動画

映画「パッチギ!」のフル動画配信を無料で視聴する方法は?あらすじや感想も【井筒和幸監督作品】

 

ー 世界は、愛で変えられる。 ー

 

オレの17歳はアイツの強烈なパッチギから始まった。歌ってはいけない唄と、あの娘の、挟み撃ちにあいながらあの頃の京都は激しく、怒濤の日々だった。

 

2005年1月22日に公開された

映画「パッチギ!」

今回はこの映画「パッチギ!」を無料で視聴する方法です。

 

映画「パッチギ!」をU-NEXTで無料で視聴する

映画「パッチギ!」は現在U-NEXTでレンタル料無しの見放題となっています。

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

この見放題はU-NEXTの31日間無料のお試しキャンペーンに対応しているため、

映画「パッチギ!」のフル動画を無料で視聴するなら、U-NEXTの無料キャンペーンがオススメです!

U-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

映画「パッチギ!」を
無料お試し期間で視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ

 

というわけ

映画「パッチギ!」フル動画は
「U-NEXT」で見ることが可能です。

U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画「パッチギ!」を
無料お試し期間で視聴する

 

FODで無料期間にもらえるポイントを使って実質無料で映画「パッチギ!」を視聴する

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】では映画「パッチギ!」は有料レンタルと言った形をとっています。

FODでは新規登録すると、30日間の無料お試し期間がついてきて、

ポイントが毎月8のつく日(8日・18日・24日)にそれぞれ400ポイントを無料で手に入れることができます。

なので、そのポイントを使えば無料で映画「パッチギ!」を視聴することが可能です。

※30日間の無料トライアル中で解約すれば料金はかかりません。

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

クリックするとFODプレミアム公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

TSUTAYA TVで無料期間にもらえる1,080円分のポイントを使って実質無料で映画「パッチギ!」を視聴する

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASでは映画「パッチギ!」は有料レンタルといった形をとっていますが、

新規登録すると30日間の無料お試し期間がついてきて、無料期間中に付与されるポイント「1,080ポイント」を使えばレンタル料を0円にして見ることができます!

TSUTAYA TVでは、映画「パッチギ!」に必要なポイントは400ポイントなのでポイント利用でもう一本お好きな映画を楽しめます。

おすすめは「定額レンタル8+動画見放題プラン」、TSUTAYAのDVDを8枚まで借りながら、動画配信サービスも楽しめるお得なプランです。

また、30日間の無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASの
無料お試し期間で視聴する

クリックするとTSUTAYA公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

映画「パッチギ!」の感想

この映画の舞台の年代に私は生まれました。
家の前の道路を隔てた向こう側は在日の部落でした。
道路の向こう側の子供たちの一部は朝鮮学校に通い、こちら側の子供たちと、在日部落の子供の一部は日本の学校に通いました。
夜、道路の向こう側の部落から、外で激しく口論したり、怒鳴ったり、ケンカする声がよく聞こえました。
それを聞いたこちら側の大人たちはヒソヒソと悪口を言いました。

ある日、在日の部落の子供を家に呼んで一緒に遊びました。
朝鮮学校で習ったと言って、ハングルで自分の名前を書いて教えてくれました。
自分の知らない世界のことを知り、とても楽しい思いがしました。

でも自分の親は、その子と一緒に遊んではいけないと言い、その後家には呼べなくなりました。
在日のお友達の親は、私に会うと「いつも一緒に遊んでくれてありがとう」と言って喜んでくれました。
子供ながらにとても複雑でした。
人と人とが交流したり仲良くしたりするのに、民族も国境もないと思います。
民族が違えば文化も性格も歴史も違います。そこを歩み寄って理解しあい、仲よくすれば良いのです。

その気持ちを、若い男女の青春を描くことで表現してくれたこの映画にはとても感動して、涙が止まりませんでした。
当時の大人たちが、この若い男女の様にお互い歩み寄ることができたら、
お互いが憎しんだり、辛い思いをしなくても済んだのにな・・・と残念な気持ちが残りました。

私の叔父は、この映画の時代に朝鮮中学に通い、血と暴力にまみれた少年時代を過ごし、少年院にも何年も行きました。アンソンという主人公のことも実際に知っています。映画とは随分違うようですが。実際には、他にもっとえげつない不良達が朝鮮学校にいたということです。戦後、差別が色濃い中、こんな力だけが物言う時代があったということ。歴史があり、今があるということ。この映画は、作り話ではないから、ここまでリアルなんだと思います。この映画を見て、何か感じられないなら、韓国はおろか、他国についても、何一つ無知な証拠でしょう。南アフリカで白人が無条件に絡まれて殺されるのは何故でしょう。歴史を知れば否定できなくなります。戦争があった、差別があった、平等で平和しか知らないで済む今がある。井筒監督を、偉そうなオッサンだとしか思えなかったのですが見直しました。すごいメッセージのある映画です。井筒監督にとっては、朝鮮韓国にも日本にも、どちらに肩を入れているわけでもないのでしょう。そういう一歩引いているところは、いい。どちらかを擁護するより、そちらの方がよほどスマートだ。この映画は、昔、朝鮮、韓国人の不良が、日本の不良とドンパチやっていたという事実から来てるから、面白い。映画では、治るケガですが、実際はそんな生易しいものではなかったと聞いています。

政治的ではありませんが、社会派の性格を持った映画になっています。当時を知らない若い世代への配慮か、分かり易く時代背景を説明していたのも好感。とは言うものの、基本的にはストレートな青春映画には違いありませんし、時折入るギャグも生きている。高校生を演じた若手俳優たち(塩谷瞬をはじめ高岡蒼佑、波岡一喜、沢尻エリカ、楊原京子、真木よう子ら)の演技もよかった。今後、彼らのうちからブレイクする役者が出るのではと期待します。

朝鮮統一を夢見た「イムジン河」という歌を日本の若者が歌うことで、在日と日本人の溝を埋める(?)という発想、京都に流れる「鴨川」を日本人と在日の分断の象徴としたのも生きている。ラジオ番組の勝ち抜き歌合戦で主人公が発禁の歌「イムジン河」を歌うシーンに、出産が、葬式が、乱闘がという怒涛のクライマックス。この「イムジン河」を始め「悲しくてやりきれない」「あの素晴らしい愛をもう一度」とかの曲も効果的で素晴らしい。

何かと酷評の多い井筒和幸監督作品の中で、このパッチギ!だけは素晴らしい出来だと思います。
確かに血みどろのケンカ暴力シーンが多いです。目を背けたくなる場面もあります。
しかし、それらがコメディカラーで描かれているためか、思ったほどの嫌悪感はありません。
最後の乱闘シーンで、跳び蹴りを入れる真木よう子が最高にカッコよかったです。
その後、腰を引きずる姿が笑えました。
登場人物も、みんな熱いセリフで弾け飛んでいます。
いつもはおとなしい脇役の多い笹野さんが、涙ながらに朝鮮人の苦悩を語るシーンは見事でした。
いつもながら硬派な役柄の高岡蒼佑アンソン熱演は引き込まれますね。
桃子とのからみのシーンは、井筒監督らしさが100%発揮されていたと思います。
物語後半の展開によって、そのシーンも必然性があることがわかります。
さて、そんなヤクザな血なまぐさいストーリー展開の中で、
ひとり清純を貫く沢尻エリカ(キョンジャ)の可愛さは、最高でした。
康介に、「朝鮮人になれる?」と問いかけるシーンは胸を打ちます。
正しく掃き溜めに咲く一輪の花、この作品の沢尻エリカにときめかない男はいないでしょう。
そして、この作品の少々重いテーマを払拭するのがエンディングの素晴らしさですね。
とりあえず全てがハッピーエンド。
康介、アンソン、桃子、キョンジャらのその後がダイジェストに流れ、
BGMが「あの素晴らしい愛をもう一度」なんですね。
この演出、鳥肌物です!!感動がこみ上げます!!
途中からいなくなった小出恵介は学生運動に、康介は実家のお寺を継いで…。
思わぬ小ネタに最後まで泣き笑いが耐えませんでした。
名曲「イムジン河」に乗って、最高の青春ストーリーが展開します。
泣いて笑って、考えさせられて、人権問題をベースにした日本映画の最高傑作だと思います。

 

映画「パッチギ!」のあらすじ

京都における日本人の少年と在日コリアンの少女との間に芽生える恋を中心とした青春映画です。

キネマ旬報ベストテン1位、毎日映画コンクール最優秀作品賞、ブルーリボン賞作品賞を受賞しています。

タイトルの「パッチギ」は朝鮮語(韓国語)で「突き破る、乗り越える」ならびに「頭突き」の意。

 

以下あらすじです。

あらすじを見ずに映画「パッチギ!」を楽しみたい方はコチラから

映画「パッチギ!」を
無料お試し期間で視聴する

1968年の京都。朝鮮高校のアンソンたちと、府立東高校の空手部は反目しあってケンカが絶えない。松山康介は府立東高の2年生。モテたい一心で、同級生の吉田紀男とGS人気にあやかって「キノコカット」にしたばかり。ある日、康介は“平和協定”のために親善試合を申し込みに行った朝鮮高校でフルートを奏でるキョンジャに出会い心奪われてしまう。国籍の違いに戸惑いながらもキョンジャに近づきたくてギターを覚え、キョンジャが奏でた歌「イムジン河」を覚え、朝鮮語を覚えようとする康介・・・。激しいケンカと切ない恋と熱い友情に溢れる、青春活劇!

 

映画「パッチギ!」のキャスト・スタッフ

  • 映画「パッチギ!」のキャスト

松山康介 – 塩谷瞬
リ・アンソン(李安成、이안성) – 高岡蒼佑
リ・キョンジャ(李慶子、리경자) – 沢尻エリカ
坂崎 – オダギリジョー: 康介にギターを教えた坂崎酒店の若旦那
桃子 – 楊原京子: アンソンの彼女
チョン・ガンジャ(鄭康子、정강자) – 真木よう子
チェドキ (재덕이 、박재덕) – 尾上寛之: アンソンの弟分
モトキ・バンホー – 波岡一喜: アンソンの親友
吉田紀男 – 小出恵介: 康介の同級生
大西 – ケンドーコバヤシ: 空手部主将
大阪ホープ会のリーダー – 坂口拓
布川先生 – 光石研: 康介と紀男の担任
野口ヒデト – 加瀬亮: オックスのボーカル
金太郎 – 趙珉和: 密航者
さなえ – 余貴美子: 康介の母
大友 – 大友康平: ラジオ局のディレクター
モトキのアボジ – 前田吟
ボウリング場の支配人 – ぼんちおさむ
アンソンとキョンジャのオモニ – キムラ緑子
近藤 – 桐谷健太: 大西の子分
安倍 – 出口哲也: 大西の子分
ヘヨン – 江口のりこ: ガンジャの友達
シルサ – ちすん: キョンジャの友達
滝本くん – 平松豊
ボンファさん – 木下ほうか
アル中のおじさん – 長原成樹
大西の父 – 徳井優
楽器屋の店主 – 小市慢太郎
団子屋 – 笑福亭松之助
チェドキの叔父 – 笹野高史
椿 – 松澤一之: ラジオのプロデューサー
ナターシャ – ニキータ

 

  • 映画「パッチギ!」のスタッフ

監督:井筒和幸
製作者:李鳳宇、川島晴男、石川富康、川崎代治、細野義朗
エグゼクティブプロデューサー:李鳳宇(イ・ボンウ)
プロデューサー:石原仁美
原案:松山猛『少年Mのイムジン河』
音楽:加藤和彦
脚本:羽原大介・井筒和幸
撮影:山本英夫
録音:白取貢
助監督:武正晴・佐和田恵・小林聖太郎・吉田康弘・滝本憲吾
脚本協力:木田紀生
メイク協力:フォンテーヌ
技斗:秋永政之(ワイルドスタントチーム)
ガンエフェクト:ブロンコ
カースタント:アクティブ21
スタジオ:日活撮影所
朝高、舞台高校:比叡山高等学校
現像:東京現像所
企画・製作・配給:シネカノン

 

最後に:映画「パッチギ!」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「パッチギ!」はU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」で視聴するのがオススメです!

U-NEXTの「無料お試しキャンペーン」は登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画「パッチギ!」を
無料お試し期間で視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ