動画

映画「となりの怪物くん」のフル動画配信を無料で視聴する方法は?あらすじや感想も(とな怪)【菅田将暉、土屋太鳳主演】

 

ー この怪物に出会うまで、私たちはみんな独りだった。 

 

信じられるのは自分だけ、居場所はSNS、素直に人と向き合えない。

あの怪物が、現れるまでーー

 

2018年4月27日に公開された

映画「となりの怪物くん」

今回はこの映画「となりの怪物くん」を無料で視聴する方法です。

※本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

 

映画「となりの怪物くん」をU-NEXTで無料で視聴する

映画「となりの怪物くん」は現在U-NEXTで無料お試し期間中に無料で付与されるポイントを使えば視聴することができます。

なので

「有料レンタル動画を無料で視聴したい!」というのであれば

無料で付与されるポイントで視聴できるU-NEXTがオススメです!

U-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

映画「となりの怪物くん」を
U-NEXTで視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ

 

というわけで

映画「となりの怪物くん」フル動画は
「U-NEXT」で見ることが可能です。
U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画「となりの怪物くん」を
U-NEXTで視聴する

 

FODで無料期間にもらえるポイントを使って無料で映画「となりの怪物くん」を視聴する

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】では映画「となりの怪物くん」は有料レンタルと言った形をとっています。

FODでは新規登録すると、30日間の無料お試し期間がついてきて、

ポイントが毎月8のつく日(8日・18日・24日)にそれぞれ400ポイントを無料で手に入れることができます。

なので、そのポイントを使えば無料で映画「となりの怪物くん」を視聴することが可能です。

※30日間の無料トライアル中で解約すれば料金はかかりません。

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

クリックするとFODプレミアム公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

TSUTAYA TVで無料期間にもらえる1,080円分のポイントを使って無料で映画「となりの怪物くん」を視聴する

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASでは映画「となりの怪物くん」は有料レンタルといった形をとっていますが、

新規登録すると30日間の無料お試し期間がついてきて、無料期間中に付与されるポイント「1,080ポイント」を使えばレンタル料を0円にして見ることができます!

TSUTAYA TVでは、映画「となりの怪物くん」に必要なポイントは500ポイントなのでポイント利用でもう一本お好きな映画を楽しめます。

おすすめは「定額レンタル8+動画見放題プラン」、TSUTAYAのDVDを8枚まで借りながら、動画配信サービスも楽しめるお得なプランです。

また、30日間の無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASの
無料お試し期間で視聴する

クリックするとTSUTAYA公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

映画「となりの怪物くん」の感想

原作漫画を中途半端に読み、結末までは知らない程度の状態で観に行きました。キャスト陣の豪華さに惹かれて観に行こうと決めました!

観終えた感想としては、すごく面白かった!1人で観にいきましたが、胸キュン笑い悲しいなど感情が本当に忙しくて完全に観入ってしまいました。原作のキャラの雰囲気がしっかり再現されてて、見応えもあり、そして何よりキャスト陣が本当に豪華でした!菅田くんのあの何とも言えない守ってあげたさ……映画館を出た後もこの感情をずっと引きずっていて立ち直るのに苦労しました。笑 菅田くんは若いのに本当に素晴らしい演技力を持った俳優さんだと感じましたね…。主演の土屋太鳳ちゃんも原作のキャラをバッチリ演じていて、数年前と比べてお芝居かなり上手くなったな…と感じました。エンディングまで楽しめて、大満足です!

設定がしっかりしていて、コメディタッチなのに胸キュン要素もあり、ちゃんと感動できて、もう一度観たい!と思えるような映画でした!

予備知識全く無くWOWOWで観ました。月川翔監督作品。この映画は菅田将暉と土屋太鳳の2人の作品と言って良いと思う。特に土屋太鳳の前半と後半の演技のコントラストが良く、とても綺麗に表現されています。さすが月川監督。また、脇を固める夏目(池田エライザ)と大島(浜辺美波)がとても良いアクセントの役割をしています。漫画原作の作品としては、とても良い出来です。

やれ壁ドンやら、歯が浮きそうなセリフを無しに、
高校生の青春を描きます。

スマホや携帯を乱用せず、
素直にストーリーが展開します。

菅田将暉さん演じる、恵まれ過ぎた
家庭環境に反骨する多感な高校生。
土屋太鳳さん演じる学業オンリーで
自分しか信じない。
この2人が徐々に心を通じ合っていく
過程がなかなか良い。

最後は、見てる人のモヤモヤをしっかり
拾い上げてくれたので、めでたしめでたし。

学力だけが生き甲斐の様な主人公の女子高生が、ある男子と出会い、心が開いていく物語。

学生時代にこういう変わった出会いがあり、恋があり、経験があればいいなぁと思う、ちょっと自分の殻を破れない様な思春期の女子にとっては理想的な高校映画だ。

この映画が魅力的に映るのは、やはり怪物くんなる菅田将暉の存在だろう。
原作漫画と同じかは分からないが、序盤から破茶滅茶ぶりを見せる。だが、同時に純粋な一面も。
そこに冒険心が加わる。
この何考えてんだか分からない様な所に魅力を感じる人は多い。
そんな異性に振り回されてみたい(関わってみたい)欲望が観る側にあるならば、この映画は面白いだろう。

主人公役の土屋太鳳も、こんなに根暗そうな女子役が似合うと思わなかった。無口で根暗そうな女子に限って、よく見ると美人だったとかは昔もあったw

内容はともかく笑える部分もありましたし、全体的に活き活きしてましたので、観やすかったです。

 

映画「となりの怪物くん」のあらすじ

となりの怪物くん』は、ろびこによる漫画作品です。『デザート』(講談社)2008年10月号から2013年8月号まで本編が、2013年10月号から2014年1月号まで番外編が連載されました。略称は「とな怪」。

 

以下あらすじです。

あらすじを見ずに映画「となりの怪物くん」を楽しみたい方はコチラから

映画「となりの怪物くん」を
U-NEXTで視聴する

 

行動予測不能な超問題児で“怪物”と呼ばれる春と、ガリ勉&冷血の雫。恋人おろか友達すらいない2人は高校1年生の4月、ひょんなことで知り合う。それ以来、春は雫を勝手に“初めての友達”に認定し、さらに唐突に「シズクが好き」と告白。初めは無関心だった雫だが、やがて春の本当の人柄に触れ心惹かれていく。そして二人の周りには、夏目、大島ら、個性豊かな友達も増えていった。初めての友情、初めての恋。そして、春のライバル・ヤマケンの登場によって初めての三角関係も巻き起こり、二人の世界が変わっていく。そんなある日、春は絶縁状態だった父親の元へ連れ戻されることになり、雫の前から姿を消してしまう。なぜ、春は“怪物”になったのか?その真実が明らかになったとき、春と雫の恋の行方は―

 

映画「となりの怪物くん」のキャスト・スタッフ

  • 映画「となりの怪物くん」のキャスト

水谷 雫(みずたに しずく)
演 – 土屋太鳳

吉田 春(よしだ はる)
演 – 菅田将暉

夏目 あさ子(なつめ あさこ)
演 – 池田エライザ

佐々原 宗平(ささはら そうへい)
演 – 佐野岳

山口 賢二(やまぐち けんじ)
演 – 山田裕貴

「となりの極道くん」ではケンジ役。
大島 千づる(おおしま ちづる)
演 – 浜辺美波

吉田 優山(よしだ ゆうざん)
演 – 古川雄輝

三沢 満善(みさわ みつよし)
演 – 速水もこみち

吉田 泰造(よしだ たいぞう)
演 – 佐野史郎

 

  • 映画「となりの怪物くん」のスタッフ

原作 – ろびこ『となりの怪物くん』(講談社「KCデザート」刊)
監督 – 月川翔
脚本 – 金子ありさ
音楽 – 林ゆうき
主題歌 – 西野カナ「アイラブユー」
製作 – 市川南
共同製作 – 村田嘉邦、吉羽治、弓矢政法、山本浩、渡辺章仁、水野道訓、荒波修、吉川英作
エグゼクティブ・プロデューサー – 山内章弘
企画・プロデュース – 臼井央、春名慶
プロデューサー – 神戸明、馬場千晃
ラインプロデューサー – 阿久根裕行
撮影 – 鍋島淳裕
照明 – かげつよし
録音 – 久野貴司
美術 – 古積弘二
編集 – 瀧田隆一
助監督 – 牧野将
製作担当 – 濱崎林太郎
音楽プロデューサー – 北原京子
プロダクション統括 – 佐藤毅
配給 – 東宝
製作プロダクション – 東宝映画
製作 – 「となりの怪物くん」製作委員会(東宝、博報堂DYミュージック&ピクチャーズ、講談社、ジェイアール東日本企画、博報堂、ローソンHMVエンタテイメント、ソニー・ミュージックエンタテインメント、GYAO、日本出版販売)

 

最後に:映画「となりの怪物くん」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「となりの怪物くん」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」で視聴するのがオススメです!

U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画「となりの怪物くん」を
U-NEXTで視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ