動画

映画「勝手にふるえてろ」のフル動画配信を無料で視聴する方法は?あらすじや感想も【松岡茉優、渡辺大知、北村匠海】

 

ー 今、私無敵! 

 

2人の彼氏(?)の間で揺れながら傷だらけの現実を突き抜ける暴走ラブコメディ!

 

2017年12月23日に公開された

映画「勝手にふるえてろ」

今回はこの映画「勝手にふるえてろ」を無料で視聴する方法です。

※本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

映画「勝手にふるえてろ」をU-NEXTで無料で視聴する

映画「勝手にふるえてろ」は現在U-NEXTでレンタル料無しの見放題となっています。

この見放題はU-NEXTの31日間無料のお試しキャンペーンに対応しているため

映画「勝手にふるえてろ」のフル動画を無料で視聴するなら、U-NEXTの無料キャンペーンがオススメです!

U-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

映画「勝手にふるえてろ」を
U-NEXTで視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ

 

というわけで

映画「勝手にふるえてろ」フル動画は
「U-NEXT」で見ることが可能です。
U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画「勝手にふるえてろ」を
U-NEXTで視聴する

 

FODで無料期間にもらえるポイントを使って無料で映画「勝手にふるえてろ」を視聴する

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】では映画「勝手にふるえてろ」は有料レンタルと言った形をとっています。

FODでは新規登録すると、30日間の無料お試し期間がついてきて、

ポイントが毎月8のつく日(8日・18日・24日)にそれぞれ400ポイントを無料で手に入れることができます。

なので、そのポイントを使えば無料で映画「勝手にふるえてろ」を視聴することが可能です。

※30日間の無料トライアル中で解約すれば料金はかかりません。

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

クリックするとFODプレミアム公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

TSUTAYA TVで無料期間にもらえる1,080円分のポイントを使って無料で映画「勝手にふるえてろ」を視聴する

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASでは映画「勝手にふるえてろ」は有料レンタルといった形をとっていますが、

新規登録すると30日間の無料お試し期間がついてきて、無料期間中に付与されるポイント「1,080ポイント」を使えばレンタル料を0円にして見ることができます!

TSUTAYA TVでは、映画「勝手にふるえてろ」に必要なポイントは500ポイントなのでポイント利用でもう一本お好きな映画を楽しめます。

おすすめは「定額レンタル8+動画見放題プラン」、TSUTAYAのDVDを8枚まで借りながら、動画配信サービスも楽しめるお得なプランです。

また、30日間の無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASの
無料お試し期間で視聴する

クリックするとTSUTAYA公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

映画「勝手にふるえてろ」の感想

24歳恋愛経験ゼロの妄想女子ヨシカ。
脳内彼氏イチ(中学時代の片思い)と現実に告られた二との間の不思議な脳内三角関係。
主演の松岡茉優さん、好演です。
自己肯定感の低さ、傷つきやすい自我、それを守る自己防衛力、現実回避力、
それらと真逆に同居する、自尊心、承認欲求、思い込みで走る行動力、
この複雑でイタイけど、かわいいヨシカを見事に演じ切っています。
自分の完全な内なる世界から、外の世界へ踏み出していき、そこで行き詰まり、
全てを壊したくなる衝動と逃亡は、痛々しいほど共感できます。むしろ、爽やか。
感情の細かな動きや台詞のひとつひとつがとてもよかったのですが、原作が綿矢りささんでした。なるほどです。

原作はむか~し読みましたが内容はほぼ覚えていません。経験上文学作品の映画化はだいたいがお寒い感じのできが多いので、どうしようかな観ない方がいいかなと思っている人に言いたい!そんはしないからぜひ観て欲しい。綿矢リサ特有の女主人公が現実不適応でずんずん周りとずれていき、現実の会話やこころの言葉がおかしく爆笑、台詞全体に味があります。空耳アワーの手ぬぐいなどタモリ倶楽部ネタのシーンもおかしい。何回見直しても笑えるシーンが多々あります。映画を観たあとで原作をもう一回読んでみるのもいいかな。かなり内容違うような気もしますがもし違っていても監督が小説の面白さをかなりうまく映画で表現したのは間違いないと思います。火花も見てみようかな、最近は小説の映画かもレベルがあがってるのかな?と思わせるような映画でした。

「ヨシカは解らない事だらけなんだよ、だから好き。」
劇中、ニがヨシカに言った言葉です。私自身もこの作品に同じ感情が湧きました。
初見では解らない事が沢山あって、理解したさに何度も観てしまう。
その位、魅力的な作品なんです。
ニは何故、ヨシカが胸に赤い付箋を付けていた事で気になりだしたのか。
処女の事をチェリーと言うのは、処女膜が破れた時の血をさくらんぼの赤色に例えての事。
つまり、赤色は処女色。ゆえに、この劇中の赤い付箋は処女性の象徴。
そしてニにとっては処女性=ピュア。
出会いの時点では、ニはヨシカの事を何も知らなかった訳だけど、本能的にヨシカの処女性=ピュアさを感じとって好きになったんだと思います。
ラスト前、ニを押し倒した拍子にヨシカの胸からニの胸に付箋が落ちました。
処女性の象徴だった赤の付箋が、ニの濡れたシャツによって深い赤に染まっていく。
そのさまに、どんどん侵食してくるニと、それを受け入れるヨシカとの関係性が重なります。
そして、それと同時に響く卓球音。卓球は相手の動きを見ないとラリーを続けられません。
相手が取れないタイミングや場所に球を打てば、その瞬間に終わってしまう。
そこに人とのコミュニケーションを重ねて、自己完結型だったヨシカが初めて他者と向き合った事を表現してるんですね。
物語中盤での二人の卓球シーンでは、ニの強すぎる球(愛情)をヨシカは打ち返せずラリーが終わってしまう。
でも、ラストシーンの卓球音は打ち合いがずっと続いていました。
その音が二人がやっと意思疎通を取れた事、これからずっと関係が続いていく未来を予感させてくれます。
そしてラストのヨシカの言葉。
「勝手に震えてろ」
現実の人間と向き合うのが怖くて、妄想の世界で震えていた自分自身への言葉ですね。
同時に脳内彼氏のイチと決別して、現実の霧島(ニ)に飛び込む自分への叱咤激励かな。
脚本、カメラワーク、俳優さんの演技、すべて完璧な傑作だと思います。

 原作は未読です。
ヒロインのヨシカ(松岡茉優)は、絶滅危惧種が大好きで、脳内では夢見がちな『暴走女子』であり、リアルではひねくれで自分勝手な『こじらせ女子』なんですね。まずもって、彼女に感情移入が出来るかどうかで本作の評価は大きく変わるでしょう。実際、こんな女には引きまくりだとは思うのですが、松岡茉優の不思議な魅力で、ついつい応援してしまいます。
本作は、彼女がどうやって現実に目を向け、理想やプライドから自分自身を解放するのかという、成長物語(?)です。体裁はイタい笑いたっぷりのラブ・コメながら、ぶざまでかっこ悪くても、傷ついても傷つけても、それでも一歩踏み出すこと。そこから人生は動き出すのだ。という人生賛歌でもあるのです。(ちょっとホメすぎか….(笑))

ヨシカは、中学の同級生“イチ”(北村匠海)を、10年も脳内で片想いし続ける、24歳のOL。彼女のナレーションで、ココロの呟きが語られ、出勤途中で毎日会う、いろんな人たちと会話する日々。ある日、彼女は会社の同期の霧島(渡辺大知)から告られ、熱烈なアプローチを受ける。別に霧島のことは好きでもないのだけれど、生まれて初めてのことにルンルンと浮かれ、通勤の町をスキップするように駆け巡るシーンが笑えます。
また、同僚の(石橋杏奈)が狙う高杉という男性を“出来杉(できすぎ)”と呼び、サスペンダーに髭というだけで課長を“フレディ”と呼び、オカリナを吹く隣人をただ単に“オカリナ”と呼び、おまけに自分に言い寄ってきた霧島を“ニ”と呼んじゃう。これは、相手と向かい合って接していないことの現れであり、自己中的に物事を進めてしまう….。

「松岡茉優がモテナイ訳ないだろう!」と思わないでもないですが、暗く、オタクで、めんどくさいヒロインを大量のモノローグや、時には歌まで交えて熱演。OLの事務服姿もセーラー服姿も披露。彼女が「FUCK! FUCK! FUCK!」と連呼するなんて。キラキラした感じもイイけれど、痛々しすぎて、こっちが恥ずかしくなる感じが、また良いのです(笑)。
刈谷日劇に自身の撮った映画上映で来場し、好青年ぶりを印象づけた渡辺大知(そのときのサインはコチラ)が、空気が読めず暑苦しくもウザイ“二”を好演しています。ロックバンド黒猫チェルシーのボーカリストで監督や俳優としても活躍する多才ぶりなんですが、後半ちょっとカッコよく見えたりするのがいい感じ。エンドロールで本作への書き下ろし曲を熱唱しています。
“イチ”の北村匠海は、「君の膵臓を食べたい」の役をカブる感じもあったけど、普通にイイ男でした(笑)。

本作にはある仕掛けがあって、それが判明する時、ヨシカのこじらせっぷりの根深さが伝わる仕組みになっています。そして、ヨシカの誇大妄想、被害妄想が爆発し、物語は彼女の深い深い闇へと誘うわけです….。
ネタバレぎみですが、人の名前を語り中学のクラス会を企画し“イチ”と再会してイイ感じになるかと思いきや、彼の一言によって、心理的地獄に落ちてしまう。そこで、ダーク・ミュージカル風に「アンモナイト」という歌を、悲しげにアカペラで歌うシークエンスは、“ニ”から告られてハイテンションになるのとの対比で面白い(笑)。

はてさて、物語はどこへ進むのか? ハッピー・エンドはあるのか? と、ヨシカのお父さん気分で観ていると、これもネタバレですが、なかなか心地いいラストが待っていました。
理想と現実をきちんと住み分けて生きていくことが大人であり、ヨシカはようやく理解したのでしょう。どうやったって、思い通りに生きていくことはできないのですから。もしそれができないのなら「勝手にふるえてろ」ってことです(笑)。
コメディーなのか、ラブストーリーなのか分からないような風変りな作品でしたが、私は大好きです。

 

映画「勝手にふるえてろ」のあらすじ

勝手にふるえてろ』は、綿矢りさによるの恋愛小説です。

監督・脚本は「でーれーガールズ」の大九明子。2017年・第30回東京国際映画祭のコンペティション部門に出品され、観客賞を受賞しました。

 

以下あらすじです。

あらすじを見ずに映画「勝手にふるえてろ」を楽しみたい方はコチラから

映画「勝手にふるえてろ」を
U-NEXTで視聴する

 

24歳のOLヨシカは中学の同級生“イチ”へ10年間片思い中!過去のイチとの思い出を召喚したり、趣味である絶滅した棒物について夜通し調べたり、博物館からアンモナイトを払い下げてもらったりと、1人忙しい毎日。そんなヨシカの前へ会社の同期で熱烈に愛してくれる“リアル恋愛”の彼氏“ニ”が突如現れた!!「人生初告られた!」とテンションがあがるも、いまいちニとの関係に乗り切れないヨシカ。“脳内片思い”と“リアル恋愛”の2人の彼氏、理想と現実、どちらも欲しいし、どっちも欲しくない・・・恋愛に臆病で、片思い経験しかないヨシカが、もがき、苦しみながら本当の自分を解き放つ!!

 

映画「勝手にふるえてろ」のキャスト・スタッフ

  • 映画「勝手にふるえてろ」のキャスト

江藤良香(ヨシカ):松岡茉優
イチ(一宮):北村匠海
ニ(霧島):渡辺大知
月島来留美:石橋杏奈
釣りおじさん:古舘寛治
オカリナ:片桐はいり
金髪店員:趣里
最寄り駅の駅員:前野朋哉
整体師:池田鉄洋
編み物おばさん:稲川実代子
コンビニ店員:柳俊太郎
居酒屋店員:山野海
同級生 薫:梶原ひかり
同級生 愛:金井美樹
同級生 木村:小林龍二
同級生 安倍:増田朋弥
緑川先生:後藤ユウミ
和菓子屋店員:原扶貴子
経理課長:仲田育史
営業一課 高杉:松島庄汰

 

  • 映画「勝手にふるえてろ」のスタッフ

監督・脚本 – 大九明子
原作 – 綿矢りさ『勝手にふるえてろ』
エグゼクティブプロデューサー – 福嶋更一郎、津嶋敬介
チーフプロデューサー – 新村裕、鈴木俊明
企画・プロデュース – 白石裕菜
プロデューサー – 服部保彦、楠千恵子
製作 – 横井正彦、堀義貴、水野道訓、小西啓介、歴東皓、宮崎伸夫、本丸勝也
撮影 – 中村夏葉
照明 – 疋田淳
録音 – 小宮元
美術 – 秋元博
装飾 – 佐藤和典
衣装 – 宮本茉莉
ヘアメイク – 加藤まり子
編集 – 米田博之
音楽 – 高野正樹
音響効果 – 渋谷圭介
主題歌 – 黒猫チェルシー「ベイビーユー」
助監督 – 成瀬朋一
制作担当 – 前場恭平
脚本協力 – 樋口七海
企画協力 – 文藝春秋
配給・宣伝 – ファントム・フィルム
制作プロダクション – ホリプロ
製作 – 映画「勝手にふるえてろ」製作委員会(メ〜テレ、ホリプロ、ソニー・ミュージックエンタテインメント、ファントム・フィルム、Easy Japan、朝日新聞、ヒョウゴベンダ)

 

最後に:映画「勝手にふるえてろ」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「勝手にふるえてろ」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」で視聴するのがオススメです!

U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画「勝手にふるえてろ」を
U-NEXTで視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ