動画

映画「ラヂオの時間」のフル動画配信を無料で視聴する方法は?あらすじや感想も【三谷幸喜監督作品】

 

ー 本のとおりにやってください!!! ー

 

どんなくだらない仕事でも、それが俺の仕事なんだ!

 

1997年11月8日に公開された

映画「ラヂオの時間」

今回はこの映画「ラヂオの時間」を無料で視聴する方法です。

 

映画「ラヂオの時間」をU-NEXTで無料で視聴する

映画「ラヂオの時間」は現在U-NEXTでレンタル料無しの見放題となっています。

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

この見放題はU-NEXTの31日間無料のお試しキャンペーンに対応しているため、

映画「ラヂオの時間」のフル動画を無料で視聴するなら、U-NEXTの無料キャンペーンがオススメです!

U-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

映画「ラヂオの時間」を
無料お試し期間で視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ

 

というわけ

映画「ラヂオの時間」フル動画は
「U-NEXT」で見ることが可能です。

U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画「ラヂオの時間」を
無料お試し期間で視聴する

 

FODで無料期間にもらえるポイントを使って実質無料で映画「ラヂオの時間」を視聴する

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】では映画「ラヂオの時間」は有料レンタルと言った形をとっています。

FODでは新規登録すると、30日間の無料お試し期間がついてきて、

ポイントが毎月8のつく日(8日・18日・24日)にそれぞれ400ポイントを無料で手に入れることができます。

なので、そのポイントを使えば無料で映画「ラヂオの時間」を視聴することが可能です。

※30日間の無料トライアル中で解約すれば料金はかかりません。

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

クリックするとFODプレミアム公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

TSUTAYA TVで無料期間にもらえる1,080円分のポイントを使って実質無料で映画「ラヂオの時間」を視聴する

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASでは映画「ラヂオの時間」は有料レンタルといった形をとっていますが、

新規登録すると30日間の無料お試し期間がついてきて、無料期間中に付与されるポイント「1,080ポイント」を使えばレンタル料を0円にして見ることができます!

TSUTAYA TVでは、映画「ラヂオの時間」に必要なポイントは400ポイントなのでポイント利用でもう一本お好きな映画を楽しめます。

おすすめは「定額レンタル8+動画見放題プラン」、TSUTAYAのDVDを8枚まで借りながら、動画配信サービスも楽しめるお得なプランです。

また、30日間の無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASの
無料お試し期間で視聴する

クリックするとTSUTAYA公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

映画「ラヂオの時間」の感想

ラジオの生放送中に台本を書き換える奇想天外なコメディ。
三谷作品の常連とそれ以外の有名俳優が見事に融合。
各々のキャラにしっかりとした役割が有り、細部まで作りこまれている。
有り得ない話なのに演技力と流れの良さで、ついつい引き込まれてしまう。
メインのストーリーを軸に終始、笑いの要素がちりばめられながら、
各々の人間らしさが光るハートフルな作品。

本作は三谷幸喜が初めて手がけたドラマ「振り返れば奴がいる」の脚本が、
勝手に書き直されていたという実体験をもとに生れた作品だそうです。
もともと劇用の作品なので、ほぼスタジオ内で起きるワンシチュエーションの映画になっています。

別に脚本家でなくても、社会で仕事をしていればこの手の内容にぶち当たることは多いと思います。
いい加減な上司や周りの一言で計画が大変更して、四苦八苦する。そんな経験が重なるのだと思います。

最後を大縁談ととらえられるかどうかで、この映画に対しての評価は変わりそうです。

譲っちゃだめな交渉はどう切り出すべきだったのか?などと考えさせられました。
映画一本というよりは1つのプロジェクトを体験した感じです。
本劇を通じて、鈴木みやこはこの世界の仕組みを学び、次も挑戦しようという意欲が沸いているので、
結果ハッピーエンドということだと思います。
三谷のように、経験を積んで素晴らしい作品を作ることでしょう。

最後に、一番面白かったのはバッキーさんに対する扱いです。
彼だけ最後の瞬間まで制裁が加えられます。
脚本を書き換えた実行犯は、三谷が絶対に許せない対象だったのでしょう。

ジャックロンドンやローベルトムジールの小説をラジオドラマでよく聞いたものです。50年くらい前のことですが。
ラジオドラマは、効果音が情景を描写し、音で場面を想像する世界です。
本編は、藤村俊二さんが往年の効果音奏者を演じて、味がありました。車載ラジオに耳を傾けるタンクローリーのドライバーが物語の最後に薬味を添えるのもいいですね。
ラジオドラマを素材に、こんな楽しい切り口でコメディを仕立て上げるなんて、日本の演劇陣って、大したもんです。
笑いは人と社会に余裕がなと出てこないものでしょうから、半世紀前のラジオドラマにコメディがなかったのは致し方ない。
本編で名優たちが味のある余裕の演技を見せることができるのは、作家の力かもしれません。
いやー、楽しい映画でした。

日本人特有の、妙な空気感を喜劇でこれ程うまく映像に出来た作品を知らない。
喜劇ではない「歩いても 歩いても」のほうが空気感は、上手いかもしれないけど私が言うのもなんですが
本当に、とてもよくできてますね。
少なくとも三谷幸喜最高の空気感だと思います。

なんとなく全員悪役と良い役を演じている脚本だね 最高だ。
NHKかよってくらい公平性があった。

つなぎ作業 前提が何度も崩れる 顔芸 しょぼい裏切り 夫婦の関係 職場恋愛 不倫
ねたみ 僻み 渋さ メンツ 組織 スポンサーとの関係 上司部下の関係
余分な一言 無理難題ばっか やっつけ作業 増築作業 ドタバタ劇
細かな気遣い 派手な服に厚い化粧 歯が浮きそうになる台詞
ど演歌 至る所ですってるタバコ なぞの職人芸 やっすいSE
ああ これが日本なのかな
この作品みるのたしか3回目なんだけど、まったくあせない面白さ

SEのおじさんの発言
「あんまり 頼らない方がいいよ 機械に」
この台詞は重い 日本の強さと弱さを表しているように思える。

 

映画「ラヂオの時間」のあらすじ

ラヂオの時間』は、1993年に上演された、劇団東京サンシャインボーイズの演劇です。脚本・演出は三谷幸喜。

1997年には三谷幸喜の初監督作品として映画化されました。

 

以下あらすじです。

あらすじを見ずに映画「ラヂオの時間」を楽しみたい方はコチラから

映画「ラヂオの時間」を
無料お試し期間で視聴する

 

とあるラジオ局「ラジオ弁天」で、普通の主婦である鈴木みやこが脚本を手がけた作品が、初めてラジオドラマで使われることになった。ドラマは生放送で、熱海を舞台にした平凡な主婦と漁師の恋の物語。

リハーサルも成功し、プロデューサー牛島龍彦の言葉にみやこは期待を寄せるが、主演女優である千本のっこのワガママから端を発し、放送直前で次々と脚本に変更が加えられていく。そして舞台はアメリカのシカゴ、人物は女弁護士とパイロットに変更となった。

SEも間に合わず、途中で辻褄が合わなくなってしまうことを知るが、生放送中なのでやり直しが効かない。急場を凌ぐ形で、様々な設定を変更して辻褄を合わせていった結果、メロドラマは大スペクタクル映画のように変貌を遂げてしまい、その辻褄を合わせる度に次々と様々な問題が浮上して来る。

さらにはラストまで変更されることになり、自分の作品を台無しにされた鈴木みやこは、ついに堪忍袋の緒が切れてスタジオに立てこもり、「これ以上ストーリーを変えるようならもう放送はさせない」と言い出す。しかし彼女の必死の説得も虚しく、番組は続行されてしまう。

ディレクターの工藤学は、せめてラストだけは彼女の思い描いた通りにするよう牛島に訴えるも、却下されてしまう。工藤はのっこを除く俳優陣にこっそりと連絡を取り、彼らの協力を得て、なんとかみやこの思い描いていたエンディングを迎えることに成功。無事に放送が終わったことに、みやこも工藤も牛島も俳優陣も、胸をなでおろすのだった。

 

映画「ラヂオの時間」のキャスト・スタッフ

  • 映画「ラヂオの時間」の主要キャスト

工藤学:ディレクター(唐沢寿明)
番組の進行を指揮する。たとえ低俗な内容であろうと番組を無事終わらせることを第一としているが、理不尽な台本の変更には内心疑問を持っている。

鈴木みやこ:原作者(鈴木京香)
ラジオドラマの主人公と同じ平凡な主婦。シナリオコンクールに応募した、自身の環境を投影させた自由奔放に愛に生きる女の物語「運命の女」が採用され生放送の現場に立ち会うが、次々と変更される設定に戸惑いを見せる。

牛島龍彦:プロデューサー(西村雅彦)
生放送責任者。出演者などそれぞれに気を使い気苦労が絶えず妥協を許してしまうが、ラジオドラマにかけるひそかな夢を持っている。

千本のっこ:律子⇒メアリー・ジェーン(戸田恵子)
旬は過ぎているが元スターで、牛島たちからは格別に配慮されている。ドラマでは主演を務めるが、後輩に譲られた仕事であるため内心は不機嫌で次々と我侭を言い出す。その一方で、出演者に椅子や飲み物を勧める細やかな気遣いも見せている。

浜村錠:寅造⇒マイケル・ピーター⇒ドナルド・マクドナルドに変更(細川俊之)
往年の二枚目俳優で、演技に対してプライドを持っている。そのため、いちいち難癖をつける千本のっことその難癖にいちいち応える牛島を疎ましく思っている。

広瀬光俊:ハインリッヒ(井上順)
深夜のパーソナリティを10年務めたベテラン。急遽変更になったドイツ人青年役をアドリブを交えてコミカルに演じる。

野田勉:丸山神父⇒マルチン神父(小野武彦)
演技にこだわりがあるものの、あまり相手にされない。生放送中の辻褄合わせの過程で登場回数が極端に減らされていく。

堀ノ内修司:編成部長(布施明)
八方美人で、都度俳優やスポンサーの意見を取り入れ、最終的に千本のっこのわがままを勝手に許してしまう。風貌のモデルは、当時フジテレビの編成部長だった亀山千広(後に社長)。布施は堀ノ内役として映画版エンディング「no problem」を歌っている。

保坂卓:アナウンサー(並樹史朗)
真面目一筋のアナウンサーで、番組では進行役。いつまでも進行しない収録にいらだっている。

バッキーさん:構成作家。及び裁判官、被告人、副操縦士役(モロ師岡)
どんな無茶な要求にも必ず応えてくれる構成作家。メディアに出たがり。舞台版では、牛島と共にコーヒーが楽しめるそば屋「Cafe de 長寿庵」を作ろうとしている。

大田黒春五郎:効果マン(梶原善)
寡黙ながらも、常に工藤を支える腕利きの音効。

辰巳真:ミキサー(田口浩正)
ギャング映画に一家言ある。

永井スミ子:アシスタントプロデューサー(奥貫薫)
映画版では牛島の愛人。牛島を陰で支えながらも、牛島の暴走を心配している。

古川清十郎:千本のっこのマネージャー(梅野泰靖)
その場、その場で、常に勢いのある方に付く。

鈴木四郎:みやこの夫、ジョージ(近藤芳正)
自動車のセールスマン。妻の脚本が採用されたことに純粋に感動している。舞台版は押しの強い人物、映画版は気弱な人物に描かれている。

伊織万作:守衛(藤村俊二)
ラジオ弁天の守衛にして、伝説の音効。

一之瀬弥生:七代目弁天ガール(遠藤久美子)(局内に貼られているポスターのみ)

局内に流れるアナウンスの声(八木亜希子(声のみ)、野島卓(声のみ))

斎明寺公彦:主調整室スタッフ(市川染五郎)

鴨田巌:中浦たか子の番組スタッフ(佐藤B作)

山崎ルミ子:清掃係(宮本信子)

中浦たか子:DJ(桃井かおり)

大貫雷太:トラックの運転手(渡辺謙)

 

  • 映画「ラヂオの時間」のスタッフ

原作:三谷幸喜と東京サンシャインボーイズ
脚本と監督:三谷幸喜
音楽:服部隆之
製作者:村上光一・高井英幸
企画:久板順一朗・島谷能成
エグゼクティブプロデューサー:松下千秋・増田久雄
プロデューサー:石原隆・佐倉寛二郎
アソシエイトプロデューサー:空閑由美子・重岡由美子
撮影監督:高間賢治
キャメラオペレーター:戸澤潤一
照明:上保正道
録音:瀬川徹夫
美術:小川富美夫
装飾:小池直実
編集:阿部浩英
スクリプター:杉山昌子
助監督:川原圭敬
音響効果:倉橋静男
選曲:浅梨なおこ
製作担当:山口賢二
監修:木村哲生
協力:白石美和子
協力プロデューサー:小牧次郎
テーマ曲:「no problem」歌:堀ノ内修司(布施明)、作詞:三谷幸喜、作曲・編曲:服部隆之
製作協力:ブルミエ・インターナショナル
製作:フジテレビ・東宝

 

最後に:映画「ラヂオの時間」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「ラヂオの時間」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」で視聴するのがオススメです!

U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画「ラヂオの時間」を
無料お試し期間で視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ