動画

映画「帝一の國」のフル動画配信を無料で視聴する方法は?あらすじや感想も【菅田将暉主演】

サイト後半に映画「帝一の國」のネタバレあらすじがあります!ネタバレを見たく無い方はスクロールしすぎに注意してくださいね!

 

ー 日本一の超エリート進学校、ライバルは全員天才! ー

 

想像を絶する罠と策略!

友情か、裏切りか。

今、究極のバトルロワイヤルが幕を開ける!!!

 

2017年4月29日公開に公開された

映画「帝一の國」

まずはこの映画「帝一の國」を無料で視聴する方法です。

※本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

 

映画「帝一の國」をU-NEXTで無料で視聴する

映画「帝一の國」は現在U-NEXTでレンタル料無しの見放題となっています。

この見放題はU-NEXTの31日間無料のお試しキャンペーンに対応しているため、

「レンタル動画の配信を無料で視聴したい!」というのであれば

映画「帝一の國」のフル動画配信を無料で視聴できる、U-NEXTの無料キャンペーンがオススメです!

U-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

映画「帝一の國」を
U-NEXTで視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ

 

というわけ

映画「帝一の國」フル動画は
「U-NEXT」で見ることが可能です。

U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画「帝一の國」を
U-NEXTで視聴する

 

FODで無料期間にもらえるポイントを使って実質無料で映画「帝一の國」を視聴する

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】では映画「帝一の國」は有料レンタルと言った形をとっています。

FODでは新規登録すると、30日間の無料お試し期間がついてきて、

ポイントが毎月8のつく日(8日・18日・24日)にそれぞれ400ポイントを無料で手に入れることができます。

なので、そのポイントを使えば無料で映画「帝一の國」を視聴することが可能です。

※30日間の無料トライアル中で解約すれば料金はかかりません。

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

クリックするとFODプレミアム公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

TSUTAYA TVで無料期間にもらえる1,100円分のポイントを使って実質無料で映画「帝一の國」を視聴する

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASでは映画「帝一の國」は有料レンタルといった形をとっていますが、

新規登録すると30日間の無料お試し期間がついてきて、無料期間中に付与されるポイント「1,100ポイント」を使えばレンタル料を0円にして見ることができます!

TSUTAYA TVでは、映画「帝一の國」に必要なポイントは500ポイントなのでポイント利用でもう一本お好きな映画を楽しめます。

おすすめは「定額レンタル8+動画見放題プラン」、TSUTAYAのDVDを8枚まで借りながら、動画配信サービスも楽しめるお得なプランです。

また、30日間の無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASの
無料お試し期間で視聴する

クリックするとTSUTAYA公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

映画「帝一の國」の感想

いや~面白い邦画、あるもんですね!!!

冒頭の菅田将暉の、絶妙に滑舌の悪い台詞で分かってしまいますね。「あ、これ名作だ」と。

脚本の内容が非常にテンポよく、ずっと見てられる。これぞエンタメですよね。

終盤やや間延びするように見えましたが、それが最後のカタルシスにつながっている。

終盤ほんとにひやひやしました。またお決まりの流れなのか…がっかりだったななんて思っていたらです。

ラストは本当にしびれました。「やられたなぁ!」と、思わず。

コミック原作という前情報だけでイケメンだらけのメンヘラ向け映画というマイナスな先入観で視聴してみた所びっくりする程面白かった!

個性的なキャラクターを演じきる俳優陣と笑いから涙まで幅広く対応する菅田将暉の演技力。

そして撮影のクオリティも高く、何よりコミカルな演出と見るものを飽きさせない抜群のテンポ感と最後の最後まで無駄を感じさせない芯の太いストーリーはサブカルチャー大国日本の現在地点を示す作品の一つになっているのではないだろうか!

コミック原作侮るなかれ!

前情報何もなしで鑑賞。前月に地上波で流れてた事もあって、人気だったのかな?見ようかなーレベルの興味でした。

もうとにかくテンポがいい!(笑)
あと変な裏設定等もなく、目的が明確なので大人も子供も楽しめます。
次世代俳優陣が一気に勢揃い!といった映画の印象を受けました。

元気が無い時、なんか落ち込んだ時に見たい映画です。
おそらく今後、また見ようかな〜とながら鑑賞する気がします(笑)

最後はまさかの感動とまさかのニヤリ、な展開でした。・゚・(ノ∀`)・゚・。

日本一の名門校海帝高校を舞台にした生徒会長選挙をめぐる学園・政治ドラマ。
古谷兎丸さんの原作の世界観をうまく昇華して、118分に収めています。

キャスティングも秀逸で、帝一を演じる菅田くんは原作からそのまま出てきたキャラのようです。

光明役の志尊くん、東郷役の周平くん、ローランド役の間宮くんも、コミカルに好演しています。

大鷹弾を演じる竹内涼真くんだけは、演技が自然体ですが、とにかくカッコイイ。
高校の生徒会長選挙でこれはありえないと思う人もいるかもしれませんが、現実の選挙は、もっとレベルが低いですよね。

コミック原作の映画は、当たりハズレがありますが、本作はうまくできた作品だと思います。

若手俳優陣が集結した、笑える一本です。

個人的なツボは、吉田さん演じる父と大鷹の入試の点数勝負をする帝一のシーンです。

これ最高でした。原作知らないけど全く問題なし。映画館で見てたら相当興奮したと思う。

オープニングからかっこよくて一気に心持っていかれました。いかにも漫画なキャラクタービジュアルも、違和感を感じたのは最初だけ。

役者たちの振り切った演技とテンポのいい展開、そして光が美しい映像が浮き世離れした雰囲気を醸し出していて、あっという間にこの物語の世界に入り込めました。

登場人物のキャラクターと、それぞれの関係性もしっかり描かれていたと思います。一筋縄ではいかないラストにもニヤリ。

出演者みなさん素晴らしい。特に木村了さんの「圧倒的リーダー」感が印象的でした。

そしてエンディングで永野芽郁ちゃんのかわいさにやられました。なんなのもうかわいい。別にファンなわけじゃないのですが。嫌味のないかわいさ。キュートとはこういうことを言う。かわいい。

 

映画「帝一の國」の簡単なあらすじ

帝一の國』は、古屋兎丸による日本の漫画作品です。

『ジャンプSQ.19』(集英社)にて、2010年創刊号から2011年秋号まで連載されました。

その後本誌の『ジャンプスクエア』(集英社)に掲載誌を移し2012年3月号から2016年5月号まで連載。

2017年5月号で事実上の完結編となる番外編が掲載された。この番外編は映画版小説に収録されています。

 

以下あらすじです。

日本一の名門・海帝高校。ここでトップ=生徒会長をつとめたものには、将来の内閣入りが確約されている。

4月、新学期。大きな野心を持つ男が首席入学を果たす。新1年生・赤場帝一(菅田将暉)。彼の夢は「総理大臣になって、自分の国を作る」こと。2年後の生徒会長の座を狙って、誰よりも早く動き始める帝一。

生徒会長になるためには、1年生のときにどう動くかが鍵となる。決してルートを見誤ってはならない。

ライバルは、全国屈指の頭脳を持つ800人の超エリート高校生たち…ヤツらを蹴落として、勝ち残るためにはどうする!? 野望への第一歩を踏み出した帝一を待受けていたのは、想像を超える罠と試練! いま、命がけの「生徒会選挙」が幕を開ける――!

 

映画「帝一の國」のキャスト・スタッフ

  • 映画「帝一の國」のキャスト

赤場帝一/菅田将暉
白鳥美美子/永野芽郁
東郷菊馬/野村周平
大鷹弾/竹内涼真
榊原光明/志尊淳
氷室ローランド/間宮祥太朗
森園億人/千葉雄大
鈴木勝/大駒光彦
根津二四三/萩原利久
岡山天音/佐々木洋介
井之脇海/古賀平八郎
木村了/堂山圭吾
赤場譲介/吉田鋼太郎

 

  • 映画「帝一の國」のスタッフ

監督:永井聡
脚本:いずみ吉紘
製作:小川晋一、木下暢起、市川南
プロデューサー:若松央樹、村瀬健、唯野友歩
ラインプロデューサー:原田耕治
撮影:今村圭佑
美術:杉本亮
照明:織田誠
録音:石貝洋
装飾:安藤千穂
ヘアメイク:望月志穂美
スタイリスト:馬場恭子
編集:二宮卓
音楽:渡邊崇
音響効果:岡瀬晶彦
主題歌:クリープハイプ「イト」(UNIVERSAL SIGMA)
VFXスーパーバイザー:須藤公平
スクリプター:田村寿美
スタントコーディネーター:吉田浩之
キャスティング:田端利江
助監督:藤江儀全
制作担当:若林重武
企画・製作幹事:フジテレビジョン
制作プロダクション:AOI Pro.
製作:フジテレビジョン、集英社、東宝
配給:東宝

 

映画「帝一の國」の『ネタバレあらすじ』

ネタバレを見ずに映画「帝一の國」を楽しみたい方はコチラから

映画「帝一の國」を
U-NEXTで視聴する

 

赤場帝一(菅田将暉)の夢は

「総理大臣になって”自分の国”を作ること」

その夢のために赤場帝一は数多く尾政治家や官僚、財界トップといった日本のエリートを輩出する「海帝高校」に入学し、「総理大臣への一番の近道」とされている生徒会長を目指していた。
海帝高校入学日当日、赤場帝一は早くも入学式で「新入生代表」として全校生徒の前でスピーチをすることになる。

何故、赤場帝一は総理大臣を目指すようになったのか?
それは赤場帝一の父・赤羽譲介の期待を大きく背負っていいたためだった。

父・赤羽譲介もまた海帝高校出身なのだが、生徒会長選で現通産大臣である東郷卯三郎に一票差で敗れたため、現在事務次官止まりになっていることを後悔しており、
その苦い経験から息子・赤場帝一に自分の果たせなかった夢を託していたのだった。
しかし子どもの頃の赤場帝一は東郷卯三郎の息子・東郷菊馬にいじめられるような、ピアノが好きな気弱な少年で、ピアノを弾くたび父に「学ぶべきことは他にもある」と怒られていた。
そんなある日、”とあること”がきっかけで赤場帝一にスイッチが入り、「僕の国を作る」と心に決めたのだった。

入学式も終わり、夕食時その旨を父に報告した赤場帝一はその後、密かに付き合っている幼馴染・美美子の家まで行き、糸電話で互いの日常を伝え合った。

場面は海帝高校の一年生の教室へ。
海帝高校の生徒会長になるにはまず生徒会長選での投票権を持つ評議会に入ることが必須であり、その評議会に入るにはクラスのルーム長か副ルーム長に選ばれなければならないが、
入学式で代表スピーチに選ばれるほどの実績を持つ赤場帝一はこの問題を難なくクリアしルーム長に選任され、副ルーム長に中学からの同志の榊原光明を指名、無事に生徒会長への一歩を踏み出す。

休み時間に情報収集(という名の盗聴)をしていた赤場帝一らのもとに幼い時からのライバル二組のルーム長となった東郷菊馬が、そして六組のルーム長・大鷹弾が現れる。
この大鷹弾、中高一貫である海帝高校に外部生として入学していたため、赤場帝一の情報網には全くなかった生徒だった。

赤場帝一はライバルとして全く情報のない大鷹弾を調べようとしていたが何故か大鷹弾の家で食事をすることに。
そこで大鷹弾は奨学金を受けれるほどの成績優秀生であることを知る。

大鷹弾は脅威になると判断した赤場帝一は、自分と大鷹弾のどちらの成績が優秀かを確認するために外部生用の試験問題を非公式に入手し、問題を解くことに。
結果、赤場帝一が5教科総合で2点ほど良かったが、父にその心構えに関して叱咤される。

海帝高校の初の評議会が始まり、各ルーム長のアピールが始まる。
そして同時に生徒会長になるためには評議会の中で「次の生徒会長」になる2年生を見定める必要があった。
しかし赤場帝一はすでに次の生徒会長になるだろう人物に目を付けていた。
氷室ローランド、現生徒会長の堂山を生徒会長へとするべく動き、成果を上げた人物だった。
今回の評議会での議題は「生徒総会」の役割決定、その「生徒総会」の氷室ローランドが取り仕切ることになり、赤場帝一は迷わず海帝高校の誇りである「校旗掲揚」の役に立候補、
その役を勝ち取る。
しかし、ライバルである東郷菊馬はそれが気に入らなかった。

生徒総会当日、各役職をこなす評議会メンバー。
赤場帝一も「国旗掲揚」という大役をそつなくこなした。
が、巡回という指示を受け持ち場を離れた赤場帝一に、ライバル・東郷菊馬の策略による「校旗が落下する」という危機が訪れようとしていた。
「旗の様子がおかしい」と気付いた同志・榊原光明により異変に気づき、その危機を間一髪で逃れた、と思っていたが、そこに東郷菊馬のさらなる追い打ちが待ち構えていた。
しかし、異変に気付いていたのは榊原光明だけではなかった。
大鷹弾も異変に気付き、現場に現れ赤場帝一の危機を救う。
赤場帝一は大鷹弾に「大きな借りを作ってしまった、必ず返す」と約束する。

半年後
生徒会選を行うため、評議会で時期生徒会長候補3名の発表が行われた。
それぞれの公約を掲げ決意表明をする3名。
その決意表明に「体育会系優遇」を訴える氷室ローランドと「自由化」を訴える森園億人の二人が台頭、赤場帝一は氷室ローランドを予定通り応援することに。
そして赤場帝一の読み通り、生徒会戦は氷室ローランド優先になっていく。

文化祭の「海帝祭」で赤場帝一は開会式演出の責任者という役を勝ち取る。
赤場帝一の演出は大成功をおさめ、多くの生徒から信頼を勝ち取ることに成功、氷室ローランドのなかで赤場帝一の評価は確実に上がっていた。

ここで氷室ローランドさらなる票固めをするため、人望のある大鷹弾を取り入れたいと模索する。
赤場帝一の情報により大鷹弾の家庭事情を知った氷室ローランドは、その話をもとに大鷹弾を自身の派閥に入れようと取引を持ち掛けたが大鷹弾は氷室ローランドのやり方に激怒、氷室ローランドを殴り、森園億人を応援することを公言。

これを好機と捉えた東郷菊馬は、氷室ローランドに「ある話」をする。
一方、赤場帝一は父に衝撃的な話を打ち明けられる。
その話は同じものだった。
それは赤場帝一の父と氷室ローランドの父は敵同士だということだった。
しかも氷室ローランドの父は赤場帝一の父が進めて可決した政策により会社で全責任を取らされていた。

その事実を知った氷室ローランドは赤場帝一を使い捨てにしようと心に決め、赤場帝一は一度絶望の淵に立たされたが、思いとどまり修羅の道である森園億人派に入ることを決心する。

大鷹弾の心の広さに救われ、森園億人に今までの非礼を詫び許しを得た赤場帝一は、無事に森園億人派に加入することができた。
一方氷室ローランドは東郷菊馬の入れ知恵により、「嘘」と「実弾(賄賂)」で票固めを進めていた。
その戦略を知った赤場帝一は焦り、父に同じ戦略を進めるべく相談するが父には反対され、「彰義隊」を例にとった「自分たちが正しく(官軍)、相手が間違っている(賊軍)」という印象を付けろ、とアドバイスを受け、ある戦略を思いつく。

「マイムマイム事変」
後に海帝高校の歴史に刻まれることになるこのイベントは、赤場帝一が”放課後に校庭でマイムマイムを踊る”というだけの作戦なのだが、マイムマイムの不思議な音色に子どものころから刻まれたリズムにみんな飛びつき、最初は小さかった輪が不思議とだんだんと大きくなっていった。
この森園億人を中心とした輪に氷室ローランドから賄賂を受け取ったものは罪悪感から入ることができず見ているしかできなかった。
マイムマイム事変により全校生徒の意識は森園億人に流れ始め、不利だった状況が互角になる。

しかし現状を東郷菊馬から聞いた父は、東郷菊馬を叱ると共に自らが動くことで状況を変えようとする。
それは、赤場帝一の父・赤場譲介を収賄の「容疑」をかけ、スキャンダルを起こすというものだった。
この事態に赤場帝一は激しく動揺、収容された父との面会の場で「何故みんな僕の邪魔をするんだ!」激昂する。
そしてなぜ今まで頑張ってきたのか?という心の内をさらけ出す。
それは、

”ピアノが弾きたかったから”

映画冒頭で流れた幼い頃の思い出、”とあること”がきっかけで、というのには続きがあったのだ。
「自分の国を作れば、誰もピアノの邪魔をしないから」
ただピアノを弾きたかったためだけに今まで頑張って耐えてきたのだが、赤場帝一は今回の一件で心が折れ、家に引きこもってしまう。

「僕の戦いは終わったんだ」と泣き言をいう赤場帝一を説得に大鷹弾と榊原光明が家を訪れたが、説得は失敗。
しかし、次に訪れた美美子にビンタを食らう。
そして美美子の説得に赤場帝一は目を覚まし、投票するために海帝高校へと向かう。

しかし、赤場帝一の前にライバル・東郷菊馬が立ちはだかる。

東郷菊馬は赤場帝一が学校へ向かってくるという情報を聴きつけ、事前投票をしていたのだ。

互いの想いをぶつけ合いながら乱闘がはじまる。
その間にも様々な思惑が重なりながら投票は続いていく。
そして乱闘の最中、赤場帝一は時間切れで投票権を失ってしまう。
投票結果は同票、最後の投票が大鷹弾の手に委ねられた。
大鷹弾の投票用紙は”白紙”、「自分には選ぶ権利がない」と言う。
そして選挙規定により、次期生徒会長は現生徒会長が選ぶことに、現生徒会長は森園億人を指名する。

一方、赤場帝一は力尽きていた。
東郷菊馬が勝っていたのだが、美美子が東郷菊馬に(ハイキックで)とどめを刺す。
気付いた赤場帝一は自分の手で決着をつけたと思い込み、「ついにやり返したよ!」と喜んでいた。

が、さらに事件が起きようとしていた。
屋上に選挙戦に負けた氷室ローランドが現れ、飛び降りたのだ。
ただ、この飛び降りは未遂に終わる。
榊原光明が”赤場帝一用に用意したマット”に助けられたのだ。

そして舞台は一年後、
赤場帝一は全生徒が参加する新しい生徒会長選に挑んていた。
相手は大鷹弾、投票数は僅差。
ライバルの東郷菊馬の「お前が上に立っていないといじり甲斐が無い」という理由で赤場帝一に1票。
これで赤場帝一が1票差で勝っていたのだが、ラスト一秒で赤場帝一が大鷹弾に一票を投じ、生徒会戦は大鷹弾の勝利となる。

そして新たな生徒会が発足、赤場帝一は大鷹弾にピアノの演奏を披露する。

何故赤場帝一は大鷹弾に生徒会長の座を譲ったのか?
それは赤場帝一が「今や”人望”こそが一番の武器だ」と考えるようになったのと、あの一秒前が来る前に、東郷菊馬の不穏な動きで「負け」そうになっていたためだった。
赤場帝一は”負けた”より”勝たせてやった”ことで全校生徒と大鷹弾の心を手中に収めたのだ。

そう、赤場帝一は諦めていないのだ、総理大臣の夢を。
そして赤場帝一が披露しているピアノの曲名が明かされる。
曲名は”マリオネット”。

「君たちの事だよ。」

 

最後に:映画「帝一の國」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「帝一の國」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」で視聴するのがオススメです!

U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画「帝一の國」を
U-NEXTで視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ