動画

映画「ザ・マジックアワー」のフル動画配信を無料で視聴する方法は?あらすじや感想も【三谷幸喜監督作品】

 

ー 命の引き換えに誓ったのは、伝説の殺し屋“デラ富樫”を連れてくること。 ー

 

やってきたのは映画の撮影と思い込んでやってきた売れない俳優!?

「これ、ひょっとして映画じゃねぇな・・・」

 

2008年6月7日に公開された

映画「ザ・マジックアワー」

今回はこの映画「ザ・マジックアワー」を無料で視聴する方法です。

 

映画「ザ・マジックアワー」をU-NEXTで無料で視聴する

映画「ザ・マジックアワー」は現在U-NEXTでレンタル料無しの見放題となっています。

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

この見放題はU-NEXTの31日間無料のお試しキャンペーンに対応しているため、

映画「ザ・マジックアワー」のフル動画を無料で視聴するなら、U-NEXTの無料キャンペーンがオススメです!

U-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

映画「ザ・マジックアワー」を
無料お試し期間で視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ

 

というわけ

映画「ザ・マジックアワー」フル動画は
「U-NEXT」で見ることが可能です。

U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画「ザ・マジックアワー」を
無料お試し期間で視聴する

 

FODで無料期間にもらえるポイントを使って実質無料で映画「ザ・マジックアワー」を視聴する

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】では映画「ザ・マジックアワー」は有料レンタルと言った形をとっています。

FODでは新規登録すると、30日間の無料お試し期間がついてきて、

ポイントが毎月8のつく日(8日・18日・24日)にそれぞれ400ポイントを無料で手に入れることができます。

なので、そのポイントを使えば無料で映画「ザ・マジックアワー」を視聴することが可能です。

※30日間の無料トライアル中で解約すれば料金はかかりません。

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

クリックするとFODプレミアム公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

TSUTAYA TVで無料期間にもらえる1,080円分のポイントを使って実質無料で映画「ザ・マジックアワー」を視聴する

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASでは映画「ザ・マジックアワー」は有料レンタルといった形をとっていますが、

新規登録すると30日間の無料お試し期間がついてきて、無料期間中に付与されるポイント「1,080ポイント」を使えばレンタル料を0円にして見ることができます!

TSUTAYA TVでは、映画「ザ・マジックアワー」に必要なポイントは400ポイントなのでポイント利用でもう一本お好きな映画を楽しめます。

おすすめは「定額レンタル8+動画見放題プラン」、TSUTAYAのDVDを8枚まで借りながら、動画配信サービスも楽しめるお得なプランです。

また、30日間の無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASの
無料お試し期間で視聴する

クリックするとTSUTAYA公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

映画「ザ・マジックアワー」の感想

三谷幸喜の作品で、1、2を争うぐらい好き!とにかく無茶苦茶な設定だけどストーリー性が非常にあるのと展開が読めない。有頂天ホテルも大好きな作品なのだが、この作品は、すごい無茶苦茶な設定なのに会話のキャッチボールが素晴らしい!役者も皆、素晴らしいが人に愛されている、たとえ売れない役者でも、人に愛されているという事で救われる。夢を諦めるにはまだ早いと思わせてくれる勇気をくれる作品です。この作品はクスクス笑いじゃなく爆笑してしまいますし、奇想天外なストーリーだけど、実に見終わったら心がスッキリとさせてくれます。コメディだけど、台詞の中に珠玉の言葉が詰まっています!

 

2018年、大ヒットした某映画が「初期の三谷映画に似ている」との評(町山さん)を聞いて「ラヂオの時間」に続いて視聴。
超~おもしろかった!夫婦で笑い転げた。

見る前はもっと映画的なものを想像してたけどすごく舞台っぽかった。最初は戸惑ったけどすぐにおもしろくなった。
レトロなセットや時代設定がすごく好み。

なんといっても佐藤浩市!あの顔!あの演技!

ストーリーは無理やりにもほどがある…。でもコメディだからまあいいか。これをよってたかってなんとか映画にしちゃうんだからやっぱすごい。役者も監督もスタッフも。

何度見ても最高です!
とにかく面白い…
役者さんがみんな素敵だとか、三谷監督の作品だからとか関係なく、、、
いや、それはあるか…あの方々が集まって出来た奇跡の最高の映画です。
西田さんのアドリブじゃないの?本当にセリフなの?疑いたくなる「そんなに美味しいの?」とか「なに式?なに式なの?」のところで何度でも笑ってしまいます。
始終面白いのに何故なのか最後は涙が出てしまうのは私だけでしょうか。
日本映画はなんか暗くておもしろくないと思わず(この映画に会うまではちょっと思ってたけど)一度是非とも見て欲しい映画です!

細かいストーリーの整合性やリアリティーを求めるのは、この映画では無粋です。
劇中劇のいい加減さが本作のいい加減さにも通じており、そこが笑いどころです。
いい加減なのが嫌いな人は向かないかもしれません。

この作品は、佐藤浩市さんと西田敏行さんの魅力があふれています。
佐藤浩市さんは、ああいうクッサイ芝居が好きなのかな?と思うくらい生き生きとしているのが面白いです。

時間が長いので、一気にみると退屈してしまう人は、
無理せず適当なところで切って数回に分けてみればよいと思います。
娯楽映画なんですから、気楽に見ましょう。

 

映画「ザ・マジックアワー」のあらすじ

ザ・マジックアワー』は、2008年6月7日に公開された日本映画。三谷幸喜監督作品第4作です。

表題のマジックアワーとは、日没後の「太陽は沈み切っていながら、まだ辺りが残光に照らされているほんのわずかな、しかし最も美しい時間帯」を指す写真・映画用語で、転じて本作では「誰にでもある『人生で最も輝く瞬間』」を意味しています。

 

以下あらすじです。

あらすじを見ずに映画「ザ・マジックアワー」を楽しみたい方はコチラから

映画「ザ・マジックアワー」を
無料お試し期間で視聴する

 

港町・守加護(すかご)。街を牛耳るギャングのボス・天塩の愛人・マリに手を出してしまった手下のホテル支配人・備後。はたして天塩に捕まり絶体絶命となってしまう。助かる唯一の条件として天塩が示したのは、5日以内に幻の殺し屋“デラ富樫”を連れてくること。条件を飲んだ備後だったが、そう簡単に見つかるわけもなく、最後の非常手段としてニセモノを用意することに。そこで備後は、映画監督になりすまして無名の俳優・村田大樹を雇うと、映画の撮影と称して彼に殺し屋“デラ富樫”を演じさせ、天塩の前に差し出すのだったが…。

 

映画「ザ・マジックアワー」のキャスト・スタッフ

  • 映画「ザ・マジックアワー」のキャスト

港町・守加護へやってくる人々

村田大樹(むらた たいき)<だまされる男> – 佐藤浩市
売れない三流役者。その「脂っこい演技」でなかなか大役を手にすることができず、スタントやエキストラの仕事ぐらいしかもらえないが、裏方スタッフとは仲良し。「暗黒街の用心棒」の大ファンで、芝居も主演・ニコの真似事である。映画監督に成りすました備後の口車に乗らされ、偽の映画でデラ富樫役として初主演を務めることとなり、映画のセットのような不思議な街、守加護にやってくる。得意の暑苦しい演技で守加護に乗り込み、演技とは知らない天塩幸之助に気に入られて天塩ファミリーの一員になるが、街で起こることはすべて映画の撮影だと思い込んでいる。特技はアクションスタント。1960年12月10日生まれ(演じる佐藤浩市と全く同じ)。

長谷川謙十郎(はせがわ けんじゅうろう)<振り回される男> – 小日向文世
村田のマネージャー。よく憎まれ口を叩くが、一番の村田のファンでもある、よき理解者。備後の偽の撮影には不信感を抱く。

西さん(にし) – 梶原善
ベテラン特機部。

野島(のじま) – 阿南健治
操演担当、スモーク係。

なべさん – 榎木兵衛
弾着の名人。
3人とも村田を慕う映画スタッフで、彼の一世一代の大芝居に協力する。

今野貴之介(こんの たかのすけ) – 近藤芳正
CMディレクター。備後達の偽の映画撮影に巻き込まれる。

高瀬允(たかせ まこと) – 柳澤愼一
CM撮影隊のエキストラ。かつて「暗黒街の用心棒」で、主役のニコを演じた映画スターだったが、それ以降はヒット作に恵まれず忘れられた存在になっている。しかし役者魂は今でも全く衰えることなく、次の「マジックアワー」を辛抱強く待ち続けている。村田の憧れの人物でもある。

 

天塩商会

備後登(びんご のぼる)<だます男> – 妻夫木聡
クラブ「赤い靴」の2代目支配人で、天塩の部下。従業員から支配人まで上り詰めてきた。天塩の女・マリに手を出してしまい、幻の殺し屋・デラ富樫を連れてくることを条件に命拾いする。しかし、なかなか本人が見つからないうちに期日が迫り、苦肉の策で映画撮影と偽って村田にデラ富樫を演じさせることにする。マリとは昔から共に苦労して働いてきた仲で、2人で街から逃げようかどうか迷うことも。撮影所で働いていたこともある。

高千穂マリ(たかちほ マリ)<惑わす女> – 深津絵里
天塩の愛人で、「赤い靴」の元踊り子。自分を側にいさせようと束縛する天塩に嫌気がさし、備後と共に街から逃げようとする。傍若無人で他の人々を振り回すが、親を早くに亡くした苦労人でもある。嫌々ながらも偽の撮影に協力する。時々、天塩のために「赤い靴」で歌っている。備後のことは「備後ちゃん」と呼び、やや子供扱いしている。

天塩幸之助(てしお こうのすけ)<牛耳る男> – 西田敏行
守加護を牛耳るマフィア・天塩のボス。新興の江洞商会が雇ったデラ富樫に命を狙われたり、愛人のマリを取り戻そうとしてうまくいかなかったり、国税局に目をつけられたりと様々なトラブルを抱えている。

黒川裕美(くろかわ ひろみ)<怖い男> – 寺島進
天塩商会の代貸担当で、天塩の腹心。他人を信用しないが、借りはきっちり返す実直な性格。

菅原虎真(すがわら とらざね) – 市村萬次郎
天塩商会の会計係。警察に情報を流している噂があり、天塩から命を狙われる。

太田垣直角(おおたがき ちょっかく) – 甲本雅裕
天塩の手下。黒川の弟分として、しばしば一緒に行動する。

知念万丈(ちねん ばんじょう) – 澤魁士
天塩の手下。非常に大柄。

 

守加護の住人

鹿間夏子(しかま なつこ)<尽くす女> – 綾瀬はるか
クラブ「赤い靴」の従業員。上司の備後に好意を持つ。最初は偽の撮影に反対するが、備後のために奔走する。

鹿間隆(しかま たかし)<動じない男> – 伊吹吾郎
「赤い靴」バーテンダーで、夏子の父。寡黙だが、いざという時にとても頼れる存在。「赤い靴」の初代主人だったが、店が潰れそうになった時、備後に助けられたことがある。娘と共に備後を助けるが、偽の撮影には初めから乗り気で、カメラマンを務める。

マダム蘭子(マダム らんこ)<厚化粧の女> – 戸田恵子
「港ホテル」の女主人。一日に何度も衣装替えをする。衣装はどれも派手。

清水医師(しみず – )- 浅野和之
「港ホテル」の滞在客。温厚な老紳士で、マダムの頼みで村田や備後の「撮影」中の怪我を治療し、先生と慕われる。その正体は本物のデラ富樫(EDクレジットではデラ富樫と表記)。愛用の銃器はAR-7。

江洞潤(えぼら じゅん)<のし上がる男> – 香川照之
江洞商会会長。天塩商会から暖簾分けして江洞商会を興し、数年のうちに天塩商会を脅かす存在にまでした。デラ富樫の雇い主。

守加護市長 – 梅野泰靖
市長でありながら、天塩商会・江洞商会と裏で結びつきがある。

馬場警察署長(ばば – ) – 小野武彦
市長と同じく天塩商会らとは癒着関係にある。天塩の中学時代の同級生でもある。

只野憲二(ただの けんじ) – 香取慎吾
前作『THE 有頂天ホテル』の登場人物。今回はストリートミュージシャンとして姿を見せる。

 

映画の世界

映画監督 – 市川崑
映画「黒い101人の女」を撮影している。

セカンド助監督<愚痴る男> – 山本耕史
同映画のスタッフ。磐田の愚痴ばかり言っている。

磐田とおる(いわた – )<スターな男> – 中井貴一
同映画の主演俳優。女性ファンが多い。

喪服の女 – 天海祐希
同映画の登場人物。磐田演じる主人公(実際に演じるのは、スタント役の村田)を射殺する役柄。

カメ – 市川亀治郎(四代目 市川猿之助)
歌舞伎俳優。本名は不明。村田とは古い知り合い。

ゆべし – 唐沢寿明
映画「実録・無法地帯」の主演俳優で、芸能界の大物。本名は不明。脇役の演技にうるさい。

猪瀬(いのせ) – 光生
同映画のスタッフ。村田の面倒を見る。

ニコ<モノクロの殺し屋> – 谷原章介
往年のモノクロ映画「暗黒街の用心棒」の主人公。若き日の高瀬が演じていた。

小夜子(さよこ)<モノクロの女> – 鈴木京香
往年のモノクロ映画「暗黒街の用心棒」のヒロイン。

ワンチャイ・バンダラビカル – 寺脇康文

バンビ – 堀部圭亮

 

その他

猪野学、森永健司、奥田達士、櫻庭博道、坂田雅彦、小倉敏博、吉本菜穂子、天田益男 ほか

 

  • 映画「ザ・マジックアワー」のスタッフ

脚本と監督:三谷幸喜
製作:亀山千広、島谷能成
企画:清水賢治、市川南
エグゼクティブプロデューサー:石原隆
プロデューサー:重岡由美子、前田久閑、和田倉和利
ラインプロデューサー:森賢正
音楽:荻野清子(オリジナルサウンドトラック盤「ザ・マジックアワー」ユニバーサルミュージック)
美術:種田陽平
撮影:山本英夫(J.S.C)
照明:小野晃
録音:瀬川徹夫
編集:上野聡一
VFXプロデューサー:大屋哲男
VFXスーパーバイザー:渡部彩子
スクリプター:甲斐哲子
衣装デザイン:宇都宮いく子
ヘアメイク:宮内三千代
特殊メイク:江川悦子
装飾:田中宏
俳優担当:鈴木康敬
助監督:片島章三
製作担当:深津智男
挿入曲・エンディングテーマ:「I’m Forever Blowing Bubbles」
作詞・作曲:John William Kellette & Jean Kenbrobin、日本語訳詞:三谷幸喜、編曲:荻野清子、歌:高千穂マリ(深津絵里)
挿入曲:「天国生まれ」
作詞・作曲・編曲:甲本ヒロト、歌:只野憲二(香取慎吾)
音楽製作:鈴木雄一(フジパシフィック音楽出版)、森淳一・三石文仁(ユニバーサルミュージック)、杉山さつき(ウィッチクラフト)
音楽コーディネーター:杉山葉次
音響効果:倉橋静男
ギター指導:内藤謙一
歌唱指導:広谷順子
振付:香瑠鼓
アクションコーディネーター:山田一善
ガンエフェクト:ビッグショット、納富貴久男
夕景作画:島倉二千六
画コンテ:橋爪謙治
タイトル:竹内秀樹、南成木
VFX:マリンポスト、Q-tec、早稲田大学 美術・科学センター、IMAGICA
撮影協力:静岡県駿東郡、福岡県北九州市門司区、ハウステンボス(長崎県佐世保市)、東京都目黒区、山梨大学医学部附属病院(山梨県中央市)、大倉山記念館(神奈川県横浜市)、下館オスカー(茨城県筑西市)、石川県輪島市、神奈川県平塚市
予告編ナレーション:山寺宏一
メイキング「ザ・マジックアワーショー」ナレーション:市川展丈
特別協賛:キリンビール株式会社
制作プロダクション:シネバザール
製作:フジテレビジョン、東宝
配給:東宝

 

最後に:映画「ザ・マジックアワー」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「ザ・マジックアワー」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」で視聴するのがオススメです!

U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画「ザ・マジックアワー」を
無料お試し期間で視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ