動画

映画「何者」のフル動画を無料で視聴する方法は?あらすじや感想も【佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生主演】

 

ー 青春が終わる 人生が始まる。 

 

恋愛、友情、就活、裏切り。これが僕たちのリアル。

 

2016年10月15日に公開された

映画「何者」

今回はこの映画「何者」を無料で視聴する方法です。

 

映画「何者」をU-NEXTで無料で視聴する

映画「何者」は現在U-NEXTで無料お試し期間中に無料で付与されるポイントを使えば視聴することができます。

なので

「有料レンタル動画を無料で視聴したい!」というのであれば

無料で付与されるポイントで視聴できるU-NEXTがオススメです!

U-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

※本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

映画「何者」を
U-NEXTで視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ

 

というわけで

映画「何者」フル動画は
「U-NEXT」で見ることが可能です。
U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画「何者」を
U-NEXTで視聴する

 

FODで無料期間にもらえるポイントを使って無料で映画「何者」を視聴する

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】では映画「何者」は有料レンタルと言った形をとっています。

FODでは新規登録すると、30日間の無料お試し期間がついてきて、

ポイントが毎月8のつく日(8日・18日・24日)にそれぞれ400ポイントを無料で手に入れることができます。

なので、そのポイントを使えば無料で映画「何者」を視聴することが可能です。

※30日間の無料トライアル中で解約すれば料金はかかりません。

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

クリックするとFODプレミアム公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

TSUTAYA TVで無料期間にもらえる1,080円分のポイントを使って無料で映画「何者」を視聴する

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASでは映画「何者」は有料レンタルといった形をとっていますが、

新規登録すると30日間の無料お試し期間がついてきて、無料期間中に付与されるポイント「1,080ポイント」を使えばレンタル料を0円にして見ることができます!

TSUTAYA TVでは、映画「何者」に必要なポイントは400ポイントなのでポイント利用でもう一本お好きな映画を楽しめます。

おすすめは「定額レンタル8+動画見放題プラン」、TSUTAYAのDVDを8枚まで借りながら、動画配信サービスも楽しめるお得なプランです。

また、30日間の無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASの
無料お試し期間で視聴する

クリックするとTSUTAYA公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

映画「何者」の感想

本作を見始めてしばらくすると、かつて自分が就活していた時の記憶が甦ってきた。
個人的な話だが、私が就活していた時代はバブル崩壊直後で就職氷河期だった。
サークルに所属していた私は、先輩たちから何百社も受けてようやく受かった
ような話を聞かされており、暗澹たる気持ちに陥った。

それまで特に目標もなく大学生活を過ごしてきた私にとって、
何よりも難しかったのが「自己PR」だった。
自分が何者であるか。何を目指しているのか。
就活では、そうしたことが問われる。

幸か不幸か私は2社目にして内定をもらってしまい、残りの大学生活を卒論と
バイトに明け暮れていたので、実は就活で苦しんだ記憶はない。
振り返ってみても、何で受かったのか、何を話したのかすら思い出せない。
ただ数十年社会人生活を続け、新卒・中途採用をする立場になった今、
就活を振り返るといくつかわかることがある。

おそらく多くの就活生が悩む「自分は何者であるか」の答えは、
自分の過去にしかない。
正確には、過去の行いから説明するしかない。
そのため、大したことをしてこなかった多くの就活生は本作中の登場人物のように
様々な立場をとりはじめる。
肩書きを並べ虚勢をはる者、素直な自分で真っ向勝負する者、自分は他とは違うと
棚に上げて他人の有様をあざ笑う者。

就活で企業側は、その人が自分にどう折合をつけて取組んできたかを見ている。
そして、この就活というハードルに直面して、どう取り組んでいるのかを見ている。
主人公の拓人が受からなかった理由は、彼の行動や立ち位置が企業側に
見透かされていたからだろう。

就活生は、この拓人のような立ち位置をとる人が多い。
その理由は、おそらく自分の心を守るための保険をかけておきたいからだ。
落ちても心が傷つかないようにするため、必至に取り組む者を笑うことで心の
安寧を得ようとしているのだ。

だが、本作終盤に拓人のSNSが見つかり、友人たちをあざ笑っていたことがバレる。
友人から見れば、裏切り行為とも見えるだろうし、本当は友達でもなんでもなかったと
思う者もいるだろう。
しかし、拓人にとっては意味が違う。
彼は友人を裏切りたかったわけでもないし、あざ笑いたかったわけではない。
自分の心を守るため、必死に予防線を張っていただけだった。
それ故に、それが見つかってしまった時、これまで行動が如何に愚かで情けないもので
あるかに気がつく。
自分があざ笑っていた人よりも遥かに自分の方が必至で愚かしいことに。

繰り返しになるが、拓人のような心持で就活している者が実に多い。
そうした人は心がナイーブで傷つきたくないのだろう。
だが、社会に出るということ、生きるということは、それではダメだ。
如何に心が傷ついたとしても、現実逃避することなく向き合うことができる
タフさが必要なのだ。

本作は、拓人のような自分の殻に閉じこもった就活生への応援歌なのだろう。
また、心の殻を破るため、疑似体験させてくれる教材と言えるかもしれない。
内定をもらえていない就活生は、ぜひ見るべき作品だと思う。

この映画について、「SNSを使って就活生の心の闇を描いた映画」「希薄となった現代社会の人間関係を描いた映画」というような、どちらかというとネガティブ(それが面白いという人も含めて)というような着地の感想がやや多いように思う。

しかし、実際にはこの映画は終盤で非常にストレート且つ、ポジティブなメッセージ=応援を送っている傑作だと感じた。

拓人は終盤で明らかになるある設定の通り、自分が演劇というかつて頑張り続けていた部分に自信を持てず、『寒い』と感じ、予防線を張り続けていた男。周囲を客観視することで自分をガードしていた男。

それに対して、彼が想いを馳せる瑞月がいわゆる意識高い系である隆良に放つ一言が非常に印象的だ。
「10点でも20点でも自分の中から出すんだよ。そうしないと点数すら付けてもらえない!」

このセリフに呼応する存在として、拓人がかつて劇を一緒に創り上げた烏丸ギンジというキーパーソンがいる。

彼は就職活動は行わず、新作の演劇を毎月公演するという。そして、彼の作品は決して世間に認められているわけではない。

だけど、この作品における彼は、正に瑞月のいう10点でも20点でも、かっこ悪くても戦い続けている存在だ。

山田孝之演じる理系院生の先輩が拓人に対し、「お前はギンジと似ている」「ギンジの公演は観にいったのか?」とギンジの存在を匂わすシーンが多い。拓人もギンジと同様に、逃げずに戦える人間なんだと示唆しているのが印象的。

終盤明らかになる拓人の設定も非常に衝撃は大きい。
何事もクールに決め込んでいたつもりで逃げていたダメ人間であるということを突きつけられ、疾走する拓人。

最後の面接シーンでは、かつて自分が情熱を注いだ劇団と、彼の親友であった烏丸のことを語って終わる。
逃げ続けるのではなく、10点でも、20点でも、格好悪くても、自分をむき出しにして、戦うことを決めた拓人の姿は、何度見ても胸が熱くなるのだ。

上記の通り、この作品のテーマは決して就活生にのみ当てはまるのではなく、人間というか、人間社会においても、心強いメッセージとなる、大傑作と感じた。

覚める
佐藤健演じる主人公は分析家
他者を批判するばかりで自分がどうしたいかが分からない(考えていないように映る)
そのためか就活に失敗してばかり。
ラストシーン、その殻を破り、自分をさらけだす姿に感動。
意見に客観性は大事だけども主観性がなければ人の心を打つことはない。
とはいえ、そのラストシーンで面接官の心を動かしているように思うものの、
面接をパスしたかどうかは不明。血の通った意見をいえたとしても、
それでも就活に成功するかは分からないよ、と言いたいのかと思う。私もそう思うが。

冷める
とはいえ、私もこうして、レビューを記載することを趣味にしているわけだが、
あくまで客観的なことばかりを記載していると自分が何者か分からなくなるんだろう。

さえる
覚める 冷めるとレビューの要旨の語呂が似てるなと思って、上記のような記載っぷりにしてみたが、
もう一つ。この映画は佐藤健の冴える演技のおかげでここまでの作品になっていると感じる。
典型的な現代風インテリ学生の大半がこんな感じと思う。ただ、この映画の主人公は「ダメ人間」ではないんだよなあ。
明らかに努力をしているし能力も高い。ただ、見せ方が悪い。素直になれ!ってやつなんだなあ。

タクトは本当は演劇が好きだった。
自暴自棄に陥っていた就活浪人という地獄。

他人を評価、批判する事に時間を費やし、あたかも自分が優位になっている錯覚に陥る。
しかし、この現実逃避の行いがタクト自身と向き合う時間を減らし、ツイートしている自分が何者かが分からなくなっている。

人のことを評価する自分。しかし、そんな自分は何者か?

夢。
現実それを続けたり、仕事にすることは難しい。
生活を脅かすリスクが付きまとい、人の批判も受けやすくなるからだ。
タクトも葛藤したのだろう。

授業中にも、作品作りに没頭する姿。それがタクト自身の姿だった。
ミズキはタクトが何者か、を見抜いていたのかもしれない。
タクトがミズキを好きだったことも。ミズキは分かっていた。

最後の面接の場面。
タクトは本来の感情を表現する。
話しながら感情を取り戻そうとしている。葛藤は続いている。それでも一歩前進しようとしている。

これが人の姿なのだ。少しずつ、人は本来の姿を取り戻してゆくのだ。
心を打たれた。

正直刺さる映画でした。
と言え私は、したくもない就職の為に努力するのが嫌で逃げ回っていた人間ですが。
そんな私もなんとか職に就き理不尽さと、将来に対する不安、周りとの比較、義務と権利に直面しています。
今ごろになってですが、働くことの指針が明確に見えてきたように考えます。
労働とは苦痛なことです。新人は上司と先輩にコキ使われ。中堅は上司の責任と部下の指導を受持ち、管理職は役員から無理難題を浴びせられ、部下に陰口を叩かれながら対応する。
こんな世の中に希望なんて持てないんです。持てないながらも生きて家族を養って行かなきゃならないんです。
その為の仕事なんです。
この事に気がつく時には、もう新卒では無いんです。
気がついたその時から始まるのが人生ではないでしょうか?

 

映画「何者」のあらすじ

何者』は「桐島、部活やめるってよ」の朝井リョウの小説です。2012年11月30日に、新潮社より書き下ろしで発刊。第148回直木三十五賞受賞作。

2016年10月15日に映画化作品が公開、2017年秋に舞台化されました。

 

以下あらすじです。

あらすじを見ずに映画「何者」を楽しみたい方はコチラから

映画「何者」を
U-NEXTで視聴する

 

朝井リョウが直木賞を受賞し、大きな話題を呼んだ原作の映画化作品。ひとつの部屋に集まった5人の男女。大学の演劇サークルに全力投球していた拓人。拓人がずっと前から片想いをしている瑞月。瑞月の元カレで、拓人とルームシェアをしている光太郎。拓人たちの部屋の上に住んでいる、瑞月の友達の理香。就活はしないと宣言する、理香と同棲中の隆良。理香の部屋を「就活対策本部」として定期的に集まる5人。それぞれが抱く思いが複雑に交錯し、徐々に人間関係が変化していく。「私、内定もらった・・・。」やがて「裏切り者」が現れたとき、これまで抑えられていた妬み、本音が露になっていく。人として誰が一番価値があるのか? そして自分はいったい「何者」なのか?

 

映画「何者」のキャスト・スタッフ

  • 映画「何者」のキャスト

二宮拓人 – 佐藤健
田名部瑞月 – 有村架純
小早川理香 – 二階堂ふみ
神谷光太郎 – 菅田将暉
宮本隆良 – 岡田将生
サワ先輩 – 山田孝之
OVER MUSICのメンバー – タイヘイ、オチ・ザ・ファンク(カラスは真っ白)

 

  • 映画「何者」のスタッフ

原作 – 朝井リョウ『何者』(新潮文庫刊)
監督・脚本 – 三浦大輔
音楽 – 中田ヤスタカ
主題歌 – 中田ヤスタカ「NANIMONO(feat. 米津玄師)」(ワーナーミュージック・ジャパン)
劇中歌 – 忘れらんねえよ「俺よ届け」「まだ知らない世界」、LAMP IN TERREN「pellucid」、Rhythmic Toy World「あの日見た青空はきっと今日に続いている」[5]
製作 – 市川南
共同製作 – 畠中達郎、中村理一郎、弓矢政法、市村友一、髙橋誠、吉川英作、坂本健、荒波修
エグゼクティブ・プロデューサー – 山内章弘
企画・プロデュース – 川村元気
プロデューサー – 石黒裕亮
ラインプロデューサー – 田口生己
プロダクション統括 – 佐藤毅
撮影 – 相馬大輔
録音 – 加藤大和
照明 – 佐藤浩太
美術 – 小島伸介
装飾 – 石上淳一
スクリプター – 田口良子
編集 – 穂垣順之助
スタイリスト – 伊賀大介
ヘアメイク – 梅原さとこ
VFXスーパーバイザー – 小坂一順
音響効果 – 小島彩
ギター指導 – シミズコウヘイ(カラスは真っ白)
キャスティング – おおずさわこ
助監督 – 茂木克仁
製作担当 – 萩原満
企画協力 – 新潮社
配給 – 東宝
製作プロダクション – 東宝映画
製作 – 映画「何者」製作委員会(東宝、アミューズ、電通、ジェイアール東日本企画、朝日新聞社、KDDI、日本出版販売、ローソンHMVエンタテイメント、GYAO)

 

最後に:映画「何者」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「何者」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」で視聴するのがオススメです!

U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画「何者」を
U-NEXTで視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ