動画

映画「X-MEN: ダーク・フェニックス」のフル動画配信を無料で視聴する方法は?あらすじや感想も【X-MENシリーズ最新作】

 

ー 止めなければ、すべてが終わる。 

 

マーベル『X-MEN』シリーズ最新作にして、シリーズ史上最大の衝撃作!

 

2019年6月21日に公開された

映画「X-MEN: ダーク・フェニックス」

今回はこの映画「X-MEN: ダーク・フェニックス」を無料で視聴する方法です。

 

映画「X-MEN: ダーク・フェニックス」をU-NEXTで無料で視聴する

映画「X-MEN: ダーク・フェニックス」は現在U-NEXTで無料お試し期間中に無料で付与されるポイントを使えば視聴することができます。

なので

「有料レンタル動画を無料で視聴したい!」というのであれば

無料で付与されるポイントで視聴できるU-NEXTがオススメです!

U-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

※本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

映画「X-MEN: ダーク・フェニックス」を
U-NEXTで視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ

 

というわけで

映画「X-MEN: ダーク・フェニックス」フル動画は
「U-NEXT」で見ることが可能です。
U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画「X-MEN: ダーク・フェニックス」を
U-NEXTで視聴する

 

映画「X-MEN: ダーク・フェニックス」の感想

現在のマーベル映画隆盛の先駆けとして20年続いてきたこのX-MENシリーズは、他のスーパーヒーロー映画とは一線を画した独自の世界観を持っている。

進化した人類として超人的能力を持って生まれた主人公たち「ミュータント」はその能力や異形の姿から「普通の」人間たちからは称賛されるどころかマイノリティとして差別を受け苦悩する存在であり、そうした差別による困難やマジョリティである人間たちとの複雑な関係に実際の歴史的背景を交えつつ、ミュータントが人間と同等の権利を獲得するために様々な形で闘うことが大きなテーマのスーパーヒーロー映画である。

さらに、主要キャストのジェームズ・マカヴォイやマイケル・ファスベンダー 、ジェシカ・チャスティン、ソフィ・ターナー、ジェニファー・ローレンス等挙げたらキリがないほど、アカデミー賞はじめ各映画賞常連の超実力派俳優が有り得ないぐらい揃い、スーパーパワーだけでなく超演技力で闘うのがこのX-MENシリーズのもう一つの大きな魅力でもある。
トリロジーの区切りとなる今作は特に地に足の着いたエモーショナルな、キャラクター同士の人間関係により重点が置かれた、謂わば「家族」の物語が主題であり、特殊効果によるダイナミックな映像美だけでなくキャラクター間の会話が物語の肝でもあるのだけれど、字幕ではどうしても文字数の関係上台詞が端折られてしまっており、英語の聞き取りが難しく字幕に頼る必要のある観客にはキャラクターの意図やストーリー進行の理解が不十分になっている感があった。もちろん卓越した俳優たちの肉声と演技を楽しむには字幕が一番ではあるが、英語を聞いて字幕を頭で補完するのが難しく映画そのものや今作の素晴らしいアクションシーンや映像、名匠ハンス・ジマーによる音楽を十分に楽しみたい場合は、個人的には吹替をオススメしたい。
映画館では字幕のみでしか楽しめなかった方もディスクなら吹替も堪能しすぐに字幕と見比べることも出来るので、より作品への理解と愛着が深まるのではと思う。
吹替は全てシリーズ最初から各キャラクターを担当しているプロの声優のみで構成されているので、元の映画を毀損することなく最大限に堪能できるだろう。
自宅でゆっくりとこのマーベルヒーロー映画隆盛の基礎を成した伝説的シリーズの終章を楽しみたいと思う。

「X-MENフューチャー&パスト」で過去を変えてしまったために世界線が分岐し、旧3部作とはつながらなくなった新シリーズでしたが、ウルヴァリオンが「ローガン」で卒業し、「X-MEN/ファースト・ジェネレーション」から始まった現メンバーも今作で卒業となりました。

そもそもX-MENって何が素晴らしいかっていうと、人種問題という現代社会、特にアメリカ本国がずっと抱える問題をミュータントという設定を用いて上手く描いているところです。勧善懲悪のヒーロー物ではなく、各ミュータントにそれぞれの正義があり、どの正義も間違っていないから考えさせられるわけです。だから、時にプロフェッサーXとマグニートーが敵対することもあれば利害の一致で手を組むこともあり、その展開がファンとしては熱いわけです。

今作は全体的にはダークな世界観で、サイコキネシスのミュータント・ジーンにスポットを当てた作品ということもあり、プロローグでのジーンのトラウマシーンから始まり、能力を制御できない苦しみを描いた観ている側も胸が苦しくなる悲しい作品でした。

1992年、スペースシャトルが宇宙空間で太陽フレアの影響で事故に遭うところから本編が始まります。

前作「X-MEN/アポカリプス」のラストで新生X-MENが発足し、その後長きわたりチャールズがX-MENを指揮し、いわゆる政府が出したSOSに駆けつけるスーパーヒーローとしての活動を継続したことにより、迫害や差別を受けていたミュータンに市民権を得ることができていた。しかし、ミスティークことレイヴンは、「チャールズが自分たちの子供や仲間を危険に身を投じさせ、自分は安全な場所で命令しているだけ、仲間が危険に晒されているのに目をそむけ、それは年々ひどくなっている」と警笛を鳴らす。チャールズは「それをしなければ自分たちミュータントが安全かつ平和に暮らす方法はないと2人の意見は分裂する。チャールズの意見もレイヴンの意見もどちらもわかります。マグニートーも、無関係の自分の家族を人間に殺されている過去があるだけに完全には憎めない存在ですから。

しかし、今作ではそのチャールズの判断が結果ジーンを危険に晒すことになり、仲間にも影響を及ぼすことになります。宇宙ミッションでの一件をきっかけにジーンは暴走し始め、市民権を得ていたミュータントが人間に被害を及ぼす危険因子となってしまい、再びミュータントに向けられる目が厳しく逆戻りします。

最強のミュータントとなってしまったジーンの暴走を誰が止めるのか、そしてジーンの心を誰が救うのか、そしてジーンを暴走へ導いた宇宙フレアの正体とは一体何なのか? それが今作のメインテーマであります。

個人的感想としては、20世紀FOX製作版ラストだけあり衝撃的な展開には驚きを隠せませんでしたし、シリーズ中ずっとウルヴァリンに主役を取られ、脇役に追いやられていた見せ場のないサイクロップスが今作で最後の最後で大活躍を見せていたのは嬉しかったですし、旧三部作で奪われたジーンとの恋愛もちゃんと描いていたのは良かったです。

ジーン・グレーがファムケ・ヤンセンだったシリーズでは、彼女の破壊エネルギーに耐えられるのは驚異の再生能力者でもあるヒュー・ジャックマンのウルバリンだけでけでしたが、xメン・ジェネレーション・シリーズになってからはウルバリンがいないので、まるでチョキがないジャンケンでパーの一人勝ち、破壊エネルギーの一方通行となりました。
ミュータントと悪い人間だけではない設定は、最初の出来事から可能性が広がっていたので面白くなりました。
なんで、ミュータントの始祖で最強のエン・サバ・ヌールをジーンが倒せたか、改めて理解できます。
話が結構、シビアなので、エンドロールにお決まりの次回予告が無くて”おしまい”といった印象でしたが、スパイダーマンも3世代目なのでどうなる事やらと思います。
ジーンは仲間を攻撃してしまったりしますが、助けるところが2回あって、そこが物凄く胸を打つところです。

かたや「アベンジャーズ エンドゲーム」は新映像追加版公開で今週末にも世界興収歴代1位になろうかという大成功、一方の本作は興行成績も評価も振るわず、雲泥の差がついてしまったのだが…。MCUの複数作品をクロスオーバーさせてファンベースを築いてきた商売の上手さは認めるが、単体の映画としては「ダーク・フェニックス」に軍配を上げたい。

最大の理由は、タイトルロールでもあるダーク・フェニックス=ジーンのヴィランとしての魅力。X-MENの仲間でありながら最強の敵になってしまうという悲しき宿命に加え、演じるソフィー・ターナーのクールな美貌も大いに寄与している。サノスには物足りなかった悪役の魅力と悲哀を、彼女が満たしてくれた。

あと、あのラストは日本の某特撮ヒーローものの最終回を想起させて感慨深かった。偶然の一致なのか、共通の元ネタがあるのかは定かではないが。

 

映画「X-MEN: ダーク・フェニックス」のあらすじ

マーベル・コミックス社のアメリカン・コミック『X-MEN』の実写映画化作品で、1980年のストーリー「ダーク・フェニックス・サーガ」が元となっています。

映画『X-MEN』シリーズとしては通算で第7作品目。スピンオフ作品も含めると第12作品目です。

 

以下あらすじです。

あらすじを見ずに映画「X-MEN: ダーク・フェニックス」を楽しみたい方はコチラから

映画「X-MEN: ダーク・フェニックス」を
U-NEXTで視聴する

 

マーベル史上最強のダークサイドが暴走する!X-MENシリーズ、ついに最終章!X-MENは人類と共存し平和を守っていた。ある日、主要メンバーのジーン・グレイが、宇宙でのミッション中の事故によって謎の熱放射を浴びてしまう。そして、心の闇に潜んでいた彼女のもう一つの人格“ダーク・フェニックス”が覚醒。仲間たちは彼女を救おうと手を差し伸べるが、彼女の解き放った力が予期せぬ悲劇を引き起こしてしまうのだった。そんな中、謎の女がジーンに近づき彼女の力を利用しようとしていた・・・。暴走するジーンの強大な力により絶体絶命の危機が迫る中、彼女を殺すべきか否かで意見を対立させるミュータントたち。果たして、最強の敵“ダーク・フェニックス”に立ち向かう術はあるのか--。

 

映画「X-MEN: ダーク・フェニックス」のキャスト・スタッフ

  • 映画「X-MEN: ダーク・フェニックス」のキャスト

※括弧内は日本語吹替

ジーン・グレイ / ダーク・フェニックス – ソフィー・ターナー(能登麻美子)
チャールズ・エグゼビア / プロフェッサーX – ジェームズ・マカヴォイ(内田夕夜)
エリック・レーンシャー / マグニートー – マイケル・ファスベンダー(三木眞一郎)
レイヴン・ダークホルム / ミスティーク – ジェニファー・ローレンス(牛田裕子)
ハンク・マッコイ / ビースト – ニコラス・ホルト(浅沼晋太郎)
スコット・サマーズ / サイクロップス(英語版) – タイ・シェリダン(木村良平)
オロロ・マンロー / ストーム – アレクサンドラ・シップ(志田有彩)
カート・ワグナー / ナイトクローラー – コディ・スミット=マクフィー(内山昂輝)
ピーター・マキシモフ / クイックシルバー – エヴァン・ピーターズ(吉野裕行)
セレーネ – コタ・エバーハード(藤田曜子)
アリキ – アンドリュー・ステリン(英語版)(白熊寛嗣)
ヴーク – ジェシカ・チャステイン(浅野真澄)

 

  • 映画「X-MEN: ダーク・フェニックス」のスタッフ

監督
サイモン・キンバーグ

脚本
サイモン・キンバーグ

音楽
ハンス・ジマー

撮影
マウロ・フィオーレ

編集
リー・スミス

製作会社
20世紀フォックス
バッド・ハット・ハリー・プロダクションズ(英語版)
ザ・ドナーズ・カンパニー
マーベル・エンターテインメント
TSGエンターテインメント(英語版)

配給
ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
20世紀フォックス

 

最後に:映画「X-MEN: ダーク・フェニックス」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「X-MEN: ダーク・フェニックス」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」で視聴するのがオススメです!

U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画「X-MEN: ダーク・フェニックス」を
U-NEXTで視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ