動画

映画「探偵はBARにいる」のフル動画配信を無料で視聴する方法は?あらすじや感想も【大泉洋、松田龍平主演】

 

ー 調査は簡単なはずだった・・・ 

 

一人の女の依頼が、探偵の運命を突き動かすーー

 

2011年9月10日に公開された

映画「探偵はBARにいる」

今回はこの映画「探偵はBARにいる」を無料で視聴する方法です。

※本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

 

映画「探偵はBARにいる」をU-NEXTで無料で視聴する

映画「探偵はBARにいる」は現在U-NEXTでレンタル料無しの見放題となっています。

また

  • 映画「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」
  • 映画「探偵はBARにいる3」

の二作品もU-NEXTでは見放題となっており

この見放題はU-NEXTの31日間無料のお試しキャンペーンに対応しているため

映画「探偵はBARにいる」のフル動画を無料で視聴するなら、U-NEXTの無料キャンペーンがオススメです!

U-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

映画「探偵はBARにいる」を
U-NEXTで視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ

 

というわけで

映画「探偵はBARにいる」フル動画は
「U-NEXT」で見ることが可能です。
U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画「探偵はBARにいる」を
U-NEXTで視聴する

 

TSUTAYA TVで無料期間にもらえる1,100円分のポイントを使って無料で映画「探偵はBARにいる」を視聴する

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASでは映画「探偵はBARにいる」は有料レンタルといった形をとっていますが、

新規登録すると30日間の無料お試し期間がついてきて、無料期間中に付与されるポイント「1,100ポイント」を使えばレンタル料を0円にして見ることができます!

TSUTAYA TVでは、映画「探偵はBARにいる」に必要なポイントは400ポイントなのでポイント利用でもう一本お好きな映画を楽しめます。

おすすめは「定額レンタル8+動画見放題プラン」、TSUTAYAのDVDを8枚まで借りながら、動画配信サービスも楽しめるお得なプランです。

また、30日間の無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASの
無料お試し期間で視聴する

クリックするとTSUTAYA公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

FODで無料期間にもらえるポイントを使って無料で映画「探偵はBARにいる」を視聴する

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】では映画「探偵はBARにいる」は有料レンタルと言った形をとっています。

FODでは新規登録すると、30日間の無料お試し期間がついてきて、

ポイントが毎月8のつく日(8日・18日・24日)にそれぞれ400ポイントを無料で手に入れることができます。

なので、そのポイントを使えば無料で映画「探偵はBARにいる」を視聴することが可能です。

※30日間の無料トライアル中で解約すれば料金はかかりません。

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

クリックするとFODプレミアム公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

映画「探偵はBARにいる」を実際視聴した人の感想

面白い邦画もある、こういう映画をみたかったんだよ、と素直に思った。ストーリーは、そうでしょ→え、ちがうの??→やっぱりそうなんだ、の展開で、飽きなかった。「俺たちは天使だ」や「探偵物語」が好きだった私は、結構、はまりました。あの頃のショーケンや松田優作のかっこよさと、大泉洋を比べることは出来ないけれど、大泉洋なりのかっこよさは出ていたし、かつての「探偵」のご子息もいいキャラクターだった。松重さんファンにもおすすめできます。

日本映画は二時間見れないのだが、サクサク話が進むし
バトルも多くハラハラして、最後まで退屈せず見れた。
退屈どころか、核心に迫ってくにつれてもう目が離せない状態に!
シナリオもすごくよかったです。
音楽も、ハードボイルドな探偵感な音楽と、昭和な雰囲気を出してるところも
個人的にGOOD!
もう2も見るしかないね。

このシリーズはもう何回繰り返し観てるかわからないくらいです。
アクションありコミカルありバイオレンスあり、少しエロティックでそして最高に
ハードボイルドなこの映画、何度観ても本当に楽しめます。

今どきのイケメン俳優やお笑い、セクシータレントなどの安易なキャスティングに
走らずに、どしっと演技派の方たちで固めているのも大きいのではないでしょうか。
劇中では三枚目を演じる大泉洋と松田龍平のおふたり、その肩肘の張らないコミカル
で人情的なキャラクターが映画の雰囲気作りに大きく貢献していますね。
こんな作品を作れるのなら、日本の映画界もまだまだ捨てたもんじゃないなと感じ
させてくれます。(最新作はちょっと残念な方向に行ってしまいましたが)

ちなみに、劇中では主人公の「俺」が携帯(を携帯する事が)嫌いという理由で携帯
電話を使用する描写がほとんど出てきませんが、そもそも携帯電話が一般に復旧して
くるのは原作小説の3~4年後。それを今の時代にアレンジしてあるのだと思います。
タイトルにもなっている、自分に連絡を取りたいならBARに電話をくれと言うとこも
そうですが、物語を壊しかねない便利なアイテムなだけに、上手い理由付けで排除
しているなと感心させられる部分です。

繰り返し観てしまう大好きな作品です。

あくまで所感になりますが、この映画の面白い所の一つは、
小道具や衣装、ロケーション選びが凝ってるというか、拘りというか、一貫性を感じられる所だと思ってます。
一つ一つのシーンが丁寧に撮られていて、映画の世界に引き込まれていきます。
リアリティは無いかも知れないし、退屈と感じてしまう人も居るのかな。
私は単純にすごく好みだからか、何回観ても飽きないです。笑
懐かしさや、愛おしさすら感じます。(缶ピースと一緒に出てくる太田胃散とか、髙田のボロ車とか)

脚本やカメラワークのことは素人なのでよく分かりませんが、
冬の札幌の冷たさや、雑多な感じ、人間模様、見事に切り取られてると思うんだけどなあー。

同じものが好きな人達が集まって楽しく仕事をした感じが伝わってきて、愛着が湧いてきてます。
結論好みの問題だな。大好きです!

 

映画「探偵はBARにいる」のあらすじ

探偵はBARにいる』は、探偵映画のシリーズ。大泉洋・松田龍平主演。東直己の推理小説シリーズ『ススキノ探偵シリーズ』を原作としています。

第1作『探偵はBARにいる』が2011年、第2作『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』が2013年、第3作『探偵はBARにいる3』が2017年に公開されてい、。第3作以外はPG12作品になっています。

アジア最北の歓楽街北海道札幌市「すすきの」のバー「ケラーオオハタ」に入り浸る私立探偵とその助手・高田が、ある事件に巻き込まれながらもその真相を追っていく、ハードボイルドもの。

 

以下あらすじです。

あらすじを見ずに映画「探偵はBARにいる」を楽しみたい方はコチラから

映画「探偵はBARにいる」を
U-NEXTで視聴する

 

札幌・ススキノ。探偵はいつものように行きつけのBARで相棒兼運転手の高田と酒を飲み、オセロに興じていた。そこへ“コンドウキョウコ”と名乗る女から電話がかかる。探偵は簡単な依頼だと思い引き受けたが、その直後に拉致され、雪に埋められ、半殺しの目に遭ってしまう。怒りが収まらぬ探偵の元に、再び“コンドウキョウコ”から電話が…。その依頼を渋々こなし、自力での報復に動き出した探偵と高田は、知らず知らずのうちに事態の核心に触れていく。その過程で浮かび上がる、沙織という謎の美女と大物実業家・霧島の存在。そして、探偵は4つの殺人事件にぶつかる…

 

映画「探偵はBARにいる」のキャスト・スタッフ

  • 映画「探偵はBARにいる」のキャスト

〈俺〉 – 大泉洋
高田 – 松田龍平
沙織 – 小雪
霧島敏夫 – 西田敏行
松尾 – 田口トモロヲ
佐山 – 波岡一喜
田口幸平 – 有薗芳記
峰子 – 安藤玉恵
スナック元従業員 – 新谷真弓
近藤京子 – 街田しおん
則天道場の塾生 – 野村周平
札幌市長 – 上田文雄
大畑 – 桝田徳寿
スポーツバーの店員 – 諏訪魔
港の女-片山瞳
小橋亜樹
近藤百合子 – 竹下景子
田口晃 – 武井椋
源ちゃん – マギー
スポーツバーのマスター – 榊英雄
岩淵貢 – 本宮泰風
近藤恵 – 吉高由里子
並木史朗
桐原組組長 – 片桐竜次
マキ – カルメン・マキ
南 – 中村育二
田口康子 – 阿知波悟美
岩淵恭輔 – 石橋蓮司
相田 – 松重豊
〈俺〉を拉致した男(カトウ) – 高嶋政伸

 

  • 映画「探偵はBARにいる」のスタッフ

監督 – 橋本一
脚本 – 古沢良太、須藤泰司
音楽 – 池頼広
原作 – 東直己『バーにかかってきた電話』(ハヤカワ文庫JA刊)
主題歌 – カルメン・マキ「時計をとめて」
製作 – 鈴木武幸、神山郁雄、木下直哉、日達長夫、畑中達郎、鈴井亜由美、古玉國彦、村田正敏、萩谷忠男、岩本孝一、山本晋也、大辻茂、古賀太
エグゼクティブ・プロデューサー – 平城隆司
企画 – 香月純一、桑田潔
プロデューサー – 須藤泰司、上田めぐみ、今川朋美
キャスティングプロデューサー – 福岡康裕
音楽プロデューサー – 津島玄一
ラインプロデューサー – 林周治
宣伝プロデューサー – 孤嶋健二郎
撮影 – 田中一成
照明 – 吉角荘介
美術 – 福澤勝広
装飾 – 大庭信正
録音 – 田村智昭
整音 – 室薗剛
音響効果 – 北田雅也
編集 – 只野信也
アクションコーディネーター – 諸鍛冶裕太
アクションコーディネーター補佐 ー 村上潤
スチール – 奈良則孝
助監督 – 高橋浩
制作担当 – 畑山佳津子
SPECIAL THANKS – 砂本量
北海道ロケ協力代表 – 札幌フィルムコミッション(現 札幌映像機構)
制作プロダクション – 東映東京撮影所
製作 – 「探偵はBARにいる」製作委員会(東映、テレビ朝日、木下グループ、東映ビデオ、アミューズ、CREATIVE OFFICE CUE、東映チャンネル、北海道新聞社、北海道テレビ放送、メ〜テレ、朝日放送、広島ホームテレビ、九州朝日放送)

 

最後に:映画「探偵はBARにいる」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「探偵はBARにいる」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」で視聴するのがオススメです!

U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画「探偵はBARにいる」を
U-NEXTで視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ