動画

映画「少女邂逅」のフル動画配信を無料で視聴する方法は?あらすじや感想も【保紫萌香、モトーラ世理奈主演】

 

ー 君だけでよかった。君だけがよかった。 

 

窮屈で息が詰まるよ。早く逃げよう?

 

2018年6月30日に公開された

映画「少女邂逅」

今回はこの映画「少女邂逅」を無料で視聴する方法です。

※本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

 

映画「少女邂逅」をU-NEXTで無料で視聴する

映画「少女邂逅」は現在U-NEXTでレンタル料無しの見放題となっています。

この見放題はU-NEXTの31日間無料のお試しキャンペーンに対応しているため

映画「少女邂逅」のフル動画を無料で視聴するなら、U-NEXTの無料キャンペーンがオススメです!

U-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

映画「少女邂逅」を
U-NEXTで視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ

 

というわけで

映画「少女邂逅」フル動画は
「U-NEXT」で見ることが可能です。
U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画「少女邂逅」を
U-NEXTで視聴する

 

TSUTAYA TVで無料期間にもらえる1,100円分のポイントを使って無料で映画「少女邂逅」を視聴する

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASでは映画「少女邂逅」は有料レンタルといった形をとっていますが、

新規登録すると30日間の無料お試し期間がついてきて、無料期間中に付与されるポイント「1,100ポイント」を使えばレンタル料を0円にして見ることができます!

TSUTAYA TVでは、映画「少女邂逅」に必要なポイントは400ポイントなのでポイント利用でもう一本お好きな映画を楽しめます。

おすすめは「定額レンタル8+動画見放題プラン」、TSUTAYAのDVDを8枚まで借りながら、動画配信サービスも楽しめるお得なプランです。

また、30日間の無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASの
無料お試し期間で視聴する

クリックするとTSUTAYA公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

映画「少女邂逅」を実際視聴した人の感想

出会うこと自体がお互いへのメッセージだったふたり。まるでミユリ(保紫萌香)の心の叫びを聞いていたかのように姿を現わす紬(モトーラ世理奈)。紬との出会いを通してミユリが大きく変貌していく一方で、紬の叫びはなかなか明らかにはならない。あまりに絶望的な物語でありながら、かつては寄り添いあっていたふたりの姿に涙しました。

少女漫画原作の映画作品は数多くあるが、本当の意味で少女漫画の感性を映像に焼き付けた作品は少ない。これはその数少ない1本だ。岩井俊二作品にも匹敵する純度の高い少女漫画性のある実写映画を初めて観た気がする。

邂逅=蚕(カイコ)、2人の少女の世界は純白のカイコの繭に包まれているかのように狭くて純粋だ。クラスに馴染めず外の世界も知らない2人のこの世界は、青春時代の僅かな瞬間にしか存在できない。20代前半の枝優花監督だからこそ、描くことのできたものであろうし、監督にとっても今じゃなければ描けないと思えるものだったと思う。

彼女の感性は京都アニメーションの山田尚子にも通じるものがあると思う。『リズと青い鳥』と本作は比較できるところがたくさんあるだろう。物語も、撮影も録音も荒削りだが、それすら魅力に転じさせる力を持った作品だった。

女子高校生の生活の鍵って友達だよね、としみじみ感じました。
仲良くなりたい子がいるけど積極的にいけない、信じたいけど裏切られたくない、自分が一番の存在になりたい、知りたいけど聞けない…など様々な葛藤が繊細に描かれていて自分の高校生活と重ね合わせてしまいました。
そんな状況にプラスして影を潜めるのが家庭環境。明るく振舞っている人ほど意外と家庭が複雑なのもそうだなぁと…。

配役も絶妙でとっても引きこまれてしまいました。 監督・役者の方々の今後に期待してます!

観てるあいだ始終ずっと痛くて苦しかった。終わっても心が痛いです。

紬(つむぎ)の方がずっと大きな痛みを抱えていてそれと戦っていたのに、(第三者的に言えば)甘えて逃げているだけのミユリは、最後近くの肝心なところでまたしても逃げてしまった。紬を助けられたかも知れないのに。悔しい。最後の場面でもミユリは逃げていく。

役者さんは二人とも全然上手ではないけど、もし上手だったらさらに良い映画になっていたか、というとそうは思えません。これは、この二人からこういうものを引き出してしまった監督の勝利なのでは。

繊細で緻密な映画でした。他にも『リズと青い鳥』を引き合いに出した人が何人かいらっしゃいますが、賛成。

[追記] 最初は配信で観たのですが、すぐ後に池袋で一回だけの特別上映があり、行ってきました。二回目だと紬(つむぎ)の微妙な表情の裏がよくわかり、ますます痛かった。ますます、紬の神々しさが分かった。

上の文章では、紬を助けられたかもなんて言いましたが、17歳に何ができたか、と考えると. . . . でも悔しいことには変わりありません。

あと、最後の場面は「逃げた」のだと思ったのですが、よく分からなくなってきました。そうではなくて、最後に初めて逃げるのをやめたのか . . .

スピンオフ作品『放課後ソーダ日和』も観ました。こちらはポップで微笑ましく、懐かしくしみじみした感じもあり、全然違う . . . とも思ったんですが、あの頃の自分が今の自分の中に住んでるという感じは共通かも。

比較的地元から近い処でのロケ地であるので、親しみを感じながら鑑賞できた作品である。監督は20代の女性監督であり、地元が高崎であるのも勝手に親近感がでるのかもしれない。とはいえ、若い内から映画作品を作れるということの才能と環境にはビックリする。かたや何年経っても映画を撮れない老年の監督もいるのもまた、世知辛い世の中である。
今作品に原作があるのかは不明だが、ストーリーは大変良く出来ていると感じている。では、実際の映像ということになると、荒削りの部分は否めない。映画というモノは、実際どれだけ監督が意図して制作されいるのか、そしてプロデューサーがどれだけ作品の出来映えを当初の予定との近似値に収めているのか、それとも完成形に納得しているのか、観客にはその情報は得ることは出来ない。勿論、まかり間違っても「失敗作」でしたとはアナウンスする筈もないだろうから、その出来の評価は観客それぞれである。よくアフタートークが催されるが、その場でもエクスキューズが語られることは殆ど皆無である。なので、ここが違うんじゃないかと感想を述べる程、見当違いも甚だしいと制作側が思うだろうから、レビューとは難しいモノだ・・・
自分的には少女時代特有の澄み切った瑞々しさ、そしてその裏に隠された女性特有の陰湿さ、そのなかで“百合映画”としてのプロットをきちんと織込んでいることは評価できると思う。冒頭の痛々しい“苛め”シーンにおける、いじめっ子達の酷さが無理なくしかし強調できているからこそ、主人公の絶望感としかし自殺への勇気が持てない情けなさが演出出来ている。
本作の難しいところは、果たしてファンタジーと現実がどこまで折り合いをつけるのかということだ。転校生は限りなく“日本昔話”的なイメージ。“蚕”という知ってそうで実はその生態に不勉強な自分としては、ネットでサイトを開けた途端に、幼虫の顔のアップに目眩がして直ぐにパソコンを閉じた程強烈なご尊顔である。そんな蚕の余りにも不可思議且つ不条理な生態(家畜化されていること 但しその家畜としての品種改良の過程は不明 都合良く成虫になると口がないので食物を摂取できず直ぐに死ぬこと なのであくまでも種の保存のみでの存在価値)が、正に女子高生達のその性質との近似に、上手くメタファーとして組み込まれていることは良いのだが、ただ、傷付けた体から糸がでていること、夢なのか現実なのか分らない夢想シーンなど、その境界線が曖昧な為、かなり混じり合ってしまって、表現が曖昧になってしまっているのは勿体ないと思う。もしかしたらこれもわざとで、狙っているのかもしれないのだが・・・
オチとして、往年のドラマ『高校教師』オマージュなのか、父親からのセクシャルDVでの餓死(これも蚕そのもの)と、その後追いでのリストカットのシーンは、何とも言えない哀しさと切なさが、50代のおじさんでも痛い位に伝わる印象的な演出である。
もう少し、主人公二人の演技力が付いてきたら、もう一度リメイクして欲しい、それ程の期待な内容であった。
『虫には痛覚がない』というトリビアもちりばめれていて、勉強になる要素も多分にある作品でもあるw

 

映画「少女邂逅」のあらすじ

いじめをきっかけに声が出なくなった小原ミユリ(保紫萌香)。自己主張もできず、周囲にSOSを発信するためのリストカットをする勇気もない。そんなミユリの唯一の友達は、山の中で拾った蚕。ミユリは蚕に「紬(ツムギ)」と名付け、こっそり大切に飼っていた。「君は、私が困っていたら助けてくれるよね、ツムギ」この窮屈で息が詰まるような現実から、いつか誰かがやってきて救い出してくれる――とミユリはいつも願っていた。ある日、いじめっ子の清水に蚕の存在がバレ、捨てられてしまう。唯一の友達を失ったミユリは絶望する。その次の日、ミユリの通う学校に「富田紬」という少女(モトーラ世理奈)が転校してくるーーー。

 

映画「少女邂逅」のキャスト・スタッフ

  • 映画「少女邂逅」のキャスト

保紫萌香
モトーラ世理奈
土山茜
秋葉美希
近藤笑菜
斎木ひかる
里内伽奈
根矢涼香
すぎやまたくや
松澤匠
松浦祐也

 

  • 映画「少女邂逅」のスタッフ

監督・脚本・編集:枝 優花
劇中歌・主題歌:水本夏絵
撮影:平見優子
照明:佐久間周平
録音:小川賢人
ラインプロデューサー:鄭銓聖
アシスタントプロデューサー:小峰克彦
スタイリング:松田凌平
ヘアメイク:七絵
特殊造形:土肥良成
整音:mauve
音楽:大石峰生
美術:すぎやまたくや
映像投影:阪実莉
スチール:秋山大峰
助監督:土井かやの
制作:中山剛平 内田薫平
制作助手:八木圭
撮影助手:吉田奈津美
照明助手:田原更紗 市川朋樹 星伸之
企画:直井卓俊
アソシエイトプロデューサー:前信介
製作:2017「少女邂逅」フィルムパートナーズ
配給・宣伝:SPOTTED PRODUCTIONS
カラー ステレオ シネマスコープ

 

最後に:映画「少女邂逅」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「少女邂逅」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」で視聴するのがオススメです!

U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画「少女邂逅」を
U-NEXTで視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ