していると感じることがある。
この物語を言い表そうとしている今もそうだ。

これを観る前に、気になって海外の映画評を検索して、すごく印象に残るものがあった。
そして、観た後に、これほど、アーサー/ジョーカーを端的に上手く表現したものないと感じたので、ここに紹介させてもらいたい。仮に、これを事前に読んだとしても、決して邪魔にはならないと思う。

(映画チケットサービス関連サイトFandangoの、Erik Davis氏のツイッターから)

アーサー/ジョーカーは「内面(心)が死んで初めて生き始めた、虐げられた男だ(an abused man who doesn’t start living until he’s dead inside)」

アーサーの心は、映像のバックで奏でられる、スローで頭にギーギー響く音楽や音のように、ゆっくりゆっくり、そして、何かにギューっと押さえつけられるように、深みに落ちていくように死んでゆく。

アーサーの世界は、僕達の世界だ。

弱者や異端者を痛めつけ、暴力に溢れ、欺瞞や偽善が世の中を覆い、愛する人や信頼する人、尊敬する人でさえ裏切りをする。

ジョーカーが言う。
これは悲劇じゃない、喜劇なんだよ。

悲しいのに、おかしくもないのに笑ってしまうアーサー。

道化師(クラウン/ピエロ)のメイクは笑っているが、一筋の涙を一緒に描くではないか。

矛盾だらけの世界は、僕達の世界と同じだ。

僕達の世界の良心は、もう既に死んでしまったのかもしれない。
もしそうであるならば、僕達の世界はジョーカーが俯瞰して見た世界と同じだ。

作り笑いでもして、達観できないと生きてゆくのは難しいのだ。
遠巻きに眺めている程度がおすすめだ。
でも、この世界は向こうから、こちらに迫って来る。

ジョーカーが僕達の耳元でつぶやいている気がする。

努力?
冗談でしょ。
優しさ?
うそでしょ。
平等?
何それ、初めて聞いたよ。
悲劇?
いやいや、これは喜劇だよ。一緒に演じてみないかい?

完璧です。
狂気に満ちた悪のカリスマ・ジョーカー。彼が何故生まれ、何故笑い、何故ピエロでいるのか。笑顔の仮面の下にあった初めて知るジョーカー誕生の経緯に胸が締め付けられ、孤独な男の苦しみに震え、あらゆる瞬間に涙が溢れましたが、この涙の理由は説明が難しい…。様々なジョーカーの姿、台詞、表情が脳裏に焼き付いて、まだ錯乱状態です。

細部まで練られた巧みな脚本、緊迫感と狂気、そして哀しみを蔓延させる音楽、バットマンの時代とは異なる背景により荒んだゴッサムシティ、そしてホアキン・フェニックスによる圧倒的なパフォーマンス。全てが完璧です。
特にホアキン演じるジョーカーが、物凄い。内に秘めた狂気とエネルギー、神経まで研ぎ澄ませて創り出される表情、あの笑い声、そして一人の孤独な優しい男だったアーサーの僅かな希望が残る目。ガツンとやられました。何も言えません…ただただ、圧倒的でした。

そしてジョーカー誕生の物語は、ジョーカーらしく、フェイクとリアルが入り乱れ、どれを真実と捉えるべきか一筋縄ではいかないのもまた凄い。彼に弄ばれているようで、でもやっぱり真実らしきものが色濃く見えて、なんとも魅力的。

とにかく、とんでもない映画でした。

 

映画「ジョーカー」のキャスト・スタッフ

  • 映画「ジョーカー」のキャスト

アーサー・フレック / ジョーカー
演 – ホアキン・フェニックス

マーレイ・フランクリン
演 – ロバート・デ・ニーロ

ソフィー・デュモンド
演 – ザジー・ビーツ(英語版)

ペニー・フレック
演 – フランセス・コンロイ

テッド・マルコ
演 – マーク・マロン(英語版)

ギャリティ刑事
演 – ビル・キャンプ(英語版)

ランドール
演 – グレン・フレシュラー(英語版)

バーク刑事
演 – シェー・ウィガム

トーマス・ウェイン(英語版)
演 – ブレット・カレン

アルフレッド・ペニーワース
演 – ダグラス・ホッジ(英語版)

ブルース・ウェイン
演 – ダンテ・ペレイラ=オルソン

(役名未発表)
演 – ブライアン・タイリー・ヘンリー(英語版)

(役名未発表)
演 – ブライアン・カレン(英語版)

(役名未発表)
演 – ジョシュ・パイス(英語版)

 

  • 映画「ジョーカー」のスタッフ

監督
トッド・フィリップス

脚本
トッド・フィリップス
スコット・シルヴァー

原作
ボブ・ケイン
(キャラクター創作)
ビル・フィンガー
(キャラクター創作)
ジェリー・ロビンソン
(キャラクター創作)

製作
トッド・フィリップス
ブラッドリー・クーパー
エマ・ティリンガー・コスコフ

製作総指揮
リチャード・バラッタ
ジョセフ・ガーナー
ブルース・バーマン

音楽
ヒドゥル・グドナドッティル

撮影
ローレンス・シャー

編集
ジェフ・グロス

製作会社
ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ

配給
ワーナー・ブラザース

最後に:映画「ジョーカー」の続きとなる映画「ダークナイト」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「ジョーカー」の続きとなる映画「ダークナイト」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」がおすすめです!

U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画「ジョーカー」の続きとなる
映画「ダークナイト」を
無料お試し期間で視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ