動画

映画「君の膵臓をたべたい」のフル動画配信を無料で視聴する方法は?あらすじや感想も(キミスイ)【浜辺美波、北村匠海主演】

 

ー 彼女の言葉が、今でも忘れられない・・・ 

 

僕の春の思い出。彼女の一生の思い出。

 

2017年7月28日に公開された

映画「君の膵臓をたべたい」

今回はこの映画「君の膵臓をたべたい」を無料で視聴する方法です。

※本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

映画「君の膵臓をたべたい」をU-NEXTで無料で視聴する

映画「君の膵臓をたべたい」は現在U-NEXTで無料お試し期間中に無料で付与されるポイントを使えば視聴することができます。

なので

「有料レンタル動画を無料で視聴したい!」というのであれば

無料で付与されるポイントで視聴できるU-NEXTがオススメです!

U-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

映画「君の膵臓をたべたい」を
U-NEXTで視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ

 

というわけで

映画「君の膵臓をたべたい」フル動画は
「U-NEXT」で見ることが可能です。
U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画「君の膵臓をたべたい」を
U-NEXTで視聴する

 

FODで無料期間にもらえるポイントを使って無料で映画「君の膵臓をたべたい」を視聴する

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】では映画「君の膵臓をたべたい」は有料レンタルと言った形をとっています。

FODでは新規登録すると、30日間の無料お試し期間がついてきて、

ポイントが毎月8のつく日(8日・18日・24日)にそれぞれ400ポイントを無料で手に入れることができます。

なので、そのポイントを使えば無料で映画「君の膵臓をたべたい」を視聴することが可能です。

※30日間の無料トライアル中で解約すれば料金はかかりません。

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

クリックするとFODプレミアム公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

TSUTAYA TVで無料期間にもらえる1,080円分のポイントを使って無料で映画「君の膵臓をたべたい」を視聴する

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASでは映画「君の膵臓をたべたい」は有料レンタルといった形をとっていますが、

新規登録すると30日間の無料お試し期間がついてきて、無料期間中に付与されるポイント「1,080ポイント」を使えばレンタル料を0円にして見ることができます!

TSUTAYA TVでは、映画「君の膵臓をたべたい」に必要なポイントは500ポイントなのでポイント利用でもう一本お好きな映画を楽しめます。

おすすめは「定額レンタル8+動画見放題プラン」、TSUTAYAのDVDを8枚まで借りながら、動画配信サービスも楽しめるお得なプランです。

また、30日間の無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASの
無料お試し期間で視聴する

クリックするとTSUTAYA公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

映画「君の膵臓をたべたい」の感想

映画の、それも邦画でこんなに泣いたのは本当に久々です。
脚本もさることながら主演の方たちの演技から声のトーンからミスチルから何もかも泣かせに掛かってますね。
興味本位から見た作品でしたし、つまらなさそうだったら閉じようと思ってましたが最後まで引き込まれましたね。
浜辺美波さんや北村匠海さんの出てる作品は映画館に足を運んででも是非見たいと思うほどファンになりました。
明日が休日でよかった。目が腫れて外出れませんよ。。オススメです。

主人公が不治の病で、最後は死んでしまうという物語は沢山あるけれど、ストーリーがとてもしっかりしていて、台詞もひとつひとつがとても説得力があるので、ただの“お涙頂戴のラブストーリー”ではないですね。

原作は読んだことはありませんけれど、実写版であるコチラの映画は、原作には無い“登場人物の数年後”のシーンが増やされているそうです。
そのことが物語に厚みを増やしているのかとも思います。
逆に、登場人物の数年後の内容が抜けていたら、見え方がかなり変わってしまったと思います。

ただ、ストーリーの中で好きな場面は『出会ったのは偶然でも、運命でもない…』というくだりです。

原作しか知らないひとにも、原作も読んだことが無いひとにも観てほしい映画です。

必死に人生を楽しむ、かっこいい少女の姿でした。

私は桜良から大切なものをたくさん受け取りました。
忘れてしまいがちな時間の大切さ。
同じものでも、人によって価値が違うこと。
自分を大切にすることで、自分を失わず、共存すること。

桜良は、限りある時間を意識して、人生を楽しむ努力を絶対に忘れないマインドを持っています。
一貫して、病気で余命が宣告されていようと、宣告された日数ではなく、毎日、その瞬間を楽しむ意識でした。
彼女にとって、余命は目安でしかない。
このマインドは、誰にでも活かせるものです。

自分の意見を、時間を大切にして、主体的に行動する。
相手を巻き込んでいたとしても。
それが相手にとっては価値になるかもしれないし、ならないかもしれない。
そんなことは考えたってわからない。やってみないとわからない。
知らないとわからない。

わからないから、怖くて行動しないのは簡単ですね。
なにも生まれないから嫌な思いをすることもない。
そして、楽しさを感じるチャンスも簡単に失う。

素晴らしい浪費家です。
心のエネルギーを上下させず、着々と時間を浪費していく。

私はそんな風にはなりたくないから、桜良のように主体的に動きます。
嫌われるリスク、相手に負担をかけるリスクを取る。
楽しめる、好かれる、相手の負担を軽くできるチャンスを掴む。

常に意識していないと、弱い自分が出て、恐れてしまう。
恐れると浪費家になってしまう。
常に主体性を意識しようと、再確認させられた映画でした。

死してなお、影響を与え、生き続ける者。
生きているが、影響がなく、死んでいるも同然の者。
あなたはどちらに憧れて、どちらになる意識をしますか?

ちょっとショッキングなタイトルですが、この作品は「生きるとはなんぞや?」を問うた一種哲学的な部分を持ち合わせ、高校生の若い男女の不思議な関係を描いたロマンス映画に仕上がっています。ヒロインの桜良(浜辺美波)はなぜクラスの中で最も目立たない存在のハルキ(北村匠海)を相手に選んだのか?それを12年後の同じ高校の教師となったハルキ(小栗旬)が図書館の蔵書の整理をしながら、一人の生徒との会話の中で当時の様子を振り返り、解き明かしていきます。

(以下、ネタバレ注意)
偶然病院で二人が出会い、ハルキが重い膵臓の病気に侵され余命一年という桜良の秘密を知ってしまったことから、彼女はこう考えました。ハルキならクラスに友達もいないし、病気の事もだれにも口外せず、大人しい性格なので、ある意味扱いやすい存在なのではないか、これまで自分がやりたかったこと、行きたかった所へハルキとともに出掛け残り短い人生を謳歌しようと。

若い女性なら燃えるような大恋愛をしてみたいと思うのは当然のことで、そこに彼女は疑似恋愛の相手としてのハルキを選んだのであろう。しかし、ハルキの低いテンションに彼女は内心モヤモヤしたものを感じていたに違いない。それをおくびにも出さず笑顔で明るく振る舞う姿は健気で痛々しかった。衝撃的ともいえるあのラスト近くの彼女の最期のシーンは病魔に侵され枯れて行く彼女の姿をみんなに知られたくない、見せたくないという思いがあのような形になったのだと思う。
12年後、先生となったハルキは当時とあまり変わっていないようで「自分は未だ本当に生きることを見つけられていない」とつぶやく。
それにしても、浜辺の天真爛漫な明るい演技には癒やされた、特に入浴シーンで髪をアップにした浜辺はとても美しかった。この作品を観て、一日一日、その瞬間を大切に生きて行こうと思わされました。お勧めの作品です。

 

映画「君の膵臓をたべたい」のあらすじ

君の膵臓をたべたい』は、住野よるによる青春小説です。略称は「キミスイ」。住野よるの作品が初めて出版された本でもあります。

映画では原作にはない12年後の世界が描かれており、高校生時代のエピソードは過去として扱われています。

 

以下あらすじです。

あらすじを見ずに映画「君の膵臓をたべたい」を楽しみたい方はコチラから

映画「君の膵臓をたべたい」を
U-NEXTで視聴する

 

高校時代のクラスメイト・山内桜良の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた。そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを、2人は知る――。

 

映画「君の膵臓をたべたい」のキャスト・スタッフ

  • 映画「君の膵臓をたべたい」のキャスト

山内桜良 – 浜辺美波
「僕」 / 志賀春樹(学生時代) – 北村匠海 (DISH//)
滝本恭子(学生時代) – 大友花恋
ガム君 / 宮田一晴(学生時代) – 矢本悠馬
隆弘 – 桜田通
栗山 – 森下大地
桜良の母 ‐ 長野里美
宮田一晴(12年後) – 上地雄輔
滝本恭子(12年後) – 北川景子
「僕」 / 志賀春樹(12年後) – 小栗旬

 

  • 映画「君の膵臓をたべたい」のスタッフ

原作:住野よる『君の膵臓をたべたい』(双葉社刊)
原作イラスト – loundraw
監督:月川翔
脚本:吉田智子
音楽:松谷卓
主題歌: Mr.Children 「himawari」
追加編曲:伊藤ゴロー
製作:市川南
共同製作:村田嘉邦、戸塚源久、弓矢政法、山本浩、髙橋誠、吉川英作、細野義朗、荒波修、林誠、清水美成
エグゼクティブ・プロデューサー:山内章弘、上田太地
企画・プロデュース:臼井央、春名慶
プロデューサー:神戸明
ラインプロデューサー:阿久根裕行
撮影:柳田裕男
美術:五辻圭
録音:久野貴司
照明:加藤桂史
編集:穂垣順之助
助監督:二宮孝平
製作担当:濱崎林太郎
音楽プロデューサー:北原京子
プロダクション統括:佐藤毅
オリジナル・サウンドトラック:WARNER MUSIC JAPAN
配給:東宝
製作プロダクション:東宝映画
製作:「君の膵臓をたべたい」製作委員会(東宝、博報堂DYミュージック&ピクチャーズ、双葉社、ジェイアール東日本企画、博報堂、KDDI、日本出版販売、トライストーン・エンタテイメント、S・D・P、東急エージェンシー、GYAO、トーハン)

 

最後に:映画「君の膵臓をたべたい」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「君の膵臓をたべたい」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」で視聴するのがオススメです!

U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画「君の膵臓をたべたい」を
U-NEXTで視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ