動画

映画「娼年」のフル動画配信を無料で視聴する方法は?あらすじも【松坂桃李主演】

 

娼夫リョウが見つめた、生と性の深奥。

 

―そして僕は、娼夫になった―

 

2018年4月に公開された”色んな意味で”衝撃の松坂桃李主演作品「娼年」。

すでにレンタルが始まっているこの映画「娼年」を無料で視聴する方法です。

原作は石田衣良さんの恋愛小説で、主人公が男娼(男性の娼婦)という衝撃的なストーリーが話題になりました。

この映画「かなり濃く」松坂桃李の魅力が詰まっている作品です。

視聴したあと、松坂桃李のことが「もっと好きになる」と思います!

※本情報は2019年10月現在の情報です。最新の配信状況は各動画配信サービスの公式サイトをご確認ください。

 

映画「娼年」をU-NEXTで無料で視聴する

映画「娼年」は現在U-NEXTでレンタル料無しの見放題となっています。

この見放題はU-NEXTの31日間無料のお試しキャンペーンに対応しているため

映画「娼年」のフル動画を無料で視聴するなら、U-NEXTの無料キャンペーンがオススメです!

U-NEXTに新規登録しても無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

映画「娼年」を
U-NEXTで視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ

 

というわけで
映画「娼年」フル動画は

「U-NEXT」で見ることが可能です。

U-NEXTには31日間無料のお試しキャンペーンがあり
有料対象の映画作品でも
お試し期間中に付与される600ポイントを使えば
ポイントを使って無料で見ることができます。

「U-NEXT」は
見放題作品が中心の日本最大級の動画配信サイトです。

無料期間内に解約すれば完全無料となり
一切料金がかかりません。

 

\U-NEXTの特徴/

月額1,999円を31日間無料で試せる!
登録時に600ポイントもらえる!
ポイントを使って、好きな映画(動画)を無料で見れる!
期間内に解約すれば使用料は0円!
動画本数12万本以上!
新作映画の配信が早い!

映画「娼年」を
U-NEXTで視聴する

 

FODで無料期間にもらえるポイントを使って実質無料で映画「娼年」を視聴する

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】では映画「娼年」は有料レンタルと言った形をとっています。

FODでは新規登録すると、30日間の無料お試し期間がついてきて、

ポイントが毎月8のつく日(8日・18日・24日)にそれぞれ400ポイントを無料で手に入れることができます。

なので、そのポイントを使えば無料で映画「娼年」を視聴することが可能です。

※30日間の無料トライアル中で解約すれば料金はかかりません。

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

クリックするとFODプレミアム公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

TSUTAYA TVで無料期間にもらえる1,100円分のポイントを使って映画「娼年」を視聴する

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASでは映画の配信は有料レンタルといった形をとっていますが、

TSUTAYA TVで新規登録すると、30日間の無料お試し期間がついてきて、無料期間中に付与されるポイント「1,100ポイント」を使えばレンタル料を0円にして見ることができます!

TSUTAYA TVでは、映画や動画を見る際に必要なポイントは500ポイントが殆どなのでポイント利用でもう一本お好きな映画を楽しめます。

おすすめは「定額レンタル8+動画見放題プラン」、TSUTAYAのDVDを8枚まで借りながら、動画配信サービスも楽しめるお得なプランです。

また、30日間の無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASの
無料お試し期間で視聴する

クリックするとTSUTAYA公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに

 

映画「娼年」を実際に見た人の感想

JAZZがBGMで映像はお洒落。
映画館での予告で見た激しい描写とは違い内容は繊細でした。

男性目線で女性への思いやりとか扱い方とか女性の気持ちを知ること・・・
欲望って果てしない。

松坂桃李さんの体当たりな演技も見ものです。

たしかに濡れ場多いなーとは思ったけど、心を閉ざした領(松坂桃李)が、女性たちとの触れ合いを通じて、目に光が宿っていく様子はふつうに感動しました。

居酒屋で領の母親の話を聞くシーンは、結構泣けたし子供みたいに泣きじゃくる松坂桃李はなんかめっちゃ可愛かった!!

いろんな人のいろんな欲望というか、願いかな?
いろんな願いの形があって。
この人だったら、私の願いをしっかり受け止めてくれそうだな。と思わせる懐の深さが、領くんというか、松坂桃李から感じ取れた気がする。
今まで、あまり松坂桃李の作品は観たことがなかったですが、とても良かったです。

ラストの立派になった領くんに、完全に親戚のおばちゃんみたいな心境になってました。
本当に良かったね領くん!!

余談だけど、作品中で松坂桃李のお尻がいっちばん綺麗だった笑笑

劇中のセリフより

厳しい顔、美しい顔、恐れや不安を隠せない顔。女性達の顔はそれぞれだった…。だけど欲望を剥き出しにして現れる人は誰1人居なかった。
誰もが自分の物語を持っている。
それは表面的な飾りに過ぎない…という人もいるだろう。
でも、表面を飾ろうとする気持ちだけで、僕はどの女性も魅力的に思えた。
そして、欲望の秘密はその人の傷付いているところや弱いところにひっそりと息ずいている。

これがこの映画の表現したい事だと思う。

「愛の渦」や「何者」など人間の内面を描き、登場人物たちの本質を描き続けるこの監督。本作も同じように主人公の内側を描く物語。
人間同士の関わり方の本質を、言葉を用いる必要がないセックスを通し描いている。
人間は欲望の底にこそ、その人物の本質が隠されており、それに触れる事、解放する事こそが、本当のコミュニケーションだと感じる。そこには言葉は必要ではなく、セックスする事、また手を握り合うだけで、お互いの求めている事を交換し合える。
何事にも無気力だった青年が、身体を売る事で、相手の本質に触れ、人間自体に興味を持つ事が出来てくる。
そして自身の欲望の本質が、幼くして死んでしまった母親からの母性への飢えであると気付かされる。
この監督は他作品でもそうであるように、性という鏡から登場人物の内面を描くのが非常に上手い。

 

映画「娼年」のあらすじ

2018年4月6日に公開された映画「娼年」は、2001年7月5日に発売された石田衣良による恋愛長編小説の実写化です。

何が衝撃的なのかっていうのは説明しがたいよね!

【R-18】の時点で察して!ね?

ただ、この映画は松坂桃李だからこそ成立していると言っても過言ではないと思います。

物語が進んでいくにつれ、松坂桃李演じるリョウが段々と垢抜けていく姿も見どころのひとつだからです。

一般的な映画などでは省略されがちな部分もリアルに追求し、次々に現れる美女や非日常のシチュエーションから奥深い人間ドラマが展開します。

 

2018年、最も衝撃的で、最もセンセーショナルな”事件” 松坂桃李×三浦大輔×石田衣良が贈る【R-18】愛のドラマ。

名門大学に通う森中領は日常に退屈し、無気力な日々を送っていた。ある日、バイト先に現れた美しい女性に導かれ、領は娼夫・リョウとして働くことに。最初こそ戸惑ったリョウだが、仕事を通して女性の持つ欲望の奥深さに気づき、やりがいを見つけていく。

そして“娼夫”リョウは女性の欲望を開放し、心の傷を癒やしながら成長していく。

映画「娼年」のキャスト・スタッフ

  • 映画「娼年」キャスト(映画)

森中領(リョウ) – 松坂桃李
御堂静香 – 真飛聖
咲良 – 冨手麻妙
平戸東(アズマ) – 猪塚健太
白崎恵 – 桜井ユキ
田島進也(シンヤ) – 小柳友
イツキ – 馬渕英里何
主婦 – 荻野友里
紀子 – 佐々木心音
ヒロミ – 大谷麻衣
階戸瑠李
泉川氏 – 西岡徳馬
老女 – 江波杏子※遺作

 

  • 映画「娼年」スタッフ(映画)

原作 – 石田衣良「娼年」(集英社文庫刊)
脚本・監督 – 三浦大輔
音楽 – 半野喜弘 and RADIQ septet
製作 – 小西啓介、松井智、堀義貴、木下暢起
企画・プロデュース – 小西啓介
エグゼクティブ・プロデューサー – 金井隆治、津嶋敬介
プロデューサー – 永田芳弘、山野邊雅祥、藤原努、石田麻衣
アソシエイトプロデューサー – 槙哲也
撮影 – Jam Eh I
照明 – 岸本秀一
録音 – 加藤大和
美術 – 愛甲悦子
装飾 – 近藤美緒
スタイリスト – 小林身和子、岡田梢
ヘアメイク – 酒井夢月
編集 – 堀善介
助監督 – 小南敏也
制作担当 – 大西裕
キャスティングディレクター – 杉野剛
制作プロダクション – ホリプロ
企画製作・配給 – ファントム・フィルム
製作幹事 – ファントム・フィルム、ハピネット
製作 – 映画「娼年」製作委員会(ファントム・フィルム、ハピネット、ホリプロ、集英社)

 

映画「娼年」の『ネタバレあらすじ』

ここから先は『ネタバレ』を含んだあらすじです。

ネタバレを見ずに映画「娼年」を愉しみたい方はコチラから。

映画「娼年」を
U-NEXTで視聴する

 

物語は生々しい官能的なシーンから始まる。

過去を思い出し涙しながら目が覚める大学生・森中領(松坂桃李)
彼はバーテンダーの仕事をしながら無気力に生きていた。
ある日、バーに来た女性・御堂静香から
「仕事が終わるころ店の前で待ってます」
といった内容の名刺を受け取る。
約束通り待っていた御堂静香に誘われるまま彼女の車に乗る森中領。
どうやら御堂静香は「女性なんてつまらない」といった森中領に興味がわいたらしく
彼の尖った言動に「それを証明してくれないかしら」と自宅に誘う。
自宅に入りそれを御堂静香に証明しようとする森中領の前に
別の女性・咲良が現れる、彼女は生まれつき耳が聞こえなかった。
「試してごらんなさい、私はここで見てる」といわれ戸惑う森中領。
しかし、言われたとおりに”始める”。
”ただの作業”と言い放った森中領は、行為中に何故か戸惑いを見せ始める。
そして迎える絶頂。
その一部始終を見ていた御堂静香は彼に”5,000円”の価値を付ける。
が、相手だった咲良に”5,000円”が追加されると
御堂静香に「ギリギリで合格、咲良のおかげね。」と言われる。
「何に合格したんですか?」と聞く森中領に「情熱の試験」と答える御堂静香。
その試験とは御堂静香がオーナーを務める
会員制のボーイズクラブ「Le Club Passion」の入店試験だった。
このボーイズクラブの最低料金は1万円、そう咲良のおかげで合格したのだが
御堂静香は
「ふたりですれば素敵なことを、あなたは一人でしてる」
「まず、女性のことをつまらないと思うことをやめなさい」
と評価していなかった。

だが、森中領はボーイズクラブ「Le Club Passion」で娼夫として働く事を決心する。

衣装と写真撮影を終え、事務所に移動。
そこでVIP専用の娼夫・平戸東に出会う。
そこで森中領は平戸東に素質があると言われる。

娼夫として働く事になったことで今までしてきたことに不安になる森中領は
仕事先のバーに来た大学のクラスメイト・白崎恵にそのことについて聞いてみるが
森中領の不安を払拭するものにはならなかった。

そんな森中領に初の仕事が舞い込む。
相手はクラブ常連のヒロミ、森中領が今回初めての仕事だということは聞いていた。
ただのデートだったのだが、年上の女性について聞かれたとき、
その本心を正直に打ち明けたところで突然に初めての仕事が終わる。
どうなったのかもわからないまま、約束通りに仕事終わりの電話を事務所にかける。
「仕事は成功、同じ時間にヒロミから予約が入った。」という言葉に、
本当にあれでよかったのか?といった表情で戸惑う森中領。
そして、次の日もヒロミと同じ時間に約束通りに会いにいく。
何故か相手の会話に本心で話をしてしまう自分に戸惑いが隠せない森中領。
そんな彼をヒロミは気に入ったらしく、誘惑する。
そしてそのままホテルに行き、部屋に入るとすぐに抱き合い、行為に走る。
激しく絡み合う二人、その”体験”は未だかつて森中領が味わったことが無い体験だった。
そして帰り道、「女なんてつまらない」なんていっていた
森中領はヒロミと”楽しく会話していた”。
彼はそのとき”女性をもっと知りたい”と思い始めていた。

次の相手はイツキ、普段通りにデートをする。
食事中”プラトン”の話で盛り上がり、「話を聞かせて?聞いているから。」
と言われた森中領は好きなエピソードを楽しそうに話す。
そして、食事が終わるとイツキの家に誘われた。
そして、今度はイツキが森中領に話を始めた。
それは彼女が幼少期に体験した”普通ではない性癖”の話。
その性癖への欲求は次第にエスカレートし、また、望むものもおおくなっていっていた。
だが、求める”理想の男”は見つからないと嘆くイツキ。
その理想が森中領に見事に当てはまり、
彼に「報酬は払う、ダメなら帰ってもいいから」と彼女はせがむ。
その話を驚きを隠せないまま聞いていた森中領は、その要求を、彼女を受け入れる。
欲求を満たしたイツキは喜びに震え、
そんな彼女をみた森中領はほほえみ、彼女のおでこにキスをする。
確実に森中領の中で”何か”が変わっていた。

それはバーでの仕事にも表れていた、
大学のクラスメイト・白崎恵に「変わったね」と言われるほどに。
娼夫として活動する前とは歩き方も変わっていた。

ある日、御堂静香、咲良と一緒に食事をすることになり、
そのとき「年上の女性に評判がいい」と言われて表情が曇る森中領。
彼には悲しい思い出があった。
森中領が10歳の時、母親が心筋梗塞で倒れ、亡くなった。37歳だった。
年上の女性に抵抗が無くなったと言う。
それを聞いた御堂静香と咲良の優しい言葉に森中領は涙を流していた。

そして森中領は本当の意味で”娼夫”になった。
「女性はつまらない」と言っていたのが嘘のように
「どの女性も魅力的に見える」ようになっていた。

ある夫婦の”歪な”愛の形に戸惑うこともあったが
依頼通りに娼夫として仕事をこなしていく。
その依頼で特別ボーナスをもらったことで森中領はVIPクラスに昇格。
娼夫の先輩・平戸東にVIPクラス昇格祝に誘われる。
そこで平戸東がVIP専属になったのには”ある理由”のためだと打ち明けられ、
”普通”と言われた森中領は”異常な”体験をするのだった。

しか森中領の仕事がバーの常連・田島進也と大学のクラスメイト・白崎恵に知られてしまう。
彼らに責められるが、
娼夫が違法だと知りながら「やりがいがあり感動することがある」
と思い始めていた森中領は激昂してしまう。

次の仕事でとある老婆(江波杏子)の誕生日を祝うことになるのだが、
「手を握っただけで、大体のことが解る。あなたは悪くないわ」
と言われたことで、先日のバーでの一件、そして今の仕事のことを正直に話してしまう。
それは彼の純粋な思いだった。

いつしか森中領は平戸東と1,2を争うほどの人気となっていた。
そのこと御堂静香にご褒美として欲しいものがあるならなんでもと言われ、
御堂静香のことを求めるが、拒否されてしまう。
そして普段通りに仕事に戻る御堂静香、出先から帰ってきた咲良。
そんな中、森中領は
「どれくらい成長したのかもう一度情熱の試験を受けたい」
と願い出て次の仕事に向かう。

が、次の仕事相手は大学のクラスメイト・白崎恵だった。
半ば自暴自棄になってた白崎恵と行為に及ぶ森中領。
森中領は完全に違う世界の住人になったのだ、と理解した白崎恵は、泣いていた。
泣きながら語りかける白崎恵の言葉に、森中領も涙していた。
そう、彼はもう「違う世界に生きる人間」になったのだ。

仕事が終わり迎えに来てくれた御堂静香が車中で過去の話を始める。
娼婦であったこと、咲良のこと、そしてHIVに感染していること。
そのために、あの時拒否したのは森中領を守るためにかなり自制心が必要だったこと。
彼女の想いを知った森中領は自分のしたことに涙していた。

そして、「情熱の試験」が再び始まる。
森中領は確実に成長していた。

ある日バーで眠りについて、再び母親の夢で涙を流しながら目覚めた森中領の前に咲良が現れる。
彼女は一通の手紙を持ってきていた。
それはボーイズクラブが摘発され、御堂静香が近いうちに検挙されるという物。
その中で、御堂静香は森中領の母親のことについて調べていてくれた。
森中領の母親もまた娼婦だったのだ。
そして綴られる彼女の想い。

一年後、娼夫として客の前に現れる森中領、彼の顔はとても穏やかだった。
ボーイズクラブは咲良・平戸東らとともに再開していたのだ。
思いは、繋がれていた。
そして仕事が終わり森中領はつぶやく、

「静香さん、終わりました。」

 

最後に:映画「娼年」を無料で視聴するにはU-NEXTがオススメ!

映画「娼年」は8月現在独占見放題ですが

動画の見放題は期間限定なので、早めに登録してを見ておきましょう。

U-NEXTは現在「無料お試しキャンペーン」を行っていて、登録すると初回の人は下の特典がもらえます。

【U-NEXTの特典】

  • 月額使用料が31日間無料
  • 600ポイント貰える
  • 対象の動画が見放題

 

U-NEXTなら見放題で、さらに期間内に解約すれば 使用料は一切かからないというメリットもあります。

登録方法も簡単なのでU-NEXTの「無料お試しキャンペーン」、是非試してみてくださいね!

映画「娼年」を
U-NEXTで視聴する

U-NEXTの公式サイトはコチラ