動画

映画「海月姫」のフル動画配信を無料で視聴する方法は?あらすじや感想も【能年玲奈、 菅田将暉、長谷川博己】

 

ー 我がオタク人生をかけて、出陣であります! 

 

謎のグルーヴが湧き上がる、まさかのヲタ女子シンデレラストーリー!?

 

2017年12月23日に公開された

映画「海月姫」

今回はこの映画「海月姫」を無料で視聴する方法です。

※本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

映画「海月姫」をU-NEXTで無料で視聴する

映画「海月姫」は現在U-NEXTでレンタル料無しの見放題となっています。

この見放題はU-NEXTの31日間無料のお試しキャンペーンに対応しているため

映画「海月姫」のフル動画を無料で視聴するなら、U-NEXTの無料キャンペーンがオススメです!

U-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

映画「海月姫」を
U-NEXTで視聴する

※U-NEXTでは海月姫のレンタル期限は11月30日までとなっています。

U-NEXTの公式サイトはコチラ

 

というわけで

映画「海月姫」フル動画は
「U-NEXT」で見ることが可能です。
U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画「海月姫」を
U-NEXTで視聴する

 

FODで無料期間にもらえるポイントを使って無料で映画「海月姫」を視聴する

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】では映画「海月姫」は有料レンタルと言った形をとっています。

FODでは新規登録すると、30日間の無料お試し期間がついてきて、

ポイントが毎月8のつく日(8日・18日・24日)にそれぞれ400ポイントを無料で手に入れることができます。

なので、そのポイントを使えば無料で映画「海月姫」を視聴することが可能です。

※30日間の無料トライアル中で解約すれば料金はかかりません。

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

クリックするとFODプレミアム公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

TSUTAYA TVで無料期間にもらえる1,080円分のポイントを使って無料で映画「海月姫」を視聴する

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASでは映画「海月姫」は有料レンタルといった形をとっていますが、

新規登録すると30日間の無料お試し期間がついてきて、無料期間中に付与されるポイント「1,080ポイント」を使えばレンタル料を0円にして見ることができます!

TSUTAYA TVでは、映画「海月姫」に必要なポイントは500ポイントなのでポイント利用でもう一本お好きな映画を楽しめます。

おすすめは「定額レンタル8+動画見放題プラン」、TSUTAYAのDVDを8枚まで借りながら、動画配信サービスも楽しめるお得なプランです。

また、30日間の無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASの
無料お試し期間で視聴する

クリックするとTSUTAYA公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

映画「海月姫」の感想

最初の20分、すき焼きパーティーあたりまでは、マンガの映画化にありがちなオーバーでコミカルな演出が鼻につき、突っ込みどころにばかり目が行っていましたが、そのうち次第に独特なご都合主義の世界が快適になりはじめ、最後にはすっかり浸りきっておりました。

何といっても菅田将暉演じる蔵之介の女装っぷりかつ男っぷりが違和感皆無で素晴らしいですが、お抱え運転手役の速水もこみちも要所で雰囲気を引き締めていて良かったです。
また、片瀬那奈演じる稲荷翔子の敵役ぶりはあまりしつこくなくて、この作品にはそれで合っていると思いました。

何よりも、みんなで懸命に衣装を縫い上げるシーンが、何かに夢中になって取り組んでいる時の気持ちや雰囲気が伝わってきてとても素敵でした。
手放しの幸福感に浸れる1本です。

能年ちゃん主演でもクセのある映画だと思い見るのを避けていたが今更ながら視聴…。
見終わってもっと早く見れば良かったと後悔した作品でした!
原作やアニメは見ておりませんがすんなり作品に入り込めました。
無理な展開や若干菅田将暉くんのオンステージ感はありますが面白かったです。

天水館の住人は個性あり過ぎですが分かりやすいオタクで愛らしくもあります。
池脇千鶴さん最後まで分かりませんでした。
長谷川さんはカッコイイけど可愛くて素敵でした。
速水もこみちさんのポジションはおいしいですね。笑
でもやっぱり能年玲奈ちゃんと菅田将暉くん!
能年ちゃんは可愛いだけじゃなく月海が徐々に成長していく過程を上手く演じられてました。
鯉淵兄弟が月海に引き込まれるのも納得です!
そして菅田くんは恐らく一番難しい役どころである蔵之介を男らしくもあり可愛い面も見せながら上手く演じられていて自然と彼に引き込まれました。
女装姿はとにかく可愛いです!

2人が顔を見合わせて笑う顔や、月明かりに照らされながら月を見上げる月海、それを見つめる蔵之介。
能年ちゃんと菅田くんの表情がとても良かったです。
月海が蔵之介を見つめるシーンはキュンとしました♡
またこの2人の共演が見てみたいくらい2人が素敵過ぎる作品でした!

漫画が原作ですが、とても完成度が高い映画で、減量した菅田さんの女装がとても美しく、何度観ても惹かれます。
純愛な部分が少し盛り込まれているのでキュンキュンさも伝わり、能年玲奈ちゃんの変身ぶりも素敵です。
オタクなメンバーの役者魂のなりっぷりもすごくて、コメディ映画としてとても良い作品だと思います。
公開時期がいろいろな映画と重なった為あまり興行収入は良くなかったかもしれませんが、映画好きなら一度は観るべき作品だと思いました。

のん(能年玲奈)目当てでみました。原作は三巻までくらいしか読んでいません。原作にそこまでハマらなかったので、正直なところ期待せずに見はじめました、が、面白かった!嬉しい驚きでした。
能年玲奈の目がお星様みたいにキラキラして、というのは前から思っていたことでした。とびっきりの魅力があるということも。ですが今作で一番驚いたのは菅田将輝。
なんたる美女姿!顔もスタイルも、どんな美女を横に持ってきても負けないくらい。身のこなしと表情はシャム猫みたいにコケティッシュ。これまでも彼の作品を見たことがあったのですが、ここまで圧倒的な魅力とカリスマ性を感じたのは初めてでした。
アマ〜ずのメンバーもそれぞれはまり役で、まややのセリフ回しは絶妙でした。
ファッションショーをみんなで成功させていくシーンは胸が熱くなり予期せぬ涙が。熱血スポ根ものに負けない熱さがありました。
長谷川博己の役も面白くて、3人の恋の行方をもっと追っていたかったので続編が見たくなりましたが、作られないのでしょうね。
テレビ版は見ていませんがこのキャストのままでやってほしかったな〜でも興味が湧きました。
まずは何より以前に挫折していた原作を最後まで読んでみようと思いました。

 

映画「海月姫」のあらすじ

海月姫』は、東村アキコによる漫画作品です。「おしゃれ」に縁のなかった少女と女装男子が繰り広げる騒動を描いたシュールラブコメディ。

本作における「腐女子」とは、本来の意味での腐女子ではなく、近年間違って用いられるようになった「己の趣味のみに没頭するオタク女性」を指しています。

 

以下あらすじです。

あらすじを見ずに映画「海月姫」を楽しみたい方はコチラから

映画「海月姫」を
U-NEXTで視聴する

 

イラストレーターを志して上京したクラゲオタクの月海(つきみ)が住むのは、風呂・トイレ共同、男子禁制の昭和レトロな外観のアパート「天水館(あまみずかん)」。住人は全員腐女子で、みな実家からの仕送りのみで生計を立てるニートである。天水館に住む資格として「オシャレ人間は天敵」「人生に男を必要としない」などというモットーを立て更には自分達を“尼〜ず”と称し、外部との接触を避けてまったりと楽しいぬるま湯のような日々を送っていた。

ある日、月海は行きつけのペットショップで、誤った飼育方法で死にかけているお気に入りのクラゲを救出すべく、店員に交渉を試みるも、生来の対人下手からうまく説明できずに相手にしてもらえなかった。そこに偶然通りかかった美女が事情を聞き、月海に代わってクラゲを助けてくれた。月海は深く感謝するが、誰が見ても見とれるほどの美貌を備えたその美女は、実は近所に邸宅を構える政治家一族の次男であり蔵之介という名のれっきとした男性だった。

天水館や月海を気に入った蔵之介は、男子禁制であるため気が気でない月海の迷惑には無頓着ながらも一応男性であることを隠して頻繁に出入りするようになる。やがて、自分を醜く「普通の女の子ではない」と思い込み、おしゃれには無縁な月海を美しく変身させる事に没頭し出す。言われるがままにおしゃれを施され、まるで別人の様に見違えるも不慣れさに戸惑うばかりの月海だったが、蔵之助の兄であるに初めての恋心を抱き、胸の痛みやとまどいを覚えるようになる。

そんな中、土地再開発による天水館取り壊しの危機が訪れる。大切な場所を失うかも知れず、かといって他に行く当てもないのに相変わらず他力本願で自分達の手で天水館を守ろうとしない、出来ない尼〜ずに業を煮やした蔵之介は「泣き寝入りかよ!」と一喝、デベロッパーの担当者である女狐の稲荷に対し「立ち退く気はない、我々が天水館を買い取ってオーナーになる」と宣言し、対立するようになる。

蔵之介は、月海がデザインした「クラゲをモチーフにしたドレス」を作り、ファッションブランドを立ち上げて、その売上で天水館を買い取ろうと行動するが、思わぬ障害が待ち構えていた。

 

映画「海月姫」のキャスト・スタッフ

  • 映画「海月姫」のキャスト

倉下月海 – 能年玲奈
鯉淵蔵之介 – 菅田将暉
ばんば – 池脇千鶴
まやや – 太田莉菜
ジジ – 篠原ともえ
千絵子 – 馬場園梓(アジアン)
鯉淵修 – 長谷川博己
鯉淵慶一郎 – 平泉成
花森よしお – 速水もこみち
熱帯魚店店員 – 中村倫也
稲荷翔子 – 片瀬那奈
柏木 – 内野謙太

 

  • 映画「海月姫」のスタッフ

原作 – 東村アキコ「海月姫」(講談社『Kiss』連載中)
監督 – 川村泰祐
脚本 – 大野敏哉、川村泰祐
音楽 – 前山田健一
ドレスデザイン・スタイリスト – 飯嶋久美子
主題歌 – SEKAI NO OWARI「マーメイドラプソディー」(TOY’S FACTORY INC)
挿入歌 – SEKAI NO OWARI 「スターライトパレード」「花鳥風月」
エグゼクティブプロデューサー – 豊島雅郎、鈴木伸育
プロデューサー – 井手陽子、宇田充、松下卓也
共同プロデューサー – 鈴木俊輔、加茂義隆
アソシエイトプロデューサー – 坪屋有紀
ラインプロデューサー – 橋本竜太
撮影 – 福本淳
照明 – 市川徳充
美術 – 笠井亜紀
録音 – 小松将人
編集 – 森下博昭
装飾 – 渡辺大智
助監督 – 成瀬朋一
衣装 – 井手珠美
ヘアメイク – 赤間直幸
スクリプター – 中田秀子
テクニカルプロデューサー – 大屋哲男
VFXプロデューサー – 道木伸隆
音楽プロデューサー – 安井輝
制作・配給 – アスミック・エース
制作協力プロダクション – ギークサイト
製作 – 映画「海月姫」製作委員会(アスミック・エース、講談社、ハピネット、パルコ、東海テレビ放送、レプロエンタテインメント)

 

最後に:映画「海月姫」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「海月姫」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」で視聴するのがオススメです!

U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画「海月姫」を
U-NEXTで視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ