動画

映画「ピーチガール」のフル動画配信を無料で視聴する方法は?あらすじや感想も【山本美月、伊野尾慧主演】

 

ー この恋、どうなっちゃうの!? 

 

5分に1度、恋の事件が巻き起こる!

 

2017年5月20日に公開された

映画「ピーチガール」

今回はこの映画「ピーチガール」を無料で視聴する方法です。

※本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

 

映画「ピーチガール」をU-NEXTで無料で視聴する

映画「ピーチガール」は現在U-NEXTでレンタル料無しの見放題となっています。

この見放題はU-NEXTの31日間無料のお試しキャンペーンに対応しているため

映画「ピーチガール」のフル動画を無料で視聴するなら、U-NEXTの無料キャンペーンがオススメです!

U-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

映画「ピーチガール」を
U-NEXTで視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ

 

というわけで

映画「ピーチガール」フル動画は
「U-NEXT」で見ることが可能です。
U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画「ピーチガール」を
U-NEXTで視聴する

 

TSUTAYA TVで無料期間にもらえる1,100円分のポイントを使って無料で映画「ピーチガール」を視聴する

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASでは映画「ピーチガール」は有料レンタルといった形をとっていますが、

新規登録すると30日間の無料お試し期間がついてきて、無料期間中に付与されるポイント「1,100ポイント」を使えばレンタル料を0円にして見ることができます!

TSUTAYA TVでは、映画「ピーチガール」に必要なポイントは500ポイントなのでポイント利用でもう一本お好きな映画を楽しめます。

おすすめは「定額レンタル8+動画見放題プラン」、TSUTAYAのDVDを8枚まで借りながら、動画配信サービスも楽しめるお得なプランです。

また、30日間の無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASの
無料お試し期間で視聴する

クリックするとTSUTAYA公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

FODで無料期間にもらえるポイントを使って無料で映画「ピーチガール」を視聴する

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】では映画「ピーチガール」は有料レンタル配信と言った形をとっています。

FODでは新規登録すると、30日間の無料お試し期間がついてきて、

ポイントが毎月8のつく日(8日・18日・24日)にそれぞれ400ポイントを無料で手に入れることができます。

なので、そのポイントを使えば無料で映画「ピーチガール」を視聴することが可能です。

※30日間の無料トライアル中で解約すれば料金はかかりません。

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

クリックするとFODプレミアム公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

映画「ピーチガール」を実際視聴した人の感想

漫画のピーチガールが好きだったので、キャストを知った時正直、え…?全然違うじゃん。と思いました。
すみません、嘗めてました。
伊野尾くんの岡安はすごくよかったです。
漫画の中では背が高くていかにもモデルタイプな岡安。伊野尾くんとは少し違うんでは?と
かなり期待は低かったものの、かなりよかったです。私的には違和感も無かったです。
星5コ!と、いきたいところですが…
私的には、モモちゃんととーじが少し
ん?という感じだったので4.5です。
モモちゃんはもっとコテコテのギャルな気がします。(今あまり居ないから仕方ないけど)
とーじは4回観たら慣れました(笑)
最後、漫画だともっとハラハラする場面もあったり 映画はぎゅーっと詰め込みすぎだなって思いました。
ジゴローはもっとイケメンで小悪魔的な男の人がよかったです(笑)
キャスト、惜しかったなぁ。と思ってますが
とてもよかったです!!
よくわからなかったとか、いろいろ言ってる方は原作の漫画はお読みになってないんじゃないですかね?
たぶん、この映画は漫画を読んだ人は入り込みやすいし、わかりやすいと思いました。
是非漫画読んでから見る事をオススメします!!

話題の映像作品だったのと、映画館にいけなかったので購入しました。
Hay!Say!JUNP伊野尾慧くん初映画・初主演もあり、即買いでした。
伊野尾くんの演技もなかなかだし、山本美月ちゃんのかわいさもあり、最近になく涙腺が
緩んでしまった作品です。
夏祭りでのシーンやトージ(新田真剣佑)の自宅前でのシーン、カイリ(伊野尾くん)のアルバイト先で受賞作品を見るシーン、最後の海辺での二人のシーンなどなどで涙腺緩みっぱなしになりました。

意外に号泣させられた。様々なキャラクターに感情移入させてくれるので、ジェットコースターみたいに感情揺れる揺れる。

伊野尾ちゃんにおめでとうって言いたいハマリ役。
伊野尾ちゃんのいつもの子どもっぽい素直な感情表現が、キャラクターにマッチして違和感がなく演技も自然。

原作コミックなので多少強引な場面もありますが、爽やかな俳優陣、キャッチーな音楽、ふいに飛び出す本音。ジェットコースターみたいで楽しくて切なくて、甘くて、お洒落、恋したくなった。

「幸せにしたい人」を自分は見つけてないな。と余韻も残った。

初めて邦画を2回観に行った。

主人公が親に初めて認められて、背中から崩れ落ちながら、嗚咽するシーンに、母性本能くすぐられました。監督の他作品も観たくなりました。

ピーチガール、幸せな気分になれるとても素晴らしい映画でした!
正直ストーリーにはあまり期待せず行きましたし、実際特に序盤は脚本や演出の粗が目立つところもありました。しかし中盤以降の展開とキャストさん、そしてキャラクター自体の魅力はそれを補って余りあるものだったと思います。まさかこういう映画で泣くはめになるとは…
見ているときは小難しいことは考えずとも笑って泣けてキュンとできるキラキラのエンタメなんですが、ちょっと考えてみるとなかなか深い映画だと思わせるものがあります。

大変素敵だと思ったのは主人公の二人がよい意味で現代的な男女像だったことです。ももが辛いときはカイリが駆けつけ、カイリが涙するときはももが寄り添う、お互いに想い合い支え合える対等な関係なのです。
中盤に、岡安ももだ安達カイリだとお互いの名字を交換してキャッキャする台詞がさりげなくはさまれていたことに、新鮮な感動を覚えました。結婚したら男性女性どちらの苗字を名乗ってもよい、そんな「当たり前」を当たり前に描いている作品はなかなかありません。素晴らしいです。映画全体にそういった価値観がしっかり根底にあったと思います。
(二人のデートシーンはとってもかわいらしかったので、ダイジェストなのがもったいないくらいでした)

そして、
「ギャルっぽいけど超ピュア」
「チャラそうだけど真面目」
この煽り文句からもう一歩踏み込んだギャップこそが、彼らの真の魅力だと感じました。
つまり、ももは純粋で可愛いけれどとても勇敢で主体性のある女の子(自分を幸せにしてくれる人ではなく自分が幸せにしたいと思う人を選ぶ)だし、カイリは芯の通った男気のある性格だけどどこまでも優しく人を気遣える男の子。
可愛らしく凛とした山本さんとスイートなイケメン伊野尾さん、二人のルックスと演技の相性も相まって、そういったキャラクター像に説得力がありました。
90年代の人気少女漫画であった原作を現代の恋愛映画にふさわしくブラッシュアップすることに成功した作品だったと思います。よいものを見せていただきありがとうございました。

 

映画「ピーチガール」のあらすじ

ピーチガール』は、上田美和による漫画作品、およびそれを原作とするテレビドラマ、テレビアニメ、実写映画です。

 

以下あらすじです。

あらすじを見ずに映画「ピーチガール」を楽しみたい方はコチラから

映画「ピーチガール」を
U-NEXTで視聴する

 

色黒な肌に赤い髪という派手な見た目のせいで、いつも周囲から「遊んでそう」と誤解されてしまうが、中身は超ピュアな女子高生・もも。真面目で硬派なさわやか男子・とーじにずっと片思いしていたが、入学早々、学校一のモテ王子・カイリに、とある勘違いから一方的にキスをされ学校中の噂に!さらに、ももの幸せを邪魔しようと、最強の小悪魔・沙絵が次々と罠を仕掛け、絶体絶命の大ピンチ!カイリととーじ。全くタイプの違う二人の間で心が激しく揺れ動くもも。果たして最後に選ぶのは――?

 

映画「ピーチガール」のキャスト・スタッフ

  • 映画「ピーチガール」のキャスト

安達もも – 山本美月
岡安浬 – 伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)
東寺ヶ森一矢(とーじ) – 真剣佑
柏木沙絵 – 永野芽郁
安芸操 – 本仮屋ユイカ
岡安涼 – 水上剣星
岡安崇史 – 升毅
安達桜子 – 菊池桃子
菊田大輔、内間一彰、中林大樹、笠松将、谷まりあ、本村健太郎、佐伯新、平子悟、土師野隆之介 ほか

 

  • 映画「ピーチガール」のスタッフ

原作 – 上田美和『ピーチガール』(講談社「別冊フレンド」刊)
監督 – 神徳幸治
脚本 – 山岡潤平
音楽 – 蔦谷好位置[8](agehasprings)
主題歌 – カーリー・レイ・ジェプセン「コール・ミー・メイビー」(ユニバーサルインターナショナル)[9]
製作総指揮 – 大角正
製作 – 高橋敏弘、吉羽治、木下直哉、藤島ジュリーK.
エグゼクティブプロデューサー – 武田功
企画プロデューサー – 吉田繁暁、森川真行
プロデューサー – 新垣弘隆、石塚清和
制作プロデューサー – 清家優輝
撮影 – 小松高志
照明 – 蒔苗友一郎
美術 – 磯田典宏
装飾 – 中山まこと
録音 – 石貝洋
編集 – 下田悠
B-CAM – 大嶋良教
DIT – 新部信行
ヘアメイク – 小出みさ
スタイリスト – 新崎みのり
記録 – 森由布子
助監督 – 塩崎遵、岸塚祐季、野村愛、箕浦真弥
制作担当 – 櫻井紘史
スイーツコーディネート – 井端久泰
アクション – 小原剛
音響効果 – 岡瀬晶彦、勝亦さくら
ミュージックエディター – 石井和之
技術協力 – IMAGICA Lab.、松竹映像センター
協力プロデューサー – 櫻井紘史
音楽プロデューサー – 高石真美
宣伝プロデューサー – 筧万弥子
ラインプロデューサー – 小泉朋
制作プロダクション – ファインエンターテイメント
制作協力 – 松竹撮影所 東京スタジオ
製作幹事・配給 – 松竹
製作 – 「ピーチガール」製作委員会(松竹、講談社、木下グループホールディングス、ジェイ・ストーム、ファインエンターテイメント)

 

最後に:映画「ピーチガール」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「ピーチガール」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」で視聴するのがオススメです!

U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画「ピーチガール」を
U-NEXTで視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ