動画

映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」のフル動画配信を無料で視聴する方法は?あらすじや感想も【上野樹里、玉木宏主演】

 

ー あの仲間たちとも、これが最後。 ー

 

本当は何度も思ったことがある。あいつは日本で好きにピアノを弾いていたほうが幸せだったんじゃないか、って。

 

2010年4月17日に公開された

映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」

今回はこの映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」を無料で視聴する方法です。

 

映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」をU-NEXTで無料で視聴する

映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」は現在U-NEXTでレンタル料無しの見放題となっています。

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

この見放題はU-NEXTの31日間無料のお試しキャンペーンに対応しているため

映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」のフル動画を無料で視聴するなら、U-NEXTの無料キャンペーンがオススメです!

U-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」を
無料お試し期間で視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ

 

というわけで

映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」フル動画は
「U-NEXT」で見ることが可能です。
U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」を
無料お試し期間で視聴する

 

FODで映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」を視聴する

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】では映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」はレンタル料無しの見放題作品となっています!

FODでは新規登録すると、30日間の無料お試し期間がついてきて、

また、ポイントが毎月8のつく日(8日・18日・24日)にそれぞれ400ポイントを無料で手に入れることができます。

そのポイントで別の作品を見ることも可能です!

※30日間の無料トライアル中で解約すれば料金はかかりません。

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

クリックするとFODプレミアム公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

TSUTAYA TVで無料期間にもらえる1,080円分のポイントを使って映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」を視聴する

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASでは映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」は有料レンタルといった形をとっていますが、

新規登録すると30日間の無料お試し期間がついてきて、無料期間中に付与されるポイント「1,080ポイント」を使えばレンタル料を0円にして見ることができます!

TSUTAYA TVでは、映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」に必要なポイントは400ポイントなのでポイント利用でもう一本お好きな映画を楽しめます。

おすすめは「定額レンタル8+動画見放題プラン」、TSUTAYAのDVDを8枚まで借りながら、動画配信サービスも楽しめるお得なプランです。

また、30日間の無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASの
無料お試し期間で視聴する

クリックするとTSUTAYA公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」の感想

前編とは打って変わって、しっとりと何処か物悲しげなベートーヴェン:交響曲第7番ピアノ独奏で始まります。
のだめも笑顔。千秋も笑顔。でも何かがこれから起ころうとしている。
まるで観ている側が焦燥感に駆り立てられるような、今までの「のだめ」には見られなかったプロローグの幕開けです。

上野樹里演じる「のだめ」が可愛らしいことは充分分かり切っていましたが、この後編はとにかくこの上なくのだめが可愛い。
のだめってこんなに可愛かったっけ?と思うほど、限りなく「女の子」ののだめを感じました。

運命の曲をのだめ以外のピアニストと共演することになってしまった千秋。悔しくてやるせない、のだめの想い。
そんなのだめの気持ちを充分に汲み取りながら、散々悩んだ上出し惜しみせず、今できる精一杯の演奏をした千秋。
ここから徐々に、二人の心がすれ違っていきます。
この一連の二人の表情、次第に移り変わって行く心情描写が素晴らしい。とてもとても引き込まれる。

二人旅の終わりから、千秋&Rui共演→のだめプロポーズ→のだめコンチェルトデビューまでの流れが、
かなり駆け足気味だったことが非常に残念でならないが(個人的には、この点が本当に残念でした。あと30分尺が長ければ…)、
千秋の思いとはうらはらに、どんどん駆け上がって行くのだめの姿がとても凛々しく、頼もしい。
そんな意味でも、ショパン:ピアノ協奏曲には心を鷲掴みされました。
特に第3楽章が素晴らしい!飛んで跳ねて自由奔放な、色彩感溢れる音の粒。
緊迫感を出すために、敢えてリハなしでぶっつけ本番に挑んだ、上野樹里渾身の演技。
あまりの凛々しさに鳥肌が立ちました。見事です!

そして千秋とのだめの愛情溢れる二台ピアノから、フィナーレへと繋がって行く訳です。
連ドラ第1話での躍動感溢れるアップテンポな二台ピアノとはまた違った、成長した二人の成熟した二台ピアノ。
一音一音が優しく丁寧に紡がれ、とても温かい。そして何より、千秋ののだめを見る愛しげな眼差しが…最高です!!
「もう離さない」とばかりに、のだめをきつく抱きしめる千秋の幸せそうな顔。
観ているこちらも、幸せいっぱいな気持ちに包まれました。後編で最も好きなシーンです。

原作が賛否両論な終わり方をしたので、正直一体どういう結末にしたんだろうかと、非常に心配をしていました。
でも流石のだめチーム。期待を裏切ることはありませんでした。
赤いドレスを身に纏ったのだめと、のだめをエスコートしながらステージに出て来た千秋に涙が溢れました。
原作では見ることが叶わなかった、何よりも見たかったシーンでした。
二人はこれからも、音楽家としても私生活のパートナーとしても、
互いに刺激しあって高みに上って行くことが容易に想像出来る、幸せなエンディング。
まさに音楽が鳴り響いていく、幸福なエピローグでした。
最後のアレは…びっくりしましたが、ファンサービスだと思って楽しませて頂きました(笑)

足かけ4年…とうとう「のだめ」が終わってしまい、寂しい気持ちでいっぱいです。
長い人生の中で、心から感動し、共感して笑って泣いて、胸が高鳴るような作品に出合えることは、そう多くはないことだと思う。
そしてそんな作品に出合えることは、とても幸せなことだと思う。

自分にとって「のだめカンタービレ」は、そんな作品でした。
原作を大事にし、且つファンを大事にして、体当たりで良い作品を作り上げてくれた実写のだめチームに、
心からありがとうと伝えたいです。
この作品に出合えて、本当に良かった。実写のだめチームに万歳!!

私が映画館に三回足を運んだのは、唯一この映画だけ。
その後、DVD発売を心待ちにし購入して以来、何度観たことか。
のだめと千秋、そして、個性豊かな面々、全編を彩るクラシック音楽の魅力には、今なお抗いきれません。
原作の漫画に沿ったコメディ要素の多い今までの作品とはちょっと異なり、この作品は、かなりシリアスな展開です。
出会った時から、のだめは千秋だけを見つめ、千秋に追いつこうと必死に頑張るのに、彼はいつも、のだめの先を走っていて追いつけない。そんなのだめの焦りや切なさ、絶望が伝わってきて、いつも胸が締め付けられてしまいます。
でも、失意のどん底にあった、のだめの前に現れたシュトレーゼマンに導かれ、彼の指揮で、ショパンの「ピアノ協奏曲第1番ホ短調作品11」を弾く場面で溜飲を下げます。オレ様千秋に「出会ってから、いいこと尽くし。日本で腐っていた俺をここまで引き上げてくれたのは、のだめだと思っていたけれども、本当は彼女をこの舞台に連れてくるために、神様が俺を日本に押しとどめていたのじゃないのか」という言葉を言わせるまでに成長したのだめの演奏には、いつも感動し、知らないうちに涙が溢れます。
この場面の他にも、千秋が失踪したのだめを心配する場面。(流れていた曲名が思い出せない……)
ベートヴェン「ピアノソナタ第8番ハ短調作品13 悲愴」が流れる中、パリの街を千秋が疾走し、幼稚園で、この曲を弾くのだめを見て思わず涙ぐむシーン。
シュトレーゼマンとの共演で燃え尽き、一番大事な千秋先輩とのコンチェルトの失敗を恐れ逃げ出したのだめに、「音楽を純粋に愛する」ことを思い出させるため、二人が初めて一緒に弾いた曲モーツァルトの「2台のピアノのためのソナタ ニ長調K.448/375a」を千秋が強要し、のだめに弾かせる場面では、やはり涙が頬を伝います。
のだめと千秋。大好きです!!
演じた上野樹里、玉木宏の息もぴったり。
のだめと千秋、音楽は、永遠に不滅です!!!

感想・・・まさしく“ブラボー”です!!
感動して、泣いた。まさか、『のだめ~』で涙するとは思わなかった・・・
ドラマの頃からして、最終楽章の“千秋”の“のだめ”に対する感情の変化・・・
千秋とルイの共演を見て落ち込んだのだめが、シュトレーゼマンと共演しのち消えてしまったあたりからの千秋の心情・・・
凄く伝わってくる・・・!【のだめのピアノが好き】な千秋にとって、のだめの「もう、弾けない・・・」はもの凄~くショックだよねぇ・・・
黒木くんからのメールで、消えたのだめを発見して迎えに行くあたりからの千秋・・・最高です!!

今までの“俺様キャラ”ではあり得ないほど純粋な、のだめをもう一度取り戻したい・・・という心情が湧き出ていて・・・
「初めて二人で弾いたモーツアルトのソナタ」のところ・・・のだめに時折視線を移すシーン「本当にのだめの事が愛おしいんだなぁ~」
って思うほど、うっとりしてしまう。観ていてたまりませんわ!!
なんかこの二台ピアノのシーン、恋人じゃなくて“夫婦”で弾いているようにも見えてくるんですけど、私だけ…?

何にせよ、今頃どっぷりはまってしまっています。

「のだめカンタービレ」の魅力はいろいろありますが、やはり全編を通じて流れるクラッシックの名曲が、ストーリーや登場人物の心情にぴったりあっていることですね。後編は特にのだめの揺れ動く心情が音楽とともにせまってきます。

後編はそれまでの「のだめ」のイメージとは違い結構ヘビーな部分が多いだけに音楽で救われているという気がします。
しかも、ここで、描かれる二人の葛藤なくしては、物語の大団円を迎えることはできないのですから、使われる音楽もかなり慎重に選んでいると考えられます。

特に印象的だったのはミルヒーに誘われて未知の世界にいざなわれようとするときにかかる曲はこわいぐらい場面にあっています。

映画としても、音楽としても、楽しめる「のだめ」はやはり最高です。

それから、最後の方でミルヒーや千秋の語りでは人生の意味についても教えてくれていますね。「そのときできる最高のものを目指すのが音楽家。それを超えるためにまた努力する。」「どんなに孤独で苦しい闘いが待っていても、それを超える喜びがあるからまた次を目指すことができる」・・・50年生きていますが、人生はまさしくそうだと言い切れますね。
のだめと千秋は音楽家として、人生の良きパートナーとしてこれからも励ましあいながら成長していくのでしょうね。そんな予感を感じさせるエンディングの演出が素敵です。
コメディ要素の強い作品ですが内容は本当に「深いな」と思います。

 

映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」のあらすじ

のだめカンタービレ』は、クラシック音楽をテーマとした日本の漫画『のだめカンタービレ』を原作とする日本のテレビドラマです。

2006年10月から12月まで、連続ドラマとしてフジテレビ系で放送され、その特別編として2008年1月に『のだめカンタービレ 新春スペシャル in ヨーロッパ』が放送され、

テレビドラマの続編として2009年から翌2010年に映画『のだめカンタービレ 最終楽章』二部作が制作され、公開されました。

 

以下あらすじです。

あらすじを見ずに映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」を楽しみたい方はコチラから

映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」を
無料お試し期間で視聴する

 

離れ離れに暮らすことになった、のだめと千秋。どんどん先に行ってしまう千秋に焦りを感じてしまう。コンクールに出場する清良を応援するため、峰や真澄ら昔の仲間たちと会場へと向かったのだめ。ピアノ部門で聴いた『ラヴェルピアノ協奏曲』に心奪われいつか千秋と共演するときに演奏したいと強く願う。しかしその曲は奇しくも千秋とRuiが共演する演目に決まっていた。しかも・・・

 

映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」のキャスト・スタッフ

  • 映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」のキャスト

※外国人キャストのセリフは、声優などが声を当てる形となっています。

前後編共通

野田 恵:上野樹里
千秋 真一:玉木宏
峰 龍太郎:瑛太
三木 清良:水川あさみ
奥山 真澄:小出恵介
フランク・ラントワーヌ:ウエンツ瑛士
タチヤーナ・ヴィシニョーワ:ベッキー
孫 Rui:山田優
松田 幸久:谷原章介
テオ:なだぎ武 (ザ・プラン9)
黒木 泰則:福士誠治
エリーゼ:吉瀬美智子
峰 龍見:伊武雅刀
フランツ・フォン・シュトレーゼマン:竹中直人
ジャン・ドナデュウ:ジリ・ヴァンソン
シャルル・オクレール :マヌエル・ドンセル
マジノ:猫背椿

後編のみ

野田辰男 ‐ 岩松了
野田洋子 ‐ 宮崎美子
片平なぎさ ‐ 片平なぎさ(カメオ出演)
ヤドヴィガ(ヤドヴィ) – エグランティーヌ・ランボヴィル(声:蒼井優)

楽団員

コンセール・パドルー
ブルノ国立フィルハーモニー管弦楽団
プラハ交響楽団
プラハ・ラジオ交響楽団ボヴィル(声:蒼井優)

 

  • 映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」のスタッフ

原作 – 二ノ宮知子
脚本 – 衛藤凛
総監督 – 武内英樹
監督 – 川村泰祐
製作 – 亀山千広
エグゼクティブプロデューサー – 石原隆、和田行、吉羽治、畠中達郎、島谷能成
プロデュース – 若松央樹
プロデューサー – 前田久閑、和田倉和利
ラインプロデューサー – 森徹
撮影 – 山本英夫
照明 – 小野晃
録音 – 柿澤潔、北村峰晴
美術デザイン – あべ木陽次
編集 – 松尾浩
記録 – 渡辺美恵
VFXプロデューサー – 大屋哲男
ミュージックエディター- 小西善行
美術プロデュース – 柴田慎一郎
美術進行 – 森田誠之
スタイリスト – 西ゆり子
助監督 – 日垣一博、関野宗紀
製作担当 – 嘉藤博、梶川信幸
製作 – フジテレビジョン、講談社、アミューズ、東宝、FNS27社
製作プロダクション – シネバザール
協賛:ミスタードーナツ
配給 – 東宝

 

最後に:映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」で視聴するのがオススメです!

U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」を
無料お試し期間で視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ