動画

映画「タイヨウのうた」のフル動画配信を無料で視聴する方法は?あらすじや感想も【YUI、塚本高史主演】

 

ー 彼女は、タイヨウに帰っていった。僕の心に、歌をこのして。 ー

 

限られた時間を、歌と生きた少女の物語。

 

2006年6月17日に公開された

映画「タイヨウのうた」

今回はこの映画「タイヨウのうた」を無料で視聴する方法です。

※本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

 

映画「タイヨウのうた」をU-NEXTで無料で視聴する

映画「タイヨウのうた」は現在U-NEXTでレンタル料無しの見放題となっています。

この見放題はU-NEXTの31日間無料のお試しキャンペーンに対応しているため

映画「タイヨウのうた」のフル動画を無料で視聴するなら、U-NEXTの無料キャンペーンがオススメです!

U-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

映画「タイヨウのうた」を
U-NEXTで視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ

 

というわけで

映画「タイヨウのうた」フル動画は
「U-NEXT」で見ることが可能です。
U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画「タイヨウのうた」を
U-NEXTで視聴する

 

FODで無料期間にもらえるポイントを使って無料で映画「タイヨウのうた」を視聴する

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】では映画「タイヨウのうた」は有料レンタルと言った形をとっています。

FODでは新規登録すると、30日間の無料お試し期間がついてきて、

ポイントが毎月8のつく日(8日・18日・24日)にそれぞれ400ポイントを無料で手に入れることができます。

なので、そのポイントを使えば無料で映画「タイヨウのうた」を視聴することが可能です。

※30日間の無料トライアル中で解約すれば料金はかかりません。

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

クリックするとFODプレミアム公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

映画「タイヨウのうた」を実際視聴した人の感想

ましてや邦画の恋愛映画なんて馬鹿にしてるくらいでした。
たまたま最近プライムに加入し、映画一覧を見ていると目に止まったのがコレでした。
たしか昔話題になったことがあったな…と思い、
ヒマつぶし程度に見てみようと再生を始めたのです。

気がつくと2時間が経ち、私は目から涙をボロボロ流していました。
正直あまりに泣きすぎて自分でもおかしいくらいに(笑)
初めの方、YUIさんの演技が拙い感じがあって、なんだかなぁと思ったのですが、
見ているうちに演技とかそういう域を超えて、雨音薫として見るようになっていました。
そうするとあの拙い感じが本人そのものの様に思えて、
映画ということすら忘れて思いっきりハマり込んでいたんです。

展開的にどんな感じに映画が終わるのか予想が出来るんですが、
予想出来るのにボロボロ泣きました。
そして、この映画の凄い所はあの終わり方でも悲しい気持ちではなく、
どこか明るい、勇気を持って前にすすめるような気持ちにさせてくれることです。
どんな辛く苦しい時でも頑張って前に進んでみよう、そんな気持ちを与えてくれるんです。

XPという病気について殆ど知らなかった。

日にあたると亡くなってしまうから活動できるのは夜だけ。
そんな環境でしか生きる事が出来なければ、自分だったら悲観的に寝て過ごすだろう。
それでも、薫は自分の大切な人への気持ち、自分の想いを曲に残して逝った。
若くして亡くなってしまった方が私の周りにもいる。
人はいつか、みんなあの世に召される。
生きた年月より、自分の人生にどう向き合い、生きていくかを考えされた作品だ。

色々な場面は脳裏に焼き付いているが、一番印象的な言葉は薫が向けた言葉
「死ぬまで生き抜く」の言葉。

生きてきて、色々な試練があった私は、生きづらく感じたり、未来を嘆いたり後ろを向いてばかりだったが
かっこ悪くても、最期まで自分らしく寿命を生き抜きたいと思えた最高の言葉を贈られた気持ちになった。

この作品を多くの方に鑑賞して欲しいしYUIさんの曲を再聴して欲しい。

人生ってなんだろうって思うけど、最期まで生き抜く事が一番大切なように思えた。

昔よく聞いていたYUIの歌がメインな事と、地元の鎌倉が舞台なせいもあるかもしれないが、めちゃくちゃ感動してしまった。恋愛モノの映画はあまり好きじゃないのだが、大人の肉体関係ありきの恋愛よりも、プラトニックな純愛のほうが心にグッとくるのかもしれない。設定ありきでストーリーにひねりはないが、それも高校生の素朴な恋愛映画にはその方がふさわしいのではないか、と好意的に捉えてしまう。

YUIの演技は完全に棒だが、役どころ的にははまっていたし、なによりその分歌唱シーンの良さが際立っていた。ラストの皆がCDを聞きながら薫に思いを馳せるシーンでは久々に涙してしまった。父親役の岸谷五郎の、いかにも気のいいおっさんが娘を思い涙するシーンも胸に来るものがある。

XPという難病の描写が正確ではないという問題点があるらしいが、それはこの映画をきっかけに、鑑賞した人が各々調べる機会を得たと捉えることもできる。病状を正確に描写するあまり、救いのない映画になってしまったらそれこそ誰も見ないのだから。

YUIのプロモーション映画だと頭から決め付けずに純粋な目で見てみれば、この映画の描いているすばらしい世界に入り込むことができると思う。ちなみに鎌倉観光なら沿岸部もいいですが、山中のお寺めぐりもお勧めです。

タイヨウのうた。購入してから、毎週のように見返しては穏やかな、温かな気持ちになれる自分がいます。
全編に流れるサウンドトラックもストーリーに実によく合い、感動的ですし、いわずもがなですが、YUIさんのうたがなければこの映画は成立しないでしょう。
確かに、ちまたでいわれている通り、XPという病気に対する描写に誤った点はあるのかもしれない。けれども、この映画がきっかけとなり、XPという病気に関心や理解が深まって難病指定となった事実は、消えません。文句や批判は誰でもいえる。XPを扱ったホームページを見てみましたが、そこには「ひとりでも多くの人がこの病気に関心をもってくれることが大切」とありました。それだけでもこの映画は素晴らしい。
横浜で心からライヴを楽しむ「sky line]での薫。神経症状が出て絶望の中でも「私、うたうから!」と言って微笑んだ薫。涙をこらえて、それでも力強く歌った「goodbye-days」の薫。僕も持病を抱えていますが、あんなに前向きに、明るく、しっかりと自分を見つめることなんて、きっと出来ません。
彼女が決めた「死ぬまで生きて、生きまくる」…この言葉が、観た後のさわやかな、温かい気持ちにさせてくれます。決して悲しいだけの物語では、ありません。

 

映画「タイヨウのうた」のあらすじ

タイヨウのうた』は2006年6月17日に公開されたYUI、塚本高史主演の映画。1993年の香港映画『つきせぬ想い』を原案に、脚本家・坂東賢治の書き下ろしにより、色素性乾皮症(XP)を患い夜しか活動できないミュージシャンの少女と彼女に出会った少年の純愛と死を描いた物語です。

 

以下あらすじです。

あらすじを見ずに映画「タイヨウのうた」を楽しみたい方はコチラから

映画「タイヨウのうた」を
U-NEXTで視聴する

 

海辺の町に暮らす雨音薫は太陽の光にあたれないXP(色素性乾皮症)という病気を抱えている。そのために日が暮れると活動をはじめ、日の光が出ている間に眠ると言う通常の人々とは逆の生活を送っていた。

それでも彼女は自分を支えてくれる家族、親友の暖かい絆に支えられ、毎日を楽しく生きていた。そして、何よりも「音楽」という大切な宝物を持ち、歌う事に生きがいを感じていた。

そんなある日、彼女がいつもの公園でストリートライブをしていると、いつも彼女が家の窓から見ていた一人の少年が偶然にも通りかかる。少年の名は藤代孝治。孝治との出会いで彼女の運命は大きく変わっていく。

 

映画「タイヨウのうた」のキャスト・スタッフ

  • 映画「タイヨウのうた」のキャスト

雨音薫(あまね かおる) – YUI
藤代孝治(ふじしろ こうじ) – 塚本高史
雨音謙(あまね けん) – 岸谷五朗
雨音由紀(あまね ゆき) – 麻木久仁子
松前美咲(まつまえ みさき) – 通山愛里
大西雄太(おおにし ゆうた) – 小柳友
加藤晴男(かとう はるお) – 田中聡元
孝治の母親 – ふせえり
巡回中の警官 – 小林隆
医師 – 山崎一
ストリート・ミュージシャン – マギー
路上ライブバンド – LACCO TOWER
レコーディングミュージシャン – MACARONI☆(GUITAR)、 natu(GUITAR)、 平野成臣(BASS)、 ryohei(DRUMS)

 

  • 映画「タイヨウのうた」のスタッフ

監督 – 小泉徳宏(ROBOT)
脚本・原作 – 坂東賢治
音楽 – YUI・椎名KAY太(オリジナルサウンドトラック『タイヨウのうた』Sony Music Records Inc.)
配給 – 松竹
制作 – 松竹、スターダストピクチャーズ、ROBOT、ソニーミュージックレコーズ、ジェネオンエンタテインメント、ツイン、日本出版販売、Yahoo! JAPAN
宣伝 – KICCORIT

 

最後に:映画「タイヨウのうた」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「タイヨウのうた」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」で視聴するのがオススメです!

U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画「タイヨウのうた」を
U-NEXTで視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ