動画

映画「君は月夜に光り輝く」のフル動画を無料で視聴する方法は?あらすじや感想も(キミツキ)【永野芽郁×北村匠海 W主演】

 

ー あなたのせいで、生きたくてしょうがない。 ー

 

余命ゼロの彼女がクラスメイトの僕に託したのは、 叶えられない願の「代行」だった――

 

2019年3月15日に公開された

第23回電撃小説大賞(KADOKAWA)にて、選考委員から圧倒的な支持を受け《大賞》を受賞した佐野徹夜のデビュー作を、永野芽郁と北村匠海の出演で実写映画化した

映画「君は月夜に光り輝く」

9月4日から映画「君は月夜に光り輝く」のレンタルが始まりますが

今回はこの映画「君は月夜に光り輝く」を無料で視聴する方法です。

 

映画「君は月夜に光り輝く」をU-NEXTで無料で視聴する

映画「君は月夜に光り輝く」は現在U-NEXTで新規登録での31日間の無料お試し期間中に無料で付与されるポイントを使えば視聴することができます。

なので

「有料レンタル動画を無料で視聴したい!」

というのであれば

無料で付与されるポイントで視聴できるU-NEXTがオススメです!

U-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

映画「君は月夜に光り輝く」を
無料お試し期間で視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ

 

というわけで映画「君は月夜に光り輝く」フル動画は
「U-NEXT」で見ることが可能です。

U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画「君は月夜に光り輝く」を
無料お試し期間で視聴する

 

TSUTAYA TVで無料期間にもらえる1,080円分のポイントを使って実質無料で映画「君は月夜に光り輝く」を視聴する

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASでは映画「君は月夜に光り輝く」は有料レンタルといった形をとっていますが、

新規登録すると30日間の無料お試し期間がついてきて、無料期間中に付与されるポイント「1,080ポイント」を使えばレンタル料を0円にして見ることができます!

TSUTAYA TVでは、映画「君は月夜に光り輝く」に必要なポイントは500ポイントなのでポイント利用でもう一本お好きな映画を楽しめます。

おすすめは「定額レンタル8+動画見放題プラン」、TSUTAYAのDVDを8枚まで借りながら、動画配信サービスも楽しめるお得なプランです。

また、30日間の無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASの
無料お試し期間で視聴する

クリックするとTSUTAYA公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

映画「君は月夜に光り輝く」の感想

発光病を抱え大人になるまで生きられない渡良瀬まみず(永野芽郁)と、その同級生で寄せ書きを届けに来た岡田卓也(北村匠海)、
この二人の決して報われない純愛を描いた素晴らしい作品です。
月川さんと北村さんの君膵ペアで病のヒロイン、……まさに君膵!
浜辺美波さんが圧倒的に魅力的な君の膵臓をたべたいですが、物語としての君膵も好きならばハマるのではと思います。

ヒロインは浜辺美波さんではなく今回は永野芽郁さん、若手屈指の演技力を誇る若手女優です。
是非この君月では3年A組や半分青いとは違った魅力を感じてみてほしいです。
人伝ですが、竹内結子さんのマネージャーだった方が永野さんのマネージャーだそうなので、永野さんがどういう女優に成長するのかも楽しみながら見てもらえればいいですね。
永野さん演じる渡良瀬まみずは発光病という病で二十歳まで生きられないという重い宿命を背負い生きています。
そして、北村さん演じる卓也がそのまみずのスノードームを壊すというきっかけから卓也に外に出会えない自分の代わりに代行をしてもらうというのが物語の始まりです。
その後はまみずの病の進行に、卓也の家族の事など様々な展開が待っています。
個人的には春では最も好きな作品で、初日舞台挨拶含めて5回も見ました。
まあ、君の膵臓をたべたいを真夏の劇場で10回見た自分なので、やっぱりこの手の映画、ましてや月川さんの作り方と北村さんの相性も好きなのだと思いますが笑

本当にね、印象的で絵本のような澄んだ空気感が素敵な作品でした。
一番のシーンは決められないですが、夜の病院の屋上のシーンは暖かく特に素敵なシーンの1つだと思います。
美しい満月とともにさらに二人の距離は近くなり、ロマンチックになる要素満載です。
最初に屋上に行ったときの演技じみたプロポーズのシーンも好きですし、終盤2回目の屋上での「私の代わりに…生きて」と言ったシーンも好きです。
遠くから聞こえる車の音、街灯の灯り、二人を見守るような星空に大きな月、まみずと卓也の息づかい、見事に二人だけの世界を感じさせてくれるシーンになっています。

また、それ以外のキャストも素敵でした。
まずはまみずの父親役の及川光博さん、まみずの父として、離婚し近付けなかった父のまみずへの熱い思いに終盤で泣けます。
この作品での一番の助演男優賞だったと思います。「一発殴らせろ」は父親らしい事を最後に出来たという渾身のシーンでした。
続いては卓也のバイト先の平林リコを演じた今田美桜さん。ドラマだとギロッと睨むキャラも多い女優さんですが、
この作品では落ち着いたバイトの先輩であり卓也にほのかに好意も持つ素敵なキャラです。正直凄く可愛かったです。
他にも望遠鏡を卓也に貸し、病に臥せる前のまみずに好意を持っていた同級生の彰を演じた甲斐翔真さんも新鮮な魅力がありました。

勿論冷静に見るなら、稀な難病という設定の発光病が身近に起きていた事、
その発光病という病の説明も殆ど無かった事、
簡単に浸入出来る病院のセキュリティなど、突っ込むところはあるんだと思います。
ですが、そんな事をせずにひたすらに心を清めるつもりで作品を鵜呑みに出来ればめちゃ感動出来るんじゃないでしょうか。
荒んだ気持ちも、何かにうんざりした時も、きっとこの作品を見れば落ち着けるんじゃないかと思います。
主題歌のセカオワもかなわなかったまみずと卓也のデートを感じさせるようで凄く合っていました。
特典ではメイキングも楽しみですが、初日舞台挨拶の模様もあるんでしょう。
永野さんへの手紙や、サプライズとして上げたあのサイリウムライトの輝きも見てほしいですね。

バイオフォトンは、1960年代に発見されたもの超微量の生体発光で、これの強い人は
いわゆるオーラが強い人になるといわれたりしますが、証明されてはいません。
バイオフォトンのバランスが崩れ死に至る病=発光病が存在する世界が舞台。
もし、こういう病気があったら、というIFの世界を描いた広い意味でのSFだと思います。
発光病という現象によって生じる事象を描きながら、その事象によって再生される、
あるいは再教育される人間像を描いたものです。

ここからはネタばれになります。
実は、発光病のまみずだけではなく、主人公の卓也も、死の瀬戸際にいます。
卓也がまみずを好きになるのが、最初は早すぎるように感じますが、読みすすめていくと、
姉の死に直面した卓也が、精神的に不安定になり、徐々に生きることに対して希望を失い、
死に魅入られている事がわかってきます。卓也にとっては、もうじき死んでしまうまみずは
憧れの対象になりうるのです。
友達の香山は、薄々それに気づいていて、卓也に、声をかけます。
読み返してみると、香山の卓也への声かけには、常に大丈夫か?の気持ちが隠れています。
この小説が他の難病ものと違うのは、病気ではない卓也の生死に大きく焦点があてられていること
です。
発光病=光輝く死は、そのまま卓也の死に対する強い憧憬を表しています。
きれいな夢のような死。この小説での難病が、発光病でなければならなかった理由です。
自ら選ぶ死の主題は、この小説のいたるところにあります。ロミオとジュリエットのジュリエット
の死、中原中也の詩のなかの死、静澤聰という作家の死・・・読んでいると死のイメージが頭の中で
反響しあい、暗幕が覆いかぶさってくるような息苦しさを感じるようになります。
だからこそ卓也が死ななかったことに、おおきく安堵するのです。
この小説が泣けるのは、みんな人生、何らかの絶望をかかえながら、グダグダになりながら、
それでも、明るく軽く生きているから・・。明るく軽く深い絶望が、きちんと描かれているから。
香山もリコちゃんさんも芳江先生も、みんなそう。だから泣けてしまう。

この小説の作者はそうとう幅広いジャンルの小説を読んできた人だろうなと思います。
メタファーや記号を含んだ象徴小説、アメリカのロストジェナレーションの小説、SF、
マジックリアリズム、堀辰雄の風立ちぬ、などの影響をかなり受けている気がします。

ストーリーの流れは難病恋愛ものとしての王道展開で、他の方が指摘している通り、世代によってはセカチューを彷彿とさせます。

また、所々で散見される突発的な変化は若干強引さというか不自然な印象がありました。親友のプレイボーイ引退や担任の件、あとは主人公の中学時代の回顧シーンにおける中高一貫校でそれはないんじゃない?的な話とか。

しかし、ストーリーの基本的な描写方法は繊細かつ丁寧で、ありきたりなストーリーを魅力的なものに仕上げています。

使い古されたストーリーをバランスよく丁寧に描写しているという点で、この作品は十二分に価値のあります。
ついでに言うと、ヒロインもかわいく描かれていて、少なくとも私を魅了するには十分でした。

 

映画「君は月夜に光り輝く」のあらすじ

2019年3月15日に公開された映画「君は月夜に光り輝く」は、

2017年2月25日に発売されてから、第23回電撃小説大賞(KADOKAWA)にて選考委員から圧倒的な支持を受け《大賞》を受賞した佐野徹夜のデビュー作。

胸をつく感動的なストーリーと、若者に絶大な支持を得ているイラストレーターloundrawの装丁の人気もあいまって、デビュー作ながら異例のヒットをとばし累計発行部数30万部を突破しています(2018年12月時点)。

以下あらすじです。

あらすじを見ずに映画「君は月夜に光り輝く」を楽しみたい方はコチラから

映画「君は月夜に光り輝く」を
無料お試し期間で視聴する

 

高校生の岡田卓也はクラスの寄せ書きを届けるために行った病院で、入院中の同級生・渡良瀬まみずと出会う。
明るく振舞う彼女が患う病気は“不治の病・発光病”。細胞異常により皮膚が発光し、その光は死が近づくにつれて強くなるという。月の光を浴びると体が淡く光ることからそう呼ばれ、死期が近づくとその光は強くなるらしい。そして、成人するまで生存した者はいない。
卓也は病院から出ることを許されない余命わずかな彼女に、死ぬまでにしたいことがあると知り…そして「“叶えられない願い”を代わりに実行し、その感想を伝える【代行体験】を行うことに。代行体験を重ねるごとに、まみずは人生の楽しみを覚え、卓也は彼女に惹かれていく。
しかしその反面、迫りくる死の恐怖が2人を襲う。そして卓也に隠された“ある過去”を呼び覚ます。命の輝きが消えるその瞬間。まみずが卓也に託した最期の代行体験とは――?

「それ、僕に手伝わせてくれないかな?」「本当に?」この約束から、止まっていた僕の時間がふたたび動きはじめた――。

 

映画「君は月夜に光り輝く」のキャスト・スタッフ

  • キャスト(映画)

渡良瀬まみず:永野芽郁
岡田卓也:北村匠海
香山彰:甲斐翔真
岡田鳴子:松本穂香
平林リコ:今田美桜
岡崎:優香
渡良瀬律:生田智子
岡田恭子:長谷川京子
深見真:及川光博

 

  • スタッフ(映画)

原作:佐野徹夜『君は月夜に光り輝く』(メディアワークス文庫 / KADOKAWA刊)
監督・脚本:月川翔
音楽:伊藤ゴロー
劇中音楽:歌川幸人
主題歌:SEKAI NO OWARI「蜜の月 -for the film-」(TOY’S FACTORY)
製作:市川南
エグゼクティブ・プロデューサー:山内章弘
企画・プロデュース:春名慶、岸田一晃
プロデューサー:神戸明
ラインプロデューサー:濱崎林太郎
撮影:柳田裕男
美術:五辻圭
録音:加藤大和
照明:宮尾康史
編集:坂東直哉
助監督:牧野将
製作担当:和氣俊之
装飾:安藤千穂
VFXスーパーバイザー:鎌田康介
スタイリスト:望月恵
ヘアメイク:百瀬広美
スクリプター:中村愛由美
俳優担当:舟本佳子
音楽プロデューサー:北原京子
プロダクション統括:佐藤毅
配給:東宝
製作プロダクション:東宝映画
製作:「君は月夜に光り輝く」製作委員会(東宝、博報堂DYミュージック&ピクチャーズ、KADOKAWA、ジェイアール東日本企画、S・D・P、博報堂、KDDI、スターダストプロモーション、日本出版販売、ローソンエンタテインメント、LINE、サイバーエージェント、GYAO)

 

最後に:映画「君は月夜に光り輝く」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「君は月夜に光り輝く」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」で視聴するのがオススメです!

U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画「君は月夜に光り輝く」を
無料お試し期間で視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ