動画

映画「うさぎドロップ」のフル動画配信を無料で視聴する方法は?あらすじや感想も【松山ケンイチ、芦田愛菜主演】

 

ー まわりを見渡せば、世界は愛で溢れてる。 ー

 

りんは俺なんかと一緒にいていいのかどうか正直わからない、だけどーー

 

2011年8月20日に公開された

映画「うさぎドロップ」

今回はこの映画「うさぎドロップ」を無料で視聴する方法です。

 

映画「うさぎドロップ」をU-NEXTで無料で視聴する

映画「うさぎドロップ」は現在U-NEXTでレンタル料無しの見放題となっています。

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

この見放題はU-NEXTの31日間無料のお試しキャンペーンに対応しているため

映画「うさぎドロップ」のフル動画を無料で視聴するなら、U-NEXTの無料キャンペーンがオススメです!

U-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

映画「うさぎドロップ」を
U-NEXTで視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ

 

というわけで

映画「うさぎドロップ」フル動画は
「U-NEXT」で見ることが可能です。
U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画「うさぎドロップ」を
U-NEXTで視聴する

 

FODで無料期間にもらえるポイントを使って無料で映画「うさぎドロップ」を視聴する

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】では映画「うさぎドロップ」は有料レンタルと言った形をとっています。

FODでは新規登録すると、30日間の無料お試し期間がついてきて、

ポイントが毎月8のつく日(8日・18日・24日)にそれぞれ400ポイントを無料で手に入れることができます。

なので、そのポイントを使えば無料で映画「うさぎドロップ」を視聴することが可能です。

※30日間の無料トライアル中で解約すれば料金はかかりません。

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

クリックするとFODプレミアム公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

TSUTAYA TVで無料期間にもらえる1,080円分のポイントを使って無料で映画「うさぎドロップ」を視聴する

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASでは映画「うさぎドロップ」は有料レンタルといった形をとっていますが、

新規登録すると30日間の無料お試し期間がついてきて、無料期間中に付与されるポイント「1,080ポイント」を使えばレンタル料を0円にして見ることができます!

TSUTAYA TVでは、映画「うさぎドロップ」に必要なポイントは300ポイントなのでポイント利用でもう一本お好きな映画を楽しめます。

おすすめは「定額レンタル8+動画見放題プラン」、TSUTAYAのDVDを8枚まで借りながら、動画配信サービスも楽しめるお得なプランです。

また、30日間の無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASの
無料お試し期間で視聴する

クリックするとTSUTAYA公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

映画「うさぎドロップ」の感想

ダイキチ役の松山ケンイチさんの映画を初めて見ました。

原作に思いのあるかたは、相違感に心乱されてしまうようですが、
私のように予備知識ゼロで見ると、満足しかない映画です。

祖父の残した6歳の娘。実の母親は産み落とした時から「ムリ」なのに、独身好青年の主人公は、やむにやまれぬ勢い?で「6歳の伯母さん」を引き取ります。

この子を大切にしたい、愛すると決めたから。大人の都合なんてまったく関係なく、こんなベタに純粋な愛を描くなんてビックリ。

ベタなのに嫌みなく素直に楽しめたのは、芦田玲奈ちゃんマツケンさん、そしてすべての役者さんが魅力全開の演技を炸裂しているから。

二時間に満たない本編に、とても贅沢な配役です。綾野剛さんなんて、たった二回しか出番がないのに、ネットでレンタルでしたが、大満足でした。マツケンも初めて見ましたが、あったかくて、マシュマロうさぎさんみたい。

脚本は枝葉を取り除き、マツケンさんと芦田玲奈ちゃんの愛が周囲の愛のネットワークまで起動させていく楽しさ嬉しさに焦点を絞っています。

心が疲れた時に、何度でも見たくなりそうです。

基本的にほのぼの路線で、子育てのうちの重い内容には極力踏み込まないで済ませているのがわかりますが、これはこれでエンタテイメントとしては正解かと。
松山ケンイチさんは、やっぱりいい役者さんだと思います。香里奈さんは正直ちょっとミスマッチなところもあり、映画の中には余分と思えるシーンもあるものの、そういうマイナスを全部吹っ飛ばすくらいに魅力的なのが芦田愛菜ちゃん。
公開されたのはマルモの後ですが、撮影はmotherの後の夏ですから、愛菜ちゃん、当時6歳。いやもう、前半の儚げな悲しい表情と、後半の弾ける笑顔を見たら、誰でも彼女の虜になるでしょう。愛菜ちゃん自身が作った子役ブームで、昨今はすっかり天才子役ばやりですが、やっぱり芦田愛菜は別格だと、見た人に納得させてしまう力があります。
個人的に凄いと思ったのは、「冒険」から帰還したりんをダイキチが迎えた時、心配したぞと責められて、ダイキチが右手を動かしたとき(携帯を取り出すのですが)一瞬叩かれると思ってびくっとする瞬間のりんの表情と仕草。
幼いころから、隠し子として育った暗い部分や、父親の死や、ダイキチに心開いていった思い出や、大好きなダイキチを困らせてしまったという引け目や、、、、
いろんな思いをその一瞬の演技で観客に伝えてしまう、これはもう天性のものとしか言いようがありません。
愛菜ちゃん自身はそこまで計算しているわけではなく、おそらく自然体でお芝居しているのでしょうが、見る者にいわば「余韻」を感じさせる子役さんは、愛菜ちゃん以外にはいません。
特典映像はそんな愛菜ちゃんの素顔の魅力が満載で、これだけでも見る価値があります。
ということで、「うさぎドロップ」の映画版、その魅力は控えめに言って半分以上芦田愛菜ちゃんが担っていると思います。愛菜ちゃんがお好きなら文句なくお勧め。

この映画は、シングルの子育ての奮闘ぶりをいくぶんコミカルに描写しています。
その中で、保育園の送り迎えなど仕事との両立、父性本能、家族のありかた、そして、子どもの世界観をいろんなシチュエーションを交えてアプローチしています。
それも、おじいさんの隠し子がいることが分かり、親族が施設に入れようとしていたところを、30歳独身サラリーマンであったおじいさんの孫が意念発起し、引き取って育てるという、とてもユニークなシナリオ設定となっています。
その少女りんを演じる芦田愛菜ちゃんは、凛としっかりと自身の考えを維持しようとしつつも、やはりなんといっても6歳の少女だということを垣間見せる好演をしています。
子育てをするダイキチを演じる松山ケンイチの、職種も変え生活スタイルも変え、必死のパッチで子育てに奮闘し、父性本能に目覚めていくところに新任パパのエネルギー感があふれています。
ほかに、桐谷美玲、風吹ジュン、香里奈、キタキマユなどが出演。
この二人の関係は、父娘という親子関係のようでありつつも、そうではなくもっと深い愛情に包まれているようにも思います。
とてもナミダするところは、少女りんとその保育園の友だちが、子どもは子どもだけの世界があり、そこには追憶とともに深く悲しみを感じているところがあるんだというところを描写したシーンです。
いずれもドラマチックに、微笑ましく、ちょっぴり寂しくと、バリエーション豊富な感情に包まれる、とてもいい映画です。

国際線のビデオプログラムでたまたま見た映画。
たまたま見たのにも関わらず、とても楽しんでしまった。

この映画は、独身・会社員のダイキチ(松山ケンイチ)のおじいちゃんが死んでしまい、そのおじいちゃんの隠し子のりん(芦田愛菜)を
ダイキチが引き取り、育てるという物語。
現代、そして未来の子育てについて考えさせられました。

物語序盤にりんがおにぎりを作るシーンがあるが、このときのダイキチの対応が印象的だった。
りんのおにぎりの作り方は、食事中にコップの中のウーロン茶に手を入れ、手を濡らしてから急におにぎりを握り始める。
一般的にいえば、決してお行儀がいいとはいえない。
しかし、ダイキチは指摘をしたり、怒らずに、ただりんがおにぎりを作るところを見守っていた。
これが理想の子育てだと思った。
別に家でリラックスしているときだから、この行動はありなのだ。
この子はいずれ、おにぎりを握る場所を自分で選んでいくだろう。
だからこそ、わざわざこのシーンでは怒ることはないのだ。
参考にしたいと思える、とても印象的なシーンであった。

また、困っている子供がいれば、たとえ自分の子供でなくとも面倒を見てあげられる、そんな大人になりたいと思った。
子供には「生まれる」か、「生まれない」の選択の自由はない。
だからこそ子供に罪はなく、周りにいる大人、助けられる大人が助ける必要がある。

これからは親ではなく、「社会で子供を育てる」ということが、多くなっていくのかもしれない。
というか、多くなってほしいと私は思う。
やっぱり子供はかわいいし、私たち人類の最も大切な財産である。

この映画、物語は非常にシンプルであり、ただ見るだけでもおもしろい。
しかし、考えさせられる問いが多くあり、思考をしても楽しめる。

子育てをしたいと思っている人には、ぜひおすすめの映画である。

 

映画「うさぎドロップ」のあらすじ

累計発行部数60万部を突破した宇仁田ゆみの人気漫画を、SABU監督が松山ケンイチ主演で実写映画化。亡き祖父の隠し子である6歳の少女りんを引き取り、不器用ながらも必死に育てようと奔走する姿が描かれています。

 

以下あらすじです。

あらすじを見ずに映画「うさぎドロップ」を楽しみたい方はコチラから

映画「うさぎドロップ」を
U-NEXTで視聴する

 

27歳、彼女なし。ごくフツーのサラリーマンであるダイキチが、祖父のお葬式で出会った孤独で悲しげな女の子は、おじいちゃんの隠し子だった!?引き取り手のないその少女・りんを男気を見せて連れ帰ったダイキチ。こうして、突然、二人の共同生活が始まった!慣れない子育てにあたふたしつつも、いつもりんのことを一番に考え、底なしの優しさで包み込み育てていくダイキチ。そんなダイキチに心を開き、無邪気な笑顔を見せるようになるりん。ひょんなことから一緒に暮らすことになった二人が、周りのみんなに支えられ、見守られながら、本当の家族のような愛情と絆で結ばれていく。

 

映画「うさぎドロップ」のキャスト・スタッフ

  • 映画「うさぎドロップ」のキャスト

河地大吉(かわち だいきち)
演 – 松山ケンイチ

鹿賀りん(かが りん)
演 – 芦田愛菜

二谷コウキ(にたに コウキ)
演 – 佐藤瑠生亮

二谷ゆかり(にたに ゆかり)
演 – 香里奈

鹿賀宋一(かが そういち)
演 – 平井雅士

吉井正子(よしい まさこ)
演 – キタキマユ

河地健二(かわち けんじ)
演 – 中村梅雀

河地幸子(旧姓・鹿賀)
演 – 風吹ジュン

河地カズミ
演 – 桐谷美玲

前田春子(まえだ はるこ)
演 – 吉田羊

前田秀幸(まえだ ひでゆき)
演 – 長澤壮太郎

前田麗奈(まえだ れいな)
演 – 田辺まり

憲一
演 – 秋野太作

河村(川村)
演 – 木村了

日高
演 – 池田成志

後藤さん(ごとうさん)
演 – 池脇千鶴

キョウイチ
演 – 綾野剛

杉山由美子
演 – 高畑淳子

 

  • 映画「うさぎドロップ」のスタッフ

監督 – SABU
製作 – 小崎宏、藤岡修、籏啓祝、古橋明、山崎浩一、久保田修、町田智子、竹ノ上蔵造、山本潤、喜多埜裕明、百武弘二
プロデューサー – 松本整、宇田川寧
エグゼクティブプロデューサー – 春名慶
共同プロデューサー – 柴原祐一
原作 – 宇仁田ゆみ
脚本 – 林民夫、SABU
撮影 – 柳田裕男
特殊メイク – 中田彰輝
美術 – 秋葉悦子
衣裳 – 宮本まさ江
編集 – 坂東直哉
キャスティング – 田端利江
音楽 – 森敬
音楽プロデューサー – 安井輝
音響効果 – 北田雅也
B班撮影 – 金子正人、馬路貴子
VE – 島崎靖
スクリプター – 森直子
ヘアメイク – 横瀬由美
照明 – 宮尾康史
製作担当 – 的場明日香
装飾 – 大川佳子
録音 – 岩倉雅之
助監督 – 武正晴
製作プロダクション – スモーク
制作協力 – ダブ
制作 – 「うさぎドロップ」製作委員会(博報堂DYメディアパートナーズ、ハピネット、関西テレビ放送、東海テレビ放送、パルコ、スモーク、朝日新聞社、第一製版、テレビ西日本、Yahoo! JAPAN、ショウゲート)
配給 – ショウゲート

 

最後に:映画「うさぎドロップ」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「うさぎドロップ」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」で視聴するのがオススメです!

U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画「うさぎドロップ」を
U-NEXTで視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ