動画

映画「夏美のホタル」のフル動画配信を無料で視聴する方法は?あらすじや感想も【有村架純主演】

 

ー 導かれるように向かったのは、父との思い出の場所でした。 

 

出会ってくれて、ありがとう。思いをつなぐ物語ーー

 

2016年6月11日に公開された

映画「夏美のホタル」

今回はこの映画「夏美のホタル」を無料で視聴する方法です。

※本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

 

映画「夏美のホタル」をU-NEXTで無料で視聴する

映画「夏美のホタル」は現在U-NEXTでレンタル料無しの見放題となっています。

この見放題はU-NEXTの31日間無料のお試しキャンペーンに対応しているため

映画「夏美のホタル」のフル動画を無料で視聴するなら、U-NEXTの無料キャンペーンがオススメです!

U-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

映画「夏美のホタル」を
U-NEXTで視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ

 

というわけで

映画「夏美のホタル」フル動画は
「U-NEXT」で見ることが可能です。
U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画「夏美のホタル」を
U-NEXTで視聴する

 

TSUTAYA TVで無料期間にもらえる1,100円分のポイントを使って無料で映画「夏美のホタル」を視聴する

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASでは映画「夏美のホタル」は有料レンタルといった形をとっていますが、

新規登録すると30日間の無料お試し期間がついてきて、無料期間中に付与されるポイント「1,100ポイント」を使えばレンタル料を0円にして見ることができます!

TSUTAYA TVでは、映画「夏美のホタル」に必要なポイントは500ポイントなのでポイント利用でもう一本お好きな映画を楽しめます。

おすすめは「定額レンタル8+動画見放題プラン」、TSUTAYAのDVDを8枚まで借りながら、動画配信サービスも楽しめるお得なプランです。

また、30日間の無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASの
無料お試し期間で視聴する

クリックするとTSUTAYA公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

FODで無料期間にもらえるポイントを使って無料で映画「夏美のホタル」を視聴する

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】では映画「夏美のホタル」は有料レンタル配信と言った形をとっています。

FODでは新規登録すると、30日間の無料お試し期間がついてきて、

ポイントが毎月8のつく日(8日・18日・24日)にそれぞれ400ポイントを無料で手に入れることができます。

なので、そのポイントを使えば無料で映画「夏美のホタル」を視聴することが可能です。

※30日間の無料トライアル中で解約すれば料金はかかりません。

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

クリックするとFODプレミアム公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

映画「夏美のホタル」を実際視聴した人の感想

夏美は地蔵さんに夏美の父親との会話をカミングアウトされ、父親は夏美のことを強く想っていたことを知る。そこで夏美は今まで自分のせいで父親は夢をあきらめたと考えていたことを改める。その後すぐ何気なく寄った父との思い出の川辺でホタルを見つける。

この作品でホタルは夏美にとって子供のころは見つけられなかった(わからなかった)父親の本当の気持ちの暗喩だったのだと思うと、この作品の上手さに気づかされました。ホタルは光り輝くものとして夏美の心の迷いを晴らしてくれた存在だったのでしょうか。また寿命の短いホタルは命の象徴であり、地蔵さんの死や夏美の子供の生を繋いでいたのかなとも思いましす。

SR(オートバイ)乗りの物語という事だけで観に行きました。(かっては自分もSR乗りだったもので・・・アナログで鉄臭さが良い!)
劇中、SRのシーンが多々登場して満足するとともに懐かしく楽しめました。
SRってオートバイは止まってるだけでも周りの風景と溶け込みとても画になる物体なのだなぁ〜と改めて実感しました。
また、写真機もデジタルでなくフィルム式のカメラを使用するなど現代の合理化主義に逆行している姿勢も観ていて気持ち良かったです。
ストーリーの流れはフラットでのんびりとしているが登場人物の台詞には深い情景が感じられました。
原作の文庫読みたいと思います!

 夢に疲れ、岐路に立たされた主人公が、ふと訪れた父との思い出の地で、思いがけず父の本当の愛情を知り、一回りも二回りも成長していく姿が、静かで穏やかに、それでいてしっかりと描かれていくのが印象に残ります。夏美が出逢う恵三や雲月、そしてヤスエと、それぞれが皆自分の家族への複雑な事情を抱えながら、それでもなお家族の幸せを想って生きている姿に、改めて〝親の愛”の強さを感じさせられるようです。「3つの恵み」の話なんかは、思わずグッときます。
それに加えて、職人気質の雲月の叱咤激励や、夏美のために夢を諦めようとしている慎吾と、自身の夢に悩む夏美との関わり合いを通して、「夢を叶えるまで持ち続けることの難しさ」や、「大切な人を守るために何かを犠牲にすることの厳しさ」といったものも、観ている者の胸に問いかけてきます。そんな中でも、恵三が語る
「幸せじゃないか。家族のために働けるなんて。」
という言葉に、全てが集約されているような気がします。
そしてこの作品では、主人公達の間で紡がれる人間模様を、わざと遠くから長尺で観るような視点が、随所に見られます。それはさながら、まるでホタルが飛び交う様子を、静かに遠くから見守っているような感覚を与えてくれます。
展開はかなり静かで淡々としているので、人によっては眠くなるかも知れませんが(笑)、大自然の中での心温まる人間ドラマを、是非ご覧になってみて下さい。

有村架純という旬の女優を主役に据えながらも、眩いばかりの青春映画にしなかった点に好感が持てる。写真家になるという夢を抱きつつも、結果が出せない夏美のもどかしさや、夢を追い続けることの難しさをひと夏の人との出会いを通じて描いていく。極めて地味な作品ではあるが、人情味溢れるやり取りに、旅先でこんな出会いがあればと羨ましく思えてしまう。

しかし、その人情味だけでは作品全体を牽引することは難しい。そもそも夏美が抱える問題があまりにも多すぎる。自分の夢、亡き父への想い、彼との関係、出会った人への恩情など、若さ故の苦悩も相まって、彼女を人生の岐路に立たせるのであるが、物語はそれら一つ一つの問いに答を見つけ出す訳でもなければ、一つの答へ収束させる訳でもない。この物語構成は、夏美が辿り着く答の焦点を暈すだけの効果しか生み出さず、そこから大きな感動を得ることはできなかった。

物語の後半、ここで映画が終わればいいのにと思うシーンが何箇所もあったのだが、蛇足のようにそこからも物語は続いた。“名は体を表す”という言葉があるが、映画のタイトルは作品の内容そのものを示してなくてはならない。「夏美のホタル」というタイトルに相応しいラストシーンは他にもあったはずである。そのポイントが押さえられていれば、この地味目な作風の中で小さな希望がホタルのように微かな光を放ち、静かな感動を生み出したに違いない。

 

映画「夏美のホタル」のあらすじ

夏美のホタル』は2010年に角川書店から出版された森沢明夫の小説です。

2016年、廣木隆一監督により映画化されました。

 

以下あらすじです。

あらすじを見ずに映画「夏美のホタル」を楽しみたい方はコチラから

映画「夏美のホタル」を
U-NEXTで視聴する

 

写真家になる将来の夢と、恋人の慎吾との関係に悩んでいた夏美は父の形見のバイクで思い出の森へ向かう。そこで小さな商店を営んでいる、通称 地蔵さんとヤスばあさん親子に出会い、居候することに。地蔵さんの友人、雲月の不遜な態度を腹立たしく思いながらも、あとを追ってやってきた慎吾も加わり、“たけ屋”での穏やかな生活を楽しんでいた。しかし、ある日、地蔵さんが別れた家族との間に埋められない溝を抱え、長い間苦しんでいることを知る。

 

映画「夏美のホタル」のキャスト・スタッフ

  • 映画「夏美のホタル」のキャスト

河合夏美 – 有村架純
相羽慎吾 – 工藤阿須加
河合忠男 – 淵上泰史
公英 – 村上虹郎
美也子 – 中村優子
榊山雲月 – 小林薫
福井恵三 – 光石研
福井ヤスエ – 吉行和子

 

  • 映画「夏美のホタル」のスタッフ

監督:廣木隆一
原作:森沢明夫
製作:松本光司、井上義久、堀内大示
脚本:片岡翔、港岳彦
音楽:石橋英子
主題歌:「星の中の君」Uru
撮影:花村也寸志
編集:菊池純一
プロデューサー:田中清孝、柴原祐一
共同プロデューサー:宇田川寧
美術:丸尾知行
装飾:佐々木博崇
音楽プロデューサー:杉田寿宏
録音:深田晃
音響効果:佐藤祥子
照明:北岡孝文
衣装:高橋さやか
ヘアメイク:永江三千子
キャスティング:安生泰子
ラインプロデューサー:湊谷恭史
制作担当:村山亜希子
助監督:中里洋一
スクリプター:押田智子
視覚効果:松本肇

 

最後に:映画「夏美のホタル」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「夏美のホタル」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」で視聴するのがオススメです!

U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画「夏美のホタル」を
U-NEXTで視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ